七草粥の由来とは?七草の種類、それぞれの意味を覚えよう!

| 年末・年始・正月 | , , ,

nanakusagayu1

正月が終わると、七草粥を食べますよね。

最近は、スーパーで「七草セット」が売られているので、それを購入して作ることが多いかもしれません。

実家では、七草はおかゆではなくて、お雑煮でしたが、あっさりとしたお澄ましの七草雑煮は、とても優しい味がしました。

ところで、『七草』って全部言えますか?

今回は、七草粥の由来や、七草の種類・意味七草粥の作り方などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

七草粥の由来とは?

1月7日の朝には、七草粥を食べる習慣がありますよね。

これは「人日の節句(じんじつのせっく)」の行事になります。

「人日(じんじつ)」とは五節句のうちの一つで、陰暦の1月7日にあたり、「人の日」を指します。

古来、中国では、元日から次のように、それぞれの日に動物を当てはめ占いが行われていました。

元日:鶏
2日:狗(犬)
3日:猪(豚)
4日:羊
5日:牛
6日:馬

それぞれの日には、その動物を殺さないこととされましたが、1月7日は「人の日」で、「人を殺めない」、つまり犯罪者に対する刑罰が行われない日だったんですね。

唐の時代には、人日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の野菜を入れた羹(あつもの、とろみのある汁物)を食べて無病息災を祈るようになったそうです。

羹(あつもの)とは、「羹に懲りてなますを吹く」の「あつもの」ですね。

また、1月7日は、中国では官吏の昇進を決める日でもありました。この日の朝には、七種菜羹を食べて立身出世を願ったとされています。

この習慣が日本に伝わって、日本に古来からあった習慣「若菜摘み」と融合して七草粥になったと考えられています。

「若菜摘み」とは、年の初めに雪の間から芽を出した草を摘むこと。

「君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ」

と、百人一首にもうたわれている「若菜摘み」ですが、新春に若菜を食べると、邪気を払って病気が退散すると考えられていたそうです。

nanakusagayu3

七草は、当初は草ではなく、

七種の穀物【米、粟(あわ)、黍(きび)、稗(ひえ)、葟(みの)、胡麻(ごま)、小豆(あずき)】

だったと言われています。

その後、旧暦のお正月ごろに採れる野菜を入れるようになりましたが、その種類については、特に決まってはいなかったようです。

今の7種類は、鎌倉時代、四辻善成が

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」

と詠んだことで、定番になったとも言われています。

江戸時代に、「人日の節句」(七草の節句)が五節句のひとつに定められ、七草粥は、庶民の間でも食べられるようになり、定着して行きました。

スポンサーリンク

七草粥を食べる理由

七草粥を食べるのは、「無病息災」「長寿健康」を願うためです。また、青菜が不足しがちな時期に、青菜の栄養を摂るためでもあります。

さらに、お正月のご馳走で疲れた胃腸をいたわると言うのも理由の一つ。

今では、これが一番大きな理由かも知れませんね。

七草の種類、それぞれの意味は?

春の七草

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ

の七つです。

それぞれ、次の意味・効能があります。

芹(せり)

効能:食欲増進、解熱、健胃、整腸、降圧作用

意味:
新芽がたくさん「セリ」あって育つことから、競争に「競り(せり)」勝つの意味。

薺(なずな)

効能:解熱、利尿作用

意味:
通称「ペンペン草」。「なでて汚れを取り除く」と言う意味で、江戸時代にはポピュラーな食材だったとのことです。

御形(ごぎょう)

効能:去痰・咳を鎮める効果

意味:
ゴギョウは人形(ひとがた)のこと。母と子の人形が多かったことから「ハハコグサ」と呼ばれます。「仏のからだ」をあらわすとも。

繫縷(はこべら)

効能::歯槽膿漏

意味:
ハクは綿布で、ベラは古語で「群がる」こと。細かい茎に葉が群がるようにつくことから「繁栄がはびこる」に繋がります。ビタミンが豊富で、腹痛の薬にも。

仏の座(ほとけのざ)

効能::解熱・解毒作用

意味:
地面に平らに広がって生えている葉を「仏の安座」に見たてたことから。食物繊維が豊富。

菘(すずな)

効能::利尿・便秘解消

意味:
蕪(かぶ)のこと。昔は、蕪は葉が重用されたので「すず葉」と言ったことから。「鈴菜」は「神を呼ぶための鈴」の意味です。

蘿蔔(すずしろ)

効能::食欲増進・利尿作用

意味:
すずしろは「清白」で大根の古名。「けがれなき清白」をあらわします。

七草粥の作り方は?

【お粥レシピ】七草粥の作り方♪How to Make Nanakusagayu♪

七草粥は、もちろんお米から作った方が断然おいしいですが、
冷ご飯を使えば簡単です。

  1. おかゆを作る(冷ご飯を使ってもOK)。このとき、必要以上にかきまぜないようにしましょう。おかゆがベタベタになってしまいます。

  2. 下茹でして切ったスズナとスズシロ(蕪と大根)を加える。

  3. 下茹でした七草を包丁でたたいて細かくしたものを、出来上がり直前に加え、塩で味付けする。

七草は、下茹でしてあく抜きをし、最後に加えるのがポイントです。

1月7日には七草粥を食べよう

nanakusagayu4

七草は、正しく(?)は、前日の夜に、囃し歌を歌いながら叩くんだそうですよ。

「七草なずな 唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、バタクサバタクサ」

囃し歌には、地方によって多少のバリエーションがあるそうです。

□城南宮 七草粥囃し歌

また、七草と言えば「秋の七草」もありますよね。

春の七草が「食べるもの」であるのに対し、秋の七草は主に「観賞用」だと言われています。

関連記事:秋の七草の種類と分かりやすい覚え方。春の七草との違いは?

年末・年始は、忘年会やクリスマス、仕事納めにお正月とご馳走続きですよね。でも、そんなとき七草粥を食べれば、疲れた胃腸も「ほっ」とすることが出来ます。

七草粥は、そんなに「おいしい」ものではないかも知れませんが、身体に「やさしい」のがいいですよね。

最近では、スーパーで「七草セット」が売られているので、手軽に七草粥を楽しむことができます。もちろん、「七草」が揃っていた方がいいですが、ご自宅にある青いお野菜を茹でておかゆに入れるのでもいいですね。

伝統的な習慣と言うのは、本当に良くできているものだと感心しきりです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

2017年の年賀状を元旦に届けるにはいつまでに出せばいいの?

年賀状は、普段なかなか会えない親戚や友人に近況を伝えることのできる、いい機会ですよね。

記事を読む

ビジネスで使える年末の挨拶メールのポイント 例文もご紹介!

年末では、取引先に、年末年始のスケジュールをお知らせするとともに、 今年の感謝や来年への期待を

記事を読む

正月太りは運動や食事で解消!正月明けに太ってしまう原因は?

楽しくお正月を過ごし、さて初出勤と鏡に向かうと自分の体型に驚くことはありませんでしょうか?

記事を読む

謹賀新年と恭賀新年の違いとは?年賀状ではどう使い分ける?

http://youtu.be/IUMd2EytlTQ 親しい友人へは、メールで済ますことも多

記事を読む

お年玉の相場や平均っていくら?あげる範囲は?

お正月といえば、お年玉。 もらう立場からあげる立場になった皆さんは、いったいいくら包め

記事を読む

初夢っていつ見た夢?縁起のいい初夢を見るための方法

新年を迎えてお正月と言えば、気になるのが、 「初夢」。 ・初夢はいつの夜にみた夢のこ

記事を読む

喪中時に届いた年賀状 返信はどうする?寒中見舞いの文例は?

喪中時には、喪中はがきを出すものですが、 それでも年始になって年賀状が届く場合もありますよね。

記事を読む

初詣はいつまでに行けばいいの?初詣の意味や由来は?

お正月には、初詣に行く人も多いですよね。 毎年正月には、みんな揃って初詣に行く習慣のあるご

記事を読む

除夜の鐘の意味・由来!108つ鐘をつくのは何故?

大晦日と言えば「除夜の鐘」ですね。 除夜の鐘が鳴り始めると、いよいよ今年も終わりだと言う実

記事を読む

伏見稲荷大社の初詣 2017年の混雑予想!狙い目の時間・見所は?

小さい頃、好きなお寿司と聞かれて、「おいなりさん!」と答えてしまい、そうだけどね…と親を慌て

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑