あがり、おあいそ、など・・寿司屋で交わされる隠語あれこれ!

最終更新日: | 役立つ雑学 |

段は回転寿司がメインの方も、一度はカウンターで板前さんが握るお寿司を食べたいですよね。

元々お寿司は江戸時代に発達し、江戸庶民のお腹を満たしたファストフードだったんですよ。

そんな寿司屋では、たくさんの隠語が存在。お客様にわからないようにするための隠語ではありますが、その意味を知りたくはないですか?

そこで、お寿司屋さんでよく使われる隠語を紹介するので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

寿司屋の隠語には何がある?

「あがり」と「おあいそ」

寿司屋の隠語の中でも、特に有名なのが「あがり」「おあいそ」です。

あがり

あがりは、寿司屋で食後に出されるお茶のことで、玉露・抹茶をブレンドした「粉茶」が出されます。

元々はお座敷遊びの隠語で、「最後」を意味する「あがり」が元になったもの。お座敷遊びの最後にお茶が出されることから転じて、寿司屋でもお茶を「あがり」と呼び出しました。

そのためお茶すべてが「あがり」ではなく、食後のお茶のみが「あがり」なので要注意

またお客側はあがりと言わず、普通に「お茶をください」でいいんですよ!

おあいそ

おあいそを「勘定・会計」の意味で使う方が多いですが、実はこれは間違い。確かに隠語ではありますが、本来使用していいのはお店側だけです

おあいそは、「お勘定を頂いたのに愛想が無くて申し訳ありません」という店側の気持ちの現れ。

そこから転じて、お会計を指す隠語となりました。

そのためお客が使うと、「こんな店には愛想が尽きたから早く精算しろ」という侮辱の意味に。なのでお客が言うときは、普通に「お会計をお願いします」でいいんですよ!

スポンサーリンク

他にもある、知っておきたい寿司屋の隠語

「あがり」や「おあいそ」以外にも、寿司屋で使われる隠語はたくさんあります。

むらさき

むらさきは、お寿司用の醤油のこと。

昔は醤油は貴重品だったことと、醤油の色が高貴な色とされる紫色にかけているんですよ。

なみだ

なみだとはわさびのこと。ツーンとくる辛さで涙が出てしまうから。

兄貴と弟

  • 兄貴は、「先に出す寿司ネタ」
  • 弟は、「後回しでよい寿司ネタ」

のことです。

また、

  • 兄貴は「早く消費しないといけない寿司ネタ」
  • 弟は、「新鮮な寿司ネタ」

を指すこともあります。

山と川

は、寿司ネタが切れてしまったという意味。山には海の生き物がいないからという、言葉遊びの意味もあるんですよ。

一方のは、その店のおすすめのネタという意味。合言葉の「山」「川」にも通じていて、面白いですね。

ゲタ

ゲタとは、寿司を乗せる台のこと。

横から見ると、まるでゲタのように見えるんですよ。

ちなみに足がないタイプは、「盛り板」と呼ばれます。

付け台

付け台は、カウンターと寿司ネタを入れているショーケースの間の板場のこと。

ゲタを使わず、ここに直接寿司を乗せる寿司屋もあります。

なおこの部分に、コップやお皿・灰皿を置くのはマナー違反になります。

寿司ネタのあれこれ

脂の乗ったマグロ「トロ」やイカの足「ゲソ」も、元々は寿司屋の隠語。そのため寿司ネタを表す隠語も、お寿司屋さんには沢山あるんですよ。

ギョク

ギョクとは卵焼きのこと。卵=玉子=タマゴ=ギョクという言葉遊びから。

片思い

片思いとは、アワビのこと。

アワビは貝の片方に実がつくため、片側が重い=片思いという言葉遊びになっています。「磯の鮑の片思い」という言葉も、実の付き方からきたものなんですよ。

シャリ

シャリはすし飯のことで、名前の由来は仏様のお骨の「仏舎利」から

仏舎利は白く細かいとされるため、白く輝くお米を見立てたんですよ。

ちなみに、

  • すし酢を加えていない白米は「ドンシャリ」
  • 米粒は「センマツ」

と呼びます。

鉄火巻

鉄火巻は、赤身のマグロをご飯とノリで細く巻いた寿司のこと。鉄火巻の名前はもうお馴染みですね。

昔は賭場のことを「鉄火場」と呼び、そこでさっと食べられる様に作られたのが由来なんですよ。

鉄砲巻

鉄砲巻きとは、甘く煮付けたかんぴょうとわさびを入れた細巻きのこと。

切り口が鉄砲の銃身に見える事と、鉄砲で打たれたような辛さがあるからという説があります。

助六

助六も寿司では一般的に知られていますが、いなり寿司と巻き寿司をセットにしたもの。歌舞伎の演目「助六由縁江戸桜」が由来です。

  • 主役の「助六」のトレードマーク鉢巻を、巻き寿司
  • 愛人の「揚巻」を、お揚げを使ったいなり寿司

で表現したものとなります。

元はこの演目の幕間で販売していたもので、現代のコラボ弁当のさきがけとも言えますね。

基本的にはお店側が使う言葉

関連記事:お寿司のカロリーはどれくらい?ダイエットに適した食べ方は?

お寿司屋は独自の隠語が多く、初めて行くと戸惑うかもしれません。

しかし、ほとんどの隠語は客が使う言葉ではなく板前が使う言葉

特に「おあいそ」は、言われた板前さんが不快に思うこともありえます。寿司屋の隠語は知っていると楽しいですが、下手に使うことで「粋」から遠ざかる場合も

美味しいお寿司を気分良く味わうために、隠語は耳にして楽しむ程度にとどめましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

アメリカ大統領の任期は何年?選挙の仕組みはどうなってるの?

各国の首脳陣が変わる時は、ニュースでも大きく取り上げられます。特にアメリカの大統領に関しては

記事を読む

使い捨てカイロの正しい捨て方とは?有効に再利用する方法も紹介!

寒い季節の必需品の一つに、使い捨てカイロがあります。 10時間程度暖かさが持続する使い

記事を読む

「ずつ」と「づつ」の違いや使い分け!正しいのはどっち?

先日メールで「3個づつ」と書いて友人に送信したところ、「ずつ では?」と指摘のメールが。その

記事を読む

満腹に要注意!腹八分目でおさえるコツは?どれくらいが腹八分目なの?

お腹が空いているときに、美味しいものをお腹いっぱい食べられると、幸せな気分になりますよね。

記事を読む

飛行機に乗ると耳が痛い!その原因と対処法は?

長距離の移動に飛行機は便利ですが、乗りたくないと言う方も中にはいます。高いところが怖いといっ

記事を読む

ご自愛くださいの意味は?正しい使い方のポイントと例文を紹介!

最近では手紙を受け取ることも少なくなりましたが、丁寧に書かれた手紙を頂くと嬉しくなります。

記事を読む

シールやラベルを上手にはがす方法!コツやポイントは?

子どもたちが、あちこちに貼ったシール。 はがしそびれた値札… シールって、長い間そのまま

記事を読む

シャンパンとスパークリングワインの違いとは?味や値段は?

おしゃれなパーティの乾杯には、美味しいスパークリングワインは欠かせません。 中には「ち

記事を読む

2015年は未年(ひつじ)!干支・十二支の由来・意味は?

年末が近づくと、年賀状のこともあって、 次の年の干支が気になりますよね。 干支をモチーフ

記事を読む

祝日と祭日の違いって何ですか?それぞれの意味は?

カレンダーを見て、次の連休が何連休なのかを確認して、 先の予定を考えたりすることってありますよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

年賀状に添え書きする一言メッセージの文例!親族・友人・上司まで

年賀状はパソコンで作成したり、印刷屋さんにお願いする方がほとん

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑