夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

| 日本の習慣・行事 | , ,

ュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言い回しを耳にします。

天候はまだ春なのに、なぜ暦の上での季節とズレがあるのか不思議ですよね。

そういった「暦の上では」という表現に使われるものの一つに、「立夏(りっか)」があります。一般的にはあまり馴染みがない方も多いかもしれません。

日めくりカレンダーなどにも立夏は記載されていますが、一体どういうものなのでしょう?

立夏の意味や2017年の日にち、また立夏の時期に行われる行事についてまとめてみました。

スポンサーリンク

立夏の意味は?

夏の始まり

は二十四節気という、1年を24等分した暦の中で使われている言葉です。

現在の暦は太陽の動きを基にした「太陽暦」ですが、江戸時代までは「太陰暦」を使用していました。

こちらは月の満ち欠けを基にした暦なのですが、実際の季節とだんだんずれてしまう欠点が。それを補うために、一年を季節ごとに分ける「二十四節気」が生まれました。

その二十四節気において、立夏は「この日から夏」という節目の日

この日から次の二十四節気である「小満(しょうまん)」までが、立夏の期間

そして立夏から6つ先の二十四節気の「立秋」前日までが、暦の上では夏の期間となります。

なぜ「暦の上」なの?

「暦の上では」と説明していますが、実は立夏となる日は現在の気候ではまだ。というのも二十四節気は、現在の暦に対して1ヶ月程度のズレがあるためです。

二十四節気は、あくまでも昔の暦「太陰暦」に対応しているもの。しかも太陰暦も二十四節気も、日本ではなく古代中国で誕生したものです。

なので日本に持ち込まれた時点で、日本の気候とは微妙なズレが生まれていました。

ただし太陰暦を使っていた時代では、さほど気にはされず、農作業などの目安として立夏は使用されていました。しかし太陽暦採用後は、実際の季節とはスレがある状態となってしまったというわけですね。

2017年の立夏はいつ?

今年は5月5日!

立夏は5月5日か5月6日のいずれかで、その年によって1~2日前後のズレがあります。

2017年の立夏5月5日(金)で、ちょうどゴールデンウィークの真っ最中。連休を利用して、屋内プールなどで夏を先取りするのも素敵かもしれませんね。

また、立夏から次の二十四節気「小満」の前日までが、立夏の期間。

なので、2017年5月5日から5月20日までが、立夏の期間となります。

簡単な算出方法は?

今年の立夏が5月5日か5月6日のどちらかを、簡単に算出方法があります。

それは今年の西暦を4で割り、余った数で確認するというもの。

立夏の日にちは、

・余りが3になった年は、5月6日
・それ以外の余りとなった年は、5月5日

となります。

ちなみに2017年は割った場合の余りは2なので、5月5日が立夏ということですね。

スポンサーリンク

立夏の時期に行われる行事は?

かえるとミミズとタケノコ

立夏の時期に行われる特別な行事というものはありません。

ただし二十四節気を細かく分類した「七十二候(しちじゅうにこう)」では、立夏の期間には次の季節が含まれます。

それぞれの名称と意味は次の通りです。

蛙始鳴(かわず はじめて なく)
蛙が一斉に鳴き始める季節
(5月5日頃~9日頃)

蚯蚓出(みみず いずる)
蚯蚓出の「蚯蚓」はミミズのことで、ミミズが顔を出し始める季節
(5月10日頃~14日頃)

竹笋生(たけのこ しょうず)
タケノコが土から顔を出す季節
(5月15日頃~19日頃)

たしかに5月頃から蛙が鳴き始めますし、暖かくなったので土仕事にも最適。タケノコの季節は過ぎてしまっていますが、青々とした竹が成長する季節とも言えますね。

□筍成長記録

*立夏直前までの期間で、たけのこはこんなにも成長するんですね!

ちまき・柏餅・恵方巻き

2017年の立夏は5月5日で、ちょうど端午の節句と重なります。端午の節句には、ちまき・柏餅を食べる風習が。

立夏とは直接関係ありませんが、せっかくなので美味しく頂きたいですね。

関連記事:端午の節句に粽(ちまき)や柏餅を食べるのは何故?由来は?

また立夏・立秋・立冬・立春は、それぞれの季節の節目となる日。

その前日を「節分」といい、豆まきでお馴染みの節分は「立春前日の節分」なんですね。当然立夏の前日も節分なのですが、現在では立春の前日だけが節分と呼ばれています。

関連記事:節分・豆まき・鬼の由来や意味!節分の正しい作法は?

実は2010年ごろより、立夏の前日にも恵方巻きを食べる「春の恵方巻き」というイベントが。しかし同時期に端午の節句もあることから、定着しているとは言えないのが現状です。

夏を先取り!

関連記事:
小満(しょうまん)はどんな意味がある?日にちはいつ?
芒種(ぼうしゅ)の意味とは?日にちはいつ?

立夏は夏の始まりを告げる二十四節気ですが、現在の暦ではまだ5月。

桜の開花を終えた地域も多いですが、まだ夏というには早い季節となります。それでもファッションの世界では、一足早く夏物が発売されることも。

ゴールデンウィークのさなかですし、誰よりも先に夏物を買いに行くのもいいかも。

まだ春ではありますが立夏ということで、まずはファッションで夏を先取りしませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

日本の花火の歴史について。花火大会が夏に行われる由来は?

日本の夏と言えば、打ち上げ花火は欠かせません。 夜空に開く大輪の花は美しく、思わず「たーまやー

記事を読む

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書かれています。その中には、読み

記事を読む

納涼祭が行われる意味と楽しみ方!夏祭りとの違いは?

「町内会主催で納涼祭を行います」と、回覧板などが回ってきたことはありませんか?あるいは勤務先

記事を読む

昼間が一番長い日!2017年の夏至はいつ?ヨーロッパでは?

一年で一番太陽が長く出ている日・・ と言われているのが、 「夏至」 夏至の日には様々

記事を読む

八十八夜の意味とお茶摘みをする由来とは?2017年はいつ?

https://youtu.be/Wh6j89UYTv0 日本の季節は移り変わりが大きく、春・

記事を読む

帰省(きせい)の意味とは?帰郷(ききょう)との違いは何?

年末年始やお盆になると、故郷へ帰省する人も多いかと思います。 その結果、高速道路が大渋

記事を読む

節分といわしの関係!柊鰯を飾る理由・食べる由来とは?

節分と言えば「豆まき」、そして「恵方巻」ですよね。 実は、他にも節分の食べ物には、

記事を読む

啓蟄(けいちつ)の意味とは?2017年の啓蟄の日はいつ?

カレンダーを眺めていると、時々見慣れない言葉が書いてあって、「あれ?」と思うことがないでしょ

記事を読む

喪中はがきはいつまでに出したら良い?送る相手の範囲は?

年賀状の時期になると確認が必要になるのが、喪中はがきが届いているかどうか。間違って喪中の方に

記事を読む

旅館へのチップ(心付け)は必要なの?気になる相場や渡し方をご紹介!

海外旅行で泊まるホテルでは、チップが必要という話をよく聞きます。 しかし日本の旅館では、チップ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コスメパーマは他のパーマとどう違う?メンズにも出来るパーマなの?

癖のある髪の毛をストレートにしたり、あるいは思い通りの癖付けが

コールドパーマとデジタルパーマの違い!髪質やヘアスタイルから選ぶならどっち?

イメチェンをしたいときにまず考えるのは、ヘアスタイルを変えるこ

サビオ?絆創膏?それともバンドエイド?地方によって違う呼び方!

怪我した時に張るガーゼ付きテープの事を、あなたはなんと呼んでい

「代表取締役」と「社長」の役目と違いとは?代表取締役社長の場合は?

大きな会社を舞台にした人気ドラマなどを見ていると、代表取締役や

大統領・総理大臣・首相の違いって何?簡単にわかりやすく解説しました!

毎日の新聞やニュースには、必ずと行っていいほど総理大臣の話題が

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑