女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

最終更新日: | 健康 | , ,

スクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時に履いていた靴が退勤時には入らなかった、なんてこともあるほどです。

足がだるい・つらいといった症状も出ることがありますし、何より見た目が最悪!そんなむくみ対策で注目を集めているのが、着圧ソックスなんですよ。

着圧ソックスがどういうものなのか、その効果と正しい使い方を紹介します!

スポンサーリンク

着圧ソックスとは

足に圧力を

圧ソックスとは、履いた部分に応じて圧力がかかるように編まれた靴下のこと。

あらかじめ履いておくことで、足のむくみを予防する効果が期待できます。

主流はハイソックスですが、最近ではタイツ・レギンスなども。また就寝時専用の着圧ソックスもあり、こちらは寝ている間のむくみ改善が期待出来ます。

元々は医療用

着圧ソックスはドラッグストアなどで購入できますが、元々は医療用の治療器具。下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という、足の静脈が網状に浮き出る症状の治療に使われていました。

これを一般向けに改良したのが、市販品の着圧ソックス。

医療用も効果が期待出来ますが、まずは一般用を使用することをおすすめします。

着圧ソックスの効果

圧力でむくみ撃退

着圧ソックスは、足のむくみをすっきりさせる効果が期待できます。

これはソックスをはく事で、血液循環を促す効果があるから。血液の循環がスムーズだと、足の老廃物がたまりにくくなってむくみ改善につながるんですよ。

足は第二の心臓

なぜ着圧ソックスを使用すると、足のむくみ改善が期待できるのでしょう?

人の体をめぐる血液は、心臓のポンプ効果によって全身へと流れていきます。そして体の隅々まで栄養・酸素・熱を届け、老廃物を受け取って再び心臓へ。

しかし血液は液体であるため、地球の重力をうけて足にたまりやすい状況に。

とは言っても、全ての人が「足がむくんで辛い…」とはなってないですよね?

これは足の筋肉がポンプの役目を持っているからです。足の筋肉を動かすことで、静脈の血流を心臓に押し戻す効果が。

「足は第二の心臓」と呼ばれているのは、この働きのためなんですね。

ところが足を動かさない生活をしていると、心臓に押し戻す効果が鈍くなりがち。そうなると足に老廃物がたまりやすくなり、むくみを招いてしまいます。

圧力でサポート

着圧ソックスには足に適度な圧力をかけることで、筋肉のポンプを助ける効果をもたらします。

それにより、ちょっとの動きでも歩いた時のような効果が。また足の筋肉が弱い方へのサポートとなり、普段よりも血流を押し戻しやすくなります。

そのため圧力ソックスをはくと血流アップをサポートできて、むくみ改善が期待できるんですよ。

スポンサーリンク

着圧ソックスの正しい使い方

部位ごとに圧力が違うものを

着圧ソックスは、履くことで強い圧力がかかります。

しかしその圧力が強ければ効果的、というものではありません。また全体に同じ圧力がかかるタイプは、見た目がすっきりしますがむくみ改善には不向き。

選ぶ際には足首に最も圧力がかかり、ふくらはぎ・太ももの圧力は弱めの物を選びましょう。

圧力を表す単位は「hPa(ヘクトパスカル)」といいうもの。台風の勢力を表す単位と同じものですね。

それぞれの部位に対し、この程度のhPaを選ぶとより効果的です。

・足首    20~30hPa
・ふくらはぎ 10~20hPa
・太もも   5~15hPa

履くときはぴったりサイズで

小さいサイズを選ぶとより窮屈なので、圧力が強くかかると思うかも知れません。

しかし着圧ソックスは、足にぴったり合うサイズが効果的

足首・ふくらはぎ・太ももなどの、圧力をかけたい場所にきちんと合うものを選びましょう。

長時間はNG

着圧ソックスを長時間使用すると、体本来がもつポンプ機能が衰えてしまうことも。また寝ている時に使用すると、血流が滞って足の疲れが残ることもあります。

なので、
・日中に使用したら夕方以降は脱ぐ
・お風呂上りから寝る前までの間だけ使用する
・足を締め付けない時間を作る

など、時間を決めることがむくみ改善には大切なんですよ。

またお休み時に使用したい場合は、お休み専用の着圧ソックスを必ず使用するようにしましょう。昼間使用しているものですと、圧力が強すぎて、血流が悪くなって逆効果だからですね。

これで足もすっきり!

むくみ改善には、毎日の適度な運動と、規則正しい生活を続けることが大切です

しかし女性の場合は気をつけていても、どうしてもむくみが出てしまいがち。着圧ソックスはそんな人の強い味方になりますが、一日中履き続けるのはあまりオススメできません。

体本来の機能を高めるためにも、つらい時に時間を決めて適切に利用したいですね

着圧ソックスの使い方をしっかり覚えて、むくみ知らずの足になりませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

つわりの時の食事のとり方は?おすすめの食べ物は何?

お腹の中で赤ちゃんが成長する妊娠中は、毎日が喜びと驚きの連続です。 一方で妊娠初期に訪

記事を読む

氷を食べるのを止められない!氷食症の原因は貧血から?

あなたは、ドリンクの中に入っている飲み物を飲んでしまったら、 そのまま中の「氷」をボリボリと食

記事を読む

ストレートネックの症状とは?自宅でも簡単に出来る治し方!

仕事の関係で毎日パソコンを使う方にとって、気になるのがいつの間にかひどくなっている肩こり。また慢性的

記事を読む

秋に発症する花粉症の症状と原因とは?春の時とはどう違うの?

夏の暑さもひと段落して過ごしやすくなる秋は、行楽へと出かけたくなる季節でもあります。

記事を読む

早起き早寝を習慣にするコツ・方法は?世界のCEOは皆早起き!

高城剛:「21世紀の歴史は朝作られるだろう。」 引用:スターバックスCEOが毎朝4:30に起き

記事を読む

マスクをかけると耳が痛い!その原因と効果的な対策方法

冬から春にかけて、 外出時にはマスクが手放せない季節になりますよね? そのマスク、時

記事を読む

足首やくるぶしが腫れて痛い!外側と内側の痛みの違い、原因は?

足首やくるぶしが痛いー! そういうこと、ありませんか? 実は、足首やくるぶしが腫れて痛い

記事を読む

高熱が出る子供の夏風邪の症状と対策。冬風邪との違いは何?

夏の暑い時期、子供が元気よく遊んでいたと思ったら、どこからか風邪をもらってきて体調を崩すこと

記事を読む

熱中症の症状と予防。水分補給の正しい方法とは?

気温が高い季節になると、ニュースでも良く耳にすることがある「熱中症」 室内で暑いのを我

記事を読む

急性扁桃腺炎の治療期間はどれくらい?うつることはあるの?

疲れてる時や季節の変わり目には、どうしても体調を崩しがちです。特に秋から冬にかけては、小春日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

父の日に贈る義理の父へのプレゼントは何がおすすめ?選ぶポイントは?

6月の第三日曜日は父の日ですが、お父さんにプレゼントは贈りまし

6月10日「時の記念日」の意味と由来。どんなイベントがあるの?

日常生活を送る上で、どうしても切り離せないのが「時間」です。 待

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑