深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

最終更新日: | イベント・お祭り | , ,

京を代表する、三大祭をご存知ですか?

神田祭・山王祭・深川祭がそうなのですが、その中でも特に家族連れの方に注目してほしいのが深川の八幡祭り

例年30万人以上の方が訪れ、威勢のよい「神輿」と「水掛け」で大盛り上がりするお祭りなんですね。その上、屋台が多いことでも有名で、家族連れでも楽しめるお祭りとしても有名です。

どんなお祭りなのか気になりますね。

今回は、
・深川八幡祭りとは
・2017年の日程とスケジュール
・見どころ
・アクセスと交通規制

…についてまとめたので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

深川八幡祭りとは

幕府の命により

深川八幡祭りは、毎年8月半ばに開催される富岡八幡宮のお祭り。八幡祭りは江戸時代初期に、江戸幕府の命によって始められました。

その関係もあって、現在も江戸城があった皇居前までみこしを担ぐ事があるんですよ。

ちなみに「江戸三大祭」に数えられる深川八幡祭りですが、その人気は江戸時代から続くもの。

その昔、隅田川にかかる永代橋が、集まった観客に耐え切れず落ちてしまったと言う逸話があるほどなんです。

2017年の日程とスケジュールは

今年は本祭り

深川八幡祭りは、例年8月15日を中心に開催されています。

2017年の開催日程は、8月11日~8月15日の5日間開催。

ただし今年は三年に一度の「本祭り」に当たるため、スケジュールは例年と違う場合が。詳細がまだ発表されていませんので、前回の本祭りのスケジュールを参考に紹介します。

■開催日:
2017年8月11日(金)~8月15日(火)

■開催場所:
富岡八幡宮(東京都江東区富岡1-20-3)

■開催時間
7:30~20:00前後(行事により異なります)

■主なスケジュール

日にち 時間 内容
8月11日(金) 14:00~ 歌謡・日本舞踊
8月12日(土) 15:00~ 雅楽神楽
16:00~
8月13日(日) 11:00~ 例祭式典
14:00~ 葵太鼓
17:30~ 琴の演奏
20:00~ ガムラン演奏と舞踊
8月14日(月) 8:00~ 神幸祭
19:30~ 太鼓と舞
8月15日(火) 7:30~9:00 各町神輿連合渡御
13:00~15:30 各町神輿連合渡御到着
17:00~ 太鼓演奏

スポンサーリンク

深川八幡祭りの見どころ

50基以上の神輿が集結

2017年の深川八幡祭りは、三年に一度の「本祭り」に当たる年。

各町で所有する神輿合計53基が富岡八幡宮に集結し、深川の街を練り歩きます。

神輿渡御のルートですが、例年どおりですと次の通り。

富岡八幡宮

東陽3丁目

扇橋公園前

清澄3丁目

箱崎町

新川1丁目(永代橋)

富岡八幡宮

特に注目したいのが、永代橋付近です。

ちょうどお昼の休憩を終えた後に渡りだすことが多いため、担ぎ手の威勢の良さが感じられる場所。多くの観客も集まる場所なので、お祭りの賑やかさを感じたいならオススメです。

水掛け

深川八幡祭りは、別名「水掛け祭り」とも呼ばれています。

これは神輿の担ぎ手に清めの水を掛けて、祭りを応援することが由来。かける水は各町会などが用意しており、観客も参加して担ぎ手に水を掛ける事が可能となっています。

□富岡八幡宮 深川八幡祭り(神輿連合渡御)

*消火栓からホースを使って水をかける場所もあり、晴天なのににわか雨が降ったかのようです。

東京の8月はとても暑く、炎天下でみこしを担ぐ担ぎ手にとって恵みの雨とも言える清めの水。観客にとっても心地よい掛け水ですが、手荷物など濡れないようにする工夫が必要ですね。

屋台もたくさん

深川八幡祭りでは、毎年200軒近い屋台が登場します。

お祭りの屋台で食べるならやっぱりコレ!という、たこ焼き・焼きそばといった定番グルメが勢揃い。またボールすくいやおもちゃすくいなど、子供も楽しめる屋台が数多いという特徴もあります。

これらの屋台は、富岡八幡宮と永代通りに集中しているので、お腹が空いたら食べに行きましょう!

アクセスと交通規制は

公共交通機関でのアクセス

祭り期間中は大変混雑する上、交通規制も敷かれるため、公共交通機関で来場しましょう。

地下鉄を利用する場合は、

  • 東京メトロ東西線「門前仲町駅」から徒歩3分
  • 都営地下鉄大江戸線「門前仲町駅」から徒歩5分

のいずれかで富岡八幡宮に到着します。

交通規制は

例年通りですと8月15日に交通規制が行われます。

主な交通規制地域は、次の通りです。

永代通り、門仲交差点~木場五交差点
6:30~17時ごろまで通行止め(予想)

その他、渡御のルートに合わせて朝から17時頃まで、全面通行止めとなります

濡れてもいい服装で

深川八幡祭りは、江戸三大祭に数えられるほど賑やかなお祭り。しかも今年2017年は本祭りということも有って、50台以上の神輿が集結するんですね。

威勢のよい担ぎ手に次々と掛けられる清めの水は、観客も巻き込むほど。そのため多少汚れても大丈夫な服装で、あえて濡れることを楽しみたいですね

8月のお盆の時期は、神輿の勢いと屋台の数が魅力の深川八幡祭りをたっぷり堪能したいですね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

神田祭2017年は本祭!日程や見どころをご紹介!

江戸っ子ならば5月になると待ち遠しいのは、神田明神の神田祭ではないでしょうか。 神田祭

記事を読む

浅草神社の三社祭。2017年の日程や見どころ!交通規制は?

祭りと聞くと、どの様な光景が浮かびますでしょうか? 法被(はっぴ)を来た威勢のよい男集

記事を読む

大迫力の曳山!佐賀の唐津くんち、2016年の日程と見どころ!

行楽に最適な秋も、11月に入ると少し肌寒くなってきます。しかし九州は11月でも比較的暖かく、旅行を楽

記事を読む

小松基地航空祭2017年の日程や見どころ!おすすめの駐車場は?

秋は青空が美しい季節。この美しい秋空によく似合うのが、飛行機と飛行機雲ではないでしょうか。

記事を読む

秩父、羊山公園の芝桜!2017年の見頃や開花状況は?

http://youtu.be/TcRMfE4Rsfc 春は、お花見が楽しみですよね。

記事を読む

奈良東大寺のお水取り。2017年修二会の日程と混雑状況は?

http://youtu.be/VIt216vVtJ4 古都、奈良に春を告げる東大寺のお水取り

記事を読む

春のディズニーイースター2017!見どころや楽しみ方は?

ここ数年でおなじみになった春のイベントに、イースターがあります。別名「復活祭」とも言われ、キ

記事を読む

富士芝桜まつり2017!見頃はいつ?見どころやアクセス情報も

http://youtu.be/SECyRjYBr1I 春は、行楽シーズン。旅行とまではいかな

記事を読む

愛媛西条祭り2016年の日程は?神輿とだんじりが大集結!

通常お祭りで見かけるお神輿(みこし)などは、多くても10台ほどではないでしょうか。 と

記事を読む

青森ねぶた祭り2017年の日程と見どころ!参加方法は?

最近は温暖化気候の影響もあり、7月から9月半ばまで熱い日々が続く地域も多いかと思います。その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑