赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?楽しみ方や注意点は?

最終更新日: | 子育て | , , ,

ちゃんの頃から様々な体験をさせてあげる事は、成長していくためにはとても良いことです。

その中でもディズニーリゾートは、赤ちゃんにとって最初の楽しい記憶として残るのではないでしょうか。また写真などを通じて、大きくなってから思い出話も盛り上がりますね。

しかし、おむつ替えやパーク内の混雑を考えると、連れて行く時期を考えなければなりません。

そこで今回は、
・赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?
・ディズニーデビューで気をつける点は?
・赤ちゃんとのディズニーでの楽しみ方

についてそれぞれ紹介しますので、ディズニーデビューを考えているパパ・ママはぜひ見てくださいね!

スポンサーリンク

赤ちゃんのディズニーデビューは?

6ヶ月以降なら

ィズニーリゾートへの入園には、年齢制限はありません。そのため生まれてすぐの赤ちゃんも、行く事は可能です。

しかし赤ちゃんのミルクやおむつなどのお世話を考えると、生後すぐは無理。またお母さんも産後すぐは体力が戻っていないので、無理はできませんよね。

早いうちにディズニーデビューを考えているなら、生後6ヶ月以降がオススメ。首も座って安定しますし、ミルク以外に離乳食も食べられるので食事の面でも安心です。

安心出来るのは1歳半から

6ヶ月以降なら安心とはいえ、まだまだ赤ちゃんは人混みなどで疲れがち。またディズニーと言えばアトラクションですが、赤ちゃんが体験出来ないアトラクションは多いもの。

なかには赤ちゃんも体験出来るものもありますが、「補助なしで座れること」が条件のものもあります。

この場合は「最後まで一人で座っていられること」なので、6ヶ月程度だと難しいでしょう。

「赤ちゃん自身が長い時間、元気に過ごせて・・アトラクションにも参加したい!」

・・そう考えるのであれば、1歳半をめどにディズニーデビューをするのがオススメです

赤ちゃんのディズニーデビューで気をつけることは?

行くなら平日に

ディズニーリゾートはみんなが大好きな場所。そのためご存知の通り、週末や祝日は大変混雑します。またイベントがある初日の混雑も相当なものです。

週末・祝日・イベント初日は、人混みに慣れていない赤ちゃんにとって負担となることがありますので、なるべく平日を選んで遊びに行きましょう。

元々ディズニーはいつ行っても混雑する場所ですが、赤ちゃんのためには少しでも混雑が少ない日が安心ですね。

ベビーセンターを確認する

ディズニーランド・ディズニーシーには、乳幼児向けの施設「ベビーセンター」があります。

ここでは、

  • おむつ替え台があったり、
  • 授乳ができたり、
  • お食事スペースがあったり、
  • 離乳食やオムツ・ベビー用品などが販売されていたり、

します。

しかもベビーカーのまま入ることが出来る上に、ベビーカー用の雨よけも販売されているんですね。

ベビーセンターはパパ・ママにとって嬉しい施設。必ず場所はチェックしておきたいですね。

赤ちゃん最優先

赤ちゃんが朝は元気だったのに、昼過ぎから急にぐったりすることもあります。また具合は悪くなかったとしても、眠くてぐずることもよくありますよね。

せっかくのディズニーデビューだからと、子供に無理をさせるのは厳禁。赤ちゃんの体調を最優先させ、早めに帰る事も考えましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんとディズニーでの楽しみ方

赤ちゃんでも楽しめるアトラクションを

アトラクションショーの中には、赤ちゃんでも参加可能なものがいくつかあります。

その中でも、特にオススメのものをご紹介します。

アリスのティーパーティー

大きなコーヒーカップに乗れる、不思議の国のアリスのワンシーンを再現したアトラクションです。

◇アリスのティーパーティー / Alice’s Tea Party

*この動画では激しく回転してますが、回さなければ子供でも安心のアトラクションです。

ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション

こちらは船に乗ってジャングルをめぐるアトラクションで、船に乗るだけの手軽さが魅力。道中にワニやカバなどが登場し、意外とハラハラしますよ!

◇ジャングルクルーズ / Jungle Cruise

*10分程度と時間も短めで、赤ちゃんに負担にならないのも魅力的ですね。

イッツ・ア・スモールワールド

また、子供の歌声を聞きながらボートで華やかな船旅を楽しめる「イッツ・ア・スモールワールド」も人気が高くおすすめですが、2017年3月より改修のためにクローズ中。

2018年春にリニューアルされてオープンする予定なので、その時までワクワクしながら待ちましょう!

トゥーンタウンへ行こう

どこに行こうか迷ったら、トゥーンタウンへ足を運びませんか?

トゥーンタウンはミッキーたちが住んでいる場所で、キャラクターたちに会える確率が高め。また赤ちゃんと一緒に体験出来るアトラクションも多く、比較的ゆっくり楽しめます。

ミッキーのお家でミッキーに出会えたら、きっと一生の思い出になりますよ!

赤ちゃん最優先で!

ィズニーリゾートは誰と行っても楽しく、一生の思い出となる場所。しかも赤ちゃんと一緒に行くと、キャストやキャラクターが暖かく出迎えてくれますよ。

一方で楽しいことがたくさんあるために、赤ちゃんがちょっとびっくりすることも。赤ちゃんの様子をつぶさに確認して、無理のない範囲で楽しみたいものですね。

かわいい赤ちゃんのディズニーデビューで、素敵で楽しい思い出をたくさん作りませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

楽しい雪遊び!1歳児・2歳児の服装選びのポイントは?

冬は、どうしても寒いからと家にこもりがちです。雪が降ってると尚更かもしれません。でも、好奇心

記事を読む

つわりがない人の特徴とは?つわりがないのは良いことなの?

妊娠初期に訪れるつわりは、様々な症状が現れるためかなりつらいものです。良くつわりの可能性があ

記事を読む

産休の期間はいつからいつまで?仕事復帰はいつから可能?

働く女性にとって気になることの一つとしてあげられるのが、産休の事です。 退職するという

記事を読む

縁起の良い名前・漢字とは?男の子・女の子別にご紹介!

私たちが普段呼び合う大切な名前。 名前によって、その子の一生を左右するかもしれない大事

記事を読む

女の子に付けてあげたい古風なレトロ可愛い一文字の名前とは?

女の子が生まれると判明したら、その子にとって素敵で可愛い名前をつけてあげたいですね。

記事を読む

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるの?席の料金が無料になる条件は?

お盆や年末年始の帰省には、渋滞のない新幹線が便利です。 しかし一人での帰省なら、立った

記事を読む

産休に入る方に送るメッセージのポイントは?例文もご紹介!

同じ職場で女性の同僚が産休に入ることは、とても嬉しくまためでたいことであります。産休に入る方

記事を読む

幼稚園を嫌がる子供の対処法は?行きたくない原因は何?

初めての幼稚園や、保育園。 子供にとっては家族と離れて過ごす、初めての経験になりますね。

記事を読む

男の子に付けてあげたい古風でカッコいい一文字の名前とは?

子供の名前は一生のもの。その子のためにふさわしい名前を考えてあげたいですね。 でも、漢字の

記事を読む

逆子はいつまでに治せば大丈夫?逆子になる原因と治し方

出産が近づくと、「逆子には気をつけなさいよ」と言われることがあります。特に初めてのお産ですと、母親世

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

ヒトカラ(ひとりカラオケ)にはメリットが沢山!おすすめの楽しみ方は?

カラオケといえば、飲み会などの2次会でよく行く場所。みんなでワ

社会人におすすめ!有料自習室とはどんなところ?利用するメリットは?

資格試験や定期テスト前には、集中して勉強をしたいですよね。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑