みかんの効能と栄養素は?筋や皮も捨てずに活用しよう!

| 飲食 | , , , ,

mikan4
冬の果物として思い浮かべるのは、やっぱり
「みかん」

甘くておいしいみかんは、ついつい手が伸びて、
あっという間に2個、3個と食べてしまいますね。

そして、食べ過ぎてしまって、
手がみかん色に… なんてことも。

せっかく食べるのなら、
どんな効能があるのか気になりませんか?

というわけで、みかんの効能と栄養素について、まるごと調べてみました!

スポンサーリンク

みかんの栄養素と効能について

みかんを食べることで、
次のような効能が期待できます

mikan2

風邪予防の効果

みかんと言えば、
ビタミンCが豊富なことで有名です。

ビタミンCには、免疫力を高める効果があるので、
風邪の予防に高い効果があると言われています。

ビタミンCと、βカロテンが豊富に含まれているみかんは、
風邪を引きやすい季節には最適の果物ですね。

美肌効果にも

ビタミンCには、
シミ・シワの原因になるメラニンを抑制する効果がありますが、
栄養素が壊れやすいため、安定して摂取する必要があります。

そこで、みかんに含まれるヘスペリジンと一緒に取ることで、
ビタミンCが安定するんですね。

吸収率もアップしますので、
お肌が気になる人には最適です。

整腸作用だって

みかんには、水溶性食物繊維のペクチンや、クエン酸も含まれています。
これが、整腸作用をもたらすんですね。

体内の老廃物をすっきり出しますので、
吹き出物等を予防する効果があります。

骨粗しょう症予防の働らき

みかん独特の美しい黄色は、
主にβ-クリプトキサンチンという成分で出来ています。

聞きなれない名前の成分ですが、
この栄養素には、骨粗しょう症の予防効果があります。

年齢を重ねるごとに、気をつけていても骨密度は減少しますが、
みかんを食べることで、
予防効果が期待できると言われていますよ。

がんの抑制をする効果!

βクリプトキサンチンには、骨粗しょう症予防の他にも、
発がん性物質を抑制する効果があることが、判明しています。

みかんには、その他にもβカロテンを含んでおり、
こちらもがんの抑制効果があることが判明しています。

これらは特に、大腸がんと皮膚がんの、発生を抑える効果があります。

*手が黄色くなったときはちょっと控えて
みかんの健康効能ってとても素晴らしいですよね。

とは言っても、ひたすら食べ過ぎると、
手が黄色くなることがあります。

これは、みかんに含まれるカロテンのとりすぎで起こる症状で、
「柑皮症」と呼ばれているんですね。

特に体に悪影響はありませんが、栄養のバランスも考えて、
この場合、色が収まるまでは、みかんは控えましょう。

何事も適度な量を摂ることが大事ですね。

スポンサーリンク

みかんの皮の効能と活用法

みかんを食べるときは、
丁寧にを取り除いてますか?
または捨てていますでしょうか?

それはちょっと勿体無いですよ!

みかんの白い筋にも効能が!

mikan3
みかんの実と皮の間にある、白い筋の正式名称は、「アルベド」と言います。

このアルベドには、水溶性食物繊維であるペクチンが、
豊富に含まれています。

また、みかんの実以上に、ヘスペリジンを含んでいます。

先に挙げた、美肌を助ける効果があるヘスペリジンですが、
美肌効果以外にも、毛細血管の強化や、血流強化の効果、冷え性対策に効果があります。

みかんの皮は漢方薬にも!

みかんの皮にも、ヘスペリジンとペクチンが豊富に含まれています。

漢方薬の「陳皮(ちんぴ)」をご存知でしょうか?

陳皮は、みかんの皮を乾燥させて作られる漢方薬なんですね。

この陳皮ですが、
ハーブティーのようにして飲むと、風邪の予防に効果があります。

また、入浴剤代わりにお風呂に入れますと、血行促進の効果もありますよ。

陳皮は、綺麗に洗って、皮を干すだけで手軽に作れます。

ぜひ活用したいですね。

また、乾燥させなくても、皮ごとみかんでマーマレードを作れば、
皮に含まれる強い苦味も美味しく食べられます。

マーマレードジャムにすると、みかんの皮を手軽に摂れるのでオススメです。

*みかんの皮を使うときは国産で
実はみかんの皮には、農薬が残っている場合があります。

国産のみかんでしたら、皮を水洗いすることで洗い流せますが、
外国産のみかんは、燻蒸方式で農薬を散布していることが多いため、
皮を食べるのにはあまり適していません。

無農薬のみかんが一番ですが、
出来るだけ国産のみかんを選びましょう。

mikan1

みかんまるごとで元気になろう!

栄養がたっぷりで健康効果が抜群のみかん。
ぜひ毎日食べたいものですね。

みかんは筋や皮にも栄養がタップリってビックリですね。

「良薬口に苦し」と言いますが、
みかんの甘い部分だけ食べるのはもったいないものですね。

皮を干すことでゴミの減量できますし、
まるごとみかんを味わって、寒い冬を乗り切りましょう

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

賞味期限と消費期限の違いとは?開封済みの場合はどうなるの?

食品を購入する時に状態や値段も確認しますが、「賞味期限」もチェックしてから購入しますよね。

記事を読む

目の疲れに良い食べ物を6つ厳選!レシピも紹介します!

毎日の生活で知らず知らず酷使してしまう「目」は、見えづらくなって初めて大切さに気づく器官。

記事を読む

人気のコーヒー豆とは?その種類と特徴を一覧で5つご紹介!

「コーヒーが大好き!」という方は多いと思いますが、カフェに限らず、今や自宅でも、コンビニでも、どこで

記事を読む

森のバター!アボカドの栄養とカロリーは?効果的な食べ方も紹介!

ここ数年で定着し、女性を中心に大変人気のある野菜の一つが、「アボカド」。 とろっとした

記事を読む

巻き寿司の上手な巻き方のコツは?細巻き太巻き別にご紹介!

お寿司と言われると握り寿司を思い浮かべる人が多いですが、巻き寿司も根強い人気がありますね。

記事を読む

お肌に効果!「もつ」の栄養と美容効果とは?カロリーはどれくらい?

https://youtu.be/P6j6iurnnTE お肌の調子良くない時には、もつ(ホル

記事を読む

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェ、それぞれの違いは?

毎日の生活にコーヒーやお茶が欠かせない人にとって、カフェインは気になるところ。あまり取り過ぎ

記事を読む

ココアの冷え性改善効果は抜群!ダイエットにも良い飲み方とは?

寒い冬になると飲みたくなるのが、甘い香りと味がほっとするココアです。 コンビニのホット

記事を読む

薄力粉と強力粉の違いと使い分けは?代用はできるの?

小麦粉っていろんな種類がありますよね。 薄力粉、強力粉、中力粉、全粒粉・・など 種類が沢

記事を読む

パプリカとピーマンの違い。色や栄養素はどう違うの?

ピーマンは色が緑ですが、苦味が強くて、子供から嫌い!と言われてしまう野菜の代表格ですね。子供

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

猫好きは必見!吉祥寺猫祭り2017年の日程とイベントの楽しみ方!

東京・吉祥寺と言えば、女性に人気の高いおしゃれな街。 映

茨城の土浦花火大会2017年の日程や時間。花火職人の技が見どころ!

夏と言えば花火大会ですが、大会によってその内容は様々。

彼岸花がきれいな巾着田曼珠沙華まつり、2017年の日程や見頃は?

秋に咲く花といえば、ピンクが愛らしいコスモスや香り高いキンモクセイの名

願いごと日本一!安城七夕まつり2017年の日程と見どころ!駐車場は?

七夕といえば笹と飾り物が書かせませんが、願いごとの短冊もまた欠かせない

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑