淡く可憐なコスモスの花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

| 植物 | , ,

が近づくと河原や庭先などで見かけるのが、ピンクやオレンジのコスモスの花

コスモスを見ると秋の訪れを感じますし、淡く可憐な花は見ていると心が和みますよね。

コスモスは漢字で書くと「秋桜」となりますが、具体的に何月ごろが開花時期なのでしょうか。また美しい花なので贈り物にもしたいのですが、ふさわしい花言葉なのかも気になりませんか?

そこで、コスモスの花言葉や開花時期、色による違いをまとめて紹介します!

スポンサーリンク

コスモスの花言葉とは

乙女心と調和

コスモス全体の花言葉ですが、次の3つとなります。

  • 乙女の真心
  • 調和
  • 謙虚

「乙女の真心」の花言葉に関しては、淡いピンクの花を咲かせるコスモスの外見からのイメージ。謙虚に関しても、その佇まいからイメージできますよね。

また「調和」の花言葉はコスモスの花の名前が由来となったもの。

コスモスの語源となった「コスモ(cosmo)」には、ギリシャ語で「秩序」の意味があります。そこから調和という花言葉が生まれ、平和的なイメージの花となったんですよ。

ちなみにコスモスにはラテン語で、「調和のとれた完成された世界」という意味が。

そこから転じて「宇宙」という意味もあり、秩序的で乱されることのない世界をも表しています。対義語は「ケイオス(混沌)」という言葉なので、覚えておくとちょっとした雑学知識となりますよ。

色別の花言葉は

コスモスの花言葉を、色別に紹介します。

ピンクのコスモス

花言葉:乙女の純潔

コスモスと言えばピンクのイメージが強いからか、乙女に例えられやすいのかも。

白のコスモス

花言葉:美麗・優美・純潔

こちらも乙女のイメージですが、さらに清らかさと美しさが強調されています。

赤のコスモス

花言葉:乙女の愛情・調和

燃えるような恋心となるためか、一歩踏み込んだ愛情表現となっていますね。

茶色のコスモス

花言葉:恋の終わり・移り変わらぬ気持ち

花そのものは茶色というよりは、とても濃厚な赤に近い色。しかし落ち着きがある色のため、恋の終わりを感じるのかも知れません。

黄色・オレンジのコスモス

花言葉:野生の美しさ・幼い恋心

黄色やオレンジのコスモスは、実はキバナコスモスという別の品種。繁殖力が強いことと、力強い色具合がこのような花言葉となりました。

スポンサーリンク

コスモスとはどんな花?開花時期は?

桜というより菊

コスモスはキク科コスモス属の花で、一般的にコスモスというと「オオハルシャギク」の事を指します。

オオハルシャギクは漢字で書くと、大春車菊・大波斯菊。秋の桜というイメージがありますが、品種としては菊に近いんですよ。

ちなみにコスモスに「秋桜」の字を当てたのは戦後になってからで、歌手のさだまさしさんが考案したもの。「秋桜」という楽曲を制作し、大ヒットしたことから一般的に定着しました。

オレンジのコスモスはコスモスでない?

コスモスの花は元々ピンク色のみで、現在ある赤や白は後に品種改良されたもの。本来は花びらが一重ですが、改良の結果八重咲きなどの変わった花びらの品種も多く見られます。

鮮やかなオレンジのコスモスって?

一方でコスモスの中には、鮮やかなオレンジ色のものがあります。

花言葉でも触れましたが、これはコスモスとは違う品種「キバナコスモス」というもの。違う品種のためピンクのコスモス(オオハルシャギク)と交配できず、また開花時期などにも違いがあります。

茶色いコスモスは?

また茶色いコスモスは、別名「チョコレートコスモス」と呼ばれています。

名前の由来はチョコレート色の花が咲くことと、香りがチョコレートに似ている点。こちらはオオハルシャギクと交配が可能ですが、やはりコスモスとは違う品種なんですよ。

コスモスの開花時期は?

コスモスは秋に咲くイメージがありますが、品種によっては長い期間花を楽しむことが出来ます。

一般的なコスモスは

一般的なコスモスのうち、夏咲きの品種8月頃より花を楽しめます。

早咲きの品種9月頃通常の品種となると10月頃から11月頃まで開花。

コスモスが名所になっている観光地では、開花時期を上手に利用して長く楽しめる工夫を行なってます。

キバナコスモスは

オレンジ色のコスモスが楽しめるキバナコスモスは、長期間花が楽しめる品種。早いもので7月ごろから開花し、10月頃まで花が楽しめます。

チョコレートコスモスは

チョコレートコスモスに関しては更に早く、品種によっては5月頃に開花し、11月ごろまで花を楽しめる品種もあるので、こちらも長期間楽しめますね。

花の違いをたのしもう

コスモスはピンク色で秋に咲く花、というイメージがとても強い花。しかし実際は品種改良が進み、同じコスモスでも様々な色や形も楽しめます

更にはオレンジやチョコレーレート色のコスモスもあり、見ていて飽きることがありません。早いものでは5月頃に開花するものもあり、夏から楽しめるのも素敵ですね。

街角などでコスモスをみかけたら、じっくり観察して違いを見つけませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

お部屋に置きたいミニ観葉植物の育て方!置き場所はどこがいい?

雑誌に掲載されているようなお部屋には、観葉植物を効果的に配置したものをよく見かけます。

記事を読む

ポインセチアの花言葉とは? クリスマスに使われる理由・由来

クリスマス用「ポインセチア」出荷ピーク 富山 http://youtu.be/RfsRBkQau0

記事を読む

ザゼンソウ(座禅草)の花言葉とは?有名な群生地はどこにある?

寒い冬を家で過ごしていると、春が近づくにつれて自然と触れ合いたくなりませんか。 身近な植物で春

記事を読む

早春に咲くクロッカスの花の由来とは?色による花言葉の違いは何?

寒い季節になると街角の緑が少なくなり、花が咲く春が待ち遠しくなります。そんな寒い時期にいち早く咲くク

記事を読む

芝桜(シバザクラ)の正しい育て方。増やし方や植え方のポイントも

http://youtu.be/PKbhQv8avu8 季節の花々は、私たちの目と心を楽しませ

記事を読む

クリスマスローズの失敗しない育て方とは?

クリスマスローズは、冬の花壇に彩りを与えてくれる、冬を代表する花です。 もともと、クリスマ

記事を読む

体にも自然にも優しい、虫除け効果のある植物おすすめ4選!

夏が近づくにつれて、窓を開けて開放的に過ごす時間も増えますよね。 外の空気は気持ち良いですが、

記事を読む

夏の花といえば?代表的な花5選!名前や漢字も合わせて紹介!

夏が近づくにつれて、あちこちで素敵な花を見かける機会が増えてきます。 色鮮やかで青空に

記事を読む

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。 一方で「菊の御紋」に代表される

記事を読む

冬の花・節分草(セツブンソウ)の花言葉は?おすすめの群生地はどこ?

毎年2月に訪れる節分には、豆まきや恵方巻きを食べて開運を願います。 また節分は暦の上で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

年賀状に添え書きする一言メッセージの文例!親族・友人・上司まで

年賀状はパソコンで作成したり、印刷屋さんにお願いする方がほとん

年賀状が広まった由来とは?お年玉付き年賀はがきはいつからあるの?

年末になると、忙しく毎日を過ごす方も多いかと思います。そんな中

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑