花粉症に効果的な食べ物・飲み物には何があるの?

| 健康 | , , ,

kafunsyoueat1
春になると日差しも暖かくなり、
外に出たいと思うようになりますよね。

でも、花粉症の人は、そんなこと言っていられないかも知れません。

みんなが楽しみにしている春も、
花粉症の人にとっては辛い季節です。

花粉症対策は、クスリをはじめとしていろいろなものがありますが
出来ることは何でもして、少しでも辛さを軽くしたいですね。

今回は、花粉症に効果のある食べ物と効果、
花粉症の方が控えた方がいい食べ物
など、
花粉症と食べ物についてまとめてみました。

スポンサーリンク

花粉症に効果のある食べ物と飲み物

花粉症は、欧米化した食生活が原因とも言われ、
食事と密接な関係があります。

花粉症の辛い症状を軽減するためには、腸内環境を整え、
免疫力と抵抗力をUPする食べ物をとることが大切です

ポリフェノールを含む食品がいい

花粉症に効くとされる食品に共通しているのは
「ポリフェノール」を含むこと。

ポリフェノール(polyphenol)は、
光合成のときに作られる色素・苦み成分で
ほとんどの植物に含まれ、5000以上の種類があります。

ポリフェノールの中には、
花粉症の原因となるヒスタミンを減少させるとともに
炎症を抑える「抗酸化作用」を持つものがあり、注目されています。

○シソ
  シソに含まれるロズマリン酸には、免疫反応を正常化する働きがあります。
  特に赤シソには、ポリフェノールの1種、アントシアニンも含むので効果大です。

○レンコン
  ポリフェノールの1種「タンニン」が含まれています。
  ビタミンCを多く含み、汁に含まれる「ムチン」は粘膜を健康に保ってくれます。

○加工用トマト
  加工用のトマトの皮に含まれる「ナリンゲニンカルコン」には
  花粉症の症状を和らげる働きがあります。
  トマトから抽出されたリコピンには、鼻づまりやくしゃみを緩和してくれます。

その他に、ポリフェノールを含む食品として、次のようなものがあります。
([ ]内は含まれるポリフェノールです。)

 ○赤ワイン
 ○チョコレート、ココア
 ○大豆[大豆イソフラボン]
 ○玉ねぎ[ケルセチン]

臭い成分「アリシン」を含む食品

にんにく、玉ねぎ、ニラなどの臭い成分「アリシン」には、
血行を促進するとともに整腸作用・抗酸化作用があり効果的です。

発酵食品(ヨーグルト、納豆、味噌、漬物)

発酵食品に含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整え、
免疫力をUPさせてくれます。

きのこ

きのこに含まれる食物繊維は、腸内環境を整えてくれるので
症状の軽減に効果的です。
海藻類やこんにゃくなども同様です。

りんご

りんごは、水溶性食物繊維「ペクチン」を含み、ヒスタミンを減らす働きがあります。

かんきつ類

柑橘類は、ビタミンCを多く含み、原因物質ヒスタミンを抑える働きや抗酸化作用があります。
和歌山県産の「じゃばら」は、テレビで取り上げられて話題になりました。

青魚(さば、あじ、いわし、さんまなど)

さば、あじなどの「青魚」は、不飽和脂肪酸EPA、DHAを豊富に含んでいます。

不飽和脂肪酸には、免疫機能を正常化しアレルギー反応を抑える働きがあり、
特にDHAには、原因物質の生成を抑える働きがあるそうです。

スポンサーリンク

花粉症に効く飲み物は?

飲み物の中にも、カテキンなどのポリフェノールを含み効果的なものがあります。

○甜茶(てんちゃ)
  甜茶に含まれるタンニンの一種「甜茶ポリフェノール」には
  抗アレルギー作用があることが知られています。

○緑茶
  緑茶に含まれる「カテキン」には、抗アレルギー作用があります。
  カテキンは「烏龍茶」「べにふうき茶」にも含まれます。

○はとむぎ茶
  はとむぎ茶は、花粉症の原因物質を抑える効果・炎症を抑える効果があります。

花粉症の方が控えた方がいい食べ物

逆に、花粉症の方は控えた方がいい食べ物もあります。

ヒスタミンを多く含む食品を「生」で食べるのはNG

花粉症の原因物質「ヒスタミン」を多く含む食材を「生」で食べると
症状を悪化させてしまいます。

トマト、ほうれん草、なす、タケノコ
などは、「加熱」して食べるようにしましょう。

同じく、セロトニンを多く含む
バナナ、キウイ、パイナップル
などの果物も、生で食べるのは避けた方が無難です。

刺激のある食品は控えよう!

○ハム、ソーセージ類
ハムやソーセージなどに含まれる「亜硝酸塩」などの刺激物質は、
花粉症に悪い影響を及ぼす恐れがあります。

○お酒
アルコールの代謝途中で生成されるアセトアルデヒドは、
末梢神経を刺激し、花粉症の症状を悪化させます。

○香辛料
唐辛子、コショウ、わさび、からし、カレーなどは鼻が詰まりやすくなるので
避けるようにしましょう。

免疫機能を低下させる食品は注意!

インスタント食品やファーストフードなど、トランス脂肪酸を多く含む食品は
免疫機能を低下させます。

「トランス脂肪酸」は、体内でほとんど分解されず、蓄積され血管に入り、
細胞膜を脆くするそうです。

花粉症の方は、できるだけマーガリンやショートニングを避け、
オリーブオイルを使うようにしましょう。

普段から健康的な食生活を心掛けよう

kafunsyoueat4

花粉症を予防したり、症状を和らげるためにいい食べ物はたくさんありますが、
それだけを食べれば良いと言うものではなく、
全体的にバランスのよい食事を心掛けることが大事です

忙しい毎日の中で、難しいことではあるのですが、健康はすべての基本。

食べ過ぎに注意するとともに、普段から身体の免疫力や抵抗力をUPする食事を
心掛けるようにしたいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

秋に発症する花粉症の症状と原因とは?春の時とはどう違うの?

夏の暑さもひと段落して過ごしやすくなる秋は、行楽へと出かけたくなる季節でもあります。

記事を読む

ぎっくり腰って冷やすのか温めるのかどっちが良いの?

「ぎっくり腰」って良く聞く言葉ですよね。 でも、ぎっくり腰になって、ものすごく痛くてたまら

記事を読む

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時に履いていた靴が退勤時には入ら

記事を読む

無意識に貧乏ゆすりをしてしまう原因は?どう対策したらいい?

会合や会議の席、あるいはファミレスなど、 同席者が貧乏ゆすりをしていると、いらつきませんか。

記事を読む

辛い車酔い、大人になっても酔う原因と対策方法は?

子供の頃に車やバスなどに乗ると、乗り物酔いをしてしまって辛かった・・という経験を持つ方は、多

記事を読む

二日酔いの時はコレ!回復効果の高い食べ物や飲み物を9つ厳選!

お酒は適量であれば気分もほぐれ、美味しく素敵な時間を過ごすことができます。 しかしうっかり飲み

記事を読む

花粉症の症状 咳や頭痛がする原因と対処は?

「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」 これが花粉症の典型的な症状です。 でも、花粉症

記事を読む

大人もかかる?りんご病の症状と治療方法。妊婦が注意する点は?

妊婦さんはお腹の赤ちゃんを守るために、いつも以上に健康に気をつけなければなりません。場合によ

記事を読む

「鼻うがい」って本当に大丈夫?その効果と正しい方法

みなさん、鼻うがいって聞いた事ありますか? 「鼻に水を入れるなんて怖くて痛そう!」と敬遠してし

記事を読む

にんにくの臭い消しに効果的な8つの方法をご紹介!

美味しい食べ物は沢山ありますが、 食べたあとの臭いには気をつけなければいけません。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

茨城の土浦花火大会2017年の日程や時間。花火職人の技が見どころ!

夏と言えば花火大会ですが、大会によってその内容は様々。

彼岸花がきれいな巾着田曼珠沙華まつり、2017年の日程や見頃は?

秋に咲く花といえば、ピンクが愛らしいコスモスや香り高いキンモクセイの名

願いごと日本一!安城七夕まつり2017年の日程と見どころ!駐車場は?

七夕といえば笹と飾り物が書かせませんが、願いごとの短冊もまた欠かせない

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑