日焼けでひりひりして痛い時の対処法!ケアする時に気をつけることは?

最終更新日: | 健康 | , ,

と言えば、海やプール!ドキドキしながら水着で楽しむ方も多いのではないでしょうか。

またガーデニングやバーベキューなど、屋外で楽しむ機会も増える季節でもありますね。

こんな時に注意したいのが紫外線による日焼け。対策を怠ると焼けた肌がヒリヒリと痛くなることもあります。

あまりの痛さに眠れなくなることもありますし、肌にダメージも入ってしまうので気をつけたいところですね!

そこで、日焼けで痛いときの対処法と、逆にやってはいけない対処法をそれぞれ紹介するので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

日焼けして痛いときの対処法

まずは冷やす

焼けで肌が痛くなるのは、紫外線によって肌にやけどと似たような症状が出てしまうからです。

やけどした時には、すぐに水で冷やすと症状の軽減につながりますよね?

これと同じように日焼けで痛いときも、まずは30分程度患部を冷やしましょう

やけどの範囲が狭いなら・・・

  • 氷水を入れたビニール袋やタオルでくるんだ保冷剤を患部に当てる
  • 冷えたペットボトルをタオルにくるんで、患部に当てる

のが効果的です。

もしもやけどの範囲が広い場合は・・・

  • 水風呂につかったり、
  • 冷水シャワーで患部を冷やす

ようにしましょう。

尚、シャワーを使う場合は水の勢いを弱めて、患部に刺激を与えないようにすることも大切です。

また、長時間水風呂やシャワーを浴びると、体温が下がりすぎるので、その点も注意したいところですね。

内側・外側から保湿

患部を冷やしてある程度落ち着いたら、次は保湿ケアを行います。保湿ケアで使う化粧水は、アルコールの入っていないものを使用します。

直接手でやさしくなじませ、もしつけてから、さらに痛くなるようならすぐに使用を中止しましょう。

なお肌が引き締まる「収れん化粧水」や、とろみのある「美白化粧水」を使うのは日焼けが収まってから。痛い時に使うと刺激が強すぎて、かえって症状が悪化する恐れがあります。

また、肌表面への保湿も大切ですが、実は内側からの保湿もお肌の回復にはとても重要です。

スポーツドリンクで素早く水分を補給すると共に、ビタミンCを摂取することを意識しましょう。

おすすめは、ビタミンCと美肌効果のあるリコピンを含んだトマトジュース。1週間程度は意識して水分を取るようにすると、お肌の回復の手助けになりますよ。

ワセリン+ラップで保護

化粧水で保湿を行っても、蒸発してしまっては意味がありません。そこで肌の表面を保護して、水分が逃げないようにすることも大切です。

普段なら乳液やクリームを使うところですが、お肌を守る成分がひりひりさせてしまうこともあります。

そこでドラッグストアで購入できる、ワセリンを薄く表面に塗って保護してあげましょう。

ワセリンは自然の成分のみで作られたワックスで、塗り薬にも使われている安全なもの。べたつく欠点があるので上から食品用のラップをやさしく巻いて、1日程度お肌をいたわります。

なおワセリンを塗った時に痛みが強くなるようなら、すぐに使用を中止して早めに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

日焼けした時にNGな対処法

こする

患部を冷やしたり化粧水で保湿する際は、なるべくやさしくお肌に触れましょう。

特にワセリンなどでお肌を保護するときに、お肌をこするのは更に痛む原因となってしまいます

湿布

足をくじいた時に使う湿布は、スーッと冷たく気持ちいいものです。

しかし湿布自体に冷却効果はなく、メントールなどの成分でスーッと冷たく感じているだけ。冷感よりも本当に冷やすことが重要なので、日焼け肌に湿布はNGなんですよ。

キュウリ・レモンでパック

美肌ケアには輪切りにしたレモンや、すりおろしたきゅうりでパックすると効果的と言われます。

しかしこれらのきゅうりやレモンに含まれる酸や糖分は、ヒリヒリする肌には刺激になるだけ。特にきゅうりは水分がたっぷりですが、きゅうりよりも化粧水で保湿ケアを行いましょう

お風呂に入る

プールや海で汗をかいたら、お風呂に入りたくなる気持ちはとても良くわかります。

しかし熱を持った肌を温めてしまうと、せっかく冷やしても再び痛くなる原因に。シャワーでさっと体を流す程度にし、石鹸などで体を洗ったり湯船で温まることは避けましょう

皮をむく

日焼けの痛みが収まり、しばらくすると表面の皮がむけることがあります。

これは肌の新陳代謝が進んでいる証拠で、むけそうな皮の下では新しい肌が作られている最中。無理に剥がすと新しい肌まで傷つけるので、表面の皮は触らずそっとしておきましょう

水ぶくれができたら病院へ

焼けでお肌がヒリヒリ痛いのは、実はやけどと同じこと。

たかが日焼けと思わずに、痛いと感じた時点ですぐにケアすることが大切です

しっかり冷やすだけででも痛み具合が変わりますし、保湿を行えばお肌もしっかり回復します。

ただし広範囲に痛い場合や水ぶくれがある場合は、皮膚科で診察を受けましょう。

日焼けしない予防も大切ですが、焼けてしまったときはしっかり冷やしてケアしたいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

風邪なのに熱が出ないのは何故?その原因と対処方法

なんとなく体がだるかったり、鼻水や咳が出るといった、風邪の初期症状には困ったものです。 しかし

記事を読む

しゃっくりが止まらない!その原因と効果的な止め方は?

くしゃみやセキなど、人体には「急に出るけれども止められないもの」がいくつかあります。

記事を読む

風邪の時の正しいお風呂の入り方とは?シャワーでもいいの?

風邪をひいた時によく言われるのが、「お風呂に入ったら悪化するよ」ということ。 しかし風

記事を読む

秋にも発症する花粉症!今からできる予防と対策方法とは?

ふとしたきっかけで鼻水が止まらなくなると、風邪の初期症状をまず疑いますよね?春にこの症状が出

記事を読む

「鼻うがい」って本当に大丈夫?その効果と正しい方法

みなさん、鼻うがいって聞いた事ありますか? 「鼻に水を入れるなんて怖くて痛そう!」と敬遠してし

記事を読む

ズキズキと痛む腰!それって神経痛?原因と治療法を紹介!

朝晩涼しくなってきました。 最近はこの涼しさに伴い腰が・・とてつもなく痛い! これってまるで

記事を読む

突然の胸の痛みからくる神経痛。その原因と治療法は?

突然胸が痛む-そう言うときがありませんか? 胸が痛いときにはどうしても心臓や肺が悪いのでは

記事を読む

歯の痛みを和らげる方法。歯痛の時に気をつけることとは?

痛みには様々なものがありますが、辛い痛みの一つに歯痛があります。 急にズキズキと痛み出

記事を読む

マスクをかけると耳が痛い!その原因と効果的な対策方法

冬から春にかけて、 外出時にはマスクが手放せない季節になりますよね? そのマスク、時

記事を読む

目薬の差し方のコツは?正しい差し方と間違った差し方

みなさん、目薬は上手にさせますか? コンタクトを使用する方、 またパソコンを仕事で良く使って

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑