「代表取締役」と「社長」の役目と違いとは?代表取締役社長の場合は?

最終更新日: | ビジネス |

きな会社を舞台にした人気ドラマなどを見ていると、代表取締役社長といった「役職名」がよく登場しますよね。現実でも取引先へのあいさつ回りの際に、直接社長と面会することもあります。

また代表取締役が視察に訪れた時など、社内の空気が引き締まることも。

企業の偉い人というイメージのある社長や代表取締役は、実際はどういう役職で違いは何なのでしょうか。

今回は、社長と代表取締役の役目と違い、そして代表取締役社長のことについても、あわせてわかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

代表取締役と社長の違いとは

代表取締役とは

代表取締役は、会社法という法律で規定されている「会社における最終的な責任者」の事を指します。

まず株式総会や取締役会などの会議によって、「取締役」という役職に付く方が選ばれます。

取締役は複数人が選ばれることもあり、その取締役の中で代表として選ばれた方が「代表取締役」となります

ちなみに、取締役に選ばれる方は、社内で専務・副社長・社長とった地位にいる事が多い傾向にありますが、社外の第三者が取締役に選ばれることもあります。

必ずしも社内の人間が独占するものではありません。

代表取締役の役目は

代表取締役の役目は、会社が行うことに対して責任を持ち判断を下すこと。もちろん勝手なことはできませんし、大企業になるほどその権限はある程度制限もあります。

しかし、最終的に書類にサインをしたり契約を結ぶのは、代表取締役の役目となります。

実は代表取締役は一人しか選んではいけない、という決まりごとはありません。

大抵の企業では代表取締役は一人ですが、場合によっては二人存在することもあります

大きな権限を持つからこそ役目を分担し、負担を軽くしたいという狙いからそうする企業もありますね。

また、代表取締役を定めず、取締役全員が責任者とする企業もあります。逆に取締役が一人しかいない場合は、自動的にその人が責任者となります。

社長とは

一方の社長は、会社組織内における肩書きの一つ。

実は会社を作るに当たって、社長という役職は定めなくても法律的には問題ありません。

しかし会社内で一番上にいる人、という役目ははっきりさせたほうが会社は動きやすいもの。そのため「社内で最上位にいる人」という肩書きとして、社長は使われます。

社長は会社で一番偉い人であり、全責任を持つ人としていることがほとんどです。

しかし企業によってはその上に、「会長」という役職を置くことが。企業によって会長の役目は様々ですが、よくあるのが「社長を退いた人が付く役職」であること

後任の社長にアドバイスを送り、その行動に問題がないか見守る役目を果たすことが多いんですよ。中には自分に都合の良い人物を社長にして、実質的に会社を動かす会長もおられたりします。

社長だからといって一番偉い、とはならないこともあるのは面白いですね。

スポンサーリンク

「代表取締役社長」はどう違うの?

「社長」が「代表取締役」?

社長の名刺を見ると、役職名が「代表取締役社長」となっている事がありますね。

これは簡単に言ってしまえば、「社長」が「代表取締役」であるということ。代表取締役は取締役の中から選ばれるため、その中に社長が含まれていても問題ありません。

むしろ、社内のトップである社長が、会社の責任者である「代表取締役」である方が自然という考え方も。そのため社長が代表取締役であることが多く、「代表取締役社長」という肩書きが登場するんですよ。

ちなみに社長以外の役職の方も、選ばれているなら代表取締になることは可能。そのため会社によっては、「代表取締役会長」や、「代表取締役専務」という方もおられます。

代表取締役・社長・代表取締役社長の違い、まとめ

最後に、代表取締役・社長・代表取締役社長、それぞれの違いについて簡単にまとめました。

■代表取締役

  • 会社法における、会社に対して責任を取る地位にいる人のこと。
  • 取締役の中から代表して選ばれたのが、代表取締役。
  • たいていの企業では一人だが、二人以上の代表取締役がいることも。
  • 逆に代表取締役を置かず、取締役全員で代表取締役の役目を果たすこともある。

■社長

  • 会社内における肩書きで、会社でトップの地位にある人のこと。
  • 実は社長は設置しなくても、法律的には問題にならない。
  • 社内における、最高責任者であることがほとんど。
  • 取締役や代表取締役と社長を、兼任することは可能。

■代表取締役社長

  • 社長が代表取締役となった場合に、分かりやすさのために名乗る名称。

責任重大!

代表取締役と社長は、果たす役目はとても似ています。

社長は社内における肩書きであり、社内において会社の責任を取る立場の人。一方で代表取締役は、会社法という法律に基づいた会社の責任者。

社長が代表取締役を兼ねる事もありますし、そうでない場合もあります。

すこし難しいかもしれませんが、いずれにしても、会社において重大な責任を負っていることには変わりありません。

もし、あなたが社長や代表取締役に接する機会があったなら、その立場の重大さをしっかり認識しましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

送別会の挨拶のポイントは?すぐ使える例文もご紹介!

春は別れの季節。 うれしい別れ、寂しい別れ、残念な別れなど、 いろんな別れがあるでしょう

記事を読む

顛末書の書き方と例文をご紹介!始末書との違いは何?

人間は完璧ではありませんから、何かしらの失敗はしてしまうもの。通常なら謝罪して終わる事でも、

記事を読む

尽力の意味とビジネスシーンでの正しい使い方!似た類語も合わせて紹介!

ビジネスシーンにおいて、自分だけでは解決できない状況に陥って人に頼ったり、逆に取引先から解決

記事を読む

男性新入社員の名刺入れ。選ぶポイントとお勧めブランドは?

http://youtu.be/Pdv7dO1bd9A 新社会人となり、あいさつ回りに、名前を

記事を読む

苦手な上司との上手な付き合い方とは?どう対処したらいい?

会社勤めをしていると、必然的に上司と関わる機会が増えていきます。 仕事の上でも、人間的にも、尊

記事を読む

送別会の案内メール 書き方のポイントは?使える例文もご紹介!

春は送別会シーズン。 異動や退職などで職場を離れる方に、感謝の気持ちを伝えるとともに 労

記事を読む

角の立たない忘年会欠席の理由は?断り方の返信メールも例文で紹介!

忘年会シーズンが続くと、胃腸の調子が悪くて参加することが辛い場合もあるでしょう。 ある

記事を読む

ビジネスで使われる「マター」の意味と正しい使い方!例も交えて紹介します

ビジネスシーンにおいて使われる横文字には様々な言葉がありますが、効果的に使うことができれば印

記事を読む

システム手帳はA5サイズとバイブルサイズのどっちがおすすめ?

ビジネスシーンで活用したいシステム手帳は、情報の整理にうってつけのツール。またリフィルを入れ

記事を読む

単身赴任で準備すべきことリスト。これだけはやっておこう!

転勤の季節である3月・4月以外にも、急な辞令で転勤となるのは会社員の宿命かも知れません。しか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑