日本の花火の歴史について。花火大会が夏に行われる由来は?

最終更新日: | 日本の習慣・行事 | , ,

本のと言えば、打ち上げ花火は欠かせません。

夜空に開く大輪の花は美しく、思わず「たーまやー!」と声を掛けたくなるほど。

また手持ちで楽しむ花火も、賑やかなものから風情あるものまで多種多彩。日本の夏には欠かせないこれら花火ですが、どのようにして広まったのか気になりませんか?

今回は、日本の花火の歴史と、なぜ夏に花火大会が多い由来についてまとめました!

スポンサーリンク

日本の花火の歴史

花火の誕生について

花火の誕生はあまりはっきりしていませんが、6世紀頃の中国だという説が一般的となっています。

その後13世紀頃ヨーロッパに伝わり、大きな音を出したり煙に色を付ける工夫が見られるように。これが打ち上げ花火となり、ヨーロッパの王侯貴族が好んだと言う記述が残されています。

鉄砲伝来と共に

日本における本格的な花火の歴史は、1543年の「鉄砲伝来」から始まりました。

当時の鉄砲は火縄銃というもので、この時鉄砲とともに花火の材料となる黒色火薬も伝来。それ以前にも全くなかったわけではありませんが、鉄砲がきっかけで全国的に火薬が広まることとなりました。

また鉄砲伝来と前後して、当時の日本と交流のあったポルトガルや中国より花火製造の技術も伝来1613年には徳川家康が花火を見たという記録があり、これが日本最初の花火だとされています。

これをきっかけに、日本でも花火の本格的な製造が始まりました。

ちなみに花火を見たのは現在の静岡にある駿府城で、この地域は徳川幕府のお膝元の一つ。その関係で、現在でもこの地方では花火の製造が盛んなんですよ。

なお日本で最初の花火ですが、徳川家康ではなく伊達政宗が見たという説もあります。こちらは1589年に中国人花火師が作ったものを、米沢城で見物したという記録が残されています。

玉屋と鍵屋

江戸時代になって広まった花火ですが、新しもの好きな江戸で大人気となりました。

人気のあまりに花火が原因の火事も発生し、幕府が禁止令を出すほど。ちなみに当時の花火は手持ちのおもちゃ花火で、打ち上げ花火ではなかったんですね。

このおもちゃ花火を最初に考案したとされるのが、江戸にあった「鍵屋」です。

また鍵屋は打ち上げ花火の原型となるものを作り出し、幕府に献上。後にこの献上された花火を使い、現代まで続く隅田川の花火大会が開催されるようになりました。

隅田川の花火大会が開かれた当時、鍵屋と共に実力・人気があったのが「玉屋」です。

玉屋は鍵屋からのれん分けされた花火師集団で、花火大会の度に玉屋と鍵屋は競いあうように。その際に打ち上がった花火を見て、江戸っ子が屋号を呼びかけてより良い花火だと絶賛。

これが現在まで続く、
「たーまやー」
「かーぎやー」

の呼びかけなんですよ。

ちなみに玉屋は江戸で火事を起こしたことが原因で、一代で取り潰しに。鍵屋の方は十二代まで続き、現在は別の方が引き継ぐ形でお店が残っています。

スポンサーリンク

花火大会が夏に行われる由来は?

大飢饉とコレラ

花火と言えば夏の風物詩ですが、夏に打ち上げられるようになったのには特別な理由があります。

それは1733年に発生した大飢饉と、江戸で発生したコレラによるもの。

飢饉とコレラによって多くの死者が出た中、当時の将軍・徳川吉宗が鎮魂と悪霊退散のイベントを企画。それが隅田川の川開き日に行われた「水神祭」で、その際に花火を打ち上げました。

「隅田川の花火大会」は、この出来事がきっかけで始まったもの。この隅田川の花火大会は大いに盛り上がり、やがて夏の花火大会は全国に広まっていきました。

関連記事:隅田川花火大会の日程と時間。穴場スポットは?

鎮魂花火

お盆にはご先祖様を迎え入れる「迎え火」と、ご先祖様を再び送り出す「送り火」の風習があります。送り火は盛大に行う地域もあり、京都の「大文字焼き」に代表される「五山の送り火」は有名ですよね。

このようにお盆には火を使ってご先祖様の霊を慰める風習があるのですが、実は花火を打ち上げる風習が。この花火は「鎮魂花火」というのですが、隅田川の花火大会も「鎮魂花火」だったとも言えますね。

お盆の時期に花火を打ち上げて霊を慰めていたのが、いつの間にか皆で楽しむイベントに。結果としてお盆の時期を中心に、打ち上げ花火が多く上がるようになりました。

夏と言えば花火

近では冬にも花火大会が開催されることもありますが、やはり花火と言えば夏の風物詩

その歴史をたどっていくと、武器として持ち込まれた鉄砲がキッカケというから驚きですね。

また夏に打ち上げられるようになったのも、死者の魂を慰めるため。そう思うとお盆に行われる花火大会は、ご先祖様もこっそり楽しんでいるかも知れませんね。

夏の花火に秘められた歴史を知った上で、花火の音と美しさをもっと楽しみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

お中元を贈る時期はいつからいつまで?マナーで気を付けることは?

日頃お世話になっている方へ送るお中元は、夏の欠かせないご挨拶ですね。目上の方へ贈ることの多い

記事を読む

女性と男性の厄年の年齢はいつ?厄払いはいつ行えばいいの?

ツイてないことが立て続けに起こったりすると、「厄年では?」と聞かれたことがありませんか? また

記事を読む

戌の日に行う安産祈願のお参りはいつどこでするの?初穂料の相場は?

https://youtu.be/K2NckrVgPMY 赤ちゃんを授かると、周囲の方から様々

記事を読む

蚊取り線香の効果と範囲は?蚊以外にも効果はあるの?

夏になると気になるのが、嫌な羽音で飛び回る蚊のこと。 どこからか入り込んだ蚊に刺されると不愉快

記事を読む

針供養の日とはいつ?どこの寺社で行われるの?広まった由来も紹介!

最近では何でも購入出来ることから、ぞうきんなどは自分で縫わずに店で買うする人も増えています。

記事を読む

十三参り男の子・女の子の服装はどうする?レンタルでも大丈夫?親の服装は?

十三参りは関西を中心に行われる、数え13才(11才~12才)に神宮にお参りする行事。関西では七五三と

記事を読む

八十八夜の意味とお茶摘みをする由来とは?2017年はいつ?

https://youtu.be/Wh6j89UYTv0 日本の季節は移り変わりが大きく、春・

記事を読む

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今も変わらない親心。そんな妊婦さ

記事を読む

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言い回しを耳にします。 天

記事を読む

お彼岸のお供え物には何がいいの?のしはどうする?

春と秋には、「お彼岸」がありますね。 お彼岸には、昼の長さと夜の長さがほぼ同じくらいになる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ふじさわ江ノ島花火大会2017年の日程や時間!穴場スポットもご紹介!

夏のイメージが強い花火大会ですが、最近では季節を問わず開催されるよ

ボジョレーヌーボーに合うおつまみと言えばコレ!合わせる料理のポイントは?

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づくと、今年の味はこうだ!と話題になりま

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑