お部屋に置きたいミニ観葉植物の育て方!置き場所はどこがいい?

| 植物 | ,

誌に掲載されているようなお部屋には、観葉植物を効果的に配置したものをよく見かけます。

観葉植物が一つあるだけで、心がなごみますし育てる楽しみも味わえますよね。

特に机の上などにおけるミニ観葉植物は、手軽に購入できてオシャレなアイテム。しかし植物ということもあって、枯らしてしまわないか不安に思う人もいるのでは。

そんな方のために、
・ミニ観葉植物の置き場所について
・ミニ観葉植物の育て方のポイント

…を紹介するので、今日から育ててみませんか?

スポンサーリンク

ミニ観葉植物の置き場所はどこがいいの?

カーテンを挟んだ窓辺に

は太陽の光を浴びる事で光合成を行い、エネルギーを作り出します。このエネルギーを使って水と二酸化酸素から、でんぷんなどの栄養素を作り出しています。

そのためいくら水や栄養が豊かな環境でも、光がないと植物は元気に育ちません。

ミニ観葉植物に関してもそれは同じ。基本的には「日の当たる場所」に置くのが最適です

ただし窓辺の直射日光当たるような場所ですと、光が強すぎて枯れてしまうことも。レースのカーテンなどで直射日光が当たらないようにすると、最適な日光が当たりますよ

初心者向けは日陰に強い品種

日差しが当たるような場所が良いとは言いましたが、実はミニ観葉植物には日陰を好む品種が多め。特に初心者向けの「ポトス」や「テーブルヤシ」は、テーブルの上トイレタンクの上でも大丈夫。

それでも常に薄暗い場所ですと、だんだんと元気がなくなってしまいます。数日に一度はレースカーテンを挟んだ窓辺に置いて、日光浴をさせましょう。

日差しを欲しがる品種もある

ぷにぷにとした感触がかわいい多肉植物や、トゲトゲが愛おしいサボテンも人気の観葉植物。

おしゃれな雑貨店で購入出来る、これらのミニ観葉植物は本来は日差しが大好きな品種です。

可愛いからと飾り棚などの薄暗い場所に置くと、しおれてしまうことも。なるべく日光がよく当たる、風通しの良い場所に置きましょう。

暖房器具に要注意

特に普段使用しているテーブル付近に置く場合、冷暖房器具から流れてくる風に注意が必要です。

長時間、冷房・暖房の風が当たり続けると、ミニ観葉植物が枯れてしまう恐れが。これらの風は乾燥していて、植物から水分を奪い取ってしまうからです。

特にクーラーの風には注意し、通り道からずらすようにしましょう。

スポンサーリンク

ミニ観葉植物の育て方のポイント

暖かい場所が好き

品種にもよりますが、基本的に植物は暖かい場所を好みます

特に観葉植物は暖かい地方の植物が多いので、ある程度室温が高い環境で育てることが大切。初心者向けの品種なら、室温が氷点下にならなければ大丈夫なものがほとんど。

しかし中には5度以下になると弱る品種もあるので、冬は暖かい場所に置くよう工夫しましょう

鉢底から水が出てくるまで

植物には毎日少しずつ水をあげなければならない、と思っていまんか?

実は「土の表面が乾いていたら、鉢底から水が出るまで水やり」が最適な方法なんですよ。

この時、鉢受けの皿に溜まった水は、そのまま残さず捨てること。水が溜まったままだと、根が腐ってしまう可能性があるからです。

水やりの間隔ですが、
・夏は週に2~3度
・冬は週に1度
が目安となります。

肥料はほどほどに

観葉植物にあげる肥料ですが、元気がないときに使用してもあまり意味がありません。植物が元気なうちに、土の栄養を補う形で肥料を使うのが最適な方法。

特にミニ観葉植物に関しては、高濃度の肥料は栄養過多になることも考えられます。

そのため肥料はお店の方に聞いて、低濃度のものを少量使うのがベスト。また冬の間は植物も休眠気味なので、肥料は与えなくても大丈夫です。

生花・園芸店で買うのもアリ

ミニ観葉植物を購入する際は、おしゃれな雑貨店もいいですが、生花・園芸店がおすすめ

雑貨店では可愛い植木に入ったものが購入できますが、お店の方が植物のプロでない場合が。

一方園芸店の店員さんは、ある程度植物に詳しい方が必ず一人はいるはずです。購入する時に育て方のコツを聞けば、初めてでも安心して育てられますよ。

関連記事:初めてでも大丈夫!部屋に置く観葉植物おすすめ5選!

育つ喜びを楽しもう!

インテリアとしてミニ観葉植物を買い求める方も多いですが、これらの植物は生きています。

適当な場所に置いて水やりも適当だと、枯れてしまうこともありえます。

だからといって水をあげすぎたり、直射日光に長時間当てても弱ってしまうことも。大切なのは、植物にとっても快適で過ごしやすい場所で育てることです。

インテリアとしてではなく、成長を楽しむ住人としてミニ観葉植物を育ててみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセサリーのモチーフとして、昔から

記事を読む

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲く花と言えば、色鮮やかな花が多

記事を読む

ライラックの花言葉は何?白・紫・赤・ピンクの色による違いは?

5月半ばごろに札幌を訪れると、街なかでもふわりと花の香を感じることがあります。 どこか

記事を読む

早春に咲くクロッカスの花の由来とは?色による花言葉の違いは何?

寒い季節になると街角の緑が少なくなり、花が咲く春が待ち遠しくなります。そんな寒い時期にいち早く咲くク

記事を読む

体にも自然にも優しい、虫除け効果のある植物おすすめ4選!

夏が近づくにつれて、窓を開けて開放的に過ごす時間も増えますよね。 外の空気は気持ち良いですが、

記事を読む

初めてでも大丈夫!部屋に置く観葉植物おすすめ5選!

オシャレな部屋を目指していても、どこか殺風景に感じることはありませんか? 部屋そのもの

記事を読む

エディブルフラワー(食用花)の種類には何がある?購入は通販で!

毎日の食卓が、どうもパツとしないと思ったことはありませんか? 煮物・炒めものなどの「茶色」が多

記事を読む

クリスマスローズの花言葉とは?その由来は?

クリスマスローズって、素敵な名前のお花ですよね。 ヨーロッパ原産のクリスマスローズは、日本では

記事を読む

淡く可憐なコスモスの花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

https://youtu.be/-UfAo-AEn68 秋が近づくと河原や庭先などで見かける

記事を読む

芝桜(シバザクラ)の正しい育て方。増やし方や植え方のポイントも

http://youtu.be/PKbhQv8avu8 季節の花々は、私たちの目と心を楽しませ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ディズニーの誕生日プレゼントには何があるの?おすすめの特典は?

特別な日である誕生日には、特別な場所で過ごしたいもの。そんな特

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?楽しみ方や注意点は?

赤ちゃんの頃から様々な体験をさせてあげる事は、成長していくためにはとて

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるの?席の料金が無料になる条件は?

お盆や年末年始の帰省には、渋滞のない新幹線が便利です。

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑