どんど焼きの由来!いつ行われる?地域による呼び方の違いは?

| イベント・お祭り | , , ,

■どんど焼き

お正月を過ぎたら「どんど焼き」が行われますよね。

どんど焼きが終わると、本当にお正月が終わったと言う感じがします。

でも、どんど焼きって、どうして「どんど焼き」って言うんでしょう?

どんど焼きの由来や、いつ行われるのか、地域による呼び方の違いなど、どんど焼きについてまとめてみました。

スポンサーリンク

どんど焼きとは?由来は?

「どんど焼き」は、小正月の1月15日に、お正月飾りや書初めなどを持ち寄って、燃やす行事です。

神社で行っていることもありますし、地域の行事として行われていることもあります。

dondoyaki1

どんど焼きの意味

どんど焼きは、門松やしめ飾りなどで出迎えた歳神様を、お正月飾りを焼くことによって、炎とともに見送る意味があるとされます。

どんど焼きもお盆の「迎え火」「送り火」と同じような「火祭り」の一種なんですね。

どんど焼きにまつわる言い伝え

どんど焼きは、歳神様を送る火なので、若返りの効果があり、火で焼いたお餅や団子を食べると、1年を健康に過ごせるとされています。

また、書初めを火にくべた時に、高く上がると「字が上手になる」と言われます。

どんど焼きの灰を持ち帰って、家の周囲にまいて魔除けにすることもあるそうです。

どうして「どんど焼き」って言うの?

「どんど焼き」の語源については、諸説あり、

○火を燃やすとき「尊(とうと)や尊(とうと)」とはやし立てたのがなまった
○竹を燃やした時の「どんっ」と始める音からついた
○どんどん燃える様子から

などと言われます。

「どんど焼き」は、音の響きから着いた名前のようですね。

どんど焼きの由来

鎌倉時代には行われていたと言われる「どんど焼き」ですが、平安時代の宮中行事「左義長(さぎちょう)」を起源とする説が有力です。

平安時代、宮中では、正月の15日に、青竹を束ねて毬杖(ぎっちょう)三本を結び、その上に扇子や短冊などを添え、陰陽師(おんみょうじ)が謡いはやしながら焼く

と言う行事が行われていました。

その年の吉凶を占ったと言われるこの行事は、毬杖(ぎっちょう)3本を結ぶことから、「三毬杖(さぎちょう)」と呼ばれました。

これが民間に伝わって、現在の形になったと言われています。

スポンサーリンク

どんど焼きはいつ行われるの?

どんど焼きは、1月14日、あるいは1月15日に行われることが多いです。

以前は、1月15日は「成人の日」でお休みでしたが、成人の日が1月の第2月曜日に変更されたため、15日前後の土日に行われることも多いようです。

どんど焼きは「子どものお祭り」とされているので、子どもたちが参加できるようにと言う配慮かも知れませんね。

地域による呼び方の違いは?どの地域で行われるの?

dondoyaki3

どんど焼きは、NPO地域資料デジタル化研究会の10年以上にわたる調査で、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国の47都道府県で行われていることが明らかになりました。

小正月行事「どんど焼き」の全国調査集計

つまり、どんど焼きは「国民的行事」と言えるわけですね。

また、この調査によれば、日本だけでなく韓国にも「タルジプ焼き」と呼ばれる小正月の火祭りがあるそうです。

地域による呼び名の違いは?

「どんど焼き」は、地域によって呼び名が違います

どんど焼きのほかには、地域によって、次のように呼ばれています。

あわんとり(千葉県南部・茨城県南部)
お焚き上げ(神社で行事としてする場合)
おんべ焼き(単におんべとも)
御柴灯(おさいとう)
かあがり(長野県南佐久郡小海町、南佐久郡南相木村、北相木村)
かんじょ(新潟県村上市岩船)
さいと焼き(神奈川県横須賀市鴨居八幡)
さぎっちょ(富山県、石川県、福井県、岐阜県、高知県、福岡県)
しんめいさん(広島県東広島市安芸津町)
道祖神祭り
とうどうさん(愛媛県東予地方)
とんど(奈良県、広島県、岡山県)
とんど焼き(近畿とその周辺、東京都)
とんど正月(兵庫県播磨地方)
どんと
どんどや(九州)
とんどさん(鳥取県)
ほっけんぎょう(九州)
やははいろ(東北)

WikiPediaより引用

それにしても、いろんな呼び方があるものですね。

どんど焼きを行う有名な祭りとしては、仙台の大崎八幡宮で行われる松焚祭があります。

こちらの記事で書いているので良ければ御覧ください。

仙台のどんと祭!大崎八幡宮で開催される松焚祭の見どころは?

伝統行事は大切にしよう

dondoyaki4

私自身は、子供の頃は、近くの神社のどんど焼きに行っていました。今住んでいるところでは、町の行事として、ボーイスカウトなどを中心にどんど焼きが行われているようです。

どんど焼きは、「子どものお祭り」なので、以前は、子どもたちが組み立てや飾りつけなども行っていたとか。

でも、最近は、子どもの数も少なくなり、都市部では火災の危険などもあって、どんど焼きも難しくなって来ているようです。

どんど焼きが行われる地域では、どんど焼きに参加してみませんか?伝統行事はできるだけ大切にして行きたいものですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

鹿児島おはら祭り2017!見どころは総踊りとおごじょ太鼓!

日本全国には様々なお祭りがあり、お神輿が主役のお祭りもあれば荘厳なお祭りも。特に夏祭りでは踊りがメイ

記事を読む

姫路ゆかた祭り2017年の日程や見どころ。浴衣で行くとお得?

最近は和装が見直されていて、夏になると浴衣を着ている方を見かけることが多くなっています。

記事を読む

仙台のどんと祭!大崎八幡宮で開催される松焚祭の見どころは?

お正月が近づいてきた今日この頃。お正月三が日の後は、ワクワク感も薄れ普段の生活に戻る事が多いと思いま

記事を読む

時代衣装が勢揃い!京都時代祭、2017年の日程と見どころ!

京都の三大祭といえば、葵祭(2月)・祇園祭(7月)・時代祭(10月)。 その中で10月に開催さ

記事を読む

東京麻布十番祭り2017年の日程は?おすすめの屋台をご紹介!

東京には様々なイメージがありますが、おしゃれな地域と言われるとどこを思い浮かべますか?

記事を読む

東北の秋田竿燈まつり。2017年の日程と見どころをご紹介!

日本全国で行われるお祭りは、その土地の風土に根づき、独自の発展をとげたものも多く有ります。中

記事を読む

花菖蒲を楽しむなら葛飾菖蒲まつり!2017年の見頃は?

梅雨の時期はつい家にこもりがちですが、草花にとって潤いと成長の時期。 あじさいも美しい

記事を読む

神田祭2017年は本祭!日程や見どころをご紹介!

江戸っ子ならば5月になると待ち遠しいのは、神田明神の神田祭ではないでしょうか。 神田祭

記事を読む

長崎くんち2017年の日程と見どころ!チケットの入手方法は?

江戸時代に海外との数少ない窓口であった長崎は、独自の文化が発展した街。 そんな中でも特に有名な

記事を読む

山車がすごい!小江戸の川越祭り、2017年の日程と見どころ!

江戸の情緒が現在も残る「小江戸」川越は、全国から観光客が訪れる人気の街。気温も落ち着く秋に、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ふじさわ江ノ島花火大会2017年の日程や時間!穴場スポットもご紹介!

夏のイメージが強い花火大会ですが、最近では季節を問わず開催されるよ

ボジョレーヌーボーに合うおつまみと言えばコレ!合わせる料理のポイントは?

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づくと、今年の味はこうだ!と話題になりま

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑