マスクをかけると耳が痛い!その原因と効果的な対策方法

| 健康 | , , , ,

maskmimi2

冬から春にかけて、
外出時にはマスクが手放せない季節になりますよね?

そのマスク、時々、かけていると、
耳が痛くなることってありませんか?

痛いからといって、すぐにマスクを交換するのも、
もったいないものです。

つい痛いのを我慢しちゃう方も多いかもしれませんね。

そこで、マスクで耳が痛い時、
どうすれば良いのか、原因と対策をまとめてみました。

スポンサーリンク

マスクで耳が痛くなる原因は?

何故、マスクをしている時に、
耳が痛くなるのでしょうか?

maskmimi1

マスクのヒモがゴムタイプ

マスクを固定するのには、耳にかけるヒモが必要です。

このヒモが、ゴム製などの伸び縮みするタイプの場合、
伸縮が強すぎて、耳に食い込んでしまい、
痛くなることがあります。

特に、ゴムヒモの形状が丸型で細いものであれば、
痛くなりやすい傾向があるようです。

稀に、マスクのゴムヒモが体質に合わず、
かぶれてしまって、痛くなることもあるようですね。

マスクのサイズが合っていない

マスクのサイズが小さい場合は、
その分、ヒモも短めです。

そのため、フィット感は抜群だけど、
ヒモが食い込んで耳が痛い…なんてことも発生します。

また、安く売られている、お徳用マスクの場合、
同じ製品なのにヒモの長さがバラバラなんてことも。

新しいマスクに交換したら、
痛くなくなった、なんてこともあるようです。

メガネとの複合技で痛いのかも

メガネやサングラスをしている時にマスクをすると、
メガネのつるが、マスクのヒモを圧迫してしまい、
痛くなることもあります。

スポンサーリンク

マスクで耳が痛くならないように対策するには?

耳が痛くなるのは、マスクのヒモに起因するので、
対策としては、そのヒモにひと工夫加えるといいですね。

ヒモが不織布のマスクを使う

ゴムヒモの伸縮で、食い込んで痛くなるのですから、
ヒモの部分が伸縮しないマスクを使えば、耳の痛みは解決出来ます。

立体形状の、少し値段の高いマスクの場合、
耳にかかる紐の部分が、不織布で出来ているものが多いです。

これなら伸び縮みしませんので、食い込みが防げますし、
不織布自体が薄いので、メガネをしていても、
挟まれてい痛くなることも、減らせるでしょう。

ゴムヒモを引っ張って伸ばす

マスクを毎日使うので、あまり高いマスクは…という場合は、
次の動画のように、マスクのゴムを、思い切り引っ張って伸ばし、
伸縮性を弱めるのはいかがでしょうか。

マスクを伸ばしてしまうと、耳からずれてしまいそうですが、
伸びきっているわけではないので、大丈夫です。

最初は安いマスクなどを使って、
一度装着感を試してみるといいですね。

耳に当たる部分にカバーをつける

耳に当たる部分に、保護材を取り付けて、
耳をカバーする
ことで、痛みを防ぐこともできます。

マスクのヒモをカバーする製品もありますが、
化粧用のコットンやティッシュと、医療用テープを使って、似たようなものも作れます。

コットンやティッシュを、適当な大きさにちぎり、
耳に当たる部分のヒモを覆い、医療用テープで固定すれば完成です。

医療用テープは安いものですし、あると便利ですので、
ぜひ使ってみて下さい。

絆創膏を耳に貼る

メガネでヒモが圧迫されて痛くなる場合や、
マスクを交換するたびに、カバーをつけるのが面倒な場合は、
耳の、ヒモが当たる部分に、絆創膏を張るといいでしょう。

耳を保護して痛みを防ぐことが出来ます。

ただし、絆創膏のガーゼ部分はあまり厚くないですので、
当たる部分がずれると、痛くなることもあります。

また、絆創膏を貼る前に、耳の裏側を、濡らしたティッシュなどで拭くと、
絆創膏が剥がれづらくなり、長持ちしますよ。
maskmimi4

マスクの耳の痛みは工夫次第で対策できます!

いろいろ調べてみると、マスクのヒモが耳へ食いこんで困っている
という人が、とても多いようですね。

今回その中で、不器用な私でも、
簡単に出来て効果が高いと思われるものをご紹介しました。

特に、ヒモを引っ張って伸ばすやり方は、
力加減さえ間違えなければ、誰でも出来るものですよね。

これは、私もやってみて、効果を発揮した技なので、
まずはこれから試してみるといいですね。

スポンサーリンク

関連記事

健康や美容に良い水素水の効能とは?効果的な飲み方もご紹介!

近頃話題となってるものに、「水素水」というものがあります。 ドラッグストアやフィットネ

記事を読む

唾液から臭いがするのは何故?その原因と適切な対策方法

くしゃみをする時に手やハンカチで口をおさえますが、その時に嫌な臭いを感じたことはありませんか?

記事を読む

ズキズキ痛い!偏頭痛(片頭痛)の対処法と予防法とは?

急に現れる痛みはとてもやっかいで、楽しいひと時や仕事中には来てほしくないものですね。

記事を読む

妊婦の貧血の症状と原因とは?食事は何を摂れば良いの?

妊娠すると、貧血の症状が出る事があります。 貧血になると、体調が悪くなるだけでなく、 お

記事を読む

葛根湯は妊婦が飲んでも大丈夫?効果的な飲み方は?

季節の変わり目や、気温が下がる時は風邪をひきやすくなります。 みなさん、『葛根湯』を飲んだこと

記事を読む

「ものもらい」の2つの症状とは?それぞれの原因と治し方

小さい頃、「ものもらい」になったことがある方は 多いんじゃないでしょうか? 「ものもらい」は

記事を読む

急性声帯炎で声が出ない!治るまでの期間や発症する原因は?

芸能ニュースで、時々『急性声帯炎で休養』というものを見かけます。声が出ないとなると芸能界でな

記事を読む

歯の痛みを和らげる方法。歯痛の時に気をつけることとは?

痛みには様々なものがありますが、辛い痛みの一つに歯痛があります。 急にズキズキと痛み出

記事を読む

気になる赤ちゃんの向き癖。原因は?治し方は?

生後間もない赤ちゃんの体って とても柔らかくフワフワしていますよね。 頭蓋骨もまだ完成してお

記事を読む

ズキズキと痛む腰!それって神経痛?原因と治療法を紹介!

朝晩涼しくなってきました。 最近はこの涼しさに伴い腰が・・とてつもなく痛い! これってまるで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時

健康的な美肌は毎日の食事から!美肌効果のある食べ物5選!

肌トラブルのない健康的なお肌を作るには、毎日の積み重ねが必要で

→もっと見る

PAGE TOP ↑