そら豆の簡単な茹で方は?保存方法やおすすめの食べ方も紹介!

最終更新日: | 飲食 | , ,

ら豆が出まわるようになると、そろそろだなと感じる方も多いかも知れません。

関東では4月~6月に旬を迎えるそら豆は、実は古代ローマでも食べられていた歴史ある野菜。

豆ひと粒ひと粒が大ぶりなので、食べごたえもありますよね。そんなそら豆ですが、茹で方保存方法がわからなくて持て余してはいませんか?

そこで、
・そら豆の簡単な茹で方
・そら豆の保存方法
・そら豆の美味しい食べ方

…を紹介するので、我が家のメニューに取り入れましょう!

スポンサーリンク

そら豆の茹で方

簡単な茹で方なら・・

ら豆は、さやから外さずに茹でることも可能です。

この方法のメリットは、旨味が残りやすく、豆にシワが寄りづらいこと。逆にデメリットは、鞘(さや)が大きいので大きい鍋が必要だったり、青臭さが残りやすいということがあげられます。

今回は茹でた後にすぐ食べられる、鞘(さや)から外して茹でる方法を紹介します。

■用意するもの
そら豆 約500g
水   1リットル
塩   30g
酒   100cc

※そら豆はさやごとの量になります。

は水に対して3%、は水に対して10%と覚えておきましょう。

■茹で方

  1. 水に塩と酒を入れ、沸かしている間にさやからそら豆を外します
  2. そら豆の黒い筋(お歯黒)に沿って、2センチ程度の浅い切れ込みを入れます
  3. 沸騰したお湯にそら豆を入れ、2~3分茹でます
  4. そら豆をザルにあけ、そのまま粗熱を取ります
  5. 粗熱が取れたら、豆を押し出すようにして皮をむいて完成!

ポイントは、浅く切れ込みを入れること。この工程で豆にシワがよりにくくなり、中に塩味がつきやすくなります。

そのまま食べるなら皮ごと頂いても良いですが、調理に使用する場合は皮をむきましょう

□そら豆のゆで方

*さやにある筋に沿って指を入れると、簡単に中の豆が取り出せます。

ちなみに鞘(さや)ごと茹でる場合も、塩や酒の比率は同じ。茹でる時間は2分ほど茹でてから火を消し、5分ほどお湯の中で放置してから取り出します

後は粗熱を取り、食べる直前にさやから豆を取り出して調理などに使いましょう。

茹でたそら豆の賞味期限は1日~2日となります。

スポンサーリンク

そら豆の保存方法は?

さや付きのまま保存する

そら豆はさやから豆を取り出すと、あっという間に鮮度が落ちてしまいます。そのため保存する際は、さやについたまま保存しましょう。

保存する際はさや付きのまま、ジッパー付きビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。

時間が経過すると、そら豆が黒ずんでしまうので、3日以内をめどに調理します。

ちなみに豆が黒ずんでも食べられますが、鮮度は落ちているのでその点は要注意。豆にぬめりがでたり異臭がしたら、傷んでいる証拠なので諦めて捨てましょう。

茹でてから保存する

大量にそら豆をもらった場合は、さやから出して冷凍保存します。生の状態でも冷凍できますが、使い勝手を考えると茹でてから保存がおすすめです。

茹で方は先ほど紹介した、豆に切れ目を入れて塩ゆでする方法で大丈夫。

ただし湯で時間は1分~1分半程度にして、硬めに茹でると解凍後に柔らかくなりすぎません。茹でたらザルに並べて粗熱を取り、水気を拭きとってからジッパー付きビニール袋に入れて冷凍しましょう。

使うときは自然解凍するか、1~2分電子レンジで加熱してから調理に使用します。

生の状態で冷凍する場合は、あらかじめ黒い筋に1センチ程度の切れ込みを。後は茹でた時と同じく、ジッパー付きビニール袋に入れて冷凍保存します。

使うときはそのまま塩ゆでするか、塩を振ってから1~2分ほど電子レンジで加熱しましょう。

冷凍保存したそら豆は、いずれの場合でも賞味期限は約1ヶ月となります。

そら豆のおすすめの食べ方は?

ニンニクとベーコンでさっと炒めて

塩ゆでしたそら豆はそのままでも美味しいですが、ニンニク・ベーコンと炒めると更に美味しくなります。

■材料
塩ゆでしたそら豆 100g~200g
ニンニク     一片
薄切りベーコン  1~2枚
オリーブオイル  大さじ1
塩・コショウ   少々
鷹の爪      1/2本(お好みで)

■作り方

  1. 茹でたそら豆は、皮を取り除きます
  2. みじん切りしたニンニク・種を取り除いて輪切りにした鷹の爪・オリーブオイルをフライパンで熱します
  3. 良い香りがしてきたら、1センチ幅に切った薄切りベーコンと炒めます
  4. ベーコンの色が変わったらそら豆をいれ、軽く焦げ目が付くまで炒めます
  5. 塩・コショウで味を整えたら完成!

ブロッコリーや剥きエビをくわえても美味しい、おかずにもおつまみにもなる一品ですよ!

食事にもおやつにも!

そら豆はひと粒が大きいので、食べごたえが抜群のお豆。

豆の味もしっかり味わえるので、おかずにおつまみに大活躍しますね。

ただし鮮度が落ちやすい豆なので、
・調理する直前まで、さやに入れたまま保存する
・たくさん量を頂いたときは冷凍保存する
などで美味しい瞬間を長持ちさせたいところです。

茹で方のコツをつかんで、美味しいそら豆をお腹いっぱい食べたいですね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

春の風物詩「いかなごのくぎ煮」解禁日はいつ頃?

関西地方、特に兵庫県の阪神・淡路地域では、2月下旬から3月にかけて「いかなごのくぎ煮」が作られま

記事を読む

おしることぜんざいの違いと作り方!関東と関西でも違うの?

あんこを使ったスイーツでは、「つぶあん」か「こしあん」かで好みがわかれると良く言われますね。

記事を読む

家でも簡単に出来る!パラパラチャーハンの作り方とは?

ご飯が沢山余った時に手軽に作ることが出来るチャーハンは、時間がない時の強い味方ですね。

記事を読む

たこ焼きパーティ(タコパ)でおすすめの具材は?定番から変わり種まで

https://youtu.be/-vSltX5g8Eo お店を予約して楽しむ女子会もいいです

記事を読む

人気上昇中!切り干し大根の栄養と効能とは?レシピもご紹介!

冷蔵庫が空っぽの時など、あると便利なのが乾物類。 特に便利なのが切り干し大根ですね。炒め煮にし

記事を読む

アーモンドに隠された効能とは?ダイエットにも効果はあるの?

http://youtu.be/a2qGaSSiNcg アーモンドって、香ばしくて美味しいですよね

記事を読む

キャベツを上手に千切りする方法は?長持ちさせる保存方法も紹介!

キャベツは炒めたり煮込んだりそのまま食べたりと、毎日の食卓で活躍する野菜の一つ。 特に

記事を読む

花粉症対策にはヨーグルト!何の菌が効果あるの?食べる量は?

冬から春へと向かう季節はウキウキする一方で、花粉症の季節の到来でもあります。 スギ花粉

記事を読む

大根の気になるカロリーや糖質は?ダイエットに適した食べ方ならコレ!

ダイエットの方法の一つに、「糖質制限」がありますよね。 ご存知の通り、食事に含まれる「糖質」を

記事を読む

簡単に出来る!夏のおもてなし料理、おすすめレシピ4選!

何かとお客様の集まることの多い夏。お盆休みになると親族全員集合!なんてこともありますよね。 人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれている

新潟上越の謙信公祭2017年の日程と最大の見どころは?

戦国時代の人物の中には、全国的に名前が知られて人気の高い人物が何人もい

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑