そら豆の簡単な茹で方は?保存方法やおすすめの食べ方も紹介!

最終更新日: | 飲食 | , ,

ら豆が出まわるようになると、そろそろだなと感じる方も多いかも知れません。

関東では4月~6月に旬を迎えるそら豆は、実は古代ローマでも食べられていた歴史ある野菜。

豆ひと粒ひと粒が大ぶりなので、食べごたえもありますよね。そんなそら豆ですが、茹で方保存方法がわからなくて持て余してはいませんか?

そこで、
・そら豆の簡単な茹で方
・そら豆の保存方法
・そら豆の美味しい食べ方

…を紹介するので、我が家のメニューに取り入れましょう!

スポンサーリンク

そら豆の茹で方

簡単な茹で方なら・・

ら豆は、さやから外さずに茹でることも可能です。

この方法のメリットは、旨味が残りやすく、豆にシワが寄りづらいこと。逆にデメリットは、鞘(さや)が大きいので大きい鍋が必要だったり、青臭さが残りやすいということがあげられます。

今回は茹でた後にすぐ食べられる、鞘(さや)から外して茹でる方法を紹介します。

■用意するもの
そら豆 約500g
水   1リットル
塩   30g
酒   100cc

※そら豆はさやごとの量になります。

は水に対して3%、は水に対して10%と覚えておきましょう。

■茹で方

  1. 水に塩と酒を入れ、沸かしている間にさやからそら豆を外します
  2. そら豆の黒い筋(お歯黒)に沿って、2センチ程度の浅い切れ込みを入れます
  3. 沸騰したお湯にそら豆を入れ、2~3分茹でます
  4. そら豆をザルにあけ、そのまま粗熱を取ります
  5. 粗熱が取れたら、豆を押し出すようにして皮をむいて完成!

ポイントは、浅く切れ込みを入れること。この工程で豆にシワがよりにくくなり、中に塩味がつきやすくなります。

そのまま食べるなら皮ごと頂いても良いですが、調理に使用する場合は皮をむきましょう

□そら豆のゆで方

*さやにある筋に沿って指を入れると、簡単に中の豆が取り出せます。

ちなみに鞘(さや)ごと茹でる場合も、塩や酒の比率は同じ。茹でる時間は2分ほど茹でてから火を消し、5分ほどお湯の中で放置してから取り出します

後は粗熱を取り、食べる直前にさやから豆を取り出して調理などに使いましょう。

茹でたそら豆の賞味期限は1日~2日となります。

スポンサーリンク

そら豆の保存方法は?

さや付きのまま保存する

そら豆はさやから豆を取り出すと、あっという間に鮮度が落ちてしまいます。そのため保存する際は、さやについたまま保存しましょう。

保存する際はさや付きのまま、ジッパー付きビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。

時間が経過すると、そら豆が黒ずんでしまうので、3日以内をめどに調理します。

ちなみに豆が黒ずんでも食べられますが、鮮度は落ちているのでその点は要注意。豆にぬめりがでたり異臭がしたら、傷んでいる証拠なので諦めて捨てましょう。

茹でてから保存する

大量にそら豆をもらった場合は、さやから出して冷凍保存します。生の状態でも冷凍できますが、使い勝手を考えると茹でてから保存がおすすめです。

茹で方は先ほど紹介した、豆に切れ目を入れて塩ゆでする方法で大丈夫。

ただし湯で時間は1分~1分半程度にして、硬めに茹でると解凍後に柔らかくなりすぎません。茹でたらザルに並べて粗熱を取り、水気を拭きとってからジッパー付きビニール袋に入れて冷凍しましょう。

使うときは自然解凍するか、1~2分電子レンジで加熱してから調理に使用します。

生の状態で冷凍する場合は、あらかじめ黒い筋に1センチ程度の切れ込みを。後は茹でた時と同じく、ジッパー付きビニール袋に入れて冷凍保存します。

使うときはそのまま塩ゆでするか、塩を振ってから1~2分ほど電子レンジで加熱しましょう。

冷凍保存したそら豆は、いずれの場合でも賞味期限は約1ヶ月となります。

そら豆のおすすめの食べ方は?

ニンニクとベーコンでさっと炒めて

塩ゆでしたそら豆はそのままでも美味しいですが、ニンニク・ベーコンと炒めると更に美味しくなります。

■材料
塩ゆでしたそら豆 100g~200g
ニンニク     一片
薄切りベーコン  1~2枚
オリーブオイル  大さじ1
塩・コショウ   少々
鷹の爪      1/2本(お好みで)

■作り方

  1. 茹でたそら豆は、皮を取り除きます
  2. みじん切りしたニンニク・種を取り除いて輪切りにした鷹の爪・オリーブオイルをフライパンで熱します
  3. 良い香りがしてきたら、1センチ幅に切った薄切りベーコンと炒めます
  4. ベーコンの色が変わったらそら豆をいれ、軽く焦げ目が付くまで炒めます
  5. 塩・コショウで味を整えたら完成!

ブロッコリーや剥きエビをくわえても美味しい、おかずにもおつまみにもなる一品ですよ!

食事にもおやつにも!

そら豆はひと粒が大きいので、食べごたえが抜群のお豆。

豆の味もしっかり味わえるので、おかずにおつまみに大活躍しますね。

ただし鮮度が落ちやすい豆なので、
・調理する直前まで、さやに入れたまま保存する
・たくさん量を頂いたときは冷凍保存する
などで美味しい瞬間を長持ちさせたいところです。

茹で方のコツをつかんで、美味しいそら豆をお腹いっぱい食べたいですね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

アーモンドに隠された効能とは?ダイエットにも効果はあるの?

http://youtu.be/a2qGaSSiNcg アーモンドって、香ばしくて美味しいですよね

記事を読む

デコポンと不知火(しらぬい)の関係。産地による呼び方の違いは?

ビタミンCがたっぷりで甘さの中に酸味がある柑橘類は、大好きな人も多いのでは。沢山ある柑橘類の中でも、

記事を読む

青ネギ?白ネギ?「ネギ」の種類には何があるの?どう使い分ける?

https://youtu.be/P6j6iurnnTE お肌の調子良くない時には、もつ(ホル

記事を読む

毎日飲めるデトックスウォーターの作り方!人気の組み合わせは?

せっかくダイエットをするのなら、可愛くおしゃれに楽しみたいですよね。 そんな方から最近注目を集

記事を読む

飲む点滴「甘酒」の効能とは?便秘の解消や美容効果にもピッタリ!

「冬に飲みたいドリンクナンバー1」と言えば、 甘酒 ではないでしょうか! …これは言い過ぎで

記事を読む

バナナの黒い部分は食べても大丈夫?長持ちする保存方法は?

甘くて美味しいバナナは、いつも常備して毎日食べているという方も多いのではないでしょうか。 子供

記事を読む

うな重とうな丼の違いは何?ひつまぶしの由来や食べ方もご紹介!

夏バテに効果のあると言われるうなぎは、蒲焼にしてからご飯に乗せて食べるのが一般的。 お

記事を読む

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは?どんな食品に含まれてるの?

市販のヨーグルトのパッケージを見てみると、「乳酸菌」配合、また「ビフィズス菌」配合とあるのをよく

記事を読む

もち麦の気になる栄養と健康効果とは?効果的な炊き方は?

毎日の食卓にご飯は欠かせませんが、お米のご飯だけを食べ過ぎると栄養の偏りが気になります。

記事を読む

簡単にできるグレープフルーツの皮の剥き方。レシピもご紹介!

グレープフルーツは、栄養価も高く、とても美味しい果物。 ですが、その一方で食べるにはち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

父の日に贈る義理の父へのプレゼントは何がおすすめ?選ぶポイントは?

6月の第三日曜日は父の日ですが、お父さんにプレゼントは贈りまし

6月10日「時の記念日」の意味と由来。どんなイベントがあるの?

日常生活を送る上で、どうしても切り離せないのが「時間」です。 待

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑