お年玉の意味・由来!お年玉を渡すときのマナーは?

| 年末・年始・正月 | , , ,

otohidamayurai1
子供の頃は、お年玉が楽しみでしたよね。

私自身は、最近ではもっぱら「あげる」方になってしまいましたが、
楽しみにしてくれている姪っ子の顔を思い浮かべながら、
キティちゃんのポチ袋を買いに行くのが、最近の年末の楽しみです。

ところで、お年玉って、
どうして「お年玉」って言うんでしょう?

お年玉の意味や由来、お年玉の渡し方、
渡す時のマナー
などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

お年玉の意味・由来は?

「お年玉」と言えば、
「お正月に子どもに特別にあげるお小遣い」
と言うイメージを持つ人が多いと思います。

でも、お年玉は、本来、
「お正月に新年を祝うために贈る品物」のことで
新年の贈答一般に使う言葉です。

年末のお歳暮が、
お世話になった人に対して贈るものなのに対して、
お年玉は「目上の人が目下の人に」贈るところが特徴です。
otohidamayurai3

お年玉の由来

お年玉と言えば「お正月」ですが、
お正月は、もともと、歳神さまをお迎えし、
家族そろって祝う神事でした。

お正月には「鏡餅」を飾りますが、
鏡餅は、歳神さまへのお供え物です。

神様へお供えするお餅は「年玉」と呼ばれ、
このお餅には歳神さまの魂が込められている
と考えられていました。

このお餅を食べるための料理が「お雑煮」で、
お餅を食べることで、体に歳神さまの魂を取り込もうとしたんですね。

お供えの「おさがり」は、
家長が家族に分け与える形をとっていました。

これが「お年玉」の由来で、
ここから「年玉」「お年玉」の名前がついたと言われます。

「お年玉」は、もともとは家長が家族に分け与える
「お餅」のこと
だったんですね。

お年玉には、「年の賜物(たまもの)」が
「としだま」になったと言う説もありますが、
どちらも歳神さまに由来すると言う点では同じです。

スポンサーリンク

お餅から品物、そしてお金へ

もともとお餅だったお年玉ですが、いつごろからお金にかわったんでしょう?

お年玉の習慣は、江戸時代には、庶民にも浸透していたと言われます。

当時のお年玉は、お餅だけでなく、品物やお金のこともあり、
年始の贈り物のことを総称して「お年玉」と言っていたようです。

「お年玉」は、もともと「家長から家族へ」のものでしたが、
次第に「師匠から弟子へ」「主人から使用人へ」と範囲が広がっていきます。

それでも、相手は必ずしも「子ども」とは限らなかったんですね。

実は、お金を渡すようになったのは、高度経済成長期ごろからで、
都市部を中心にお金を贈るようになり、
贈る相手もだんだん子ども限定になっていきます。

お年玉が今の形になったのは、ここ数十年のことで、
それほど古いと言うわけでもないんですね。

お年玉の渡し方や渡す時のマナーは?

otohidamayurai4
お年玉は、「目上の人から目下の人へ」贈るものです。
そう言う意味では、「上司の子ども」にお年玉をあげるのは
むしろ失礼に当たりNGです。

何か差し上げたい場合にも、現金は避けた方が無難。

図書カードや文具券などを小型の祝儀袋に入れて贈るか、
「お子さんに」とお菓子などをお土産に持って行くと良いでしょう。

ご両親には?

中には、ご両親に新年のお小遣い(?)を差し上げたい場合があるかも知れませんね。
でも、お年玉は「目下の人」に贈るものです。

ご両親へは、「御年賀」として贈るようにしましょう。

お年玉袋の用意がないときは?

支払い以外でお金を渡す場合には「包んで渡す」のがマナーです。

ポチ袋の用意がないときには、ティッシュでもなんでもいいので
「包んで」渡すようにしましょう。

ポチ袋は手作りすることもできますよ。

■折り紙 お年玉袋の折り方 How to Origami “Poti bag”

お札について

お祝いのときには、「新しい門出をお祝いする」と言う意味で、
「新札」を用意します。

お年玉も「新しい年」をお祝いするものなので、新札を準備するようにしましょう。

ポチ袋に入れるときの折り方ですが、お札は三つ折りにするようにします。
四つ折りは、縁起が悪いので避けるようにしましょう。

お札は、開いたときに表(肖像があるほう)が見えるように、
表を内側にし、左から右の順でゆるやかに三つ折りします。

お札を折ったら、ポチ袋を表に向け、天地が逆さまにならないように入れます。
硬貨の場合も、表裏に注意。

硬貨は製造年が刻印されている方が裏です。
絵と漢数字のある方が表なので、表を向けて入れるようにしましょう。

親がいる場所であげる

お年玉をあげる時は、親がいる場所であげましょう。

親がいないところであげてしまうと、子供が隠してしまう可能性もあります。
親があなたにお礼を言える状況で渡すのが大切です。

お年玉はお正月の楽しみ

otohidamayurai5
子どもたちにとっては、お年玉はお正月の楽しみですよね。

あげるほうは、頭が痛い問題かもしれませんが、
子どもたちの喜ぶ顔を見ていると、「あげて良かった」と思います。

最近は、子どもの数もそれほど多くないですが、
私の祖母などは、孫が何十人もいたので大変だったと思いますね。

今年のお正月には、姪っ子が「ピン札が好き」と言っていたので
わざわざお札を折らなくてもいいポチ袋を買いに出かけました。

子どもと言うのは、何を言うか分からないですが
きっと、その子なりの理由があるんだと思います。

甘やかすのはもちろん良くないですが、たまのお正月くらいは
できるだけ「期待」に応えてあげたいなと思っています。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

小学生の書き初めにぴったりの言葉とは?例でご紹介!

冬休みに宿題として出される「書き初め」は、簡単なようで意外と難しい課題です。 課題

記事を読む

お歳暮の相場はいくらになる?何を贈ったら喜ばれるの?

一年の締めくくり、感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮には、心から喜んでもらえるものを贈りたいです

記事を読む

おとそ(お屠蘇)の意味や由来とは?普通のお酒とは違うの?

お正月は朝からお酒を飲んでもいいから嬉しい! ・・なんて思う飲兵衛さんはいませんか? 神社に

記事を読む

伊勢神宮の初詣 2017年の混雑予想!参拝に良い時間帯は?

「一生に一度はお伊勢参り」と言われる伊勢神宮。 伊勢神宮は、正式名称を「神宮」と言い、

記事を読む

余った年賀状は交換できるの?未使用の年賀はがき活用法!

最近は宛名も印刷することが多い年賀状。それでも書き間違いなど出てしまいますよね。それに少し多

記事を読む

お正月のおとそ(お屠蘇)の作り方!正しい飲み方と作法とは?

最近では生活様式の変化などもあって、昔からの風習やしきたりなどがすたれつつあります。しかしお正月に関

記事を読む

七草粥の由来とは?七草の種類、それぞれの意味を覚えよう!

お正月が終わると、七草粥を食べますよね。 最近は、スーパーで「七草セット」が売られてい

記事を読む

明治神宮の初詣 2017年の混雑は?参拝に良い時間帯とルート

明治神宮と言えば、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社ですが、最近ヒーリングスポットとしても見直

記事を読む

伏見稲荷大社の初詣 2017年の混雑予想!狙い目の時間・見所は?

小さい頃、好きなお寿司と聞かれて、「おいなりさん!」と答えてしまい、そうだけどね…と親を慌て

記事を読む

旧正月っていつ?日本ではお祝いしないの?

お正月っていつのことだと思いますか? 日本では、1月1日の元日から始まるのがお正月だと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

茨城の土浦花火大会2017年の日程や時間。花火職人の技が見どころ!

夏と言えば花火大会ですが、大会によってその内容は様々。

彼岸花がきれいな巾着田曼珠沙華まつり、2017年の日程や見頃は?

秋に咲く花といえば、ピンクが愛らしいコスモスや香り高いキンモクセイの名

願いごと日本一!安城七夕まつり2017年の日程と見どころ!駐車場は?

七夕といえば笹と飾り物が書かせませんが、願いごとの短冊もまた欠かせない

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑