日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

最終更新日: | 生活・ライフスタイル | , ,

差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

普段から日焼け対策を行っている人でも、海に行くときは強めの日焼け止めを使うことも多いのでは。

そして気づいたら、古い日焼け止めが余ってしまう事もよくあります。そんな日焼け止めですが、余ったものを翌年に使っても大丈夫なのでしょうか?

残った日焼け止めの捨て方や、そもそもの保存方法も気になるところですね。

そこで今回は、
・去年の日焼け止めは使えるのか
・残った日焼け止めの捨て方
・日焼け止めの正しい保存方法

…をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

去年の日焼け止めは使えるの?

未開封の場合

去年の日焼け止めを今年使えるかどうかですが、まずは使用済みか未使用かを確認しましょう

もし未使用品でしたら、開封して使って大丈夫。というのも日焼け止めは、未開封品であれば3年程度は使用可能だからです。

ただし、未使用品でも屋外に置きっぱなしにしたものは、内部で劣化が進んでいることも。開けてみて異臭や変色があった場合は、未開封品でも使うのをやめましょう。

使用済みの場合

一方で使用済みの場合は、残念ですが使うのはあきらめましょう

未開封品なら3年程度は大丈夫でも、開封済みだと使用期限は約6ヶ月。特に日焼け止めは油分が多いため、開封後は変質しやすい傾向が。変質した商品を使用することは、お肌にとってデメリットにしかなりません。

また時間が経過した化粧品は雑菌が繁殖しやすく、この状態で使うと肌トラブルの原因にも。そのため開封して半年以上経過した物を使うのは、お肌のためにも避けましょう

残った日焼け止めの捨て方は

捨てる前に活用

残ってしまった古い日焼け止めですが、捨てる前に活用する方法があります。

銀製品の磨き剤として使う

シルバー製のピアスやネックレスなど、気がついたら黒ずんでいることがよくあります。そんなときは少量の日焼け止めを柔らかい布につけて、銀製品を優しく磨きましょう。

すると日焼け止めの油分が、銀製品の黒ずみを優しく取り去って輝きが復活。あとはきれいな布で乾拭きして日焼け止めを拭き取れば、きれいな銀製品となります。

ただし繊細な銀製品だと痛む可能性があるので、目立たない部分で試してからにしましょう。

シール剥がしに

家具などに貼ってしまったシールは剥がれにくく、剥がしたあとも残りがちです。

そんな剥がれ残ったシールの上に日焼け止めを塗り、ティッシュをかぶせてしばらく放置。その後柔らかい布で優しく拭き取ると、するとシールが剥がれ落ちます

これは日焼け止めの油分が、シールなどの粘着部分に染み込んで取れやすくしてくれるからです。

ただし土台に油分が染み込む恐れがあるので、繊細な家具に使う場合は注意しましょう。

中身を吸わせて捨てる

残った日焼け止めですが、基本的には燃えるゴミとして捨てて大丈夫

新聞紙や不要な布の上に日焼け止めを出し切り、吸わせてから捨てるとより安心です。

容器に関しては容器の材質に合わせて、地域のゴミ捨てルールに従って捨てましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めの正しい保存方法

気温変化の少ない場所へ

日焼け止めは油分が多めの製品が多いため、、高温多湿にならない場所が保存にはベスト。

使いやすさから洗面所に置きがちですが、あまり良い場所とは言えません。他の化粧品とともに化粧台に置く場合も、ドライヤーなどの熱が当たらないようにすると安心。

また屋外に持ち出す場合は、そこで使い切るつもりで持ち出しましょう。

冷蔵庫は安心か

一年中気温と湿度が安定しているため、冷蔵庫が化粧品の保管場所に最適とよく言われています。

しかし日焼け止めは油分が多いため、冷えすぎて成分が固まって使いにくくなることが。。また水分と油分が分離することもあり、あまりおすすめ出来る保存方法ではありません。

日焼け止めは使いやすい状態が保てる、常温で日の当たらない場所に保管しましょう

使用前にチェックを

日の当たらない常温で保存していても、知らないうちに中身が変質することがあります。

毎日使っている日焼け止めもそうですが、久しぶりに使う時は特に注意が必要。もし次のような状態になっていたら、使用期限内でも諦めて捨てましょう

  • 成分が分離している
  • 開封時とは明らかに違う匂いがする
  • 変色している

ワンシーズンで使い切る!

本来は一年中気をつけたい紫外線ですが、特に日差しが強くなる夏にはしっかり対策をしたいものです。

そのために必要となる日焼け止め。ただ秋をすぎると面倒になって使わなくなる人も多いのでは。そうして余ってしまった日焼け止めは、次の夏に使おうとすると肌トラブルの原因になりかねません。

もったいないとは思いますが、日焼け止めはワンシーズンのみと割り切る事も大切

毎日使って紫外線対策に頑張るようにして、日焼け止めはワンシーズンで使い切りましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

読書の秋・食欲の秋・スポーツの秋など、「~の秋」の由来は?

暑さも一段落した秋は過ごしやすく、そして様々なことに挑戦しやすい季節でもあります。 連休もある

記事を読む

面白い?知的?文化祭で使えるスローガンの例あれこれ!

学校行事の中でクラスが一丸となるものといえば、文化祭は外せませんね。ギリギリまで学校に残って

記事を読む

立食パーティーで気を付けるべきマナーとは?服装や料理の取り方は?

会社で行うような大規模なパーティーは、何回出席しても緊張するものです。しかしこういったパーテ

記事を読む

食費を節約するコツと方法は?工夫と意識改革で実現しよう!

毎月のお給料でやりくりする中で、食費にかかる割合はけっこう大きいもの。全く食べないという選択肢は無い

記事を読む

ホームパーティで喜ばれる手土産は何?相場はどれくらい?

ホームパーティのお誘いを受けた時、普通なら手ぶらで行くようなことはないですよね?手ぶらでおい

記事を読む

指輪の上手な外し方のコツは?指のむくみはどうしたらいい?

・朝、指にはめた指輪が、夕方になってきて抜けなくなった… ・気に入った指輪を試しにつけてみ

記事を読む

歩きスマホが迷惑で危険な理由。どう対策したらいい?

街中でちょっとした時間に、スマホを操作する姿は、すっかり一般的なものとなりましたね。

記事を読む

郵便局はゴールデンウイークに営業しているの?配達やATMは?

ゴールデンウイーク中に旅行先から手紙を友人に送ったり、荷物を自宅に送る事ってありますよね。特

記事を読む

怒りの原因は何?怒る感情をコントロールする4つの方法。

会社やご近所付き合いの中で、 腹が立つ出来事があって、 怒りを爆発させたことはありませんか。

記事を読む

子供用甚平の作り方。簡単に手作りで出来る方法をご紹介!

子供はとっても汗っかき。 気がついたらパジャマが汗でじっとり… なんてこと、よくありますよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今

人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

秋になると美味しくなる果物の一つに、梨があります。シャリシャリ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑