お盆玉が広まった由来や金額の相場。あげる時にポチ袋は必要?

最終更新日: | 日本の習慣・行事 | , ,

供にとってお正月のお年玉は、一年に一度の大きなプレゼントです。しかし渡す大人にとっては、その金額が負担になることもありますよね。

ところで最近ではお年玉に加えて、「お盆玉」という風習が定着しつつあります。

いつ頃からお盆玉の風習が始まったのか気になりますし、みんな渡しているのかどうか気になりませんか?

そこで、
・お盆玉とはどういう由来があるのか
・お盆玉はあげる必要があるのか
・お盆玉の相場

などについてまとめたので、渡す際の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

お盆玉とは?由来は?

お年玉のお盆版

お盆玉はその名の通り、お年玉のお盆バージョンのこと。お盆に遊びに来る子供や孫に、祖父母や両親が渡すお小遣いのことを言います。

お盆玉が誕生したのは2010年と最近のことで、広まったきっかけとなったのは郵便局にあります。

というのも2010年に山梨の「マルアイ」という会社が、お盆らしいデザインのポチ袋を「お盆玉」として発売。このポチ袋を郵便局が2014年より窓口で販売した事で、広く知られるようになりました。

奉公人にお小遣いを

お盆玉という言葉は2010年に誕生したものですが、風習そのものは江戸時代頃には存在していました。

山形県の一部地域ではお盆になると、奉公人に下駄や衣服などを渡す風習がありました。

奉公人は主に商家などに住み込みで働く人のことですが、十代前半より親元を離れて働くのが一般的。その奉公人がお盆に親元へ戻る際に渡したのが、お盆玉の原型となっています

それが昭和初期には「祖父母から孫へ」と形が変わり、また利便性から物ではなくお小遣いという形に。これに名前がついて全国的に広まったのが、お盆玉なんですよ。

スポンサーリンク

お盆玉はあげる必要があるの?

ちょっとしたお小遣い

お盆玉は最近になって広まった風習のため、人によってはあまり良く思わないことも。またお金を渡す風習ということもあり、はしたないと考える人もいるかもしれません。

もし最近広まった点で気になる方は、こう考えてみるのはいかがでしょうか。

「お盆に久々に会った孫や親戚の子に、ちょっとしたお小遣いをあげる」

お盆玉という名前でなくても、こういったやり取りは昔からありましたよね?それが名前がついて、祖父母から孫へと強調されただけ。お小遣いをあげたいという気持ちがあるなら、名前を気にせずあげても良いのではないでしょうか。

お盆玉のポチ袋を使うかどうかも、使いたいなら使う程度で大丈夫ですよ

あげなくてもいい

孫や親戚の子とは普段から行き来していて、お盆に会うのが久しぶりでない場合。

この場合は、あえてお盆玉という形で渡さなくても大丈夫です。

普段から会っているなら、お孫さんのお金の使い方やもらい方は知っているのでは。それに普段からお小遣いをあげているなら、お小遣いを増やす必要もありませんよね。

また祖父母が孫を可愛がるあまりに、お年玉やお盆玉に大金を渡してしまうケースもあります。

確かに孫は喜びますし、その顔を見るとこちらも嬉しくはなります。

しかし大金を渡してしまうと無駄遣いをした上に、「祖父母にねだればいい」と考える子に成長する可能性も。かわいいお孫さんのことを考えて、必要以上にお金を渡さないという考え方もアリですよ。

スポンサーリンク

お盆玉の相場は?

お年玉の7割程度

お盆玉の相場ですが、お年玉の7割程度が相場となっています。

具体的な金額にすると、次の通り。

小学生以下(幼児) 500円~1000円前後
小学生     1000円~3000円
中学生     3000円~5000円
高校生     5000円~10000円

家庭によってお年玉の金額は違うので、具体的な金額がそのまま当てはまるとは限りません。

また昔からお盆にお小遣いを渡す習慣がある地域ですと、また違った金額が相場となっていることも。

もしお盆玉の風習がある地域にお住まいでしたら、年配の方にそっとリサーチしてみましょう。

お金ではなく金券で

相場の7割程度だと心もとない場合や、現金だと不安に感じるなら金券で渡すのもおすすめです。

最近ではスマホゲームにお金を使う子供もいるため、使用目的が制限される金券は親にとってもありがたいもの。

例えば図書カードでしたら、使用目的が漫画や小説といった書籍に限定されて安心ですね。

渡してもいいし、渡さなくてもいい

お盆玉という言葉は最近になって生まれたものですが、風習自体は昔から一部の地域であったものです。またお盆に遊びに来た子供たちに、ちょっとしたお小遣いをあげること自体はよくあること。

それまで渡していたのなら、改めてお盆玉という形で渡すのもよし。渡していなかったのなら、今までどおり渡さなくても問題はないので安心してください。

その上でちょっと渡したいなと思ったら、お盆玉を取りいれてみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

雪かきでおすすめの道具とは?突然の雪でも代用できる道具も紹介!

雪が降り積もる地域では、11月頃から雪対策が始まります。 雪かき用スコップの確認や、豪

記事を読む

恵方の意味・方角の決め方!2017年の恵方巻きの方角は?

節分と言えば、「恵方巻き」がとても人気ですよね。 恵方巻きは、恵方を向いて食べると良い

記事を読む

ひな祭りの食べ物!ちらし寿司の由来と具のそれぞれの意味は?

ひな祭りの食べ物と言えば「ちらし寿司」ですよね。 子供の頃、母が大きな桶にいっぱい作っ

記事を読む

社日の意味や由来とは?2017年はいつ?

昔より日本では、その時期に合わせた様々な行事が行われています。カレンダーを見ていると、そんな行事の日

記事を読む

お食い初めのやり方や食べる時の順番は?歯固めの儀とは何?

お食い初めは、子供が初めて母乳以外を口にする儀式ですね。 でも、「お食い初め」は、やり

記事を読む

大人の書き初めの言葉。四字熟語・二文字・一文字の例は?

https://youtu.be/w4MRlO6zZTk お正月といえばおせちにお年始と、楽し

記事を読む

のし袋に金額を書くときの正しい書き方は?選び方もご紹介!

冠婚葬祭には付き物の「のし袋」。 のし袋は、使う場面によって色んな種類があります。また

記事を読む

啓蟄(けいちつ)の意味とは?2017年の啓蟄の日はいつ?

カレンダーを眺めていると、時々見慣れない言葉が書いてあって、「あれ?」と思うことがないでしょ

記事を読む

昼間が一番長い日!2017年の夏至はいつ?ヨーロッパでは?

一年で一番太陽が長く出ている日・・ と言われているのが、 「夏至」 夏至の日には様々

記事を読む

定番曲から驚きの曲まで!盆踊りの曲をご紹介!

お盆の時期になるとどこからか盆踊りの音色が流れ、耳にする機会も多いのではないでしょうか。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゆり(百合)の花言葉は色や種類によって違うの!?開花時期はいつ?

https://youtu.be/w0bSmr6MBwY 豊かな

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセ

紫外線による目の日焼けの症状とは?効果的な対策方法と言えば?

夏が近づくと重要になるのが、紫外線対策です。 特に夏は外

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑