サビオ?絆創膏?それともバンドエイド?地方によって違う呼び方!

最終更新日: | 役立つ雑学 | ,

我した時に張るガーゼ付きテープの事を、あなたはなんと呼んでいますか?

「絆創膏」と言う人もいる一方で、「サビオ」という人も。

実は地方によって呼び方が変わり、これで出身地が判明することもあるんですね。

全国共通の呼び方だと思っていたものが、「実はその地方だけ」と聞くと興味が湧きますよね。

今回は、絆創膏やサビオの呼び方や、その他の地域で呼び方が違うものを、まとめて紹介します!

スポンサーリンク

絆創膏やサビオの呼び方について

一般的には「絆創膏」

「絆創膏」は全国的な名称ですが、その名前の由来は日本で始めて販売された商品名だから。このような形状の商品は、1921年にアメリカで発売された「バンドエイド」が最初と言われています。

日本では1941年に、ニチバンという会社が「ニチバンQQ絆創膏」という名称の商品を販売。それが全国的に広まって、絆創膏という名称が一般的となりました

「サビオ」は北海道

一方北海道では、「絆創膏」よりも「サビオ」の名称が多く使われています。

サビオもまたガーゼ付き傷テープの商品名で、ライオンから販売された商品。特に北海道で圧倒的シェアを誇り、絆創膏の代名詞として定着しました。

しかしサビオはスウェーデンの会社との提携商品だった関係で、2002年に製造中止。現在では販売されていないのですが、それでも他社製品も含めて「サビオ」と呼ばれています。

ちなみに「サビオ」が正しい言い方なのですが、「サビヨ」という方も。また北海道以外では、広島県和歌山県でも「サビオ」の名称が一般的に使われています。

その他の呼び方は

「サビオ」以外にも、地方によっては「絆創膏」の呼び方が変わってきます

その中でも特に有名なのが、次の4つです。

バンドエイド

世界初の傷テープとして、世界的なシェアがある商品。そのためか、関東・中部・関西では絆創膏と並んで使われています。

また四国のうち、香川県・徳島県もバンドエイドが一般的です。

カットバン

東北六県の他に、山陰・山陽地方・長崎県・鹿児島県ではカットバンが主流。

面白いのが四国で、愛媛県・高知県はバンドエイドではなくカットバンなんですよ。

リバテープ

熊本県の会社で製造された商品で、主に九州・沖縄と奈良県で使われています。

少し離れた奈良県でも、リバテープが使われているのは面白いですね。

キズバン

富山県でのみ、「キズバン」の名称が一般的に使われています。

これは北海道の「サビオ」と同様に、富山県でトップシェアを誇る商品だから。

しかしキズバンを製造・販売しているのは、富山の会社ではないというから不思議ですね。

スポンサーリンク

他にもある!地方によって呼び方が違うものは?

今川焼き

地方によって呼び名が変わるものに、「今川焼き」があります。

  • おやき
  • 回転焼き
  • 大判焼き
  • 二重焼き
  • 御座候
  • 太鼓焼
  • あんこ饅頭

これらはすべて同じ、「小麦粉の生地にあんこを挟んで焼いたおやつ」の名称なんですよ。

今川焼きは、関東・東海地方での呼び方。

大判焼きは、高知を除く四国での呼び方。

回転焼きは、関西・九州での呼び方

となります。

おやきは北海道・岩手県・石川県での呼び方ですが、長野県では別の料理の名称として「おやき」が。長野県では「小麦粉の皮で、野菜などを包んだ料理」を、「おやき」というので注意が必要です。

変わった呼び方では、「御座候(ござそうろう)」が兵庫県と大阪府の一部で。「太鼓焼」が高知県で、「あんこ饅頭」が沖縄で使われています。

ものもらい

「ものもらい」の名称で知られる、まつげの付け根部分などが腫れて痒くなる症状。正式な病名は「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」で、ものもらいは主に関東での通称となります。

「他人に物をあげると治る」という迷信が由来となっていますが、ものもらい自体は感染力は低いんですよ。

ものもらい(麦粒腫)は、主に次のような呼ばれ方もします。

  • めばちこ…大阪など関西圏
  • めぼ(めいぼ)…京都府
  • めっぱ…北海道
  • おひめさん…熊本県
  • おきゃくさん…佐賀県

「めばちこ」はまばたきが増える様子から、「めぼ・めいぼ」は、目にできた「いぼ」が由来。

「めっぱ」は「めばちこ」が変化したものと言われていますが、なぜ変化したのかはよく判っていません。

「おひめさん」「おきゃくさん」に関しては、嫌なものをわざと丁寧に表現して遠ざけようとしてるんですよ。

関連記事:「ものもらいの2つの症状とは?それぞれの原因と治し方」

地方によって呼び名は様々

創膏という名称が全国的に通用しているかと思いきや、実は地方によって名称はバラバラ

サビオ・カットバン・リバテープなどは、地元以外で言うと通じない可能性もあるんですよ。

絆創膏もそうですが、今川焼きなども地方によって呼び方は様々。

今回紹介したもの以外にも、同じように名前によって呼び方が違うものはたくさんあるので、調べてみると興味深いかも知れませんね。

会社などで会話のネタに困ったときは、ぜひ「絆創膏」や「サビオ」の言い方を尋ねてみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

「ずつ」と「づつ」の違いや使い分け!正しいのはどっち?

先日メールで「3個づつ」と書いて友人に送信したところ、「ずつ では?」と指摘のメールが。その

記事を読む

にわか雨ってどんな雨?にわかの意味や驟雨との違いとは?

天気予報の精度が上がったと言われますが、それでもたまには予報が外れることがありますよね。晴れ

記事を読む

准教授と助教授の違いとは?また助教と助手はどう違うの?

テレビのコメンテーターに、よく「准教授」という肩書きの方が出演されています。 それを見

記事を読む

2015年は未年(ひつじ)!干支・十二支の由来・意味は?

年末が近づくと、年賀状のこともあって、 次の年の干支が気になりますよね。 干支をモチーフ

記事を読む

2016年の干支は丙申(ひのえさる)。申の由来や特徴は?

年賀状を描く季節となると意識するのが、来年の干支のこと。年賀状の絵柄に干支を取り入れますし、

記事を読む

生かすと活かすの違いとは?使い分けはどうする?

日本語には、読み同じでも漢字が違う言葉が沢山あり、時々どちらなのか迷ってしまうことがあります

記事を読む

山車・神輿・屋台それぞれの違いとは?人が乗っても良いのはどれ?

子供の頃に地元のお祭りで、お神輿を担いだ経験はありませんか? 地域によっては、山車を引いた経験

記事を読む

ハッシュドビーフとハヤシライスの違い。ハヤシの由来とは?

ご飯大好き日本人にとって、ご飯に何かをかける料理は人気のメニューですね。 そんなご飯に

記事を読む

シャンパンとスパークリングワインの違いとは?味や値段は?

おしゃれなパーティの乾杯には、美味しいスパークリングワインは欠かせません。 中には「ち

記事を読む

2017年の干支は丁酉(ひのととり)。酉年の特徴や由来とは?

CMやチラシを見ていると、夏が終るとあっという間に冬のアイテムの広告が。冬物アイテムのCMを見ている

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

メンズも香水が必要?男性香水の選び方と付け方を紹介します!

最近では男性も、嗜み(たしなみ)としてつける方が増えてきた香水。仕

コスメパーマは他のパーマとどう違う?メンズにも出来るパーマなの?

癖のある髪の毛をストレートにしたり、あるいは思い通りの癖付けが

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑