四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

最終更新日: | 動物・植物 | , ,

クセサリーのモチーフとして、昔から人気の「四葉のクローバー」のデザイン。

モチーフだけでなく、実物を公園で必死に探して手に入れた人もいるのではないでしょうか。

可愛いけれどなかなか見つからない四葉のクローバーは、幸運をもたらすと言われていますよね。

しかしなぜ幸運の印と言われるようになったのか、ちょっと気になりませんか?

そこで、
・四葉のクローバーの意味
・四葉のクローバーの由来(見つかる確率)
・四葉のクローバーの花言葉
・四葉のクローバーを見つけやすいのはいつ?

といったことをまとめて紹介しますので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

四葉のクローバーの意味とは

ひとつひとつの葉に意味が

四葉のクローバーはそれ自体にも意味がありますが、実は一枚一枚の葉にも意味が。国や地域で意味も別れてくるので、有名なものをいくつか紹介します。

  • 希望
  • 誠実
  • 愛情
  • 幸運

最も有名なものがこちらの花言葉で、4枚目の葉に「幸運」があるというもの。2枚めの「誠実」に関しては、日本では「信仰」とする場合もあります。

  • 希望
  • 信仰
  • 幸福
  • こちらは4枚目の葉に「幸福」があるというもので、幸運とは少しニュアンスが違ってきます。

    というのも3枚目までの葉に込められた意味は、キリスト教の教えに基づくものだから。より良い運が巡ってくるのではなく、信仰により満ち足りるということなんですね。

    • 名声
    • 満ち足りた愛
    • 素晴らしい健康

    こちらはアメリカが発祥なのですが、4つの意味が集まるとさらにもう一つの意味が追加されます。

    それは、「真実の愛」というもの。すべてを満たして、はじめて真実が見えるというのはなかなか奥深いですね。

    四葉のクローバーの由来

    「十万分の一」の幸運

    ところで、なぜ四葉のクローバーには、幸運にまつわる意味が込められているのでしょうか。

    その理由の一つとして、四つ葉のクローバーの貴重さが挙げられます。

    クローバーは通常三葉で生えますが、ごくまれに四葉として生えるものが。その四葉のクローバーが見つかる確率は一万分の一とも十万分の一といわれ、見つけるのが難しいもの。

    そんな貴重な四葉を見つけられた事自体が、幸運の証だと言われているんですよ。

    三位一体に幸福を

    葉の意味でも触れましたが、クローバーをキリスト教に重ねる考え方があります。

    葉が三枚のクローバーは、父なる神と神の子イエス・キリストと精霊を表すもの。そこに一枚葉が加わることで、今度はキリスト教のシンボルの一つ「十字架」に変化。

    そこから神の祝福と幸福が得られる、ラッキーアイテムだと考えられるようになったんですよ。

    スポンサーリンク

    四つ葉のクローバーの花言葉とは

    怖い花言葉も

    四つ葉のクローバーの花言葉は、「幸福」というもの。

    その他には、
    「約束」
    「私のものになって」

    という花言葉があります。

    一方で四葉のクローバーには、「復讐」という怖い花言葉も。

    幸福になれるものの、約束を破ってしまうと復讐が。…というのは考え過ぎかも知れませんが、花言葉を使うときは少し慎重になりたいですね。

    クローバーの花の花言葉は

    クローバーは、「シロツメクサ」「アカツメクサ」という植物の総称

    そのため四葉のクローバー以外にも、シロツメクサ・アカツメクサの花言葉も存在します。

    シロツメクサの花言葉は、「約束」と「私を思って」の2つ。

    そしてアカツメクサの花言葉は、「勤勉」となります。

    四葉のクローバーを見つけやすいのはいつ?

    花の下に

    クローバーは路地や空き地、公園の一角にひっそりと生えている雑草の一種。茎は地面をはうように伸びるため、他の雑草が生えていると意外と探しにくい草でもあります。

    もしクローバーを探すなら、シロツメクサが咲く5月~7月にかけてがおすすめ!シロツメクサの花の下には、確実にクローバーが存在しているからです。

    あとは根気よく葉を確認して、四葉のクローバーが見つかることを祈りましょう。

    幸運は入り口に

    一万分の一とも十万分の一とも言われている、四つ葉のクローバー。ただ闇雲に探していても、それこそ運任せになってしまいます。

    少しでも見つかる確率を上げたいのなら、公園入口などの「人が踏みやすい場所」で探しましょう

    実はクローバーの葉は、刺激を受けると三つ葉ではなく四葉になりやすいという統計が。そのため公園の入口など、靴で踏まれやすい場所のほうが見つかる確率が高まるんですよ。

    自分でみつけたい

    近では遺伝子操作によって、四葉しか生えないクローバーも存在します。

    しかしそれでは、幸運のありがたみが薄れるような気がしませんか?

    自然に触れてゆっくりと探し、たくさんの葉の中からクローバーを見つける。だからこそ四つ葉のクローバーは幸運のシンボルであり、長く人々に愛され続けたのかも知れませんね。

    今度のお休みには自然を楽しみながら、のんびりと四つ葉のクローバーを探しに行きませんか?

    スポンサーリンク

    おすすめ記事

    関連記事

    エディブルフラワー(食用花)の種類には何がある?購入は通販で!

    毎日の食卓が、どうもパツとしないと思ったことはありませんか? 煮物・炒めものなどの「茶色」が多

    記事を読む

    クリスマスローズの失敗しない育て方とは?

    クリスマスローズは、冬の花壇に彩りを与えてくれる、冬を代表する花です。 もともと、クリスマ

    記事を読む

    春の花といえば何?開花時期や花言葉は?漢字ではどう書く?

    春になると寒い冬が我慢できなかったとばかりに、様々な美しい花が開花します。 赤・白・ピンク・黄

    記事を読む

    一人暮らしのペットには「猫」がオススメ!かかる費用は?

    http://youtu.be/jm-_FTm4cOs 一人暮らしを始めると、 気兼ねない生

    記事を読む

    ライラックの花言葉は何?白・紫・赤・ピンクの色による違いは?

    5月半ばごろに札幌を訪れると、街なかでもふわりと花の香を感じることがあります。 どこか

    記事を読む

    淡く可憐なコスモスの花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

    https://youtu.be/-UfAo-AEn68 秋が近づくと河原や庭先などで見かける

    記事を読む

    カタツムリとナメクジの違いはどこにある?実は同じ種類の生き物!?

    雨降りの日に玄関を見ると、カタツムリがいた事はありませんか? この時期の植物の葉で見か

    記事を読む

    ムクゲ(木槿)/ムグンファ(無窮花)の花言葉とは?開花時期はいつ?

    日本を代表する花と言えば、桜の名前がまず挙がりますよね。日本の桜のように、他の国にも「国を代

    記事を読む

    冬の花・節分草(セツブンソウ)の花言葉は?おすすめの群生地はどこ?

    毎年2月に訪れる節分には、豆まきや恵方巻きを食べて開運を願います。 また節分は暦の上で

    記事を読む

    ポインセチアの育て方!冬でも長持ちさせるコツは?

    クリスマス近くになると、いたるところで見かけるポインセチア。 戴いたり、買ったりしたことのある

    記事を読む

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

    東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

    盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

    夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

    男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

    男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

    メンズも香水が必要?男性香水の選び方と付け方を紹介します!

    最近では男性も、嗜み(たしなみ)としてつける方が増えてきた香水。仕

    コスメパーマは他のパーマとどう違う?メンズにも出来るパーマなの?

    癖のある髪の毛をストレートにしたり、あるいは思い通りの癖付けが

    →もっと見る

    スポンサーリンク

    PAGE TOP ↑