「高松冬のまつり」2016年の開催日と見どころ!テーマは何?

香川県高松市で毎年クリスマスシーズンの12月下旬に行われる
『高松冬のまつり』

この動画を見てみても、とてもキレイですよね。

四国の中では素敵なイルミネーションスポットとしても有名なんです。

でも『行ってみたいな、と思うけど日程やアクセス方法がわからない・・・』

というあなたのために、今回は
2016年の「高松冬のまつり」の開催日、見どころ、テーマ、アクセス方法などについてご紹介します!

スポンサーリンク

高松冬のまつりの開催日、時間は?

2016年の開催日程は?

2016年12月22日(木) ~ 12月25日(日)
ライトアップは、17時から22時まで(25日は21時まで)

今年の開催は、記念すべき30回目になります。

■その他スケジュールは次の通りです。

日にち 時間 イベント内容
12月22日(木) 17時30分~22時 オープニングセレモニー
18時~ 点灯式
12月23日(金) 13時~22時 ブライトステージ
12月24日(土) 13時~22時 ファンタジーステージ
12月25日(日) 13時~12時 クリスマスサンタステージ
20時30分~ 消灯式

開催場所は?

メイン会場は、高松市立中央公園

住所は次の通りです。
〒760-0017 香川県高松市番町1-11-1
「高松市中央公園」

プレイベントが行われる12月上旬には、サンポート高松でも点灯されていますよ。

高松冬のまつり、2016年のテーマは?

takamatufuyumatsuri1

毎年違うテーマを掲げて行われる、「高松冬のまつり」ですが、2016年のテーマは何でしょうか?

メインテーマは・・「しあわせ ありがとう」
サブテーマは・・ 「さようなら 思い出いつまでも」

です。

メインテーマの「しあわせ ありがとう」というのは実は毎年共通なんですね。

ちなみに、過去9年間のサブテーマは次のテーマで開催されています。

 2007年(第21回) – キラキラポッケ★TAKAMATSU
 2008年(第22回) – きっと感じる☆光の中で
 2009年(第23回) – 心の輪、仲間の輪に集まろう
 2010年(第24回) – 大地と海のめぐみを感じよう
 2011年(第25回) – いっしょに創ろう Creating Together
 2012年(第26回) – いっしょに創ろう Creating Together つばさ
 2013年(第27回) – いっしょに創ろう Creating Together 3つの愛
 2014年(第28回) – 夢をかたちに

 2015年(第29回) – 夢をかたちに

スポンサーリンク

高松冬のまつりの見所は?

色鮮やかなイルミネーション!

「高松冬のまつり」は、1987年(昭和62年)からずっと続いているイベントですが、今年も中央公園いっぱいに色鮮やかなイルミネーションが施されます。

約30万個ものLEDを使って、幻想的で楽しいライトアップ!たくさんのひかりのオブジェが立ち並びます。

takamatufuyumatsuri2

特に必見なのが、壁をつかった大掛かりなイルミネーションや、31mを超える巨大クリスマスツリー!

今年は記念すべき30周年ですので、さらに、パワーアップしたイルミネーションが見られるのではないでしょうか。

子どもたちを主人公に!

高松冬のまつりでは、市民のステージイベントもあり、様々なパフォーマンスを見ることができます。

去年はたくさんの子供達が描いたサンタクロースの絵が、巨大スクリーンにプロジェクションされる『お絵かきクリスマス』もプログラムに追加されていましたね。

それでいて料金は無料

こちらは過去に開催された際の動画ですが、きれいなイルミネーションなどが分かりますよね。行く前にでもぜひ見てみて下さいね。

□高松冬のまつり2011【Takamatsu Winter Festival】

さらに今年は、子どもたちを主人公に様々なイベントが予定されています
30周年スペシャルステージって何があるのか楽しみですね!

■予定イベント
・シャボン玉が舞い降りるというシンボルツリー
・新しいシンボルタワーが芝生広場に登場!
・冬のまつりメモリアルサンタブース
・ミニ・イルミネーション列車
・ありがとう30週年スペシャルステージ

高松冬のまつりのアクセス

どんなに行ってみたくても、場所が分からなくっちゃ意味がないですよね。

アクセス方法の紹介です。

■電車でのアクセス
JR『高松駅』から徒歩15分
高松琴電瓦町駅から徒歩5分

■車でのアクセス
高松道高松中央ICから20分
高松道高松西ICから20分

■駐車場情報
会場となる高松市立中央公園には、大きな駐車場があります。

約320台停められて、料金は25分100円です。他にも公園の周りにはたくさんの有料駐車場もあります。

ご当地グルメも楽しんで!

ライトアップだけでなく、ライブステージがある「高松冬のまつり」

市民の皆さんや子供達のパフォーマンスが見れるのもアットホームで素敵ですね。

どうせ遠出して行くなら、ご当地グルメも楽しまなくちゃ損!うどん屋さんを何軒か周ってから帰りたいものですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

愛媛西条祭り2016年の日程は?神輿とだんじりが大集結!

通常お祭りで見かけるお神輿(みこし)などは、多くても10台ほどではないでしょうか。 と

記事を読む

優雅な京都の葵祭。2017年の日程と見どころをご紹介!

京都と言えば、奈良・平安時代の伝統が今も残る、古都として有名ですね。その京都で開催される祭は

記事を読む

北九州・わっしょい百万夏まつり、2017年の日程と見どころ!

お祭りには様々ありますが、とにかく賑やかなお祭りを体験したいなら、北九州市の「わっしょい百万

記事を読む

伊達政宗由来の山鉾も!仙台・青葉まつり2017年の日程と見どころ!

ゴールデンウィークも終わり、夏休みまでの間は時間が空いたように感じられます。 梅雨の時期も重な

記事を読む

合羽橋祭り2016年の日程と見どころ!混雑はどれくらい?

プロの方が使う道具や品物が揃う問屋街は、実は一般の方も利用できる事を知ってましたか?

記事を読む

福岡の放生会、2016年の日程や見どころ。出店の時間は?

お祭りの楽しみと言えば、どんなものを思い浮かべますでしょうか? 昔から受け継がれてきた、伝統行

記事を読む

浅草ほおずき市の由来。2017年はいつ?ほおづきの値段は?

夏の訪れを感じるものは様々ですが、「ほおずき市」の開催で感じる人も多いのでは。 初夏になると全

記事を読む

池袋の真ん中で御神輿!ふくろ祭り2016年の日程と見どころ!

東京で行われるお祭りは下町で行われるものが多く、東京というより「江戸」のイメージが強く感じら

記事を読む

時代衣装が勢揃い!京都時代祭、2016年の日程と見どころ!

京都の三大祭といえば、葵祭(2月)・祇園祭(7月)・時代祭(10月)。 その中で10月に開催さ

記事を読む

湘南の平塚七夕まつり、2017年の日程や見どころ。交通規制は?

湘南地方で夏の始まりを告げるイベントがあるのをご存知でしょうか? それは毎年7月に開催

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセ

紫外線による目の日焼けの症状とは?効果的な対策方法と言えば?

夏が近づくと重要になるのが、紫外線対策です。 特に夏は外

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑