すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

| 植物 | ,

になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。

その中でもすずらんは、愛らしいこともあって人気の花の一つ。

プレゼントにしたい花でもありますが、様々な花言葉があることを知ってましたか?実は日本とフランスでの違いがある上に、怖い「裏花言葉」なんてものもあるんですよ。

どんな花言葉なのか気になりますね。

今回は、
・すずらんの花言葉とは
・フランス語での花言葉は
・すずらんの怖い「裏花言葉」とは
・すずらんはどんな花で開花時期はいつか

についてまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

すずらんの花言葉とは

聖母マリアの花

日本で知られている、すずらんの花言葉は次のものとなります。

  • 幸福が帰る
  • 幸福の再来
  • 純粋

  • 純潔
  • 癒し

  • 平静
  • 意識しない美しさ

この中で目を引くのが、「純潔」「純粋」という花言葉です。

実はヨーロッパでスズランは、キリスト教に登場する「聖母マリア」に例えられる花。というのもキリストが処刑された時に、聖母マリアが流した涙がスズランの花になったという伝説が。そこから聖母マリアのイメージと重なり、「純粋」「純潔」の花言葉が生まれました。

またヨーロッパでは、すずらんは春の訪れを象徴する花。そのため「幸福が帰る」「幸福の再来」という、花言葉もあるんですよ。

セント・レオナード伝説

すずらんには、次のような伝説による花言葉もあります。

森の守護神であるセント・レオナードは、修行中に森で道に迷ってしまいます。そんな時に大蛇に襲われ、なんとか倒したものの傷がひどくその場で意識不明に。

その時彼の血が地面に染み込み、そこからすずらんが開花して傷を癒していきました。これは大蛇を退治してくれたことに感謝した森の精霊が、彼を癒すために咲かせた花だったんですよ。

この伝説によって、すずらんには「癒し」「平静」という花言葉が付くようになりました。

フランス語での花言葉は?

すずらんの日

一方フランス語では、すずらんの花言葉は少し違ってきます。

  • 幸福の再来
  • ずっと前から好きでした
  • 仲直りしましょう
  • あなたの美しさ以上に、あなたを飾るものはありません
  • さりげないお洒落

この中で「幸福の再来」は日本と同じですが、それ以外は恋を予感させるものばかり

実はこちらに関しては、フランス国王・シャルル9世がすずらんの花を贈られた事から始まりました。

1561年5月1日に、すずらんの花をもらったシャルル9世は大喜び。喜びのおすそわけとして、宮廷の貴婦人たちにもすずらんをプレゼント。これが広く一般にも広まり、5月1日は「すずらんの日」としてすずらんを贈る風習が生まれました

また元々5月1日は「愛の日」ともされていた事から、すずらんには愛を告げる花言葉もプラス。

幸福をおすそわけしたり愛を告げたりと、なんともフランスらしい花言葉ですね。

スポンサーリンク

すずらんの怖い「裏花言葉」とは

スノードロップの花言葉

すずらんには「あなたの死を望みます」という、裏花言葉があると言われています。

というのも、すずらんには毒があり、口にすると嘔吐や痙攣などの症状が。過去にはすずらんの誤食が原因で亡くなった事故もあり、実は怖い花でもあるんですよ。

ところがこの「裏花言葉」は、「スノードロップ」の花言葉のひとつ。亡くなった恋人にスノードロップを添えると、恋人が雪片になった…という伝説が由来となっています。

スノードロップは白い花が咲く、少しすずらんに似た花。そのためすずらんの花言葉と混ざってしまい、「裏花言葉がある」と言われるようになったんですよ。

□春告げる純白の花 スノードロップ 高崎で見ごろ

*こちらもすずらんと同じく、白くて可愛い花ですね。

すずらんはどんな花?咲く時期は?

鈴と蘭

すずらんはすずらん亜科すずらん属に属する多年草で、本州・東北・北海道で多く見かける花です。

漢字で書くと「鈴蘭」となりますが、これは葉の形が蘭に似ているから。また花が小さな鈴に似ていることから、合わせて「鈴蘭」という漢字が宛てられました。

すずらんの開花時期は?

すずらんの開花時期は、4月~6月にかけて。

また自生しているものもあり、特に山梨県芦原の群生地は人気スポットとなっています。

可愛い上に育てやすいという事で人気のすずらんは、一方で暑さに弱い欠点も。育てる場合は日陰を選ぶときれいな花が楽しめますよ

かわいい花には…

すずらんは白く可憐な花を咲かせることから、とても人気のある花の一つ。しかも香りもすてきな花なので、花瓶に活けるとリビングにすてきな空気が広がります。

聖母マリアに例えられる一方で、裏花言葉なんてものもある「すずらん」。プレゼントに最適の花ではありますが、その取り扱いには少し注意が必要ですね。

花言葉や裏花言葉の事、さらにはすずらんの事を理解した上で可憐な花を楽しみましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

お部屋に置きたいミニ観葉植物の育て方!置き場所はどこがいい?

雑誌に掲載されているようなお部屋には、観葉植物を効果的に配置したものをよく見かけます。

記事を読む

エディブルフラワー(食用花)の種類には何がある?購入は通販で!

毎日の食卓が、どうもパツとしないと思ったことはありませんか? 煮物・炒めものなどの「茶色」が多

記事を読む

秋の花といえば何?代表的な花5選!名前や読み方も紹介!

暑さも一段落して秋が近づくと、夏とは違った花が咲いて私達の目を楽しませてくれます。 中にはよく

記事を読む

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲く花と言えば、色鮮やかな花が多

記事を読む

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセサリーのモチーフとして、昔から

記事を読む

早春に咲くクロッカスの花の由来とは?色による花言葉の違いは何?

寒い季節になると街角の緑が少なくなり、花が咲く春が待ち遠しくなります。そんな寒い時期にいち早く咲くク

記事を読む

クリスマスローズの花言葉とは?その由来は?

クリスマスローズって、素敵な名前のお花ですよね。 ヨーロッパ原産のクリスマスローズは、日本では

記事を読む

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。 一方で「菊の御紋」に代表される

記事を読む

スイートピーの花言葉は何?咲く季節と名前の由来も紹介!

赤い花が咲くイメージがあるスイートピーは、花束やフラワーアレンジメントで人気の花。 また可憐な

記事を読む

クリスマスローズの失敗しない育て方とは?

クリスマスローズは、冬の花壇に彩りを与えてくれる、冬を代表する花です。 もともと、クリスマ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

年賀状に添え書きする一言メッセージの文例!親族・友人・上司まで

年賀状はパソコンで作成したり、印刷屋さんにお願いする方がほとん

年賀状が広まった由来とは?お年玉付き年賀はがきはいつからあるの?

年末になると、忙しく毎日を過ごす方も多いかと思います。そんな中

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑