こんなものまで!「天ぷら」の定番具材と変わり種具材をご紹介!

最終更新日: | 飲食 | ,

鮮な野菜や魚に衣をつけ、でカリッと揚げた天ぷら

料理人が揚げた天ぷらのはもちろん、家庭で揚げる天ぷらも美味しいですよね。

素材や料理人の腕によって味わいが変わる天ぷらは、人によって好きな具材も変わるもの。あなたの家で揚げる天ぷらは、どんな具材を使っていますか?

そこで、天ぷらの定番具材と、変わり種具材を紹介するので参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

天ぷらの定番具材

エビ

エビは天ぷら単品だけでなく、天丼・そば・うどんの具材としてもお馴染み。

日本人はエビ好きとも言われますが、やはりエビは天ぷらには欠かせません

エビを揚げる時のコツは、
・背わたの処理
・エビの背筋を伸ばして揚げる事
です。

背わたのとり方と、エビの背筋の伸ばし方は次の通りです。

  1. 殻付きエビの場合、軽くエビを曲げて中央付近の節の隙間に竹串を入れます

  2. 竹串である程度背わたを引っ張りだし、残りは指でゆっくり引き出します

  3. 殻を剥いてから腹側・背中側に2・3本、薄く斜め切りして切れ目を入れます

  4. 腹側を下にしてまな板に置き、指先で手応えがあるまで軽く押して完了!

あとはよく冷やした衣をつけ、180度の油で揚げればまっすぐの海老天の完成です。

□衣のつけ方(天ぷら)

*衣はサッとつける程度で充分。つけすぎるとカラッと揚がりません。

イカ

エビと並んで、天ぷらに欠かせない海産物がイカです。

しかし家で揚げていると、油はねが多くて大変!そこでイカの油はねを防ぐ方法を、紹介します。

  1. イカの皮を剥きます(皮を縦ではなく横方向にひっぱると剥きやすいです)

  2. 裏表両方に縦・横・斜めの切れ目を入れてから、食べやすい大きさに切ります

  3. イカの足(ゲソ)は、皮を剥いてから食べやすい大きさに切り分けます

  4. 後は衣をつけて、170度ぐらいの温度で揚げれば完成!

イカはエビよりも少しだけ低温のほうが、カラッと美味しく揚がります。

ナス

ナスは油をよく吸うため、天ぷらとの相性が抜群

紫色も鮮やかになり、見た目にもとても美味しそうですよね。

そんなナスを揚げるコツは、身の詰まったしっかりした物を使うこと。水気の多いナスだと、ややべちゃっとした天ぷらになってしまいます。

あとは縦に切れ目を入れて、薄く衣をまとって150度~160度の油で揚げましょう。

サツマイモ

甘くて美味しいさつまいもは、天ぷらにするとほくほくと甘みが増して美味しくなります。

天つゆにつけて食べると、甘じょっぱくてご飯もすすみますよね。

さつまいもを天ぷらにする場合、じっくり待つことで美味しさアップ。

1センチ程度の輪切りにして衣をつけ、170度程度の油でじっくり焦がさず揚げましょう。時間を掛けて加熱することで、ホクホク感と甘みがアップします。

この方法はさつまいもだけでなく、かぼちゃにも使えるので覚えておくと便利ですよ!

スポンサーリンク

変わり種の天ぷら具材

ゴーヤのわた

沖縄野菜のゴーヤは、中の「わた」を取り除いて調理するのが一般的。しかし「わた」の部分も食べることが可能で、天ぷらにするとふわふわの一品になるんですよ!

作り方も簡単で、ゴーヤから取り除いたわたに衣をつけて、170度で揚げて塩を振るだけ。

種は取り除いてもいいですし、柔らかい種ならそのまま揚げて大丈夫。わたの部分は苦味がないので、子供が喜ぶ一品となります。
ワタがついたままのゴーヤを天ぷらにしても、サクサク・フワフワの2つの食感が楽しめます。

チクワとカニカマ

お弁当のおかずに困った時に便利な、ちくわカニカマ

実は天ぷらにすると、お弁当の豪華な一品に変身するんですよ。

そのままでも食べられるので、揚げる時はサッと揚げるだけで大丈夫。天ぷらを作った時についでに作り、翌日のお弁当の一品に加えませんか?

まんじゅう

変わり種の天ぷらとして、アイスクリームの天ぷらはとても有名です。

そんな「スイーツ系天ぷら」に加えて欲しいのが、天ぷらまんじゅう

実は長野県では、お盆にまんじゅうを天ぷらにして食べる風習があるんですよ。

作り方も簡単で、まんじゅうに衣をつけてカリッとするまで揚げるだけ。揚げる最中に菜箸などで触りすぎると、衣が剥がれるのでその点だけ注意しましょう。

揚げたら油切りをして、熱々のうちに塩や天つゆにつけていただくのが長野流。

そのまま食べても美味しいので、天ぷらのシメにいかがですか?

□【天ぷら饅頭】~饅頭を天ぷらで揚げる風習~

*長野では、天ぷら用のまんじゅうも販売しているんですね。

カラッと香ばしく!

天ぷらは揚げるのが大変と言われますが、コツさえつかめば簡単な料理。揚げたて食感も美味しいですし、一晩経ったしんなりした天ぷらもまた味わい深いですよね。

具材も様々で、油と相性がよいものであればなんでも美味しく頂けます

中には地域独特の具材もあるので、これはと思うものがあったら一度試してみては。いつもの天ぷらの具材に、今回紹介した具材を新たに加えてみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

山芋のカロリーと効能は?加熱しても栄養効果は大丈夫?

夏バテなどで食欲が無い時は、山芋をとろろにして食べると良いと聞いたことがありませんか?

記事を読む

春野菜の種類には何があるの?健康効果やレシピもご紹介!

今は、輸送手段の発達や、農家さんたちの努力によって、一年中美味しい野菜が食べられるようになり

記事を読む

「超熟」の食パンが美味しくて安心な理由とは?

皆さん、パンは好きですか? 朝食にさっとバターやジャムを塗って気軽に美味しく食べられる食パ

記事を読む

実はダイエット向き?焼き芋の栄養効果と気になるカロリーは?

ダイエット中に気をつけたい事として、食べ物のカロリーがあります。カロリー摂取量を減らしつつ、

記事を読む

うな重とうな丼の違いは何?ひつまぶしの由来や食べ方もご紹介!

夏バテに効果のあると言われるうなぎは、蒲焼にしてからご飯に乗せて食べるのが一般的。 お

記事を読む

最後まで美味しく!キムチ鍋の「しめ」に人気のおすすめメニューは?

寒い季節に食べたくなる鍋は、野菜がたっぷり取れるヘルシーメニュー。特にキムチ鍋は唐辛子のピリ

記事を読む

冷凍して美味しく食べよう!冷凍卵の作り方と活用レシピ!

生卵・ゆで卵・溶き卵に、目玉焼きに卵焼き…。 卵は昔も今も人気の食材の一つですね。 その

記事を読む

甘茶の効能には何がある?作り方と飲み方のポイントもご紹介!

お茶といえば、日本人には緑茶がなじみです。 でも、それ以外にもいろいろな種類のお茶があり、

記事を読む

オリーブオイルは料理だけじゃない!高い健康効果を発揮する摂り方とは?

今やキッチンに備えてる人が多いオリーブオイル。 お料理する人にとってはオリーブオイルは、

記事を読む

こうすれば大丈夫!銀杏の下処理の方法と美味しい食べ方!

秋の味覚の名脇役に、小粒で美味しい銀杏(ぎんなん)があります。 串焼きにしておつまみにしたり、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれている

新潟上越の謙信公祭2017年の日程と最大の見どころは?

戦国時代の人物の中には、全国的に名前が知られて人気の高い人物が何人もい

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑