みたらし団子のカロリーと栄養素。ダイエット向きの食べ方は?

最終更新日: | 飲食 | , , , ,

イエットを考えた時にまず思いつくのが、食べすぎないこと・スイーツを控えること・運動をすることなどですね。特に甘いスイーツはカロリーが高いイメージがあり、食べ過ぎはダイエットの天敵とも言えます。

一方で少しだけなら大丈夫とも言いますし、和菓子ならカロリー控えめとも。そんな和菓子の中でも人気のあるものに、甘じょっぱいみたらし団子があります。

美味しいだけにダイエット時に食べても大丈夫なのか気になりますね。

今回は、みたらし団子のカロリーや栄養素、カロリーを抑えるダイエット向きの美味しい食べ方をまとめてみました。

スポンサーリンク

みたらし団子のカロリーは

気になるカロリー

みたらし団子は、白玉粉などで作った串団子に、甘じょっぱい「あん」をかけた和菓子。名前の由来は、京都・下鴨神社の御手洗祭(みたらしまつり)で売りだされたからと言われています。

そんなみたらし団子のカロリーですが、平均的なカロリーは100gあたりで197カロリー

1串の重さが60~80g程度なので、1串食べると120~160カロリーを摂取することになります。

他の和菓子との比較

これだけだと和菓子の中でもカロリーが高いのかどうかが、わかりづらいかも知れません。

そこで代表的な他の和菓子と比べてみた、100gあたりと1個あたりのカロリーも紹介します。

和菓子 100gあたり 一個あたりのカロリー
みたらし団子 197kcal 約160kcal(80g)
まんじゅう 272kcal 約130kcal(50g)
大福 242kcal 242kcal(100g)
たい焼き 232kcal 232kcal(100g)
カステラ 319kcal 約160kcal(50g)

これら和菓子のなかでも、特にみたらし団子はローカロリー

1串で食べきれる点も、食べ過ぎに注意したいダイエット向きと言えますね。

みたらし団子の栄養素は

主な栄養素

カロリーだけを見た場合、みたらし団子はダイエット向きの和菓子と言えます。

一方でその他の栄養素を見た場合は、ダイエット向きと言えるのでしょうか。

そこで100gあたりの栄養素を、簡単にまとめました。

栄養素 カロリー
カロリー 197kcal
タンパク質 3.1g
脂質 0.4g
炭水化物 45.2g
ビタミンB1 0.04mg
ビタミンB6 0.06mg
ナトリウム 250mg
食物繊維 0.3g

みたらし団子を食べることで栄養を補う事は、残念ながら期待できません。

というのもみたらし団子は、米粉が材料の上新粉・白玉粉・もち粉でできているから。

そのため成分のほとんどが炭水化物となり、他の栄養素が少なくなっています。

更にみたらしのあんは、砂糖と醤油が主な材料。醤油には塩分が含まれるため、むくみの原因の一つであるナトリウムがやや多め。また砂糖は糖質を多く含むため、やはりダイエット時にはなるべく控えたいものになりますね。

この結果、みたらし団子はローカロリーではありますが、ダイエットを考えた場合、食べ過ぎには注意したい和菓子と言えます。

スポンサーリンク

みたらし団子のおすすめの食べ方

あんは控えめに

市販のみたらし団子を食べるときは、「(あん)」は少し落としてから食べましょう

甘じょっぱいあんは美味しいですが、つけすぎはカロリーオーバーの元。全体的に薄くついていれば、しっかり美味しさは感じられます。

少しもったいないですが、「あんは控えめ」がダイエット時の食べ方の秘訣です。

手作りしよう

団子の材料となる上新粉や白玉粉は、米粉が原料。これらの量を減らしつつ他の材料を追加することで、更にローカロリーな団子にすることが可能です。

そこであんも団子も自分で作る、ヘルシーみたらし団子の作り方を紹介します。

■材料(串5~6本分)

  • 白玉粉   100g
  • 絹ごし豆腐 100g
  • 砂糖    大さじ1
  • 醤油    大さじ1
  • 片栗粉   大さじ1
  • 水     100cc

■ヘルシーみたらし団子の作り方

  1. 白玉粉に少しずつ絹ごし豆腐を加え、耳たぶ程度の硬さになるまで混ぜます。

  2. (1)を丸めて団子を28~30個程度作ります。

  3. (2)を串に刺します。面倒なら刺さなくてもOKです。

  4. 大きい鍋にお湯を沸かし、沸騰したら(3)を入れて3分ほど茹でます。

  5. 団子が浮いて透き通ったら、氷水に入れて冷やします。

  6. 砂糖・醤油・片栗粉・水を鍋に入れ、とろとろになるまで混ぜながら弱火で加熱します。

  7. (6)を団子に薄く塗って完成!

絹ごし豆腐を加えることで、骨を丈夫にするビタミンKやむくみ改善になるカリウムがプラス。全体的な栄養素も高まる上に、カロリーが更に控えめになります

冷えても団子のモチモチ感が持続するので、食べごたえも抜群ですよ!

□豆腐のみたらし団子

*白玉粉豆腐を混ぜるときは、手で潰すようにするとよく混ざりますよ!

ほどほどに

みたらし団子は和菓子の中では、比較的ローカロリー。ですが成分の大半は炭水化物なので、食べ過ぎには注意したいですね。

またむくみやすくなる塩分もあんに含まれるので、たっぷりあんをつける食べ方も要注意。食べるときは1串だけと決めておけば、甘いものを食べたい時に役立ちますよ

ローカロリーだからと食べ過ぎず、みたらし団子をほどほどに食べてダイエットに役立てましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

ローストビーフの盛り付け方!美味しそうに盛り付けるコツは?

パーティーのお楽しみといえば、美味しい料理の数々。 特にローストビーフがあるだけでテーブルが豪

記事を読む

花粉症対策にはヨーグルト!何の菌が効果あるの?食べる量は?

冬から春へと向かう季節はウキウキする一方で、花粉症の季節の到来でもあります。 スギ花粉

記事を読む

牛乳と生クリームの作り方の違いとは?代用はできるの?

ホットケーキを焼いた時、 「ホイップクリームがあれば”カフェ風”になるのに!」 と思ったこと

記事を読む

鍋にピッタリのサイドメニューとは?レシピもご紹介!

寒い季節に食べる温かいお鍋は、美味しくて手間もかからなくて忙しい人にピッタリのメニュー。最近

記事を読む

だだちゃ豆と枝豆の違い。味や栄養面ではどう違うの?

夏の定番おつまみといえば枝豆。 お酒のお供に、おやつにと、美味しくてついつい手が止まらなくなります

記事を読む

そうめんの美味しい食べ方。マナーで気を付けることとは?

夏に食べる機会の増えるそうめんは、冷っとして美味しいのですが、毎日食べ続けるとさすがに飽きてしまいま

記事を読む

うな重とうな丼の違いは何?ひつまぶしの由来や食べ方もご紹介!

夏バテに効果のあると言われるうなぎは、蒲焼にしてからご飯に乗せて食べるのが一般的。 お

記事を読む

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能とは?食べ過ぎには注意!?

紅葉で黄色く色づくイチョウは美しいですが、イチョウの木周辺から異臭を感じたことがありませんか

記事を読む

ほうじ茶の効能と健康に良い効果とは?飲むなら朝と夜のどっち?

和食を食べた後には、やはり日本茶が飲みたくなります。ほのかな苦味と甘味の緑茶も良いですが、香ばしい香

記事を読む

バターの賞味期限はいつまで?長持ちする保存方法は?

パンに欠かせないバターは、使わない家庭では意外と持て余す食材です。 特にブロックタイプ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑