小暑(しょうしょ)の意味は?2017年はいつ?その時期の食べ物には何があるの?

最終更新日: | 日本の習慣・行事 | , , ,

本の季節を表す言葉は色々とあり、中にはあまり馴染みのない言葉もあります。

そういった言葉はカレンダーに記載されていることも多いのですが、なんとなく見過ごしがち。そんな言葉の一つに、「小暑(しょうしょ)」があります。

文字だけ見ると暑い時期を指す言葉だと思うのですが、実際はどんな意味があるのでしょうか。

そこで、
・小暑の意味
・2017年はいつなのか
・この時期の食べ物や行事

について順に紹介します!

スポンサーリンク

小暑(しょうしょ)とは

梅雨の終わりと暑さの始まり

小暑とは二十四節気の1つで、夏にカテゴリされる季節。

二十四節気は1年を二十四等分する暦のことで、季節に合わせた名称が付けられています。テレビなどで「暦の上では夏ですが」といいますが、これは二十四節気の話題であることが多いんですね。

小暑は文字通り「これから更に暑くなる」事を表しており、この時期を過ぎると暑さも本番。梅雨明けと重なることもあり、また小暑までに梅雨入りが確認されないと「梅雨入りなし」となります。

小暑はあまり暑くない?

小暑はこれから暑くなる時期とのことですが、実際の小暑は7月上旬頃

確かに暑い日もありますが、梅雨空が残るジメジメした気候の地方も多いのではないでしょうか。

実は二十四節気は実際の気候と1ヶ月程度のズレがあり、現在では8月上旬頃が小暑に該当。ずれてしまう原因ですが、二十四節気は「太陰暦」という暦を補助するものだから。太陰暦は月の満ち欠けを基準にした暦で、実際の季節とずれる欠点がありました。

それを補うために考案された二十四節気なので、太陽の動きを基にした現在の暦とはズレてしまうのです。

2017年の小暑はいつ?

7月7日から

小暑ですが、次の二つの期間を表します。

  • 小暑当日
  • 小暑から次の二十四節気「大暑」の前日までの期間

一般的に小暑といった場合、前者の「小暑当日」のこと。

2017年小暑7月7日。ちょうど七夕の日と重なります。また小暑の期間といった場合、7月7日~7月22日までを指すんですよ。

ずっと7月7日なの?

小暑がずっと7月7日ならば、七夕と重なってとても覚えやすいですよね?

しかし残念ながら小暑は日にちが固定されているのではなく、前後2日間で変動します。たまたま1988年~2023年の間は、7月7日で固定されていただけなんですよ。

2024年以降の小暑の日に関しては、次の計算方法で算出が可能です。

今年の西暦を4で割って、余りがでなかったら7月6日・余りが出たら7月7日。この算出方法は2051年まで使用可能なので、話のネタとして覚えてみませんか?

スポンサーリンク

小暑の時期の食べ物といえば

そうめん

小暑はちょうど七夕の日と重なりますが、七夕の時に食べられるものがあるのをご存知でしたか。

それは冷たくて夏に食べたくなる、そうめんなんですよ。

七夕は元々は中国で行われていたいくつかの行事や風習が、日本に伝わって発展したもの。そういった風習の中に、「索餅(さくべい)」と呼ばれるお菓子を食べるものがありました。

索餅は米粉と小麦粉を練ったものを細く伸ばし、縄状にした食品。これが後にそうめんとなったという説があり、そこから七夕にはそうめんを食べる風習が生まれました。

全国的な風習ではありませんが、季節柄そうめんを頂くのはちょうど良いかも知れませんね。

ちなみに索餅は現代には残っていませんが、「麻花兒(マファール)」という菓子に近かったのではという説が。麻花兒は中国の揚げ菓子ですが、長崎や横浜でも「よりより」「ねじりん棒」という名称で売られています。

【メイキングオブ長崎県産品】よりより(唐人巻)が出来るまで

*表面が硬めで中はサクサク、甘みが強めのお菓子なんですよ。

関連記事:そうめんの美味しい食べ方。マナーで気を付けることとは?

暑中の始まり

夏に知人・友人へ出す「暑中お見舞い」の「暑中」とは、暦の上で一番暑い時期の事。

実は暑中の期間は、小暑から大暑(たいしょ)を経て「立秋」前日までの期間となります。そのため暑中お見舞いは、小暑になってから出すのが一般的なマナー。

2017年で言えば7月7日から小暑なので、忘れずに出したいですね。万が一出し忘れて立秋を過ぎた場合は、「残暑お見舞い」として出すのがマナーとなります。

関連記事:暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?残暑見舞いは?

夏を前に

小暑はこれから暑くなる時期を表す言葉ですが、実際の季節は梅雨の終わり頃。食品が傷みやすい時期ですので、事前に状態を確認して調理を行いたいですね。

また季節の挨拶状である暑中見舞いも、小暑から出すのがマナー。普段お世話になっている方に暑中見舞いを出して、普段言えなかった事を伝えてみませんか?

小暑を過ぎれば楽しい夏は目の前。体調管理を万全にして夏を迎えたいですね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

日本の花火の歴史について。花火大会が夏に行われる由来は?

日本の夏と言えば、打ち上げ花火は欠かせません。 夜空に開く大輪の花は美しく、思わず「たーまやー

記事を読む

蚊取り線香の効果と範囲は?蚊以外にも効果はあるの?

夏になると気になるのが、嫌な羽音で飛び回る蚊のこと。 どこからか入り込んだ蚊に刺されると不愉快

記事を読む

秋分の日の意味や由来。2016年の日にちはいつ?何をして過ごすの?

秋の大型連休をシルバーウィークといいますが、今年は残念ながら最大で2連休。しかし土曜日をお休みにすれ

記事を読む

住吉大社の初詣2017年の混雑予想!おすすめの参拝時間は?

神社・寺院がとても多い関西ですが、特に大阪では初詣と言えば「すみよしさん」と答える人が多いん

記事を読む

お中元を贈る時期はいつからいつまで?マナーで気を付けることは?

日頃お世話になっている方へ送るお中元は、夏の欠かせないご挨拶ですね。目上の方へ贈ることの多い

記事を読む

十五夜、十三夜、十日夜の意味とは?2016年はいつ?

満月に楽しむ「お月見」は、普段なかなか見ることのない夜空をゆっくり眺めるチャンス。お団子も美

記事を読む

秋の七草の種類と分かりやすい覚え方。春の七草との違いは?

秋は味わい深い草花が多く、緑が鮮やかな春とはまた別の趣があります。 特に「秋の七草」と

記事を読む

端午の節句に粽(ちまき)や柏餅を食べるのは何故?由来は?

5月5日は「子どもの日」ですが、端午の節句でもあります。 もともと、菖蒲やヨモギを軒

記事を読む

「六曜」の読み方と意味とは?順番は決まっているの?

カレンダーに記載されている「大安」「仏滅」「友引」。最近は意味がないと思って、あまり気にしな

記事を読む

恵方の意味・方角の決め方!2017年の恵方巻きの方角は?

節分と言えば、「恵方巻き」がとても人気ですよね。 恵方巻きは、恵方を向いて食べると良い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゆり(百合)の花言葉は色や種類によって違うの!?開花時期はいつ?

https://youtu.be/w0bSmr6MBwY 豊かな

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセ

紫外線による目の日焼けの症状とは?効果的な対策方法と言えば?

夏が近づくと重要になるのが、紫外線対策です。 特に夏は外

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑