しもやけの原因は何?痛くて痒いその症状と治し方

| 健康 | , , ,

冬になると、実はこれで悩んでいる方が多いということを良く聞きます。

それは、手足などがカサカサになって腫れ、
痛くて痒い(かゆい)もの。

「しもやけ」です。

しもやけは、手足に発症するものと思われていますが、
それ以外にも、頬や耳といった部分にも発生するんですね。

一度出来てしまうと、気温の差によって、
とても痛くなったり、かゆくてたまらなくなったりして、
本当に辛いと言われています。

知ってるようで以外と知らない「しもやけ」、
その原因と症状、そして対策方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

しもやけの原因は?

shimoyake1

しもやけの正式名称は、
「凍瘡(とうそう)」と言いますが、
主な原因は、冷えによる血行障害です。

冬になると、気温が下がりますよね。
すると、体の表面や内側も冷えてしまい、血行障害が起こりやすくなります。

血行障害が起こると、体の末端部分に、
温かい血液が流れづらくなり、
その結果、腫れや痒み(かゆみ)を起こしてしまうのです。

とりわけ、冷え性の人は血行障害が起こりやすいので、
しもやけになりやすいものですね。

また、水を使う仕事の方に、しもやけが多いと言われているのも、
濡れた手足が乾燥するときに、急激に体温が奪われて、
血行障害が起こりやすいからです。

しもやけの症状は?

しもやけの症状は大きく分けると2つあります。

まずは、腫れの症状です。

体の先端部分、特に手足の指や耳たぶに赤紫色の湿疹状の腫れが出る
 →主に子供がなりやすい症状です。

手足の指全体が、膨張したように腫れあがる場合
 →主に大人、特に女性がなりやすい症状です。

そして二つ目は痒み(かゆみ)を伴う痛みの症状です。

温かい所に入ると痒くなり、寒い所に出ると痛くなります。

症状が悪化すると、あまりの痒さ(かゆさ)や痛さに、
眠れなくなるほどになります。

実際は、しもやけでは、この2つの症状が
両方表れている場合がほとんどかと思います。

手の指が腫れて膨れ上がり、同時に痛みやかゆみを伴います。

スポンサーリンク

しもやけの治し方と予防法は?

では、しもやけの治療は、
どうすれば良いのでしょうか。

予防の観点も含めて考えてみましょう!

重要なことは、体を冷やさないこと
日頃からの血行促進が何より大事です。

お風呂にゆっくり入る

shimoyake2

お風呂は血行促進に最適です。

お風呂にゆっくりと入り、
患部を軽くマッサージして、血行を促すようにして下さい。

お風呂上りには、血行促進効果のある、
ビタミンEが配合されたクリームを、
マッサージしながら患部に刷り込んでみるのもいいですね。

この時、腕やふくらはぎなども、マッサージすると効果的です。

こちらの動画も参考にしてみて下さい。

温湿布を使う

腫れを抑える効果と、暖め効果の双方に期待が持てる、
温湿布を活用するのもよいですね。

ただし、皮膚が敏感になっていますので、
温湿布をつけて、痛いようでしたら、すぐにはがして下さい。

外出時は暖かい服装を

冬の時期に、外出する時は、できるだけ暖かい服装をして下さい。
手袋もはめ、靴下も温かいものを履きましょう。

顔にしもやけの症状が出やすい方は、
耳もイヤーマフで覆い、マスクを装着するといいですね。

そして意外と見落としがちなのが、冬の靴です。
ヒールの高い、先の尖った靴は、血流が滞りやすくなるので気をつけて下さい。

温かいものを食べる

shimoyake4

食べるものも非常に大事です。

特に冬の時期は、体を温める食べ物や飲み物
なるべく選んで食べるようにしましょう。

例えば、黒砂糖入りの生姜紅茶、ネギ、にんにくなどは、
体を温めるのでオススメです。

体を温める食べ物については、
こちらの記事も参考にしてみて下さい。

冷え性に効果がある食べ物や飲み物は?陽性・陰性の観点ではどう?

運動する

血行促進の為には、運動も大事ですね。
歩くだけでも、継続して軽い運動はするようにしましょう。

水仕事にはひと工夫を

水仕事をすると、どうしても手指から、体温が奪われていきます。
家で食器を洗う時は、節約や我慢をせずに、お湯を使いましょう
手荒れの原因にもなりますので、出来ればゴム手袋を使って下さい。

ビタミンEで内側から予防

ビタミンEには、血行促進の効果があります。
主に食物油や、ナッツ類に多く含まれていますが、
サプリメント摂取するのもいいですね。
shimoyake3

症状がひどい時は皮膚科へ

しもやけの症状がひどいようでしたら、
一度皮膚科の診察を受け、
ステロイド配合の塗り薬を、処方してもらいましょう。

ステロイドと聞くと、あまり良い顔をしない人もいるかもしれませんが、
医師の指示に従い、適量を守れば、
しもやけにはかなりの効果が現れます。

まとめ

しもやけは、何と言っても体が冷えることが大きな原因です。

しもやけになってしまたら、
体が冷えているサインだと思って、
まずは、体を温める生活を意識していくといいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

二度寝が良くない理由とは?防止するにはどうしたら良い?

早い時間に目が覚めた時に、もう少し寝られると思って、そのまま二度寝をしてしまう事ってあります

記事を読む

花粉症の症状 咳や頭痛がする原因と対処は?

「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」 これが花粉症の典型的な症状です。 でも、花粉症

記事を読む

いちご鼻の原因と治し方とは?ケアには泡洗顔がいい?

お肌の理想は「陶器のようなすべすべお肌」と言いますが、現実にはなかなか難しいもの。 特に鼻がブ

記事を読む

ぎっくり腰って冷やすのか温めるのかどっちが良いの?

「ぎっくり腰」って良く聞く言葉ですよね。 でも、ぎっくり腰になって、ものすごく痛くてたまら

記事を読む

冷え取り靴下とは?何枚履くもの?その効果と正しい選び方

寒い時期になると冷えに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 冷えが溜まるようになると免疫力

記事を読む

火を使わないお灸?ペットボトル温灸のやり方とその効果は?

昔から伝わる健康改善方法の中には、本当に効果があるものがいくつもあります。その中で特に効果があるもの

記事を読む

ドライアイを改善するにはどうする?対策と予防方法をご紹介!

長くパソコンを使っていたり、スマホ画面に集中していると目が疲れますよね。 そんな時は、

記事を読む

辛い車酔い、大人になっても酔う原因と対策方法は?

子供の頃に車やバスなどに乗ると、乗り物酔いをしてしまって辛かった・・という経験を持つ方は、多

記事を読む

大人もかかる?りんご病の症状と治療方法。妊婦が注意する点は?

妊婦さんはお腹の赤ちゃんを守るために、いつも以上に健康に気をつけなければなりません。場合によ

記事を読む

妊婦の貧血の症状と原因とは?食事は何を摂れば良いの?

妊娠すると、貧血の症状が出る事があります。 貧血になると、体調が悪くなるだけでなく、 お

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

夏になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立ってい

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑