カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

最終更新日: | 飲食 | ,

角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べたくなりますよね。

お店で食べるカレーは美味しいですし、自宅で食べるカレーもまた美味しいもの。そんなカレーですが、作るときに少し悩むのが具材のこと。

いつもの定番の具材でもいいのですが、たまには変わった具材を使ってレパートリーを増やしたくありませんか?

そこで、カレーに合う定番具材4つと、気になる変わり種具材を3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

カレーに合う定番具材は?

玉ねぎ

カレーの具材は作る人によって様々ですが、ほとんどの方が玉ねぎを入れるのではないでしょうか。

玉ねぎは一年を通じて安定して入手できる野菜ですし、よほどのことがない限りは入れたいですよね。

大きめに切って具材として使う一方で、玉ねぎは飴色になるまでじっくり炒めて使うという人も多いでしょう。

普通に飴色玉ねぎを作るのには時間と手間がかかりますが、実は電子レンジを使うと10分程度で作れるんですよ。

手順は次の通りです。

  1. 耐熱皿にみじん切りにした玉ねぎを平らに乗せ、玉ねぎ1個に対して大さじ1の油を混ぜます
  2. ふんわりとラップをかけて、電子レンジで3~5分加熱します
  3. フライパンに油を敷いて、2を中火で2~3分炒めると飴色玉ねぎの完成!

□時短で出来る 飴色玉ねぎの作り方

*この方法だと焦げ付きも防げますし、何より10分程度で出来上がるので時短にもつながりますよ。

牛肉・豚肉・鶏肉

カレーに入れるお肉ですが、

  • 関東は豚肉
  • 関西が牛肉

が主流ではないでしょうか。

これは関東が豚肉を食べる文化で、関西が牛肉を食べる文化だからと言われています。また鶏肉も根強い人気があり、地域とその人の好みで使う肉が変わるとも言えますね。

お肉の部位ですが、バラ肉薄切り肉は時間がないときのカレーにおすすめ。肩ロースなどのブロック肉は、じっくり煮込むことで旨味が生まれますしボリュームアップにも。

あるいは、しっかり炒めたひき肉を使うと、カレー全体に肉の旨味が広まって美味しいですよ。

じゃがいも

ゴロンと大きめのじゃがいもが入っていると、「これぞ我が家のカレー!」と感じませんか?

カレーに使うじゃがいもと言えば、煮崩れしにくいメークインですね。煮崩れやデンプンが溶け出すのを防ぐためにも、切ってから5分程度電子レンジで加熱し、仕上げに加える方法がおすすめです。

尚、じゃがいもは冷凍すると風味が変わるため、カレーを冷凍するときはじゃがいもを取り除きましょう。

にんじん

オレンジ色がアクセントになるにんじんもカレーの定番具材ですね。

にんじんは好き嫌いの別れる野菜ですが、意外と人参嫌いの子どもでもカレーの具材だと食べられることが多いです。

ただそれでも嫌って食べられないのであれば、すりおろしにんじんを使うのはいかがですか?

使い方は簡単です。にんじんを皮ごとすりおろして水と一緒に加えて煮込むだけ。すりおろすことで食べやすくなる上に、カレー全体にやさしい甘みが加わりますよ。

スポンサーリンク

カレーに合う変わり種具材は?

納豆

日本のカレーではあまり馴染みがありませんが、はインドのカレーでは定番具材。インドでは宗教の関係で牛肉や豚肉は食べない人も多いため、貴重なタンパク源ともなっているんですよ。

豆はひよこ豆・大豆の水煮なども美味しいですが、おすすめは納豆

カレーの香りで納豆の香りが気にならなくなる上に、ルーのとろみがネバネバとよく合います。

使い方は醤油を入れて混ぜてから、カレーの上にトッピングするだけ。カレーと混ぜて食べても美味しいですし、ご飯とともに食べても美味しいですよ。

こんにゃく

お肉抜きのカレーを作りたいけれど、お肉っぽい具材も食べたい。そんなときは炒めたこんにゃくを加えると、お肉の食感が楽しめます。

使い方は、次の通りです。

  1. 塩もみをして臭みを抜き、フォークで全体をつついて穴を開けます
  2. 一口大の大きさに手でちぎる。あるいは薄切りにします
  3. お肉を炒めるように、野菜と一緒に2を炒めてカレーを作ります

こんにゃくはローカロリーなので、カレーのカロリーが気になる方にもおすすめです。

鯖缶(さばかん)

20年ほど前のドラマで話題となった、鯖の缶詰を使ったカレー。

実は家庭でも簡単に作れる上に、お肉とは違った美味しさがあるんですよ。

作り方は簡単で、水気を切ってほぐした鯖の水煮缶を野菜と一緒に炒めるだけ。あとはルーを加えて煮込めば、鯖カレーの完成です。

ポイントは、塩気が多いのでルーはやや控えめにすること。またすりおろした生姜を多めに加えると、鯖とよく合うスパイシーな仕上がりとなります。

関連記事:カレーのスパイスに隠された効能とは?美容にも健康にも効果的!

今日のカレーはどうする?

カレーは懐の広い料理で、大抵の具材を受け入れてくれます。

野菜は炒めても美味しいですし、素揚げしたものをトッピングするとカフェ風のおしゃれなカレーに。イカやタコなどのシーフードも旨味がプラスされて美味しいですし、お肉も部位によって味わいに変化が。

和風の具材も受け入れるので、冷蔵庫に眠っている食材で挑戦するのも面白いですよ。

定番具材から驚きの具材まで、なんでもカレーに入れて美味しく頂きましょう!そして意外と美味しい具材を見つけたら定番のレパートリーにしたいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

焼き魚のきれいな食べ方とマナーについて。食べた後はどうする?

焼き魚をきれいに食べるのって中々難しいものですね。 切り身であれば、骨も少なく身も箸で

記事を読む

えんどう豆とグリーンピースの違いは何?他にどんな豆がある?

人によって好き嫌いの分かれるメニューの一つに、「グリーンピースご飯」があります。給食で出てげんなりし

記事を読む

甘くて美味しい!パイナップルの栄養効果とは?カロリーはどう?

https://youtu.be/p8JcVzbd9Zg 南国のフルーツと言われると、あなたは

記事を読む

カリウムの多い食品と驚くべき健康効果!不足したらどうなる?

デスクワークの多い人にとって気になるのが、足のむくみ。退勤時間になると足がパンパンで、朝履いてきた靴

記事を読む

ピータンとはどんな食材?驚くべき栄養価と美味しい食べ方は?

世界には様々な食材があり、中には不思議な食材もいくつかあります。 特に中国は美味しい料理がたく

記事を読む

実はダイエット向き?焼き芋の栄養効果と気になるカロリーは?

ダイエット中に気をつけたい事として、食べ物のカロリーがあります。カロリー摂取量を減らしつつ、

記事を読む

もやしは栄養効果抜群!加熱や水洗いはどうする?

給料日前で、ちょっとピンチなときに、お買い得なもやしは、助かりますよね。もやしは、一袋でも量

記事を読む

わさび醤油以外にも!アボカドの美味しい食べ方5選!

最近スーパーでも良く見かけるようになった野菜に、アボカドがあります。熟すと独得のとろっとした

記事を読む

そうめんの美味しい食べ方。マナーで気を付けることとは?

夏に食べる機会の増えるそうめんは、冷っとして美味しいのですが、毎日食べ続けるとさすがに飽きてしまいま

記事を読む

もち麦の気になる栄養と健康効果とは?効果的な炊き方は?

毎日の食卓にご飯は欠かせませんが、お米のご飯だけを食べ過ぎると栄養の偏りが気になります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑