梨(なし)の花言葉と名前の由来!二十世紀梨の名前の由来は?

最終更新日: | 飲食 | , , ,

は食欲の秋とも言われ、野菜や果物などがとても美味しくなる季節。とくに果物では、甘くみずみずしい食感の梨が大人気ですよね。

最近では香り豊かな品種も登場し、食後のデザートにもは最適。

そんな梨には花言葉もあり、しかも素敵が意味があることをご存知でしたでしょうか?

今回は、梨の花言葉や梨の名前の由来、そして二十世紀梨の名前の由来も合わせてご紹介します。

梨を食べる時の話題づくりに活用してくださいね!

スポンサーリンク

梨の花言葉とは

梨の花の花言葉は

はバラ科の樹木で、大きく分けると洋梨和梨にわかれます。

日本でよく見かける丸い梨が「和梨」で、ラ・フランスなどのひょうたん型の梨は「洋梨」となります。

そんな梨の花言葉は、次の3つ。

  • 愛情
  • 博愛
  • 優しい思い

梨の花はとても白く、しかも木全体が白く感じられるほどたくさん開花。その真っ白は花は清らかなイメージと重なり、愛情・博愛といった花言葉となりました。

またたくさんの花はたくさんの実となり、枝がしなる様子がお辞儀にも似た印象に。この印象から、愛情優しい思いという花言葉につながりました。

ちなみに中国では梨の花は雪に例えられ、「梨雪(りせつ)」と呼ばれるほどなんですね。

梨の木の花言葉は

梨の花とは別に、樹木にも次のような花言葉があります。

  • 慰め
  • 癒し
  • 慰安

これらの花言葉は、唐の玄宗皇帝が梨の庭園で歌曲を演奏させたという逸話から。中国で愛されている梨の下で、皇帝を癒したというのはとても素敵ですね。

ちなみに日本の歌舞伎界のことを、「梨園(りえん)」というのを聞いたことはありませんか?

実は梨園も玄宗皇帝の逸話から取られたもの。芸能に通じる一族という意味なんですよ。

梨の名前の由来

中に酸味が

梨は弥生時代から食べられていたと考えられるほど、日本人に馴染み深い果物。その名前の由来はいくつかあります。

特に、江戸時代の学者・新井白石が残した説が有名ですね。

  • 梨は中心部のほうが酸味が強いから

これを「中酸(なす)」と呼んでいましたが、なまって「なし」となったというのが新井白石の説なんです。

他にもこんな説が・・

その他にも、次の説が有力視されています。

  • 果肉が白いので中白(なかしろ)と呼んでいたのが、なまって「なし」に
  • 風が吹くと実がならないので、「風なし」から転じて「なし」に
  • 果汁が甘い事から、「甘し(あまし)」がなまって「なし」に
  • 漢語で梨を指す「梨子」から

いずれの意味も納得できますし、様々な由来があるのも梨が愛されている証拠でもありますね。

アリとナシ

縁起をかつぐ人の中には、梨のことを「アリの実」と呼ぶ場合があります。

これは「梨(なし)」という言葉が「無し」に繋がるので、「アリ」と読んでゲンを担ぐというもの。無しに繋がることから、梨の木を庭に植えてはいけないという人もいるほどです。

一方で悪い気が入ると言われる、北東の「鬼門」に梨を植えると「鬼門がない」という意味に。

そのため梨を北東に植えると、家が栄えるという説もあるんですね。

スポンサーリンク

ちなみに二十世紀梨の名前の由来は?

十九世紀末から未来へ

梨の品種の一つに、二十世紀梨(にじっせいきなし)があります。

鳥取県が主な生産地で、さっぱりした味と歯ごたえのある果肉に特徴が。最近では豊水などの人気に押されていはいますが、まだまだ根強い人気のある梨です。

この二十世紀梨ですが、変わった名前だと思いませんか?

実はこの梨のユニークな名前には、すごいドラマが秘められているんですよ。

二十世紀梨の発祥の地は、鳥取県ではなく千葉県。明治21年(1888年)に千葉松戸市の農家・松戸覚之助氏が、ゴミ捨て場に生えていた梨を発見。

当時少年だった松戸氏がこの木を持ち帰り、品種改良を重ねたのが始まりです。

見つけた当時は19世紀で、20世紀が輝かしい未来だと信じられていた時代。来世紀の代表品種になるようにと、「二十世紀梨」と名付けられました

ゴミ箱から見つかった梨が、日本を代表する梨の品種になるとは夢みたいですね。

花も楽しみたい

関連記事:人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

は程よい甘さとシャキシャキ感があり、食後のお口直しにピッタリのフルーツ。その花は真っ白で美しく、たわわに実る姿から愛情という花言葉生まれるのも納得です。

歌舞伎界を指す「梨園」の由来であったり、意外な名前の由来など調べると梨は面白い果物。二十世紀梨も驚きの経歴がある梨でしたし、身近なものほど以外な歴史があるのかも知れませんね。

美味しい梨ばかりに注目が集まりますが、実がなる前に咲く「花」もたっぷり楽しみたいものですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

あれもこれも食べたい!美味しい秋の味覚ランキング5選!

秋と言えば「読書の秋」「芸術の秋」「行楽の秋」など、楽しみが多い季節。 その中でも特に楽しみな

記事を読む

実はダイエット向き?焼き芋の栄養効果と気になるカロリーは?

ダイエット中に気をつけたい事として、食べ物のカロリーがあります。カロリー摂取量を減らしつつ、

記事を読む

牛乳と生クリームの作り方の違いとは?代用はできるの?

ホットケーキを焼いた時、 「ホイップクリームがあれば”カフェ風”になるのに!」 と思ったこと

記事を読む

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能とは?食べ過ぎには注意!?

紅葉で黄色く色づくイチョウは美しいですが、イチョウの木周辺から異臭を感じたことがありませんか

記事を読む

冷凍して美味しく食べよう!冷凍卵の作り方と活用レシピ!

生卵・ゆで卵・溶き卵に、目玉焼きに卵焼き…。 卵は昔も今も人気の食材の一つですね。 その

記事を読む

栄養抜群!「そば湯」の効能・効果と美味しい飲み方とは?

お蕎麦屋さんでそばを注文すると、最後に急須っぽい入れ物にお湯が入ったものが出てくることはないでしょう

記事を読む

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェ、それぞれの違いは?

毎日の生活にコーヒーやお茶が欠かせない人にとって、カフェインは気になるところ。あまり取り過ぎ

記事を読む

簡単手作り!マシュマロフォンダンの作り方。味はどう?

手作りスイーツを作るなら、出来れば可愛い仕上がりにしたいですよね。 そんな方におすすめしたいの

記事を読む

マドレーヌとフィナンシェはどう違うの?作り方や味の違いなど

先日友人からフランスの焼き菓子の詰め合わせを頂いたのですが、その中にあったのが、長方形の形を

記事を読む

キムチの賞味期限や保存方法は?酸っぱくなったらどうする?

そのまま食べても美味しく、鍋の具材としても美味しいキムチは定番食材として日本の食卓にも定着してま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるの?席の料金が無料になる条件は?

お盆や年末年始の帰省には、渋滞のない新幹線が便利です。

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑