おぢや風船一揆2017!熱気球と花火の冬の祭り!見どころは?

ojiyabaloon2

空をふと見上げると、何気ない青空がとても綺麗に見えたことはありませんか?

そんな澄んだ青空を存分に楽しめるのが、新潟県小千谷市で毎年2月下旬に開催される、
「おぢや風船一揆」

風船一揆と聞くと、なんとも勇ましい祭に感じますが、一揆という言葉とはうらはらに、冬の大空を熱気球が舞い、夜は花火とバルーンのコントラストが美しい祭です。

そんな「おぢや風船一揆」の2017年の日程と見どころをご紹介します!

スポンサーリンク

おぢや風船一揆とはどんなお祭り?

ojiyabaloon1

おぢや風船一揆は、1977年(昭和52年)に第一回風船一揆という名前で、7機の熱気球を上げた事から始まったお祭です。

その特徴は、日本最大級の熱気球の競技大会や、ライトアップされたバルーンと花火のコラボレーションを楽しめるところ。

他にも、熱気球市場体験などもあり、開催機関中は様々なイベントが行われます。

2017年の開催日時と開催内容は?

2017年のおぢや風船一揆の開催日は、
2月25日(土)・2月26日(日)の2日間です。

会場は、西中会場、平沢会場の2つの会場です。

西中会場は、
熱気球大会「日本海カップクロスカントリー選手権」のメイン会場です。

1日目の2/25、午前8時と午後2時、
2日目の2/26、午前8時
に熱気球が離陸予定となっています。

平沢会場は、熱気球試乗体験などが行われますが、
1日目の2/25、午前9時(終了は18時30分)、
2日目の2/26、午前9時30分(終了は15時)、
から開場となります。

初日の夜には、熱気球と花火と雪灯篭で幻想的な、「グローバルーンフェスタ」もこちらで見ることが出来ますよ。

スポンサーリンク

おぢや風船一揆の見どころは?

おぢや風船一揆の最大の見所は、「グローバル−ンフェスティバル」でしょう。

熱気球がガスを内部で燃やしてオレンジ色に発光し、その上空を染める花火とのコラボレーションは、澄んだ冬空に幻想的な風景を作り出します。

恋人同士でも家族でも、寒さを忘れてその光景に思わず見入ってしまうのではないでしょうか。

昼間に行われる熱気球の競技大会、「日本海カップクロスカントリー選手権」では、日本各地から集まった熱気球が一斉に空へと舞い上がり、小千谷の冬空を色鮮やかに浮かんでいきます。

運が良ければ、操縦者がこちらに向かって手を振ってくれるかも知れませんよ。

ただ空を見るだけだとお子様は飽きてしまうかも知れません。

ジャンボ滑り台やチューブ滑りが楽しめるコーナーや、熱気球試乗体験が出来るイベントも用意されていますので、小さいと一緒の家族連れでも大丈夫です。

もちろん冷えた体に嬉しいうまいもの市場や、雪像コンテストなどもあり、目でも舌でも体でも楽しめます。

注意点もあります

おぢや風船一揆では注意する点があります。それは天候です。

「熱気球」は、悪天候の場合は飛ばない場合があること、また、「夜の花火大会」も天候によっては中止となる場合があります。

おぢや風船一揆へのアクセス情報

ojiyabaloon3

おぢや風船一揆へ参加するためにアクセス情報は次の通りです。

○開催場所
新潟県小千谷市 西中会場、平沢会場

○電車で行くには
JR上越線「小千谷駅」下車 -> シャトルバス運行

○車で行く場合
関越自動車道「小千谷IC」を降りて、西中会場・平沢会場までそれぞれ約10分

普通車用の駐車スペースは用意されていますが、冬道に慣れていない方は公共の交通機関を利用するほうが安心かも知れません。

一度見たら忘れらない思い出に!

おぢや風船一揆の2017年の日程と、見どころをご紹介しました。

熱気球や花火など、おぢや風船一揆は、見どころが一杯ですよね。ライトアップされたバルーンと花火のコラボレーションも、一度見たら忘れられない思い出になるんじゃないでしょうか?

ぜひ、暖かい服装で幻想的な気球と花火を見に来てくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

東京麻布十番祭り2016年の日程は?おすすめの屋台をご紹介!

東京には様々なイメージがありますが、おしゃれな地域と言われるとどこを思い浮かべますか?

記事を読む

小松基地航空祭2016年の日程や見どころ!おすすめの駐車場は?

秋は青空が美しい季節。この美しい秋空によく似合うのが、飛行機と飛行機雲ではないでしょうか。

記事を読む

長崎ランタンフェスティバル2017!開催期間や見どころをご紹介!

外国へは行けないけれど、国内で異国情緒を味わえる地域はいくつかあります。 特に長崎。

記事を読む

札幌オータムフェスト2016!おすすめの会場とイベントは?

北海道をイメージするものは?と聞かれると、何を思い浮かべますか? 広大な自然ですか? それと

記事を読む

愛媛西条祭り2016年の日程は?神輿とだんじりが大集結!

通常お祭りで見かけるお神輿(みこし)などは、多くても10台ほどではないでしょうか。 と

記事を読む

新潟十日町雪まつり2017の日程と見どころ!今年のゲスト出演者は?

冬でしか味わえない楽しみの一つに、雪まつりがあります。 巨大な雪像が作れるのは豪雪地帯だけとあ

記事を読む

津南雪まつり2017はいつ?スカイランタンが幻想的!

冬は寒さから家にこもりがちですが、冬だからこそ楽しめるイベントが全国各地で開催されます。 特に

記事を読む

山車がすごい!小江戸の川越祭り、2016年の日程と見どころ!

江戸の情緒が現在も残る「小江戸」川越は、全国から観光客が訪れる人気の街。気温も落ち着く秋に、

記事を読む

優雅な京都の葵祭。2017年の日程と見どころをご紹介!

京都と言えば、奈良・平安時代の伝統が今も残る、古都として有名ですね。その京都で開催される祭は

記事を読む

時代衣装が勢揃い!京都時代祭、2016年の日程と見どころ!

京都の三大祭といえば、葵祭(2月)・祇園祭(7月)・時代祭(10月)。 その中で10月に開催さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

夏になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立ってい

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑