日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

最終更新日: | 生活・ライフスタイル | , ,

差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

普段から日焼け対策を行っている人でも、海に行くときは強めの日焼け止めを使うことも多いのでは。

そして気づいたら、古い日焼け止めが余ってしまう事もよくあります。そんな日焼け止めですが、余ったものを翌年に使っても大丈夫なのでしょうか?

残った日焼け止めの捨て方や、そもそもの保存方法も気になるところですね。

そこで今回は、
・去年の日焼け止めは使えるのか
・残った日焼け止めの捨て方
・日焼け止めの正しい保存方法

…をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

去年の日焼け止めは使えるの?

未開封の場合

去年の日焼け止めを今年使えるかどうかですが、まずは使用済みか未使用かを確認しましょう

もし未使用品でしたら、開封して使って大丈夫。というのも日焼け止めは、未開封品であれば3年程度は使用可能だからです。

ただし、未使用品でも屋外に置きっぱなしにしたものは、内部で劣化が進んでいることも。開けてみて異臭や変色があった場合は、未開封品でも使うのをやめましょう。

使用済みの場合

一方で使用済みの場合は、残念ですが使うのはあきらめましょう

未開封品なら3年程度は大丈夫でも、開封済みだと使用期限は約6ヶ月。特に日焼け止めは油分が多いため、開封後は変質しやすい傾向が。変質した商品を使用することは、お肌にとってデメリットにしかなりません。

また時間が経過した化粧品は雑菌が繁殖しやすく、この状態で使うと肌トラブルの原因にも。そのため開封して半年以上経過した物を使うのは、お肌のためにも避けましょう

残った日焼け止めの捨て方は

捨てる前に活用

残ってしまった古い日焼け止めですが、捨てる前に活用する方法があります。

銀製品の磨き剤として使う

シルバー製のピアスやネックレスなど、気がついたら黒ずんでいることがよくあります。そんなときは少量の日焼け止めを柔らかい布につけて、銀製品を優しく磨きましょう。

すると日焼け止めの油分が、銀製品の黒ずみを優しく取り去って輝きが復活。あとはきれいな布で乾拭きして日焼け止めを拭き取れば、きれいな銀製品となります。

ただし繊細な銀製品だと痛む可能性があるので、目立たない部分で試してからにしましょう。

シール剥がしに

家具などに貼ってしまったシールは剥がれにくく、剥がしたあとも残りがちです。

そんな剥がれ残ったシールの上に日焼け止めを塗り、ティッシュをかぶせてしばらく放置。その後柔らかい布で優しく拭き取ると、するとシールが剥がれ落ちます

これは日焼け止めの油分が、シールなどの粘着部分に染み込んで取れやすくしてくれるからです。

ただし土台に油分が染み込む恐れがあるので、繊細な家具に使う場合は注意しましょう。

中身を吸わせて捨てる

残った日焼け止めですが、基本的には燃えるゴミとして捨てて大丈夫

新聞紙や不要な布の上に日焼け止めを出し切り、吸わせてから捨てるとより安心です。

容器に関しては容器の材質に合わせて、地域のゴミ捨てルールに従って捨てましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めの正しい保存方法

気温変化の少ない場所へ

日焼け止めは油分が多めの製品が多いため、、高温多湿にならない場所が保存にはベスト。

使いやすさから洗面所に置きがちですが、あまり良い場所とは言えません。他の化粧品とともに化粧台に置く場合も、ドライヤーなどの熱が当たらないようにすると安心。

また屋外に持ち出す場合は、そこで使い切るつもりで持ち出しましょう。

冷蔵庫は安心か

一年中気温と湿度が安定しているため、冷蔵庫が化粧品の保管場所に最適とよく言われています。

しかし日焼け止めは油分が多いため、冷えすぎて成分が固まって使いにくくなることが。。また水分と油分が分離することもあり、あまりおすすめ出来る保存方法ではありません。

日焼け止めは使いやすい状態が保てる、常温で日の当たらない場所に保管しましょう

使用前にチェックを

日の当たらない常温で保存していても、知らないうちに中身が変質することがあります。

毎日使っている日焼け止めもそうですが、久しぶりに使う時は特に注意が必要。もし次のような状態になっていたら、使用期限内でも諦めて捨てましょう

  • 成分が分離している
  • 開封時とは明らかに違う匂いがする
  • 変色している

ワンシーズンで使い切る!

本来は一年中気をつけたい紫外線ですが、特に日差しが強くなる夏にはしっかり対策をしたいものです。

そのために必要となる日焼け止め。ただ秋をすぎると面倒になって使わなくなる人も多いのでは。そうして余ってしまった日焼け止めは、次の夏に使おうとすると肌トラブルの原因になりかねません。

もったいないとは思いますが、日焼け止めはワンシーズンのみと割り切る事も大切

毎日使って紫外線対策に頑張るようにして、日焼け止めはワンシーズンで使い切りましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

北海道には梅雨が無いって本当?蝦夷梅雨の時期はいつ?

ジメジメと雨が降る梅雨は、洗濯物が乾かない・カビが生えるなど厄介な季節です。毎日続くジメッとした天候

記事を読む

プリザーブドフラワーはお手入れが必要!?最適な保存方法は?

https://youtu.be/v3AroefHAzM お祝いの時に頂く花束は素敵で嬉しいで

記事を読む

スーツケースのパッキングのコツとは!便利グッズもご紹介!

旅行は準備の時も楽しくて、あれこれ持って行きたくなりませんか? しかしカバンの容量には限界が。

記事を読む

電気代を節約する方法は?エアコン編・日常家電編でご紹介!

日常生活において生活を便利にするに家電には、動かすための電気は欠かせません。 しかし電力会社か

記事を読む

ホタルイカの身投げ2017年はいつ頃?ホタルイカすくいとは?

旅行に行く目的は様々ですが、ここでしか見られないもの、というのはありますよね。それもロマンテ

記事を読む

食費を節約するコツと方法は?工夫と意識改革で実現しよう!

毎月のお給料でやりくりする中で、食費にかかる割合はけっこう大きいもの。全く食べないという選択肢は無い

記事を読む

床屋と美容室の違い!どう使い分ける?

床屋さんと美容室、どちらも「髪を扱う」ところですよね。 でも、どこが違うかわかりますか?

記事を読む

サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)の違いは何?

長距離を走るために作られた高速道路ですが、最近では「道路を走る」とは違う目的で利用する方も増えていま

記事を読む

除湿機不要!じめじめした部屋を簡単に除湿する5つの方法とは?

ジメジメした雨が長く続いた時など、部屋の室内が湿気で嫌な感じになりませんか?室内の湿度が上がってしま

記事を読む

鍋の焦げ付きを落とす方法4つ!鍋の種類による落とし方の違いは?

うっかり火力を間違えて、鍋を焦がしてしまったことはありませんか? 焦げてしまった料理も悲しいで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑