イヤーマフの防音効果は?商品を選ぶポイントと活用法!

日々の生活の中で騒音に悩まされることってありませんか?

掃除をしたり、洗濯をしたりする時に、
ある程度の生活音がするのは仕方がありませんが、
世の中には、我慢の限度を超える騒音も存在します。

そんなとき、騒音の元を無くせたら本当にいのにな~
と思いますね。

でもなかなか簡単には出来ないものです。

ところが、イヤーマフを使用すれば、
そんな辛い騒音を、完全では無いまでも、
かなり聞こえないようにすることが出来るんですよ。

そのイヤーマフとはそもそもどういうもの?
また防音効果、イヤーマフを選ぶポイント・活用法
などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

イヤーマフとは?

「イヤーマフ」と言うと、
耳を覆う防寒具を思い浮かべますよね?

ですが、今回取り上げた「イヤーマフ」とは、
耳が暖かくなる防寒具ではありません。

「防音用イヤーマフ」
です。

耳に装着することで、
大抵の騒音をシャットダウンするものなんですね。

飛行場で飛行機を誘導する作業員さんが、
ヘッドホンを身に着けているの見たことがありませんか?

あれが「防音用のイヤーマフ」なんです。

飛行場ではエンジン音がかなり大きく、
日常的に聴き続けると耳を痛める危険があります。

そのため作業員さんは、
防音用のイヤーマフを装着しているのです。
earmuff1

イヤーマフの防音効果は?選ぶポイントは?

人気商品によるイヤーマフの防音効果の違い

イヤーマフの防音効果はどれくらいあるのでしょうか?

イヤーマフでも特に人気が高いこちらの2つをとりあげて説明してみます。

PELTOR H540A と PELTOR H10A

まずはこの数値の比較をご覧ください。

イヤーマフ 周波数(Hz) - 遮音値(dB)
125Hz 250Hz 500Hz 1000Hz
PELTOR H540A
(NRR30db)
17.4dB 24.7dB 34.7dB 41.4dB
PELTOR H10A
(NRR30db)
22.2dB 25.7dB 36.6dB 38.0dB

              
まず、商品名の後ろの名前の
「NRR30db」
これは、NRR(ノイズ・リダクション・レイティリング)と言います。

米国環境保護局が制定したもので、
騒音を抑えることがどれくらい可能かを表す指標です。

「NRR30dB」と言うと、
「100dBの環境で30dB分抑える」という事を表します。

一般的に、日中の住宅街は40dbdB、
街頭の騒音は70dbdB、カラオケボックス内が90dBと言われています。

つまり、

・カラオケボックスでイヤーマフをつける
  ⇒ 90dB-30dB=70dBで、街頭の騒音ぐらいには抑えられる

・街頭の騒音の中でイヤーマフをつける
  ⇒ 70dB-30dB=40dBで、日中の住宅街ぐらいには静かになる

という事になりますね。

スポンサーリンク

イヤーマフの選ぶポイント

どの音域の遮断に優れているか?

先の表にある、周波数(Hz)の高さの目安は、

 ・250Hzは低い男性の声ぐらい、
 ・500Hzは平均的な女性の声ぐらい

と言われています。

そんなところから、

「PELTOR H540A」は、高音域の遮断に優れている
「PELTOR H10A」は、低音域を中心として、全体的な音域の遮断に優れている

と言えます。

earmuff2

見た目には拘らない

イヤーマフは作業に適した機能重視の為、
日常での使用を想定していません。

そのため、大人用のイヤーマフでは、
見た目が可愛いものなどはほとんどありません。

また、一般的な作業用ヘルメットほどの重量があります。

とにかく見た目よりも、機能優先で選びましょう!

可愛さ優先なら子供用がおすすめ!

「どうしても可愛いイヤーマフが欲しい!」
というのでしたら、子供用のイヤーマフを使うのはどうでしょうか。

子供用ですので軽くてかわいいデザインのものが多く、
女性でしたらファッションと合わせやすいと思います。

フリーサイズと明記されているものから選ぶとよいでしょう。

イヤーマフの活用法!

作業用品として生まれたイヤーマフですが、
見た目はヘッドホンに見えることから、
日常生活で使用してもあまり違和感はありません。

スマホ+イヤーマフで自分だけの音を

スマホで音楽や動画を楽しむ際に、
意外と外の音が耳に入って気になりませんか?

イヤホンの上からイヤーマフを装着すれば、
外の音を遮断してくれます。

なので、スマホの音に集中できて、
今まで聞こえなかった音も聞こえてきます。

ただし、遮音性に優れていますので、
屋外での使用には気をつけてください。

子供の耳をイヤーマフで

earmuff3

子供が大好きな航空ショーや自動車のイベントは、
エンジン音に溢れ、大人でもイベント後は耳が痛くなってしまいます。

実際に私も、航空ショーに子供を連れて行った時に、
思った以上の爆音に驚いたのですが、
子供の耳への負担がどれほどになるのか、不安にもなりました。

そんな時に、子供用の防音イヤーマフがあれば、
音量も抑えてイベントを楽しむことが出来ますよね。、

耳栓と併用する

この動画では、耳栓を併用して完全防音にしてます。
かなり防音効果があるようです。
興味ある方は試してみては?

最後に

イヤーマフがあれば、日常生活の騒音も、
爆音イベントの耳への負担も防ぐことが出来ます。

使い方を工夫すれば、家を防音仕様にしなくても、
音楽を楽しめる環境も作ることだって可能ですね。

自分には心地良よい音でも他人には騒音、という言葉もあります。

どうしても避けられない騒音には、
イヤーマフで防御して、静かに暮らしたいですね。

あなたもイヤーマフで防音生活を始めてみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

カレーの染み抜き方法!服についたシミを効果的に落とすには?

みんなが大好きなカレーは、服についた時にシミになるものの一つですね。 学校給食でこぼしてしまっ

記事を読む

ラニーニャ現象とは?2016年の発生状況と日本への影響は?

夏は暑いのが当たり前ですが、あまりに暑すぎるのも困ってしまいます。しかし2016年は、今まで以上に暑

記事を読む

幸せになれるセロトニンの効果とは?不足するとどうなる?

楽しい時間なのになぜか気分が乗らなかったり、ちょっとイライラする時ってありますよね。原因を考

記事を読む

意外と簡単!竹で作る流しそうめんの作り方!用意するものは?

□竹を使って、流しそうめんを楽しむ方法! https://youtu.be/CTsbdMs_oI4

記事を読む

歩きスマホが迷惑で危険な理由。どう対策したらいい?

街中でちょっとした時間に、スマホを操作する姿は、すっかり一般的なものとなりましたね。

記事を読む

釣り人の必需品!偏光サングラスの効果とおすすめのブランドは?

よく釣りをする人を思い浮かべると、 サングラスをしている姿が思い浮かびませんか? 特に海

記事を読む

電気代を節約する方法は?エアコン編・日常家電編でご紹介!

日常生活において生活を便利にするに家電には、動かすための電気は欠かせません。 しかし電力会社か

記事を読む

面白い?知的?文化祭で使えるスローガンの例あれこれ!

学校行事の中でクラスが一丸となるものといえば、文化祭は外せませんね。ギリギリまで学校に残って

記事を読む

新聞紙でつくる兜(かぶと)のカッコイイ折り方。気分は戦国武将!

5月5日の端午の節句には、 鯉のぼりとともに、 鎧兜(よろいかぶと)を飾るご家庭も多いでしょ

記事を読む

子供用甚平の作り方。簡単に手作りで出来る方法をご紹介!

子供はとっても汗っかき。 気がついたらパジャマが汗でじっとり… なんてこと、よくありますよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑