盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

最終更新日: | イベント・お祭り | , ,

祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありませんか。

大勢の人が一斉に踊るような賑やかな祭りは、見ていてワクワクしますし参加したくもなります。

そんなワクワクするお祭りが見たい人におすすめなのが、盛岡さんさ踊り

毎年130万人以上の方で賑わう人気のお祭りで、その賑やかさはこちらもウズウズするほど!

そこで、
・盛岡さんさ踊りとは
・2017年の日程と行事
・見どころと楽しみ方
・アクセス

を紹介するので、夏休みの旅行計画の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

盛岡さんさ踊りとは

東北五大まつりの一つ

盛岡さんさ踊りは、岩手県盛岡市で毎年8月初めに開催されるイベント。

青森ねぶた祭り・仙台七夕まつりなどと共に、東北五大祭りの一つに数えられます。

盛岡さんさ踊りの歴史は意外と新しく、1978年に始まりました。

ただし「さんさ踊り」のイベントは、盛岡市の各地で江戸時代より行われ続けていました。それらを統合して観光イベントとしたのが、盛岡さんさ踊り。

その甲斐もあって、現在では大勢の観光客で賑わう人気の夏祭りへと成長しました。

岩手の鬼退治

盛岡さんさ踊りは、盛岡に伝わる鬼退治の伝説が基になっています。

その昔、盛岡城下にて羅刹鬼(らせつき)が現れ大暴れ。困った人々は、三ツ石神社で神様にお願いをしました。

すると神様は羅刹鬼を捕まえ、二度と悪さをしないよう岩に手形を押して証に。その後人々は、この岩の周りで「さんささんさ」と踊って喜んだのでした。

この踊りが構成まで伝えられ、さんさ踊りとなったのです。

ちなみに鬼が手形を残したとされる岩は、現在も三ツ石神社に残されています。そして「岩手」という地名は、この伝説が由来となっているんですよ!

盛岡さんさ踊りの日程・行事

8月1日から4日間

盛岡さんさ踊りは、毎年8月1日から4日までの4日間開催。

2017年8月1日(火)~4日(金)と平日の開催となります。

その他行われる予定の行事などと合わせて、日程を紹介します。

■開催日時
2017年8月1日(火)~8月4日(金) 18:00~21:00

■メイン会場
盛岡市中央通り会場(県庁前~中央通り2丁目) 
※小雨決行。豪雨時は中止となり、盛岡市民文化ホールで開催。

■サブ会場
盛岡市民文化ホール
JR盛岡駅前 滝の広場

■主な行事
・魅せるさんさパレード・第1部(全日)
・魅せるさんさパレード・第2部(全日)
・愉しむさんさ輪踊り(全日)
・世界一の大太鼓パレード(4日のみ)
・大輪(だいわ)踊り(4日のみ)

スポンサーリンク

盛岡さんさ踊りの見どころと楽しみ方

太鼓と笛と踊り子と

盛岡さんさ踊りのメイン会場では、参加団体が踊りながらパレードを行う様子が楽しめます。

このパレードの構成ですが、踊り子・太鼓・笛の組み合わせが一般的。

特に太鼓はさんさ踊りには欠かせないもので、太鼓担当者は体の前方に小さな太鼓を装着。その上で太鼓を叩きながら踊るため、さんさ踊りでは特に太鼓が目立つんですよ。

□盛岡さんさ踊り2016 盛岡大学・盛岡大学短期大学部

*太鼓に続いて1分30秒頃から笛の奏者が踊る様子が、そして1分45秒からは踊り子が!

最終日の大太鼓パレード

特に目立つ太鼓ですが、最終日4日に太鼓だけを集めたパレードが。踊り手すべてが太鼓を鳴らて踊る様子は、太鼓の迫力もあり圧巻の一言です。

□太鼓大パレード「2016盛岡さんさ踊り」

*踊り手ごとに様々なパフォーマンスが登場するため、いつまでも見ていられます。

実は盛岡さんさ踊りは、2014年に和太鼓を最も多く同時に演奏した世界記録を達成しています。その数は3,437人という大規模なもので、その記念に行われているのが大太鼓パレードなんですよ。

参加できるさんさ踊り

1日目から3日目までは、さんさ踊りを楽しむのがメイン。しかしパレード終了後に、各会場では「輪踊り」が開催されます。

輪踊りでは観覧者も参加が可能で、みんなで楽しくさんさ踊り。踊りがわからない方でも、黄色いタスキをかけた「さんさ・おへれんせ師匠」から教わることも可能。

そのため自然と踊りながら覚えられ、地元の方の交流も楽しめるんですよ。

4日目の終盤には、大輪踊りという誰でも参加出来るイベントが。みんなで盛り上がる中で、盛岡さんさ踊りはフィナーレを迎えます。

アクセス

公共交通機関でのアクセス

祭り期間中は交通規制が敷かれるため、会場へは公共交通機関を利用することをおすすめします。

東京方面から盛岡へ向かう場合、東北新幹線の盛岡行・秋田行・新青森行・新函館北斗行に乗車。

いずれの場合も盛岡駅で下車し、10分ほど歩けばメイン会場に到着となります。

見ても参加しても楽しい

「岩手」の由来にもなった鬼退治も関係している、盛岡のさんさ踊り。

各地で伝えていたものを観光イベントとしてまとめたのが、8月の初めに行われる「盛岡さんさ踊り」です。

太鼓と威勢のよい掛け声、そして楽しく踊る人々は見ているこちらもウキウキするほど。踊りたくなったら「輪踊り」に飛び入りし、その場で教わるのも楽しいですよ。

見ても参加しても楽しい盛岡さんさ踊りで、素敵な8月を過ごしに行きませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

東京麻布十番祭り2017年の日程は?おすすめの屋台をご紹介!

東京には様々なイメージがありますが、おしゃれな地域と言われるとどこを思い浮かべますか?

記事を読む

播州秋祭りとは?2016年の日程と屋台の魅力に迫る!

秋になると全国各地でお祭りが開催され、毎週のようにイベントが楽しめます。お祭りが大好きな人に

記事を読む

徳島の阿波踊り2017年日程と見どころ!チケットはいつから?

毎年8月になると四国・徳島県で開催される「阿波踊り」。 阿波踊りには毎年140万人以上

記事を読む

豊橋祇園祭2017の日程や見どころ。花火大会の穴場スポットは?

花火のきれいな祇園祭があることをご存知でしょうか? 祇園祭と言えば京都を代表するお祭り

記事を読む

土佐高知のよさこい祭り、2017年の日程や見どころ。駐車場は?

最近では全国各地で、「よさこい」と名前のついた祭りやイベント開催されています。 全国で

記事を読む

津南雪まつり2017はいつ?スカイランタンが幻想的!

冬は寒さから家にこもりがちですが、冬だからこそ楽しめるイベントが全国各地で開催されます。 特に

記事を読む

大迫力の成田祇園祭!2017年の日程と見どころをご紹介!

「祗園祭」と言えば、京都がとても有名ですね。 実は千葉県成田市でも、同じ「祗園祭」とい

記事を読む

長崎くんち2016年の日程と見どころ!チケットの入手方法は?

江戸時代に海外との数少ない窓口であった長崎は、独自の文化が発展した街。 そんな中でも特に有名な

記事を読む

神田古本まつり2016年の日程と楽しみ方!本好きでなくても必見!

秋は様々な事を始めやすい季節で、芸術の秋・食欲の秋・行楽の秋とも言われていますよね。その中でも特に言

記事を読む

ワインと花が楽しめる札幌ライラックまつり。2017年の日程と楽しみ方!

GWも過ぎると、そろそろジメジメした梅雨が近づき、少し気分が沈みがち。こんな時は梅雨のない北

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑