切りすぎちゃった!髪の毛を1日でも早く伸ばす方法は?

| 美容 | , ,

hairfastup1

「訳あって、トレードマークの黒髪ロングを切ってしまいました。
とても大きな後悔と胸をえぐるような辛さです。
たぶん元の長さになるには2年かかるかと思います。
できれば仮死状態で過ごしたい。涙。」

発言小町より引用

女性にとって、髪は「命」ともいいますが、
「仮死状態で過ごしたい」と言うのは穏やかではないですね。

でも、これほどまでではなくても、一日も早く髪を伸ばしたいと言う悩みは
結構あるのではないでしょうか?

髪の毛が伸びる早さや伸びやすい時期、
髪の毛を早く伸ばす方法やポイント
についてまとめてみました。

スポンサーリンク

髪の毛が伸びる早さは?

髪の毛は、1日に0.3~0.4mm
1カ月で約1cm伸びるそうです。

hairfastup5

一般的に、男性よりも女性の方が、髪が早く伸びると言われます。
これは、女性ホルモンが髪の成長を促すためです。

髪が伸びる早さには、個人差もありますが、
気温によっても伸びる早さが違って来ます。

髪は、気温が高ければ早く伸び、低ければ伸びるのが遅くなります。

春から夏にかけて、髪は伸びやすく、
秋冬は、髪が伸びるのに時間がかかると言えそうですね。

スポンサーリンク

髪の毛を早く伸ばす方法・ポイントは?

では、髪の毛を早く伸ばしたいとき、どんな方法があるんでしょう?

髪の毛を早く伸ばすためには、
髪が生えてくる「頭皮」
髪の成分である「栄養」
そして「成長ホルモン」がポイントになって来ます。

また、ストレスがあると、
髪の毛だけでなく、全身の健康にもかかわって来ますよね。

髪の毛を早く伸ばすには、次の点に気を付けることが大切です。

 ○頭皮マッサージ
 ○十分な睡眠
 ○亜鉛の摂取
 ○ストレス解消

一つづつ見ていきましょう!

hairfastup3

頭皮マッサージ

■頭皮のミカタ・簡単頭皮マッサージその1

頭皮マッサージをすると、髪の毛を生成する毛母細胞の血行が良くなります
髪の毛を早く伸ばすためには、効果的ですね。

ご紹介した動画のように、ゆっくりとやさしく頭皮をマッサージしてあげましょう。
お風呂に入りながら、リラックスした気分でやるといいのでは?

頭皮マッサージは、頭皮だけでなく、肩こりなどにも効くようです。
努めて行うようにしたいですね。

十分な睡眠

成長ホルモンには、髪を「伸ばす」働きがあります。
成長ホルモンは、特に、夜10時~2時くらいの間に多く分泌されるそうです
この間、睡眠をしっかりとることは、髪を伸ばすために大切ですね。

「夜遅くまで起きている人は髪が伸びるのが早い」と言う意見もあるようですが
夜更かしは健康のためにも良くないし、成長ホルモンの分泌にも影響します。

髪を早く伸ばすためだけでなく、健康のためにも早寝早起きを心掛けたいですね。

亜鉛の摂取

髪の毛の主な成分は「ケラチン」と言うたんぱく質です。

ケラチンの合成には、亜鉛が必要です。
髪の毛を早く伸ばすためには、亜鉛を摂ることが重要なんですね。

では、亜鉛を摂るとどれくらい効果があるんでしょう?

1日に0.3~0.4mmしか伸びないと言われる髪の毛ですが、
亜鉛を摂取することで、なんと0.6mmまで伸びたケースもあるとか。

つまり、倍の速さで伸びたと言うことになり、
亜鉛は、髪の毛を早く伸ばす劇的な効果があると言えそうですね

亜鉛は、体内で作ることが出来ず、食べ物から摂取する必要があります。

亜鉛を多く含む食べ物としては

 牡蠣、あさり、豚レバー、ごま、牛もも肉、大豆、納豆、高野豆腐、
 そら豆、アーモンド、玄米、とうもろこし、松の実、チーズ

などがあります。

亜鉛を摂るときには、「クエン酸」「ビタミンC」を一緒に取ると
亜鉛の体内吸収率がUPします。

かんきつ類は、クエン酸とビタミンを多く含むので
牡蠣やあさりなど亜鉛を多く含む食材を食べるときには
レモンを絞るのもいいですね。

ストレスの解消

ストレスの解消は、髪の毛だけでなく、
身体全体の健康にきわめて重要です。

ストレスたたまると、血行が悪くなると言われます。
血行が悪くなれば、髪の毛の伸びも悪くなりますし、
肩こりなどにもつながります。

十分な睡眠と適度な運動を心掛け、
ストレスのない生活を送るようにしたいですね。

髪の悩みは切実です

hairfastup4
髪の毛を切って「失敗した」と思っても、
「また伸びるよ」と言われてしまうことが多いですよね。

もちろん、その通りなのですが、
その間ずっとイヤな気持ちで過ごすより
少しでも早く髪の毛が伸びるように努めた方が、ずっと前向きです

悩むこと自体がストレスになるので、
ここは気持ちを切り替えて
髪の毛が早く伸びるようにしてみませんか?

食事を工夫したり、早寝早起きをしたりと、
髪の毛を早く伸ばすことは、生活習慣を見直すことに繋がります

髪が伸びる頃には、
今よりずっと健康になっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

チアシードの美味しい食べ方とは?おすすめレシピもご紹介!

プルプルの見た目とプチプチ食感、そしてダイエットに効果があると言われているチアシード。

記事を読む

頭皮の「乾燥フケ」の対策方法は?シャンプーはどう使う?

電車で隣席の人の肩をみると、 白くフケが… なんて経験ある方も多いんじゃないでしょうか。

記事を読む

効果アリ!炭酸水を使った頭皮ケアのやり方。頻度はどれくらい?

毎日頭を洗ってるはずなのに、頭皮がべたついたり匂いがしたり…なんてことありませんか。

記事を読む

メイクも落ちて肌もうれしい!クレンジングジェルの正しい使い方

メイクする人にとって、化粧品以上に大切なのがメイクを落とすクレンジング剤。 クレンジング剤には

記事を読む

ストレートパーマと縮毛矯正の違いとは?どう使いわけるの?

女性が憧れる髪の毛の一つに、さらさらでまっすぐなストレートヘアがあります。 実はストレ

記事を読む

紫外線が髪に与える影響とは?髪へのUV対策はどうする?

毎日の生活で、どうしても浴びてしまう紫外線。 お肌にとって紫外線は良いものではなく、U

記事を読む

ごま油の効能とは?美容効果の高い白ごま油の使い方をご紹介!

普段の料理に「ごま油」を活用しているという方は 多いんじゃないでしょうか。 料理の仕上げ

記事を読む

スーパーフード「キヌア」の栄養や効能とは?カロリーは?

女性は誰もが美しく健康的なスタイルを維持したい、また目指したいと思うもの。 今や様々な

記事を読む

気になる女性の頭皮のかゆみ。その原因と対策方法は?

女性にとって「髪」は何かと気になる存在。 セットが決まらないと一日憂鬱・・ なんてことも

記事を読む

男性こそスキンケアを!メンズの基本スキンケア方法をご紹介!

美容と言えば女性がするもの・・ というのも今や昔。 今や男性でも美容に無関心ではいられま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

夏になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立ってい

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑