スイカは野菜?それとも果物?西瓜の種類とその優れた栄養・効果

最終更新日: | 飲食 | , , ,

になると、冷たく冷やしたスイカが食べたくなりますよね。

水分たっぷりで甘いスイカは、夏ならではの果物の一つ。そんなスイカは、最近では果肉が黄色いものや楕円形のものなど、種類もたくさんあるんですよ。

一方で水分ばかりだから栄養がないと言われたり、青臭いから果物でないという人もいます。実際のところどうなのでしょう?

そこで、
・スイカに含まれる栄養
・スイカの種類
・スイカは果物なのか?野菜なのか?

など、気になる点をまとめて紹介します!

スポンサーリンク

スイカに含まれる栄養は?

100gあたりの主な栄養

まずは100gあたりの、スイカの主な栄養を紹介します。

栄養素 100g当たりの栄養価
カロリー 37kcal
カロリー 37kcal
ビタミンA 69μg
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンB6 0.07mg
ビタミンC 10mg
カリウム 120mg
マグネシウム 11mg
食物繊維 0.3g

スイカは全体の90%以上が水分のため、カロリーは低め

しかしビタミン・ミネラル類をバランスよく含んでいます

ちなみにスイカは大きいもので1キロ近くにもなり、カットした時に大きさにばらつきが。目安としては大きめにカットしたものが、150g~200g程度と覚えておきましょう。

スイカの期待できる効果は?

成分のほとんどを水分が占めるスイカですが、だからこそ嬉しい効能がいくつもあるんですよ!

脱水予防

夏には体温を下げるために大量の汗をかきますが、汗の出過ぎは体内の水分が失われる原因に。

そんな時にひとつまみの塩をかけたスイカを食べると、失われた水分を補う効果が。

というのも少量の塩と糖分を含んだ水は、普通の水よりも体に吸収されやすいからです。

利尿作用

汗をかきすぎると尿の量が減ってしまい、しかも尿とともに排出される老廃物が体に残ることに。

そこでスイカで水分を補うと、尿として出せる水分を補えます

しかも利尿作用を促すカリウムも含まれているため、自然な形で老廃物を出しやすい状況に。カリウムは同時に不要な塩分も排出してくれるので、塩分のとりすぎが気になる方にも嬉しいですね。

抗酸化作用

果肉の赤い色は、トマトなどに含まれる事で知られる「リコピン」によるもの。リコピンには高い抗酸化作用があり、体内の老化を遅らせる効果が期待できます。

目を元気に

黄色い果肉のスイカには、リコピンが含まれない代わりに「キサントフィル」という成分が含まれています。

これはカロテンの一種で、紫外線などの光から目を守る効果が。またスイカに含まれるビタミンAには、目の細胞を元気にする効果が期待できます。

美肌効果

リコピンの抗酸化作用には、お肌の老化を遅らせる効果も。

またビタミンAには、粘膜や細胞・お肌を強くする効果も期待出来ます。

更に美白効果のあるビタミンCも含まれるので、潤いある元気な美肌に導いてくれるんですよ。

スポンサーリンク

スイカの種類には何がある?

おなじみのスイカは

緑色の皮に黒っぽいギザギザ模様が入った、おなじみのスイカ。

大きいものは「大玉スイカ」と呼ばれ、小さいものは「小玉スイカ」と呼ばれています。

その違いは大きさで、小玉スイカは冷蔵庫に入るサイズに品種改良されたものなんですよ。

黄色いスイカ

スイカと言えば赤い果肉が主流ですが、果肉が黄色いスイカもあります。

黄色い果肉のものはさっぱりした甘みが特徴ですが、最近では甘みが強い品種も。

  • おつきさま
  • おおとり
  • マダーボール

などが黄色いスイカなので、お店で探してみましょう。

ブランドスイカ

贈答用のスイカといえば、黒に近い深緑色の皮が特徴の「でんすけすいか」が有名。見た目だけでなく甘みも強く、シャリシャリした食感はスイカの王様といった風情があります。

また2016年に大ヒットした映画と言えば「シン・ゴジラ」ですが、ゴジラの名前を持つスイカも。

「ゴジラのたまご」という楕円形のスイカなのですが、見た目は怪獣の卵のよう。生産量が少ない貴重なスイカですが、一度見たらそのインパクトに驚きますよ!

スイカは野菜?果物?

果物のような野菜

スイカは、野菜か?果物か?に関してですが、農林水産省では「果物的野菜」としています。

果物的野菜とは曖昧な表現ですが、これは農林水産省の定義ではスイカは「野菜」の分類となるから。

農林水産省の果物の定義の中に、「同じ木で毎年収穫できるもの」という項目があります。

スイカは一年で「発芽→開花→実がなる→種を残して枯れる」サイクルを持つ、一年生作物というカテゴリ。そのためカボチャやキュウリなどと同じ、野菜だと定義しているのです。

みずみずしいスイカを

スイカの実はほとんどが水分のため、栄養価が無いと思われがちです。

しかし赤い色にはリコピンが含まれ、細胞の老化に対抗する効果が期待出来ます。その他にもたっぷりの水分は、夏に不足しがちな水分を補ってくれる優れもの。

何より冷やしてひとつまみの塩を振ったスイカは、夏の味わいと言えますよね。

夏にしか食べられないスイカのパワーで、暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

焼き魚のきれいな食べ方とマナーについて。食べた後はどうする?

焼き魚をきれいに食べるのって中々難しいものですね。 切り身であれば、骨も少なく身も箸で

記事を読む

ほうじ茶の効能と健康に良い効果とは?飲むなら朝と夜のどっち?

和食を食べた後には、やはり日本茶が飲みたくなります。ほのかな苦味と甘味の緑茶も良いですが、香ばしい香

記事を読む

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能とは?食べ過ぎには注意!?

紅葉で黄色く色づくイチョウは美しいですが、イチョウの木周辺から異臭を感じたことがありませんか

記事を読む

簡単にできるグレープフルーツの皮の剥き方。レシピもご紹介!

グレープフルーツは、栄養価も高く、とても美味しい果物。 ですが、その一方で食べるにはち

記事を読む

枝豆(EDAMAME)の美味しいゆで方!美味しさの秘密は何?

居酒屋の「お通し」で出されたり、定番メニューとしてもおなじみの枝豆。 冷凍の枝豆も販売されてい

記事を読む

かぼちゃはダイエット向きの食材?栄養・効果とおすすめの食べ方!

ダイエット時には運動とともに、野菜を中心としたバランスのよい食事を取ることが大切です。 しかし

記事を読む

焼き飯とチャーハンの違いとは?ピラフは何が違う?

手早く作れて美味しいチャーハンは、主婦に嬉しいメニューの一つです。ご飯がたくさん余った時などに、冷蔵

記事を読む

ダイエットや美容に!雑穀米の栄養と効果は?玄米との違いは何?

健康やダイエットに気を使いたいと思う一方で、健康的な食事や運動を毎日続けるのは大変です。 運動

記事を読む

草餅のカロリーはあんこの有り無しでどう違う?美味しい食べ方は?

お正月に食べるお餅は、白い切り餅以外にも様々な種類があります。 黒豆の入った「豆餅」も

記事を読む

アイスクリームはダイエットに最適?効果の高い食べ方は?

夏になると食べたくなるのが、冷たくて甘いアイスクリーム。 しかしアイスはカロリーが高いイメージ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

ヒトカラ(ひとりカラオケ)にはメリットが沢山!おすすめの楽しみ方は?

カラオケといえば、飲み会などの2次会でよく行く場所。みんなでワ

社会人におすすめ!有料自習室とはどんなところ?利用するメリットは?

資格試験や定期テスト前には、集中して勉強をしたいですよね。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑