恵方巻きの正しい食べ方とは?使う具材は何?レシピもご紹介!

| 日本の習慣・行事 | , , ,

ehoumakitabekata1

節分近くになると「恵方巻き」の広告が目につくようになりますね。

コンビニのキャンペーンから、全国区になったと言われる「恵方巻き」ですが、今では、コンビニだけでなく、デパートやスーパーなどにも並びます。

でも、恵方巻の正しい食べ方ってわかりますか?

節分のような行事では、やはり伝統にのっとった「正しい」食べ方をしたいですよね。

恵方巻きの食べ方のポイントや、恵方巻の具材、恵方巻レシピなど、恵方巻きを食べることについてまとめてみました。

スポンサーリンク

恵方巻きの食べ方 ポイントは?

節分に恵方巻きを食べるときには、いくつかポイントがあります。

○1人1本の恵方巻を用意する
○「恵方」を向いて食べる
○願いことをしながら、最後までしゃべらないで食べる

ひとつずつ見て行きましょう。

ehoumakitabekata2

恵方巻は1人1本

「恵方巻き」は、太巻きをひとり1本、切らずに用意します

太巻きは、「福を巻き込む」、切らずに食べるのは「縁を切らない」と言う意味が込められているのです。

また、丸ごと1本の太巻きを「鬼の金棒」に見立て、鬼退治の意味もあります。

「恵方」を向いて食べる

「恵方」とは、「いい方角」のことで、その年の「十干(じっかん)」によって決まります。

2017年の恵方は「北北西やや北」になりますね。

恵方の方角については、こちらの記事に書いていますので、参考にしてみて下さい。

■恵方の意味・方角の決め方!恵方巻きの方角は?

願い事をしながら、最後まで「しゃべらないで」食べる

恵方を向いて、恵方巻を食べ始めたら、口から離さず、最後まで「しゃべらずに」食べ切りましょう

食べきらないうちにしゃべってしまうと、「運が逃げる」と言われていますよ。

スポンサーリンク

恵方巻きで使う具材は?

方巻きには、七福神にちなみ「7種類」の具材を使うとされています。
具材は、特に決まっているわけではありませんが、

・かんぴょう
・きゅうり(レタス・かいわれ)
・煮た椎茸
・伊達巻(玉子焼き)
・うなぎ(あなご)
・桜でんぶ

などが主に使われます。

ehoumakitabekata3

また、大正時代から昭和初期には漬物が用いられていたとも。最近では、サーモンやいくら、イカ、エビ、まぐろなどを使った
「海鮮恵方巻き」が売られていることも多いですね。

具材の種類も、特に7種にこだわらず、少なくする場合もあれば、11種以上と多くする場合もあり、まちまちのようです。

また、中には「太巻き」ではなく、「中細巻」や「手巻き寿司」を食べる人もいて、「恵方巻き」はかなり自由度の高い縁起物のようです。

恵方巻き レシピをご紹介

□きょうのレシピ:恵方巻き(巻きずし)


■恵方巻きレシピ・太巻きレシピ 家庭で簡単にできる海苔巻きを徹底解説!


[参考レシピ]

1.酢飯、または硬めに炊いたご飯を用意する。市販の寿司酢を使うと簡単です。酢飯を作るときには、「おけ」を使うとよりおいしく出来上がります。

2.具材は細長く、海苔の長さに切る。具材は彩りを考えて選んで下さい。きゅうり、かんぴょう、椎茸の煮たもの、カニカマ、サーモンかまぐろ・玉子焼きなど、お好みのものを海苔の長さに切っておきます。

3.「まきす」に海苔をのせ、上下1.5cmほどあけてご飯をのせ、ご飯の手前1.5cmくらいのところから、具材を並べていく。

4.手前から、まきすごと具を抑えながら巻いていく。

5.巻き終わったら、巻き巣の上から抑え、形を整える。

[ポイント]
恵方巻きは、具に何を巻くかも大切ですが、一番肝心なのは「巻く」ことです。

巻物全般に言えることですが、コツは「ご飯を盛り過ぎない」こと。お海苔の上いっぱいにご飯をのせてしまうと、巻きにくいので注意しましょう。

恵方巻きを楽しもう!

ehoumakitabekata4

今では、すっかりメジャーになった「恵方巻き」ですが、もともとは関西の習慣で、「丸かぶり寿司」と言われていました。

恵方巻きの由来についても、
・大阪の商人たちの商売繁盛と厄払い
・船場の旦那衆の遊び
・巻きすしを切り分ける手間を省くために丸かぶりした

など、諸説あるみたいですね。

大正時代には、大阪の花街で、新香巻きを恵方に向かって食べる習慣があり、また、大阪の鮓商組合や海苔協会が販促目的で
「節分の丸かぶり寿司」のチラシを配ったこともあったと言われます。

「恵方巻き」と言う名称は、セブンイレブンが名付けたもので、広島のオーナーの発案で売り出したところ大ヒットしたとか。

今では、全国区になった「恵方巻き」ですが、恵方巻の人気には実はもうひとつ重大な理由があると言う意見があります。

それは、「主婦が楽だから」と言うもの。

「恵方巻き」はそれだけで夕食が済んでしまい、買ってくればさらに食事の用意が楽ですからね。「なるほどな」と思いました。

恵方巻きを食べる習慣がないと、一人であんなに大きな巻き寿司はとても食べきれないと思いますが、そんなときは小さめの巻きずしや
細巻き・手巻き寿司でもいいのでは?

「巻き」寿司をみんなで、恵方を向いて食べれば、それが「恵方巻き」になるのではないかと思ったりします。

スポンサーリンク

関連記事

お月見団子の作り方。簡単に出来る手作りレシピをご紹介!

毎年9月ごろに楽しむお月見は、季節の移り変わりを楽しむ日本人らしい風習ですね。そのお月見に欠

記事を読む

半夏生(はんげしょう)にタコを食べる由来は?2016年はいつ?

「半夏生(はんげしょう)」という言葉をご存知でしょうか? 関西地方では梅雨明け頃に、スーパーの

記事を読む

旅館へのチップ(心付け)は必要なの?気になる相場や渡し方をご紹介!

海外旅行で泊まるホテルでは、チップが必要という話をよく聞きます。 しかし日本の旅館では、チップ

記事を読む

社日の意味や由来とは?2017年はいつ?

昔より日本では、その時期に合わせた様々な行事が行われています。カレンダーを見ていると、そんな行事の日

記事を読む

子供と一緒に!ひな祭りにぴったりの手作りおやつの作り方!

ひな祭りは女の子のためのお祝い。とことん可愛くお祝いしたいですね。 ひな祭りケーキなど

記事を読む

雪かきでおすすめの道具とは?突然の雪でも代用できる道具も紹介!

雪が降り積もる地域では、11月頃から雪対策が始まります。 雪かき用スコップの確認や、豪

記事を読む

節分といわしの関係!柊鰯を飾る理由・食べる由来とは?

節分と言えば「豆まき」、そして「恵方巻」ですよね。 実は、他にも節分の食べ物には、

記事を読む

暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?残暑見舞いは?

「暑中見舞い」という言葉は知っているものの、いつから出してよいものか意外と分からないものです。

記事を読む

蚊取り線香の効果と範囲は?蚊以外にも効果はあるの?

夏になると気になるのが、嫌な羽音で飛び回る蚊のこと。 どこからか入り込んだ蚊に刺されると不愉快

記事を読む

お中元を贈る時期はいつからいつまで?マナーで気を付けることは?

日頃お世話になっている方へ送るお中元は、夏の欠かせないご挨拶ですね。目上の方へ贈ることの多い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プレミアムフライデーとは?どんなメリットがあるの?実施はいつから?

最近のニュースでよく耳にするのが、「プレミアムフライデー」とい

アイスクリームの日の由来とは?どんなイベントがあるの?

夏が近づくと、冷たくて甘いアイスクリームが食べたくなりますよね

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあ

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

→もっと見る

PAGE TOP ↑