芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

最終更新日: | 日本の習慣・行事 | , ,

レンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあります。大安や仏滅などよく目にする言葉もある一方で、1年に一度のみの言葉も。

そんな言葉の中に、「芒種(ぼうしゅ)」というものが。

読み方も意味もわかりにくい芒種ですが、記念日や季節に関係することなのでしょうか?

そこで、
・芒種の意味
・2017年の芒種はいつか
・芒種の季節に行われる風習

…についてまとめたので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

芒種の意味

種まきの季節

芒種は二十四節気の一つで、時期は旧暦の5月頃になります。

二十四節気とは1年を24分割する暦のことで、季節に関係した言葉が使われています。春分や秋分・夏至や冬至などはおなじみですね。

「芒種」は夏至の一つ前の二十四節気。

その意味は、
「芒(のぎ)ある穀類、稼種(かしゅ)する時なり」
というもの。

簡単に言ってしまうと、「この時季に、稲や麦などの種をまきなさい」という意味に。

その意味の通り、稲の種や苗を植える目安として、利用されるようになりました。

ただし二十四節気は現在の暦ではなく、江戸時代まで使われていた「太陰暦」に対応しているもの。そのため現在の暦に対して、約一ヶ月のズレがあります

現代の芒種に種まきをすると生育に遅れがでるので、かつてはそうだったという程度に覚えておきましょう。

芒種の芒とは

そもそも、芒種の「芒」とはなんなのでしょうか。

芒(のぎ)とは、稲・麦などの穀物類の種の外側にある尖った硬い棘状の毛のこと。一番わかりやすいのは、収穫したての麦の穂ではないでしょうか。

稲の実であるコメも、収穫する前の穂を見ると小さく尖った毛が生えているんですよ。

また芒には「ススキ」という読み方もありますが、これは秋の野に揺れる「ススキ」のこと。

ススキもイネ科の植物で、ふわふわとした銀色の穂も「芒(のぎ)」に該当します。そこから「芒」を当てて、ススキと読ませる様になりました。

2017年の芒種はいつ?

今年は6月5日

一般に芒種と言われると、芒種になった日の事を指します。その年によって芒種の日は違いますが、6月5日か6月6日のいずれか

2017年に関しては、6月5日(月)が芒種となります。

また芒種の期間は、芒種の日から、次の二十四節気である「夏至」の前日までが。

2017年に関しては、6月5日から6月20日までが芒種の期間となります。

簡単な算出方法

今年の芒種が6月5日か6月6日かは、簡単な計算で算出することが可能です。

その方法は、今年の西暦を4で割るというもの

芒種の日は、

西暦を4で割って余りが無い年と「1」の時は、6月5日
西暦を4で割って余りが「2」と「3」の年は、6月6日

となります。

2017年を例に取ると、2017÷4=504で余り2となります。余りが2ですので、2017年は6月5日が芒種だとわかりますね。

なおこの算出方法は、2017年まで利用できるもの。2018年以降は余りが3の時だけ、6月6日が芒種となります

スポンサーリンク

芒種の時期に行われる風習は?

梅の実が

二十四節気には、更に細かく72に区分する「七十二候」という考え方があります。七十二候では、芒種は次の3節にわかれます。

螳螂生(かまきり しょうず)
蟷螂とはカマキリのころで、芒種の初め頃にカマキリを見かけるようになるというもの
(6月6日~6月10日頃)

腐草為蛍(くされたるくさ ほたると なる)
雨などで腐った草からホタルが生まれるという俗説が元になっている
(6月11日~6月15日頃)

梅子黄(うめのみ き ばむ)
梅の実が黄色く色づいて熟す時期という意味
(6月16日~6月21日頃)

実際に梅の実は6月上旬から出荷され、梅雨明けの7月頃が梅干しをつけるのに最適の季節です。芒種の頃はまだ青い梅が多いですが、こちらは梅酒をつけるのに最適な状態。梅酒作りは梅干し作りよりも簡単なので、一度挑戦してみませんか?

□梅酒の作り方

*長く寝かせるほど、味が馴染んで美味しくなりますよ!

梅雨の始まり

沖縄の方言に、「小満芒種(すーまんぼーすー)」というものがあります。これは芒種の前の節気である、「小満(しょうまん)」と合わせた言葉。

沖縄では小満から芒種にかけて梅雨入りするので、梅雨の始まりという意味となります。

沖縄もそうですが西日本全般は、6月頃が梅雨入りの季節。かつては種まきの目安とされていた芒種も、現在は梅雨入りの目安として農家では使うことも。

梅雨は恵みの雨となる一方で、カビなどが増えて食中毒が起こりやすくなる季節でもあります。食品管理や衛生管理など、充分に注意したいですね。

種まきと梅雨の目安として

関連記事:
立夏(りっか)にはどんな意味がある?日にちはいつ?
小満(しょうまん)はどんな意味がある?日にちはいつ?

芒種は私達の食生活に欠かせない、稲の種をまく目安の日とされてきました。

現在は暦の関係で種まきの時期にはなりませんが、梅雨の目安として使われるように。特に農家にとって梅雨は作物に影響があるので、目安を知ることは大切なんですよ。

また梅が美味しくなる季節ですので、梅酒を作るのも素敵です。

芒種に秘められた意味を知って、これからの生活に役立てませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

啓蟄(けいちつ)の意味とは?2017年の啓蟄の日はいつ?

カレンダーを眺めていると、時々見慣れない言葉が書いてあって、「あれ?」と思うことがないでしょ

記事を読む

「六曜」の読み方と意味とは?順番は決まっているの?

カレンダーに記載されている「大安」「仏滅」「友引」。最近は意味がないと思って、あまり気にしな

記事を読む

昼間が一番長い日!2017年の夏至はいつ?ヨーロッパでは?

一年で一番太陽が長く出ている日・・ と言われているのが、 「夏至」 夏至の日には様々

記事を読む

暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?残暑見舞いは?

「暑中見舞い」という言葉は知っているものの、いつから出してよいものか意外と分からないものです。

記事を読む

節分・豆まき・鬼の由来や意味!節分の正しい作法は?

節分と言えば「豆まき」ですよね。 小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、 お父さんが鬼

記事を読む

ひな祭りの菱餅の食べ方!三色の意味や由来とは?

3月3日のひな祭りには、雛飾りは欠かせません。そんな雛飾りに彩りを添えるのが、菱型の三色が鮮

記事を読む

喪中はがきの文例と無料で利用できるテンプレートをご紹介!

喪中はがきの準備は、年賀状の準備よりも先に始めないといけないので、バタバタしがちです。 しかも

記事を読む

蚊取り線香の効果と範囲は?蚊以外にも効果はあるの?

夏になると気になるのが、嫌な羽音で飛び回る蚊のこと。 どこからか入り込んだ蚊に刺されると不愉快

記事を読む

恵方の意味・方角の決め方!2017年の恵方巻きの方角は?

節分と言えば、「恵方巻き」がとても人気ですよね。 恵方巻きは、恵方を向いて食べると良い

記事を読む

お彼岸のお供え物には何がいいの?のしはどうする?

春と秋には、「お彼岸」がありますね。 お彼岸には、昼の長さと夜の長さがほぼ同じくらいになる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

父の日に贈る義理の父へのプレゼントは何がおすすめ?選ぶポイントは?

6月の第三日曜日は父の日ですが、お父さんにプレゼントは贈りまし

6月10日「時の記念日」の意味と由来。どんなイベントがあるの?

日常生活を送る上で、どうしても切り離せないのが「時間」です。 待

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑