女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

最終更新日: | 健康 | , ,

スクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時に履いていた靴が退勤時には入らなかった、なんてこともあるほどです。

足がだるい・つらいといった症状も出ることがありますし、何より見た目が最悪!そんなむくみ対策で注目を集めているのが、着圧ソックスなんですよ。

着圧ソックスがどういうものなのか、その効果と正しい使い方を紹介します!

スポンサーリンク

着圧ソックスとは

足に圧力を

圧ソックスとは、履いた部分に応じて圧力がかかるように編まれた靴下のこと。

あらかじめ履いておくことで、足のむくみを予防する効果が期待できます。

主流はハイソックスですが、最近ではタイツ・レギンスなども。また就寝時専用の着圧ソックスもあり、こちらは寝ている間のむくみ改善が期待出来ます。

元々は医療用

着圧ソックスはドラッグストアなどで購入できますが、元々は医療用の治療器具。下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という、足の静脈が網状に浮き出る症状の治療に使われていました。

これを一般向けに改良したのが、市販品の着圧ソックス。

医療用も効果が期待出来ますが、まずは一般用を使用することをおすすめします。

着圧ソックスの効果

圧力でむくみ撃退

着圧ソックスは、足のむくみをすっきりさせる効果が期待できます。

これはソックスをはく事で、血液循環を促す効果があるから。血液の循環がスムーズだと、足の老廃物がたまりにくくなってむくみ改善につながるんですよ。

足は第二の心臓

なぜ着圧ソックスを使用すると、足のむくみ改善が期待できるのでしょう?

人の体をめぐる血液は、心臓のポンプ効果によって全身へと流れていきます。そして体の隅々まで栄養・酸素・熱を届け、老廃物を受け取って再び心臓へ。

しかし血液は液体であるため、地球の重力をうけて足にたまりやすい状況に。

とは言っても、全ての人が「足がむくんで辛い…」とはなってないですよね?

これは足の筋肉がポンプの役目を持っているからです。足の筋肉を動かすことで、静脈の血流を心臓に押し戻す効果が。

「足は第二の心臓」と呼ばれているのは、この働きのためなんですね。

ところが足を動かさない生活をしていると、心臓に押し戻す効果が鈍くなりがち。そうなると足に老廃物がたまりやすくなり、むくみを招いてしまいます。

圧力でサポート

着圧ソックスには足に適度な圧力をかけることで、筋肉のポンプを助ける効果をもたらします。

それにより、ちょっとの動きでも歩いた時のような効果が。また足の筋肉が弱い方へのサポートとなり、普段よりも血流を押し戻しやすくなります。

そのため圧力ソックスをはくと血流アップをサポートできて、むくみ改善が期待できるんですよ。

スポンサーリンク

着圧ソックスの正しい使い方

部位ごとに圧力が違うものを

着圧ソックスは、履くことで強い圧力がかかります。

しかしその圧力が強ければ効果的、というものではありません。また全体に同じ圧力がかかるタイプは、見た目がすっきりしますがむくみ改善には不向き。

選ぶ際には足首に最も圧力がかかり、ふくらはぎ・太ももの圧力は弱めの物を選びましょう。

圧力を表す単位は「hPa(ヘクトパスカル)」といいうもの。台風の勢力を表す単位と同じものですね。

それぞれの部位に対し、この程度のhPaを選ぶとより効果的です。

・足首    20~30hPa
・ふくらはぎ 10~20hPa
・太もも   5~15hPa

履くときはぴったりサイズで

小さいサイズを選ぶとより窮屈なので、圧力が強くかかると思うかも知れません。

しかし着圧ソックスは、足にぴったり合うサイズが効果的

足首・ふくらはぎ・太ももなどの、圧力をかけたい場所にきちんと合うものを選びましょう。

長時間はNG

着圧ソックスを長時間使用すると、体本来がもつポンプ機能が衰えてしまうことも。また寝ている時に使用すると、血流が滞って足の疲れが残ることもあります。

なので、
・日中に使用したら夕方以降は脱ぐ
・お風呂上りから寝る前までの間だけ使用する
・足を締め付けない時間を作る

など、時間を決めることがむくみ改善には大切なんですよ。

またお休み時に使用したい場合は、お休み専用の着圧ソックスを必ず使用するようにしましょう。昼間使用しているものですと、圧力が強すぎて、血流が悪くなって逆効果だからですね。

これで足もすっきり!

むくみ改善には、毎日の適度な運動と、規則正しい生活を続けることが大切です

しかし女性の場合は気をつけていても、どうしてもむくみが出てしまいがち。着圧ソックスはそんな人の強い味方になりますが、一日中履き続けるのはあまりオススメできません。

体本来の機能を高めるためにも、つらい時に時間を決めて適切に利用したいですね

着圧ソックスの使い方をしっかり覚えて、むくみ知らずの足になりませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

風邪なのに食べたい!冷たいアイスクリームを食べても大丈夫?

風邪を引いて熱っぽい時は、普段とは違ったものを食べたくなりませんか。 食欲が落ちている

記事を読む

歯の痛みを和らげる方法。歯痛の時に気をつけることとは?

痛みには様々なものがありますが、辛い痛みの一つに歯痛があります。 急にズキズキと痛み出

記事を読む

生あくびが止まらない!眠くないのに何故?その原因と対処方法

https://youtu.be/_-YuWDFSjLo 人前で「あくび」をするのははしたない

記事を読む

突然の胸の痛みからくる神経痛。その原因と治療法は?

突然胸が痛む-そう言うときがありませんか? 胸が痛いときにはどうしても心臓や肺が悪いのでは

記事を読む

辛い車酔い、大人になっても酔う原因と対策方法は?

子供の頃に車やバスなどに乗ると、乗り物酔いをしてしまって辛かった・・という経験を持つ方は、多

記事を読む

風邪の時の正しいお風呂の入り方とは?シャワーでもいいの?

風邪をひいた時によく言われるのが、「お風呂に入ったら悪化するよ」ということ。 しかし風

記事を読む

子供がインフルエンザにかかった時の食事は何がいい?

毎年冬に大流行するインフルエンザは、特に子供がかかりやすい病気の一つ。高熱がでて苦しそうな子

記事を読む

糖質制限ダイエット中のケトン臭とはどんな匂い?対策方法は?

お米を主食としている日本人は、炭水化物を取り過ぎる傾向にあると言われています。それだからなのか、ご飯

記事を読む

妊婦の便秘解消法とは?原因と対策方法をご紹介!

妊婦の方に多いと思われる症状の一つに、 便秘が挙げられます。 今まですっきりお通じがあっ

記事を読む

気になる赤ちゃんの向き癖。原因は?治し方は?

生後間もない赤ちゃんの体って とても柔らかくフワフワしていますよね。 頭蓋骨もまだ完成してお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれている

新潟上越の謙信公祭2017年の日程と最大の見どころは?

戦国時代の人物の中には、全国的に名前が知られて人気の高い人物が何人もい

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑