大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

最終更新日: | 花火大会 | , ,

になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立っています。

花火師とは花火を製造し、その花火を美しく打ち上げるための職人さんのこと。そんな一流の花火師が腕を競い合う「大曲花火大会」があることをご存知でしたか?

全国各地から集まった一流の職人が打ち上げる、それは素晴らしい花火大会なんですよ。

そこで、
・大曲の花火大会とは
・2017年の開催日程とスケジュール
・見どころ
・会場へのアクセス

をご紹介しますので、花火見物の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

大曲の花火大会とは

権威ある大会

曲花火大会は、毎年8月下旬に秋田県大仙市大曲で開催される花火の競技大会の事。

正式名称は「全国花火競技大会」というもので、大曲花火大会は通称なんですよ。

花火の競技大会は他にも開催されていますが、その中で最も権威があるのが大会です。最優秀賞として「内閣総理大臣賞」が授与されるのは、この大会を含めて3つだけというほど。

その為この大会に出場して優秀な成績を収めることが、花火師にとっての目標となっています。

歴史ある大会

大曲花火大会の歴史は、1910年に諏訪神社のお祭りの一環で開催された花火大会。その後すぐに競技大会へと変わり、やがて全国の花火師が目標する大会へと成長していきました。

しかし競技大会という面が強かったため、「知る人ぞ知る花火大会」となってしまいました。

そこでまちおこしの一環として盛んにPRを行った結果、一般の観光客にも知られるように。近年は秋田新幹線の開通もあって、毎年70万人近い来客のある人気の大会となっているんですよ。

2017年の日程とスケジュールは

8月第四土曜日に

大曲花火大会は、例年8月の第四土曜日に開催されています。

2017年の開催日は、8月26日。その他のスケジュールも、合わせて紹介します。

開催日:2017年8月26日(土)
開催場所:秋田県大仙市大曲花火大橋付近雄物川河畔
※雨天決行

スケジュール:
17:30~18:15 昼花火(昼の部)
18:50~21:30 夜花火(夜の部)

スポンサーリンク

大曲花火大会の見どころ

通好みの昼花火

大曲花火大会は、昼花火・夜花火の二部構成となっています。

夕方から始まる昼花火では、

  • 5号玉早打ち5発
  • 割物(わりもの)
  • 煙竜(えんりゅう)

が見られます。

「5号玉早打ち5発」は、一つの筒で花火を5発上げる競技で、職人の技量が試されます。

「割物」は、私達が普段目にする「打ち上げ花火」で、割れた時の美しさや色合いを競い合うもの。

「煙竜」は、色付きの煙が空に広がるもので、色の具合や変化が競技対象となります。

夕方に打ち上げるためやや地味ですが、色が見える煙竜は通好みの面白さ。また昼の競技花火は大曲でしか見られないため、いつもとは違った花火大会が楽しめますよ。

第85回 大曲全国花火競技大会 2011 昼花火の部 後半12台収録

*1分12秒から登場する「たんぽぽの綿毛」など、夕方でも見応えは抜群です!

見応え抜群の夜花火

夜花火では、「割物」「創造花火」で競い合います。

昼花火でも見られた「割物」は、花火玉が大きくなってより迫力満点!

そして大曲で生まれた「創造花火」は、自由な発想で打ち上げられる花火の事。現在見られるスターマインやメロディマインといった、ドラマチックな花火の元祖とも言えます。

【創造花火 準優勝】大曲の花火2016 大曲花火化学工業

*1分から開始する創造花火は、これだけで一つのショーのようです。

また夜花火のオープニング・エンディングには、スターマインやナイアガラが打ち上がります。

競技の合間にもこれらの仕掛け花火が登場し、会場の盛り上げ役に。

さらには「大会提供花火」として、テーマや音楽に乗って打ち上げられる花火の数々も。こちらも一流花火師によるもので、これを目当てに花火大会に訪れる人が居るほどです。

アクセス

公共交通機関でのアクセス

東京方面からは、秋田新幹線・東北新幹線を利用して大曲を目指します。

JR大曲駅を下車後、徒歩30分ほどで会場に到着。

なお当日は改札付近が大変混雑するため、事前に往復切符を購入するなど準備しましょう。

車でのアクセスと駐車場について

車で行く場合は、東北自動車道・大曲ICを降りて、周辺の駐車場を目指します。

大曲市街では大規模な交通規制が敷かれ、車での侵入は不可能。そのかわり周辺には、有料・無料合わせて計19,000台が収容可能な駐車場が。

ICを降りたら案内看板などが出るため、空いている所にすぐ駐車して徒歩で移動しましょう。

また当日は交通情報サイト「大曲花火アクセスnavi」で確認すると、よりスムーズな移動が可能。スマホからも閲覧できるので、事前に登録しておくと便利ですよ。

一流花火師夢の競演

大曲花火大会は、人口4万人ほどの小さな地区に70万人近い方が集まる花火大会。一流の花火師が腕を競いあう大会なので、花火のレベルはトップクラスです。

競技大会とは言いますが、見ている私達にとってはどれも素晴らしい花火ばかり。長時間花火が打ち上がることもあって、とても贅沢な時間が過ごせます。

花火好きなら一度は見ておきたい、大曲の花火大会へ足を運んで見ませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

大阪天神祭の花火、2017年の日程や時間。穴場スポットは?

日本三大祭といえば、 「東京・神田祭」「京都・祇園祭」そして、 「大阪・天神祭」ですね。

記事を読む

芸術的なPL花火大会、2017年の日程や穴場をご紹介!

関西で一番の花火大会を挙げろと言われると、関西人のほとんどが、 「PL花火大会や!」 と

記事を読む

諏訪湖花火大会2017年の日程と見どころ!穴場スポットは?

日本人は花火が大好き!と言い切ってしまいたくなるほど、花火を見ているとウキウキしませんか?

記事を読む

伝統ある三河・岡崎の花火大会2017!穴場や見どころは?

現在は日本各地で楽しめる花火大会ですが、古く江戸時代の名残を今に残す伝統のある花火大会があり

記事を読む

長岡花火大会2017年の日程!おすすめの見学スポットは?

夏になると全国各地で花火大会が開催され、多くの人が花火見物に訪れます。 その中でも「日

記事を読む

茨城の土浦花火大会2017年の日程や時間。花火職人の技が見どころ!

夏と言えば花火大会ですが、大会によってその内容は様々。 大玉花火 連続打ち上げ花火

記事を読む

夏を先取り!横浜開港祭の花火2017!日程や時間は?

花火大会と言えば夏の風物詩。浴衣を着て夏空を彩る花火を見るのが定番ではないでしょうか。

記事を読む

天の川を彩る!仙台七夕花火祭、2017年の日程や穴場は?

東北の短い夏を堪能出来る祭といえば、仙台七夕まつりが有名ですね。 その仙台七夕まつり開

記事を読む

柏崎花火大会、2017年の日程!穴場の見学スポットは?

全国各地で開催される花火大会は、地域や場所ごとに特徴があってどれも楽しいものばかり。特に打ち

記事を読む

豊田おいでん祭りの花火大会。2017年の日程と穴場スポットは?

愛知県豊田市には、毎年夏の始めになると盛大に行われる花火大会があります。 見に行った人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

ヒトカラ(ひとりカラオケ)にはメリットが沢山!おすすめの楽しみ方は?

カラオケといえば、飲み会などの2次会でよく行く場所。みんなでワ

社会人におすすめ!有料自習室とはどんなところ?利用するメリットは?

資格試験や定期テスト前には、集中して勉強をしたいですよね。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑