ふじさわ江ノ島花火大会2017年の日程や時間!穴場スポットもご紹介!

最終更新日: | 花火大会 | , ,

夏のイメージが強い花火大会ですが、最近では季節を問わず開催されるようになりました。特に秋の花火は程よい気候で見物しやすく、家族や友人・恋人と楽しむのにうってつけ。

そんな秋の花火大会で注目したいのが、神奈川の江ノ島で開催される江ノ島花火大会

毎年9万人近い方が集まる江ノ島花火大会ですが、穴場のスポットなどはあるのでしょうか。

そこで今回は、
・江ノ島花火大会とは
・日程と時間
・見どころ
・おすすめの穴場スポット

…をご紹介するので、ぜひ行く時の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

江ノ島花火大会とは

秋の花火大会

江ノ島では、毎年8月と10月の2度、花火大会が実施されます。

その中でも、8月に開催されるのは、江ノ島納涼花火大会。

そして今回紹介するのは、10月に実施されるふじさわ江ノ島花火大会です。

それぞれ違う花火大会ですので、間違えないよう注意してくださいね。

ふじさわ江ノ島花火大会とは

ふじさわ江ノ島花火大会は、毎年10月に開催される花火大会です。

8月の花火大会と並び、江ノ島がある藤沢市民に親しまれてきた花火大会。実は8月の花火大会より、10月の花火大会のほうが大規模

その為多くの人が集まる、人気の花火大会となっているんですね。

ふじさわ江ノ島花火大会の日程と時間

10月下旬に開催

ふじさわ江ノ島花火大会は、毎年10月下旬の土曜日に開催されています。

2017年の開催日は、10月21日。開催時間や会場の情報と合わせて紹介します。

■開催日時 2017年10月21日(土)18:00~18:45

■会場   神奈川県藤沢市片瀬海岸西浜

※小雨決行。雨天・荒天の場合は10月22日(日)に順延。10月22日も悪天候の場合は、中止。

スポンサーリンク

ふじさわ江ノ島花火大会の見どころ

3000発の花火

ふじさわ江ノ島花火大会では、約3000発もの花火が打ち上がります。

海岸から打ち上げられるこれらの花火は、海面に反射して美しさが倍増!江ノ島の美しい風景も合わさり、独特の風情を生み出します。

湘南唯一の二尺玉

しかも花火大会の最後には、二発の二尺玉が打ち上がります。

二尺玉は20号玉とも呼ばれる花火玉で、空中で約500mもの花を開かせる花火。迫力満点で美しい花火ですが、その大きさと音の関係で上げることが難しい花火でもあります。

都内で二尺玉が上がる花火大会はなく、あっても一尺玉や一尺五寸玉。湘南近辺の花火大会でも、二尺玉が上がるのはここだけなんですよ!

□江ノ島花火大会 2尺玉

*特大の二尺玉が。フィナーレにふさわしい花火ですね!

江ノ島花火大会、オススメ穴場スポット!

有料席は

ふじさわ江ノ島花火大会では、2500席限定で有料席が用意されています。

価格は1席2,500円で、場所は境川河口左岸(東側)という特等席。

9月1日8時30分からネット予約及び窓口販売が開始されるので、確実に欲しいかたはチェックしましょう。

窓口発売:
 藤沢市観光センター、藤沢市役所観光シティプロモーション課(湘南NDビル6階)

ネット予約:
 ローソンチケット、チケットぴあ

オススメ穴場スポット

有料席ではきれいなな花火が楽しめますが、限定数があるため購入出来ないことも。

そこで有料席が取れなかった方のために、オススメの穴場スポットを紹介します。

■片瀬東浜海水浴場

住所:藤沢市片瀬海岸東浜

打ち上げ場所である片瀬海岸の、川を挟んで東側に位置する海水浴場です。

打ち上げ場所から近いため、迫力ある花火を楽しむことが可能。一部の花火は見づらいですが、そこは穴場スポットということで納得したいですね。

■湘南海岸公園

住所:藤沢市鵠沼海岸1丁目17-3

打ち上げ会場から少し離れているため、花火はキレイに見えますが、やや迫力には欠けるかもしれません。

しかし比較的空いている場所の上、レジャーシートを敷いての花火見物が可能。お子様連れの家族や、混雑が苦手な方におすすめですね。

■腰越漁協周辺

住所:鎌倉市腰越2丁目付近

こちらは藤沢市ではなく、鎌倉市にある漁港。しかし片瀬海岸から離れているのに、しっかり花火が見えるスポットとなっています。

交通機関の混雑も避けられるので、ゆったり楽しみたい方におすすめです。

■湘南モールフィル藤沢店の屋上駐車場

住所:藤沢市辻堂新町4丁目1-1

ショッピングモール「湘南モールフィル」では、毎年花火大会の日に屋上を無料開放しています

商業施設なのでトイレが使いやすく、しかもマチナカの施設なので利便性が抜群。花火を楽しみつつ、ショッピングやお食事を楽しみたい方におすすめですよ!

マナーよく楽しもう!

ふじさわ江ノ島花火大会は、気候の良い秋に行われることもあって、毎年大混雑が予想される花火大会。

そのため車で行くことは避け、公共交通機関を利用することをおすすめします。

また穴場スポットで花火見物を行う場合は、ゴミは持ち帰るなどのマナーを徹底しましょう。周囲に迷惑を欠けないようにして、美しく花火大会を楽しみたいですね。

秋だからこそ風情ある花火が楽しめる、ふじさわ江ノ島花火大会へ遊びに行きませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

刈谷わんさか祭り2017花火大会の日程は?穴場スポットも紹介!

夏のお楽しみと言えば、花火大会にお祭りに盆踊り!どれもワクワクする時間を過ごせますし、大人か

記事を読む

一味違う!長野えびす講煙火大会2017。穴場の見学スポットは?

最近では冬に花火大会が行われることもありますが、昔は花火大会と言えば夏のものでした。 現在でも

記事を読む

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージも強くありませんか? い

記事を読む

大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

夏になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立っています。 花火師とは花火を

記事を読む

隅田川花火大会、2017年の日程と時間。穴場スポットは?

東京の夏を彩る花火大会は様々ですが、その中でも江戸時代から続く花火大会が、 隅田川花火大会

記事を読む

天の川を彩る!仙台七夕花火祭、2017年の日程や穴場は?

東北の短い夏を堪能出来る祭といえば、仙台七夕まつりが有名ですね。 その仙台七夕まつり開

記事を読む

柏崎花火大会、2017年の日程!穴場の見学スポットは?

全国各地で開催される花火大会は、地域や場所ごとに特徴があってどれも楽しいものばかり。特に打ち

記事を読む

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。海峡の幅もそれほど広くないため

記事を読む

東京湾花火大会2017!打ち上げ場所や穴場スポットはどこ?

★東京湾花火大会は、残念ながら2016年度以降、当面の中止が決定いたしました。 東京で

記事を読む

豊田おいでん祭りの花火大会。2017年の日程と穴場スポットは?

愛知県豊田市には、毎年夏の始めになると盛大に行われる花火大会があります。 見に行った人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

年賀状に添え書きする一言メッセージの文例!親族・友人・上司まで

年賀状はパソコンで作成したり、印刷屋さんにお願いする方がほとん

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑