お年玉の意味・由来!お年玉を渡すときのマナーは?

| 年末・年始・正月 | , , ,

otohidamayurai1
子供の頃は、お年玉が楽しみでしたよね。

私自身は、最近ではもっぱら「あげる」方になってしまいましたが、
楽しみにしてくれている姪っ子の顔を思い浮かべながら、
キティちゃんのポチ袋を買いに行くのが、最近の年末の楽しみです。

ところで、お年玉って、
どうして「お年玉」って言うんでしょう?

お年玉の意味や由来、お年玉の渡し方、
渡す時のマナー
などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

お年玉の意味・由来は?

「お年玉」と言えば、
「お正月に子どもに特別にあげるお小遣い」
と言うイメージを持つ人が多いと思います。

でも、お年玉は、本来、
「お正月に新年を祝うために贈る品物」のことで
新年の贈答一般に使う言葉です。

年末のお歳暮が、
お世話になった人に対して贈るものなのに対して、
お年玉は「目上の人が目下の人に」贈るところが特徴です。
otohidamayurai3

お年玉の由来

お年玉と言えば「お正月」ですが、
お正月は、もともと、歳神さまをお迎えし、
家族そろって祝う神事でした。

お正月には「鏡餅」を飾りますが、
鏡餅は、歳神さまへのお供え物です。

神様へお供えするお餅は「年玉」と呼ばれ、
このお餅には歳神さまの魂が込められている
と考えられていました。

このお餅を食べるための料理が「お雑煮」で、
お餅を食べることで、体に歳神さまの魂を取り込もうとしたんですね。

お供えの「おさがり」は、
家長が家族に分け与える形をとっていました。

これが「お年玉」の由来で、
ここから「年玉」「お年玉」の名前がついたと言われます。

「お年玉」は、もともとは家長が家族に分け与える
「お餅」のこと
だったんですね。

お年玉には、「年の賜物(たまもの)」が
「としだま」になったと言う説もありますが、
どちらも歳神さまに由来すると言う点では同じです。

スポンサーリンク

お餅から品物、そしてお金へ

もともとお餅だったお年玉ですが、いつごろからお金にかわったんでしょう?

お年玉の習慣は、江戸時代には、庶民にも浸透していたと言われます。

当時のお年玉は、お餅だけでなく、品物やお金のこともあり、
年始の贈り物のことを総称して「お年玉」と言っていたようです。

「お年玉」は、もともと「家長から家族へ」のものでしたが、
次第に「師匠から弟子へ」「主人から使用人へ」と範囲が広がっていきます。

それでも、相手は必ずしも「子ども」とは限らなかったんですね。

実は、お金を渡すようになったのは、高度経済成長期ごろからで、
都市部を中心にお金を贈るようになり、
贈る相手もだんだん子ども限定になっていきます。

お年玉が今の形になったのは、ここ数十年のことで、
それほど古いと言うわけでもないんですね。

お年玉の渡し方や渡す時のマナーは?

otohidamayurai4
お年玉は、「目上の人から目下の人へ」贈るものです。
そう言う意味では、「上司の子ども」にお年玉をあげるのは
むしろ失礼に当たりNGです。

何か差し上げたい場合にも、現金は避けた方が無難。

図書カードや文具券などを小型の祝儀袋に入れて贈るか、
「お子さんに」とお菓子などをお土産に持って行くと良いでしょう。

ご両親には?

中には、ご両親に新年のお小遣い(?)を差し上げたい場合があるかも知れませんね。
でも、お年玉は「目下の人」に贈るものです。

ご両親へは、「御年賀」として贈るようにしましょう。

お年玉袋の用意がないときは?

支払い以外でお金を渡す場合には「包んで渡す」のがマナーです。

ポチ袋の用意がないときには、ティッシュでもなんでもいいので
「包んで」渡すようにしましょう。

ポチ袋は手作りすることもできますよ。

■折り紙 お年玉袋の折り方 How to Origami “Poti bag”

お札について

お祝いのときには、「新しい門出をお祝いする」と言う意味で、
「新札」を用意します。

お年玉も「新しい年」をお祝いするものなので、新札を準備するようにしましょう。

ポチ袋に入れるときの折り方ですが、お札は三つ折りにするようにします。
四つ折りは、縁起が悪いので避けるようにしましょう。

お札は、開いたときに表(肖像があるほう)が見えるように、
表を内側にし、左から右の順でゆるやかに三つ折りします。

お札を折ったら、ポチ袋を表に向け、天地が逆さまにならないように入れます。
硬貨の場合も、表裏に注意。

硬貨は製造年が刻印されている方が裏です。
絵と漢数字のある方が表なので、表を向けて入れるようにしましょう。

親がいる場所であげる

お年玉をあげる時は、親がいる場所であげましょう。

親がいないところであげてしまうと、子供が隠してしまう可能性もあります。
親があなたにお礼を言える状況で渡すのが大切です。

お年玉はお正月の楽しみ

otohidamayurai5
子どもたちにとっては、お年玉はお正月の楽しみですよね。

あげるほうは、頭が痛い問題かもしれませんが、
子どもたちの喜ぶ顔を見ていると、「あげて良かった」と思います。

最近は、子どもの数もそれほど多くないですが、
私の祖母などは、孫が何十人もいたので大変だったと思いますね。

今年のお正月には、姪っ子が「ピン札が好き」と言っていたので
わざわざお札を折らなくてもいいポチ袋を買いに出かけました。

子どもと言うのは、何を言うか分からないですが
きっと、その子なりの理由があるんだと思います。

甘やかすのはもちろん良くないですが、たまのお正月くらいは
できるだけ「期待」に応えてあげたいなと思っています。

スポンサーリンク

関連記事

2014年 忘年会の余興で使えるオススメの出し物はコレ!

もうすぐ1年も終わり。 年末といえば、忘年会ですよね。 忘年会では出し物がつきもの。

記事を読む

おせち料理の意味や由来!おせちはいつ食べるもの?

□おうちで簡単おせち料理 盛り付け手順の紹介 http://youtu.be/IiseDpci6n

記事を読む

2017年の年賀状を元旦に届けるにはいつまでに出せばいいの?

年賀状は、普段なかなか会えない親戚や友人に近況を伝えることのできる、いい機会ですよね。

記事を読む

北海道神宮の初詣2017年の混雑予想!参拝時間はいつがおすすめ?

年末年始はふるさとに帰り、のんびりとしたお正月を過ごす方も多いかと思います。または、お正月休

記事を読む

大人数で盛り上がろう!忘年会のおすすめゲーム6選!

会社の忘年会は、お酒を飲んで周囲の人と語らうだけでは少しつまらないですよね。 そんな時にちょっ

記事を読む

お正月のおとそ(お屠蘇)の作り方!正しい飲み方と作法とは?

最近では生活様式の変化などもあって、昔からの風習やしきたりなどがすたれつつあります。しかしお正月に関

記事を読む

七草粥の由来とは?七草の種類、それぞれの意味を覚えよう!

お正月が終わると、七草粥を食べますよね。 最近は、スーパーで「七草セット」が売られてい

記事を読む

2017年の縁結びに!氷川神社の初詣、狙い目の参拝時間と混雑予想!

お正月の恒例行事の一つに、初詣があります。 普段それほど信仰心が無くても、初詣だけは欠

記事を読む

正月太りは運動や食事で解消!正月明けに太ってしまう原因は?

楽しくお正月を過ごし、さて初出勤と鏡に向かうと自分の体型に驚くことはありませんでしょうか?

記事を読む

小正月を祝う意味とは?行事や食べ物についてもご紹介!

忙しい現代人にとっては、正月は三が日まで、長くても7日までというのが一般的です。 一方、古い習

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあ

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時

→もっと見る

PAGE TOP ↑