旧正月っていつ?日本ではお祝いしないの?

| 年末・年始・正月 | , , , ,

lunarnewyear1

お正月っていつのことだと思いますか?

本では、1月1日の元日から始まるのがお正月だと思っている人がほとんどですよね。でも、実はお正月と言うのは、「暦」によって違うんですよ。

現在のお正月は「新暦」の元日から始まりますが、日本以外のアジアの国々では、お正月と言えば、
「旧正月」
のことを差します。

現在のお正月よりも盛大にお祝いをするんですね。

今回は、旧正月とは何か、日本でのお祝い状況や、
2017年の旧正月の日付など
旧正月についてまとめてみました。

スポンサーリンク

旧正月とは何?

旧正月とは、「旧暦」のお正月のことです。では、「旧暦」とは何でしょう?

lunarnewyear2

新暦と旧暦

まず「新暦」と言うのは、現行の暦である、グレゴリオ暦(太陽暦)のことです。現在、世界の多くの国々で使われています。

これに対し、新暦以前の暦を「旧暦」と言います。

「旧正月は旧暦にもとづく」と言う場合の「旧暦」とは、旧正月が祝われる東南アジアの国々でかつて使われていた「中国歴」のことで、日本の旧暦もこの1種と言われています。

太陽暦と太陰暦

新暦であるグレゴリオ暦は「太陽暦」ですが、旧暦である中国歴は「太陰太陽暦」です。太陽太陰暦は「太陰暦」とも言われます。

太陽暦は、太陽を基準とした暦で、地球が太陽を周回する日数を換算して出来た暦。一方、太陰暦は、月を基準とした暦で、「月の満ち欠け」を基準に日数を区切る暦です。

「太陰暦は農耕に向く」と言われることがありますが、これは、太陰暦の方が歴史が古く、太陰暦に基づいて、種まきや季節の移り変わりが決められたためです。

太陽暦と太陰暦 日数の違い

太陽暦と太陰暦の一番の違いは、1年の日数が違うこと。

太陽暦では、1年は365日で、4年に1度「閏年(うるうどし)」があります。一方、月の満ち欠けにより日数を切る太陰暦では、ひと月は平均29.5日です。

したがって、太陰暦の1年間の日数は、29.5×12=354となり、太陽暦よりも11日少ないことになります。そのため、太陰暦では、3年に一度「閏月(うるうづき)」を入れて、1年が13カ月になる年があります。

お正月が年4回ある国も

シンガポールとマレーシアでは、暦が次の4つあります。

・ヒンズー
・イスラム
・旧暦
・新暦

そのため、お正月が年に4回もあるんですね

スポンサーリンク

日本は何故旧正月にお祝いしないの?

アジア圏の旧正月

「正月」という言葉は、本来、旧暦1月のことです。したがって、日本以外では「旧正月」とは言わないようです

中国をはじめとするアジア圏では、旧正月は「春節(しゅんせつ)」と呼ばれ、とても重要な祭日です。

□神戸・南京町の春節祭

旧正月である春節は、新暦の正月に比べ盛大にお祝いがなされ、中国本土では7日間ものお休みがあります。

中国本土以外でも、春節を祝うところでは、

・香港やマカオ:旧暦元日より3日間
・台湾:旧暦元日より5日間の休日
・韓国:旧暦大晦日から旧暦1月2日まで
・ベトナム:旧暦大晦日から旧暦1月3日まで
(ただし、官公庁や民間企業では、前後1週間程度は休日)

など、数日間の祝日が設定されているようです。

日本での旧正月

旧暦の時代には、日本でも、お正月とはもちろん、今で言う「旧正月」のことでした。

暦が現在の新暦に変更されたのは、明治6年のことですが、大正時代の終わりころまでは、日本でもお正月と言うのは、今の「旧正月」に行われていました。

「日本ではなぜ旧正月を祝わないか?」については、実ははっきりとしたことはわかりませんでした。

その中でも、調べてみて個人的に一番説得力があると思ったのは、
「旧正月は休みじゃないから」
と言うもの。

確かに、現在は、今の暦通りに年末・年始のお休みが設定されています。「現在の暦に合わせてお正月を祝う方がいい」と言うよりも、それしかない感じですね。

日本でも旧正月を祝うところも

今は、日本では旧正月を祝うところはあまりありません。

とは言え、横浜や神戸などの中華街では春節の行事が行われますし、沖縄や奄美の一部地域では、今でも旧正月を祝うところがありますよ。

□沖縄黒島の旧正月祭り

2017年の旧正月の日付は?

2017年の旧正月1月28日の土曜日
です。

旧正月は、月の満ち欠けを基準にした太陰暦に基づくため、年によって日付が違うんですね。

旧暦の1月1日は、立春前後の朔日(新月の日)で、1月21日ごろから2月20日ごろまでの間を移動します。

また、旧正月の日は、旧暦が月の満ち欠けを基準に月を区切っているため、年によっては、国により1日違ったりすることもあります。

ちなみに、2018年の旧正月は2月16日になります。

lunarnewyear3

時代とともに移り変わるもの・変わらないもの

春節ではありませんが、台湾に旅行したときにお祭りを見たことがあって、とてもにぎやかで、日本のお祭りとはまた違った楽しさがありました。

中国の春節には、日本の獅子舞みたいなのがありますね。もっとも、これは、日本の獅子舞が中国のものに似ているのだと思いますが日本の伝統や行事には、中国から伝わったものがたくさんありますね。

ただ、日本では、それをそのままではなくて、日本に合うような形で上手に取り入れられていることが多い気がしています。

お近くに中華街のある方は、春節に出かけてみてはいかがですか? 日本のとはまた違った「お正月」を楽しめると思いますよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

2017年の年賀状を元旦に届けるにはいつまでに出せばいいの?

年賀状は、普段なかなか会えない親戚や友人に近況を伝えることのできる、いい機会ですよね。

記事を読む

小正月を祝う意味とは?行事や食べ物についてもご紹介!

忙しい現代人にとっては、正月は三が日まで、長くても7日までというのが一般的です。 一方、古い習

記事を読む

正月太りは運動や食事で解消!正月明けに太ってしまう原因は?

楽しくお正月を過ごし、さて初出勤と鏡に向かうと自分の体型に驚くことはありませんでしょうか?

記事を読む

お歳暮の相場はいくらになる?何を贈ったら喜ばれるの?

一年の締めくくり、感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮には、心から喜んでもらえるものを贈りたいです

記事を読む

縁起の良い初夢!一富士二鷹三茄子の意味・由来

新しい年を迎えるお正月には、おみくじを引いて、1年の運勢を占ったりしますよね。 1年の

記事を読む

謹賀新年と恭賀新年の違いとは?年賀状ではどう使い分ける?

http://youtu.be/IUMd2EytlTQ 親しい友人へは、メールで済ますことも多

記事を読む

餅のカビを防止する保存方法4つ!カビがあっても食べられるの?

お正月に欠かせない鏡餅は、最近では真空パックになったものが一般的。 とは言え、毎年餅つきを行っ

記事を読む

除夜の鐘の意味・由来!108つ鐘をつくのは何故?

大晦日と言えば「除夜の鐘」ですね。 除夜の鐘が鳴り始めると、いよいよ今年も終わりだと言う実

記事を読む

おせち料理の意味や由来!おせちはいつ食べるもの?

□おうちで簡単おせち料理 盛り付け手順の紹介 http://youtu.be/IiseDpci6n

記事を読む

2014年 忘年会の余興で使えるオススメの出し物はコレ!

もうすぐ1年も終わり。 年末といえば、忘年会ですよね。 忘年会では出し物がつきもの。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

ヒトカラ(ひとりカラオケ)にはメリットが沢山!おすすめの楽しみ方は?

カラオケといえば、飲み会などの2次会でよく行く場所。みんなでワ

社会人におすすめ!有料自習室とはどんなところ?利用するメリットは?

資格試験や定期テスト前には、集中して勉強をしたいですよね。

幸甚の言葉の意味とは?読み方と正しい使い方を例文を交えてご紹介します!

要件を端的に伝えるメールに慣れてしまうと、手紙を書く時に悩んで

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑