おぢや風船一揆2017!熱気球と花火の冬の祭り!見どころは?

ojiyabaloon2

空をふと見上げると、何気ない青空がとても綺麗に見えたことはありませんか?

そんな澄んだ青空を存分に楽しめるのが、新潟県小千谷市で毎年2月下旬に開催される、
「おぢや風船一揆」

風船一揆と聞くと、なんとも勇ましい祭に感じますが、一揆という言葉とはうらはらに、冬の大空を熱気球が舞い、夜は花火とバルーンのコントラストが美しい祭です。

そんな「おぢや風船一揆」の2017年の日程と見どころをご紹介します!

スポンサーリンク

おぢや風船一揆とはどんなお祭り?

ojiyabaloon1

おぢや風船一揆は、1977年(昭和52年)に第一回風船一揆という名前で、7機の熱気球を上げた事から始まったお祭です。

その特徴は、日本最大級の熱気球の競技大会や、ライトアップされたバルーンと花火のコラボレーションを楽しめるところ。

他にも、熱気球市場体験などもあり、開催機関中は様々なイベントが行われます。

2017年の開催日時と開催内容は?

2017年のおぢや風船一揆の開催日は、
2月25日(土)・2月26日(日)の2日間です。

会場は、西中会場、平沢会場の2つの会場です。

西中会場は、
熱気球大会「日本海カップクロスカントリー選手権」のメイン会場です。

1日目の2/25、午前8時と午後2時、
2日目の2/26、午前8時
に熱気球が離陸予定となっています。

平沢会場は、熱気球試乗体験などが行われますが、
1日目の2/25、午前9時(終了は18時30分)、
2日目の2/26、午前9時30分(終了は15時)、
から開場となります。

初日の夜には、熱気球と花火と雪灯篭で幻想的な、「グローバルーンフェスタ」もこちらで見ることが出来ますよ。

スポンサーリンク

おぢや風船一揆の見どころは?

おぢや風船一揆の最大の見所は、「グローバル−ンフェスティバル」でしょう。

熱気球がガスを内部で燃やしてオレンジ色に発光し、その上空を染める花火とのコラボレーションは、澄んだ冬空に幻想的な風景を作り出します。

恋人同士でも家族でも、寒さを忘れてその光景に思わず見入ってしまうのではないでしょうか。

昼間に行われる熱気球の競技大会、「日本海カップクロスカントリー選手権」では、日本各地から集まった熱気球が一斉に空へと舞い上がり、小千谷の冬空を色鮮やかに浮かんでいきます。

運が良ければ、操縦者がこちらに向かって手を振ってくれるかも知れませんよ。

ただ空を見るだけだとお子様は飽きてしまうかも知れません。

ジャンボ滑り台やチューブ滑りが楽しめるコーナーや、熱気球試乗体験が出来るイベントも用意されていますので、小さいと一緒の家族連れでも大丈夫です。

もちろん冷えた体に嬉しいうまいもの市場や、雪像コンテストなどもあり、目でも舌でも体でも楽しめます。

注意点もあります

おぢや風船一揆では注意する点があります。それは天候です。

「熱気球」は、悪天候の場合は飛ばない場合があること、また、「夜の花火大会」も天候によっては中止となる場合があります。

おぢや風船一揆へのアクセス情報

ojiyabaloon3

おぢや風船一揆へ参加するためにアクセス情報は次の通りです。

○開催場所
新潟県小千谷市 西中会場、平沢会場

○電車で行くには
JR上越線「小千谷駅」下車 -> シャトルバス運行

○車で行く場合
関越自動車道「小千谷IC」を降りて、西中会場・平沢会場までそれぞれ約10分

普通車用の駐車スペースは用意されていますが、冬道に慣れていない方は公共の交通機関を利用するほうが安心かも知れません。

一度見たら忘れらない思い出に!

おぢや風船一揆の2017年の日程と、見どころをご紹介しました。

熱気球や花火など、おぢや風船一揆は、見どころが一杯ですよね。ライトアップされたバルーンと花火のコラボレーションも、一度見たら忘れられない思い出になるんじゃないでしょうか?

ぜひ、暖かい服装で幻想的な気球と花火を見に来てくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

北野天満宮の梅花祭!2017年の開催日と見どころは?

桜の花が開くと、いよいよ春ですが、その前に咲く「梅」も、春を告げる花ですよね。現在は、お花見

記事を読む

秋の高山祭、2017年の日程や見どころ!春の祭との違いは?

気持ちの良い秋晴れが続くと、どこか旅に出たくなりませんか?地元では見られない風景、日本らしい

記事を読む

北九州・わっしょい百万夏まつり、2017年の日程と見どころ!

お祭りには様々ありますが、とにかく賑やかなお祭りを体験したいなら、北九州市の「わっしょい百万

記事を読む

2016佐賀インターナショナルバルーンフェスタ今年は世界選手権!

澄んだ秋空を見上げていると、空を飛べる鳥が羨ましく感じます。そんな願いを叶える道具の一つが、

記事を読む

浅草神社の三社祭。2017年の日程や見どころ!交通規制は?

祭りと聞くと、どの様な光景が浮かびますでしょうか? 法被(はっぴ)を来た威勢のよい男集

記事を読む

富士芝桜まつり2017!見頃はいつ?見どころやアクセス情報も

http://youtu.be/SECyRjYBr1I 春は、行楽シーズン。旅行とまではいかな

記事を読む

播州秋祭りとは?2016年の日程と屋台の魅力に迫る!

秋になると全国各地でお祭りが開催され、毎週のようにイベントが楽しめます。お祭りが大好きな人に

記事を読む

入谷朝顔市2017年の日程や時間。朝顔の値段はいくら?

小学校の夏休みの宿題で、「朝顔」を育てたことはありませんか? ラジオ体操にいく前に水やりをした

記事を読む

東北の秋田竿燈まつり。2017年の日程と見どころをご紹介!

日本全国で行われるお祭りは、その土地の風土に根づき、独自の発展をとげたものも多く有ります。中

記事を読む

「高松冬のまつり」2016年の開催日と見どころ!テーマは何?

http://youtu.be/H3ISdu2x2vc 香川県高松市で毎年クリスマスシーズンの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑