「鼻うがい」って本当に大丈夫?その効果と正しい方法

| 健康 | , , ,

みなさん、鼻うがいって聞いた事ありますか?

「鼻に水を入れるなんて怖くて痛そう!」と敬遠してしまう人もいると思います。

「見ただけで、本当に出来るのかな?」と思いますよね。

私も実はその一人。

でも、鼻うがいは正しい方法で行えば怖くないですし、やってみるといろいろと効能があるんです。

今回は、鼻うがいの正しい方法とその効果についての紹介です!

スポンサーリンク

鼻うがいって何?

洗浄とも呼ばれる鼻うがいは、真水でなく、生理食塩水専用の洗浄剤を鼻に入れて、鼻の中をきれいにします。

上咽頭(鼻の奥と喉の境界)まで洗うことができます。

hanaugai1

真水を使わない理由は、ツーンとするのを防ぐため。

プールやお風呂で鼻に水が入ると、ツーンと痛くなりますよね。『あんな痛いことしたくない!』鼻うがいにチャレンジしたくない理由は、これが一番じゃないでしょうか。

あの『ツーン』とした痛みが起こる理由は、浸透圧の違いのせい。人の体液と水の浸透圧はだいぶ違うので、これが痛みの原因になるんです。

でも、真水ではなく、生理食塩水や専用の洗剤を使うと、この『ツーン』がないんです。浸透圧が人の体液と同じ0.9%に設定されているから、痛くない!

鼻うがいはどんな効果があるの?

hanaugai2

花粉症対策として知られている鼻うがい。でも、それ以外にもいろいろな効果があるんですよ。

 ◎鼻づまりの解消
 ◎鼻炎改善
 ◎蓄膿症の軽減・改善
 ◎花粉症対策
 ◎風邪予防

鼻うがいをすると、鼻の中の埃やウイルス・汚れ・アレルギー物質を流し出すことになります。

風邪予防になるのは、うれしいですよね。

スポンサーリンク

正しい鼻うがいの方法とは?

鼻うがいのやり方は2通りあります。

まずは初心者コースから試してみて、上手に出来るようになったら上級者コースにチャレンジしてみてください。

どちらの方法を試すにしても、まずは食塩水を作るところから始めます

hanaugai3

食塩水の作り方

用意するのは水と食塩水。

水は水道水でなく、ミネラルウォーターや浄水器と、
鼻うがい専用の塩を使うようにして下さい。

2リットルのぬるま湯(25〜30℃)に、18gの食塩を入れて混ぜます。ちょっと多いと思うなら、1リットル分を作って下さい。

1リットルに9gの食塩を混ぜても、0.9%の食塩水を作ることができます。

はかりがないときは、計量スプーンを使って。18gの食塩は、大さじ一杯くらいです。

鼻うがい 初心者コース

1:まずは、タオルを用意。鼻からこぼれた水で濡れるのを防ぐためです。
2:洗面器に食塩水を入れます。
3:片方の鼻の穴を押さえて、反対の鼻の穴から食塩水を吸い込みます。
4:水を飲み込まないように注意してください。息を止めると上手くできます。
5:洗面器から顔をだして、吸い込んだ食塩水を鼻から出しましょう。
6:これを3回から5回ほど繰り返します。
7:反対側も同じ要領でキレイにして。
8:鼻の中の水が出たら、軽く鼻をかんでください。

鼻うがい 上級者コース

1から4までは同じステップを行い、続けて次の5からを行います。

5:吸い込むときは、強めに吸い込まないと口まで届きません。
  水を吸った状態でちょっと上を向いて。
  食塩水が口の方に流れるようにしましょう。
6:水を口から吐き出すようにしてください。
7:これを3回から5回ほど繰り返します。
8:反対側も同じ要領でキレイにして。
9:鼻の中の水が出たら、軽く鼻をかんでください。

洗面器でなくても、ドレッシングボトルなどのノズルが付いたもので試してもOK!鼻洗浄器もいろいろな形のものがあるので、自分にあったものを見つけると良いと思いますよ。

何が良いか迷ったら、こちらのネティポットが手頃で人気も高いので選んでみてもいいですね。

鼻うがいは、片方の鼻の穴からゆっくりと水を入れて、反対側の穴をしっかり押さえると上手くいきます

実際に鼻うがいをしているところを見てみたい!という方は、次の動画を参考にしてみて下さいね。

■ネティポット(鼻洗浄)

鼻うがいで注意したい3つのこと

上手に鼻うがいをするために、注意したい点が3点あります。

hanaugai4

◎食塩水を正しく作ること。
 温度は人肌に、そして塩の濃度に気をつけてください。

◎鼻うがいをした後に、強く鼻をかんではいけません。
 食塩水が鼻の奥に残った状態で鼻をかんでしまうと、鼻の粘膜が炎症を起こしてしまいます。

◎鼻うがいの水を飲み込まないように、注意してください。
 飲み込んでしまった時に、耳の方に流れてしまって中耳炎になってしまうことがあるからです。

この三つを守れば大丈夫。正しい鼻うがいをしましょう!

ハナノアやハナクリーンも

ちょっとコツがいりそうな鼻うがい。上手にできるかどうか、ちょっと不安な人もいると思います。

先に紹介したネティポットの方法が難しそうだと思う人は、簡単に挑戦できそうなハナノアハナクリーンなどを使ってみてもいいですね。

私は、まずネティポットのやり方でチャレンジしてみたいと思います。

あなたは、どんな方法で鼻うがいに挑戦しますか?

スポンサーリンク

関連記事

haitanone3

歯の痛みを和らげる方法。歯痛の時に気をつけることとは?

痛みには様々なものがありますが、辛い痛みの一つに歯痛があります。 急にズキズキと痛み出

記事を読む

influeyobou1

家族がインフルエンザに!他の家族にうつる?予防方法は?

冬の怖い病気の代表「インフルエンザ」は、家族がかかると感染する恐れが出てしまいます。

記事を読む

fuyunease3

冬の寝汗は何故?寒いのに寝汗をかく原因と対策方法

冬の寒い日、朝に眼が覚めると、 ものすごく寝汗をかいていたってことはないでしょうか? そ

記事を読む

kafuntaisaku1

花粉症対策にはコレ!外出時や室内や洗濯時それぞれでご紹介!

毎年春先に発生する花粉は、花粉症の方にとっては本当に嫌なものですね。 しっかり対策をとったはず

記事を読む

tsuwarieat1

つわりの時の食事のとり方は?おすすめの食べ物は何?

お腹の中で赤ちゃんが成長する妊娠中は、毎日が喜びと驚きの連続です。 一方で妊娠初期に訪

記事を読む

petbottleonkyu2

火を使わないお灸?ペットボトル温灸のやり方とその効果は?

昔から伝わる健康改善方法の中には、本当に効果があるものがいくつもあります。その中で特に効果があるもの

記事を読む

autumnhayfever3

秋にも発症する花粉症!今からできる予防と対策方法とは?

ふとしたきっかけで鼻水が止まらなくなると、風邪の初期症状をまず疑いますよね?春にこの症状が出

記事を読む

fifthdisease2

大人もかかる?りんご病の症状と治療方法。妊婦が注意する点は?

妊婦さんはお腹の赤ちゃんを守るために、いつも以上に健康に気をつけなければなりません。場合によ

記事を読む

hangovercause3

つらい二日酔いの症状は何が原因?効果的な治し方は?

仕事上で避けられない飲み会などでは、お酒があまり得意ではない人であっても、無理に飲んでしまう

記事を読む

tansansuikouka4

毎日でも飲みたい!無糖炭酸水の驚くべき健康効果とは?

今はスーパーやコンビニのドリンク売り場へ行くと、「炭酸水」が沢山売られていますよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

womansday003
国際女性デーとは何の日?ミモザの日とは?日本でもイベントはある?

女性へ日頃の感謝の気持ちを伝える日と言えば、 「母の日」や「ホワイト

radish001
大根の気になるカロリーや糖質は?ダイエットに適した食べ方ならコレ!

ダイエットの方法の一つに、「糖質制限」がありますよね。 ご存知の

applekind001
使い方や味で選びたい!人気のりんご5種類。美味しさの特徴とは?

https://youtu.be/RrzyuNAqkO0 秋から

roastedgreentea002
ほうじ茶の効能と健康に良い効果とは?飲むなら朝と夜のどっち?

和食を食べた後には、やはり日本茶が飲みたくなります。ほのかな苦味と甘味

cocoahie002
ココアの冷え性改善効果は抜群!ダイエットにも良い飲み方とは?

寒い冬になると飲みたくなるのが、甘い香りと味がほっとするココア

→もっと見る

PAGE TOP ↑