北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

最終更新日: | 花火大会 | , ,

火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージも強くありませんか?

いつでも楽しみたい一方で、騒音の問題などもあって現実は厳しいもの。しかし北海道の洞爺湖では、半年に渡って行われる「洞爺湖ロングラン花火大会」が。ロングランというからには、毎日開催なのか気になりませんか?

そんな洞爺湖ロングラン花火大会について
・洞爺湖ロングラン花火大会とは
・2017年の開催日程と会場
・花火大会の見どころ
・アクセス情報

をまとめて順番にご紹介します。

今年の花火はぜひ洞爺湖で満喫しましょう!

スポンサーリンク

洞爺湖ロングラン花火大会とは

文字通りのロングラン

2017年で36回目となる洞爺湖ロングラン花火大会は、北海道・洞爺湖で毎年開催される花火大会です。

一般的に花火大会は騒音や火薬・費用の問題もあり、長く開催しても3日程度。しかし半年の長きに渡って開催される花火大会は、世界的に見ても洞爺湖ぐらい。

いつ行っても花火大会が見られる安心感は、洞爺湖だけと言ってもいいぐらいですね。

温泉と噴火と

洞爺湖と言えば、「洞爺湖温泉」として全国的にも有名です。

この温泉は洞爺湖近くの「明治新山」の誕生により湧きでたもので、大正時代より湖畔に温泉街が形成。さらに昭和19年に誕生した「昭和新山」により、多くの観光客で賑わうようになりました。

ところが昭和52年に、洞爺湖近くにある有珠山が噴火。その被害はとても大きく、観光業界にも大きなダメージを与えてしまいました。

そこで観光客を呼び戻す目的で、昭和57年(1982年)「長期間に渡る花火大会」を計画。これが現在までつながる、ロングラン花火大会となったんですよ。

2017年の日程・時間・会場

今年は4月28日から

洞爺湖ロングラン花火大会は、ゴールデンウィークから10月いっぱいまで開催されます。

2017年の開催日程や時間は次の通りです。

■開催日
4月28日(金)~10月31日(火)
187日間の超ロングランで開催されます。

■打ち上げ時間
20:45~21:05(予定)

■会場
虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉 洞爺湖湖畔

※洞爺湖は大きな湖ですが、洞爺湖の湖畔といった場合「洞爺湖温泉街周辺」を指します。

この間は荒天時などの場合を除き、毎日花火大会が行われますよ

スポンサーリンク

洞爺湖ロングラン花火大会の見どころ

湖畔に反射する花火

洞爺湖ロングラン花火大会は、洞爺湖の湖上より約450発の花火を打ち上げるもの。

そのため湖畔に花火が反射し、
・夜空の花火
・湖面の花火

の「二種類の花火」が楽しめます。

洞爺湖湖畔には無料の観覧スペースがあり、湖と夜空の花火が堪能可能。

連休中・週末・夏休みシーズンは混雑しますが、平日はゆったり楽しむことも可能です。休日・平日ともに打ち上げ内容は変わらないので、いつ行っても安心して楽しめるのも嬉しいですね。

□北海道 洞爺湖 花火

*水上で輝く花火もあり、あっという間に時間が過ぎてしまいますね。

お宿から見える花火

元々が「減少した観光客を呼び戻す」ために始まった、洞爺湖ロングラ花火大会。

そのためホテルでは、花火の見やすい特等席をお部屋に用意していることも多いんですよ。

屋外では迫力ある花火がは楽しめる反面、雨風の影響や花火の匂いが気になるところ。しかし部屋からの花火は目線も上がりますし、何より過ごしやすい環境で花火が楽しめます。

観覧船から花火

洞爺湖の花火は、湖畔やホテル以外にも船上からも楽しめます。開催期間中は毎日、花火観賞船が桟橋より出航。

こちらも週末は混雑しますが、平日はゆったりと楽しめるので恋人同士におすすめです。

■料金
大人 1600円 小学生720円

■運行時間
20:30頃出航

■出航場所
花火観賞船桟橋(洞爺湖万世閣と洞爺パークホテル天翔の中間あたり)

□洞爺湖湖水まつり -湖上大花火大会-

*湖畔からでは見られない角度で花火が楽しめ、しかもその花火は至近距離なんですよ!

アクセス

公共交通機関を利用する場合

新千歳空港から向かう場合は、JR新千歳空港駅より一旦南千歳行きへ普通列車などで向かいます。ここから函館行きの特急に乗車し、洞爺駅で下車。ここからはバスまたはタクシーで20分ほどで到着します。

※バスの場合は、道南バスの洞爺湖温泉、あるいは東町サンパレス行きに乗り、洞爺湖温泉バスターミナル下車すぐです。

車を利用する場合

車で向かう場合は、道央自動車道の利用が便利です。虻田洞爺湖ICで一般道に降り、町道泉公園線を5分ほど走ると洞爺湖湖畔に到着。

洞爺湖湖畔には、200台収容可能な無料駐車場があるのでこちらを利用しましょう。

長く楽しめる

洞爺湖ロングラン花火大会は、その名の通り超ロングランで開催される花火大会。GWや夏休みなどの連休中はもちろん、連休にお休みが取れない方にとっても嬉しい花火大会です。

開催プログラムはどの日でも変わらないため、平日だとゆったりとした中で楽しめるのも魅力的。屋外で体が冷えたら温泉に浸かり、芯まで温まる癒しのひとときを過ごしたいですね。

春から秋まで長く楽しめる、洞爺湖ロングラン花火大会へ遊びに行きませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

夏になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立っています。 花火師とは花火を

記事を読む

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。海峡の幅もそれほど広くないため

記事を読む

夏を先取り!横浜開港祭の花火2017!日程や時間は?

花火大会と言えば夏の風物詩。浴衣を着て夏空を彩る花火を見るのが定番ではないでしょうか。

記事を読む

大阪天神祭の花火、2017年の日程や時間。穴場スポットは?

日本三大祭といえば、 「東京・神田祭」「京都・祇園祭」そして、 「大阪・天神祭」ですね。

記事を読む

隅田川花火大会、2017年の日程と時間。穴場スポットは?

東京の夏を彩る花火大会は様々ですが、その中でも江戸時代から続く花火大会が、 隅田川花火大会

記事を読む

東京湾花火大会2017!打ち上げ場所や穴場スポットはどこ?

★東京湾花火大会は、残念ながら2016年度以降、当面の中止が決定いたしました。 東京で

記事を読む

茨城の土浦花火大会2017年の日程や時間。花火職人の技が見どころ!

夏と言えば花火大会ですが、大会によってその内容は様々。 大玉花火 連続打ち上げ花火

記事を読む

柏崎花火大会、2017年の日程!穴場の見学スポットは?

全国各地で開催される花火大会は、地域や場所ごとに特徴があってどれも楽しいものばかり。特に打ち

記事を読む

水中で花火も!鎌倉花火大会2017年の日程と穴場スポットは?

花火大会と言えば、普通は夜空を見上げて見物するものですよね。 夜空を大輪で彩る花火は、

記事を読む

多摩川の花火大会2017年の日程は?おすすめの穴場もご紹介!

川沿いの土手にシートを敷き、川から打ち上げられる花火を見て美しさに歓声が上がる…。 こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑