マスクをかけると耳が痛い!その原因と効果的な対策方法

| 健康 | , , , ,

maskmimi2

冬から春にかけて、
外出時にはマスクが手放せない季節になりますよね?

そのマスク、時々、かけていると、
耳が痛くなることってありませんか?

痛いからといって、すぐにマスクを交換するのも、
もったいないものです。

つい痛いのを我慢しちゃう方も多いかもしれませんね。

そこで、マスクで耳が痛い時、
どうすれば良いのか、原因と対策をまとめてみました。

スポンサーリンク

マスクで耳が痛くなる原因は?

何故、マスクをしている時に、
耳が痛くなるのでしょうか?

maskmimi1

マスクのヒモがゴムタイプ

マスクを固定するのには、耳にかけるヒモが必要です。

このヒモが、ゴム製などの伸び縮みするタイプの場合、
伸縮が強すぎて、耳に食い込んでしまい、
痛くなることがあります。

特に、ゴムヒモの形状が丸型で細いものであれば、
痛くなりやすい傾向があるようです。

稀に、マスクのゴムヒモが体質に合わず、
かぶれてしまって、痛くなることもあるようですね。

マスクのサイズが合っていない

マスクのサイズが小さい場合は、
その分、ヒモも短めです。

そのため、フィット感は抜群だけど、
ヒモが食い込んで耳が痛い…なんてことも発生します。

また、安く売られている、お徳用マスクの場合、
同じ製品なのにヒモの長さがバラバラなんてことも。

新しいマスクに交換したら、
痛くなくなった、なんてこともあるようです。

メガネとの複合技で痛いのかも

メガネやサングラスをしている時にマスクをすると、
メガネのつるが、マスクのヒモを圧迫してしまい、
痛くなることもあります。

スポンサーリンク

マスクで耳が痛くならないように対策するには?

耳が痛くなるのは、マスクのヒモに起因するので、
対策としては、そのヒモにひと工夫加えるといいですね。

ヒモが不織布のマスクを使う

ゴムヒモの伸縮で、食い込んで痛くなるのですから、
ヒモの部分が伸縮しないマスクを使えば、耳の痛みは解決出来ます。

立体形状の、少し値段の高いマスクの場合、
耳にかかる紐の部分が、不織布で出来ているものが多いです。

これなら伸び縮みしませんので、食い込みが防げますし、
不織布自体が薄いので、メガネをしていても、
挟まれてい痛くなることも、減らせるでしょう。

ゴムヒモを引っ張って伸ばす

マスクを毎日使うので、あまり高いマスクは…という場合は、
次の動画のように、マスクのゴムを、思い切り引っ張って伸ばし、
伸縮性を弱めるのはいかがでしょうか。

マスクを伸ばしてしまうと、耳からずれてしまいそうですが、
伸びきっているわけではないので、大丈夫です。

最初は安いマスクなどを使って、
一度装着感を試してみるといいですね。

耳に当たる部分にカバーをつける

耳に当たる部分に、保護材を取り付けて、
耳をカバーする
ことで、痛みを防ぐこともできます。

マスクのヒモをカバーする製品もありますが、
化粧用のコットンやティッシュと、医療用テープを使って、似たようなものも作れます。

コットンやティッシュを、適当な大きさにちぎり、
耳に当たる部分のヒモを覆い、医療用テープで固定すれば完成です。

医療用テープは安いものですし、あると便利ですので、
ぜひ使ってみて下さい。

絆創膏を耳に貼る

メガネでヒモが圧迫されて痛くなる場合や、
マスクを交換するたびに、カバーをつけるのが面倒な場合は、
耳の、ヒモが当たる部分に、絆創膏を張るといいでしょう。

耳を保護して痛みを防ぐことが出来ます。

ただし、絆創膏のガーゼ部分はあまり厚くないですので、
当たる部分がずれると、痛くなることもあります。

また、絆創膏を貼る前に、耳の裏側を、濡らしたティッシュなどで拭くと、
絆創膏が剥がれづらくなり、長持ちしますよ。
maskmimi4

マスクの耳の痛みは工夫次第で対策できます!

いろいろ調べてみると、マスクのヒモが耳へ食いこんで困っている
という人が、とても多いようですね。

今回その中で、不器用な私でも、
簡単に出来て効果が高いと思われるものをご紹介しました。

特に、ヒモを引っ張って伸ばすやり方は、
力加減さえ間違えなければ、誰でも出来るものですよね。

これは、私もやってみて、効果を発揮した技なので、
まずはこれから試してみるといいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

スマホ老眼のチェック方法はコレ!気になる対策方法は?

年齢ととも起こる老化現象の中で、特に目の老化は見え方に変化が出るため判りやすいもの。通常では40~5

記事を読む

靴下にあいた穴!その意外な原因とは?穴はどうやって直す?

「靴下に穴があく」と聞いたら、まず 「爪が伸びてるんじゃないの?」って思いますよね。 実

記事を読む

しゃっくりが止まらない!その原因と効果的な止め方は?

くしゃみやセキなど、人体には「急に出るけれども止められないもの」がいくつかあります。

記事を読む

辛い車酔い、大人になっても酔う原因と対策方法は?

子供の頃に車やバスなどに乗ると、乗り物酔いをしてしまって辛かった・・という経験を持つ方は、多

記事を読む

「ものもらい」の2つの症状とは?それぞれの原因と治し方

小さい頃、「ものもらい」になったことがある方は 多いんじゃないでしょうか? 「ものもらい」は

記事を読む

早起き早寝を習慣にするコツ・方法は?世界のCEOは皆早起き!

高城剛:「21世紀の歴史は朝作られるだろう。」 引用:スターバックスCEOが毎朝4:30に起き

記事を読む

「薬」を水でなくお茶で飲むのは大丈夫?他の飲み物ではどう?

薬を飲む時に、お茶と一緒に飲むのはダメ、と言う話を聞いたことはありませんか? 私も手元

記事を読む

痛い手首の腱鞘炎、その症状と自宅でも可能な治し方とは?

スマホを毎日使う人の中で最近増えているのが、親指から手首にかけて痛みが走る腱鞘炎。 パソコン作

記事を読む

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時に履いていた靴が退勤時には入ら

記事を読む

家族がインフルエンザに!他の家族にうつる?予防方法は?

冬の怖い病気の代表「インフルエンザ」は、家族がかかると感染する恐れが出てしまいます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑