餃子は何のタレをつけて食べる?おすすめの人気つけだれは?

最終更新日: | 飲食 | , ,

日の夕食は餃子と聞くと、いつもよりテンションがあがりませんか?

中からじゅわっ~と肉汁があふれだす餃子は、ボリューム満点で美味しいですよね。

そんな餃子に欠かせないのが、醤油などを使ったつけだれ。いつものタレも美味しいですが、たまには一風変わったタレで餃子を頂きませんか?

そこで、人気の餃子のタレと、ちょっと変わったおすすめ餃子のタレを紹介します!

スポンサーリンク

人気の餃子のタレと言えば?

超定番!醤油+ラー油+お酢

餃子のタレの定番と言えば、醤油・お酢・ラー油の組み合わせではないでしょうか。

好みによっては、タレを次のようにして食べるのもありですね。

・ラー油を抜いてごま油を足す
・お酢を抜く
・お酢を量を減らす
・ラー油たっぷりでピリ辛にすう
・お酢たっぷりで他はほんの少しだけ

など。

ちなみにある調査によると、醤油・お酢・ラー油は一番美味しいと感じる比率が存在します。

その比率は、
「醤油5:お酢4:ラー油1」
というもの。

この比率にすると、塩気と酸味のバランスが同じぐらいに感じられて美味しくなります。

市販の冷凍餃子には「餃子のタレ」がついていますが、実は関西ではこのタレが市販されていることがあります。

商品によっては企業秘密の成分も入っていますが、基本的には醤油とお酢を合わせたもの。関西ではこのタレに、ラー油を加えて食べる人が多いんですよ。

ポン酢醤油もおいしい

醤油・お酢の代わりに、ポン酢しょうゆで餃子を頂くのも定番となっています。

ポン酢しょうゆのメリットは、お酢よりもまろやかな酸味で柑橘系の味わいが楽しめること。

一方でガツンと酸味が欲しい方には、少し物足りないかも知れませんね。

ポン酢しょうゆが手元にないときは、レモン汁オレンジ果汁を醤油に混ぜる方法も。

レモンだとよりさっぱり感が、オレンジ果汁だと甘みのあるまろやかな味わいが楽しめます。

ポン酢しょうゆにラー油を加えても良いですが、柚子胡椒をプラスすると更に香り豊かになりますよ。

スポンサーリンク

ちょっと変わったおすすめ餃子のタレ

コチュジャン

ピリ辛の調味料は、ラー油以外にも様々なものがあります。

その中でも韓国料理に使われる「コチュジャン」は、家にあるけど余っているという人も多いのでは?

そこでコチュジャンを使う、韓国風餃子のタレを紹介します。

分量はお好みで構いませんが、次のレシピにするとバランスが取れて美味しいですよ。

醤油     大さじ3
お酢     大さじ1
コチュジャン 大さじ1
砂糖     小さじ1/2
すりごま   大さじ1
にんにく   少々

*お酢は無くてもかまいません。

ここに、刻んだネギ・ニラを加えると、更に本格的。甘辛い味付けになるので、いつもの餃子に飽きた時におすすめです。

大根おろし

とにかくさっぱりと食べたい時は、大根おろしでいただきましょう。

作り方も簡単で、大根おろしに、ポン酢しょうゆか醤油を合わせるだけ。このタレを餃子に乗せて食べれば、脂っこさが緩和されてさっぱり味に。

餃子だけだと野菜不足になりますが、これなら食物繊維も取れて安心ですね。

コショウ+お酢

テレビで取り上げられて話題になったのが、お酢にたっぷりのコショウを入れる餃子のタレです。

作り方はとても簡単で、お酢の表面が隠れるぐらいコショウをふりかけるだけ

コショウは普通のコショウでも良いですし、あらびき黒コショウでも大丈夫です。

見た目には辛そうですが、お酢のまろやかさで辛味が気になりません

それでいて餃子の旨みが強く感じられるので、いつも以上に美味しく食べられますよ。

カレー

中華料理のイメージが強い餃子ですが、実はカレーとの相性が抜群。

北海道ではカレーの上に餃子を乗せる店があり、B級グルメとして親しまれているほどなんですよ。

つけダレとしてカレーを使う場合は、醤油に小さじ1ほどのカレー粉を加えて溶かします。お酢は合わないかもと思いそうですが、実はカレー粉との相性がよいので少量加えましょう。

もし余ったカレーがあるなら、お皿に盛りつけた餃子の上にお玉1杯分ほどのカレーをかけるのもアリ。その上に溶けるチーズを散らせば、ボリューム満点メニューの完成です。

トマト

餃子は酸味のあるものとの相性がよいため、実はトマトとの相性も抜群。

細かく刻んだトマトにオリーブオイル・お酢をかけ、黒胡椒で味を整えればトマトダレの完成です。

ここにちぎったバジルを加えれば、更にイタリアンテイストに。

さっぱりした風味で野菜も取れるので、女子会のメニューにいかがですか?

味を変えて美味しく!

餃子のタレと言われると、醤油・お酢・ラー油の組み合わせが定番。

この組み合わせも美味しいのですが、たまには違う組み合わせで食べるのも美味しいですよ

醤油をポン酢しょうゆに変えたり、ラー油を別の香辛料に変えてみたり。思い切って醤油を使わないタレにすると、餃子の新しい美味しさに出会えるかも。

色々なタレを組み合わせて、餃子をもっと美味しく食べませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

マドレーヌとフィナンシェはどう違うの?作り方や味の違いなど

先日友人からフランスの焼き菓子の詰め合わせを頂いたのですが、その中にあったのが、長方形の形を

記事を読む

苦い渋柿を甘くする方法とは?柿に含まれる栄養効果もご紹介!

甘くて美味しい柿を食べていると、秋が来たなぁと体で感じられます。 でも美味しい柿の中に

記事を読む

栄養抜群!「そば湯」の効能・効果と美味しい飲み方とは?

お蕎麦屋さんでそばを注文すると、最後に急須っぽい入れ物にお湯が入ったものが出てくることはないでしょう

記事を読む

バターの賞味期限はいつまで?長持ちする保存方法は?

パンに欠かせないバターは、使わない家庭では意外と持て余す食材です。 特にブロックタイプ

記事を読む

人気上昇中!切り干し大根の栄養と効能とは?レシピもご紹介!

冷蔵庫が空っぽの時など、あると便利なのが乾物類。 特に便利なのが切り干し大根ですね。炒め煮にし

記事を読む

もち麦の気になる栄養と健康効果とは?効果的な炊き方は?

毎日の食卓にご飯は欠かせませんが、お米のご飯だけを食べ過ぎると栄養の偏りが気になります。

記事を読む

草餅のカロリーはあんこの有り無しでどう違う?美味しい食べ方は?

お正月に食べるお餅は、白い切り餅以外にも様々な種類があります。 黒豆の入った「豆餅」も

記事を読む

コチュジャンと豆板醤の違いと使いわけ。代用は出来るの?

代表的な韓国料理の一つであるビビンバですが、今や家庭で作るという方も多いんじゃないでしょうか

記事を読む

簡単手作り!マシュマロフォンダンの作り方。味はどう?

手作りスイーツを作るなら、出来れば可愛い仕上がりにしたいですよね。 そんな方におすすめしたいの

記事を読む

デコポンと不知火(しらぬい)の関係。産地による呼び方の違いは?

ビタミンCがたっぷりで甘さの中に酸味がある柑橘類は、大好きな人も多いのでは。沢山ある柑橘類の中でも、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

父の日に贈る義理の父へのプレゼントは何がおすすめ?選ぶポイントは?

6月の第三日曜日は父の日ですが、お父さんにプレゼントは贈りまし

6月10日「時の記念日」の意味と由来。どんなイベントがあるの?

日常生活を送る上で、どうしても切り離せないのが「時間」です。 待

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑