ライラックの花言葉は何?白・紫・赤・ピンクの色による違いは?

| 植物 | , ,

5月半ばごろに札幌を訪れると、街なかでもふわりと花の香を感じることがあります。

どこからか漂う香りを追いかけると、紫や白の花を付けたライラックが。

ライラックは北海道の春を象徴する花で、特に札幌では庭先に植える家庭がとても多いんですよ。

あまり本州では見かけないライラックですが、どのような由来や花言葉を持つ樹木なのでしょうか。

ライラックとはどんな花なのか?そして色別による花言葉についてまとめてみました!

スポンサーリンク

ライラックとはどんな花?

札幌の花

イラックはモクセイ科ハシドイ属の落葉樹で、ヨーロッパが原産地。とても香りが良いため、香水の原料として用いられることもあります。

元々日本にはライラックは自生していなかったのですが、明治時代に北海道に持ち込まれました。

ライラックは乾燥した涼しい気候を好むのですが、北海道はその条件に一致。しかも花が美しく香りも良いことから、札幌を中心にライラックは広まりました。

その後1960年「札幌市の木」として制定されました。毎年5月には大通公園などで「ライラック祭り」も開催されています。

ライラックは札幌を代表する花として、現在も市民に親しまれているんですね。

関連記事:ワインと花が楽しめる札幌ライラックまつり。日程と見どころ

ライラックの特徴は

ライラックは4~8m程度の高さに成長する樹木で、ヨーロッパでは街路樹として採用する街もあるほど。

その花は4枚の小さな花びらを持つ花が、数十個密集して房を形成しています。

花の色は薄紫・紫・白の他に、濃い目のピンクなども混ざった花も。花びらに薄く色ムラがあるため、房ごとに絶妙な色合いが楽しめます

リラの咲く頃

北海道には「リラ冷え」という言葉がありますが、これはライラックの開花時期に少し寒さが戻るから。ここで使われる「リラ」とはライラックの別名でフランス語読みなんですよ。

また本州の一部地域では、ライラックを「ムラサキハシドイ(紫丁香花)」と呼ぶことが。ハシドイはライラックの近縁種で、本州に自生する樹木。

6月頃に白っぽい花を枝の端に花をつけるので、「ハシドイ」の名が。そのハシドイに似た紫の花をつけるので、ライラックはムラサキハシドイとも呼ばれています。

スポンサーリンク

ライラックの花言葉は?

青春の象徴

ライラックの花言葉ですが、主に次の3つが挙げられます。

・青春の思い出
・友情
・謙虚

白いライラックの花はフランスで、「青春の象徴」として扱われています。そこから友情や青春といった、若々しい感情が花言葉として使われるようになりました。

また西洋では上記の花言葉以外にも、次の花言葉が採用されています。

・誇り(Pride)
・美(Beauty)

こちらも若々しい青春の勢いが感じられる、素敵な花言葉ですね。

白のライラックは

ライラックの花言葉を、色別で見てみましょう。まず白色ですが、次の花言葉となります。

・青春の喜び
・無邪気
・若者の純潔

こちらも青春のみずみずしさを感じられる花言葉ですが、実は注意が必要な色となっています。というのもこの中の「若者の純潔」には、悲しい言い伝えがあるからです。

ある時イギリスの貴族が、田舎の若い娘と恋に落ちました。一旦は婚約をしたのですが、その後貴族は都会の娘に心移りしてしまいます。貴族は婚約を破棄した結果、悲しんだ田舎の娘は自殺。その後友人が墓地に紫のライラックを供えたところ、あっという間に白くなってしまいました。

また花言葉とは違うのですが、西洋の言い伝えでは白いライラックは家に持ち込むと不吉というものも。

青春の象徴ではありますが、白は避けたほうが無難かも知れませんね。

紫のライラックは


紫色のライラックには、次の花言葉があります。

・恋の芽生え
・初恋
・好き嫌いが多い

これはライラックの花びらが、ハート型に似ているから。また紫の色合いが、恋のときめきを表現しているんですよ。

一方で繊細な心の極端な揺れ動きを、好き嫌いの激しさと表現する花言葉もあります。

ちなみにライラックの花びらは通常4枚なのですが、中には5枚あるものも。これを誰にも見つからずに飲み込むと、好きな人と結ばれるという言い伝えもあります。

ピンクや赤のライラックは

その他の花言葉を見ると、次のようなものがあります。

・ピンク…思い出
・赤  …愛の芽生え

恋と愛の違いについては、一言では言い表せないほど。相手を好きになる・愛おしく思うという意味では、愛も恋も同じかも知れません。

もし紫のライラックと赤のライラックで迷った時は、気持ちにより近いと感じる色を選びませんか?

北海道でライラックを

イラックの花が咲く頃には、北海道もようやく春の訪れを感じられる季節。爽やかで過ごしやすい季節でもあるので、旅行先にぴったりです。

また甘い素敵な香りがするため、一枝頂いてお部屋に飾るのも素敵。

ただし花言葉の一部には注意が必要なので、贈り物にする際は白は避けたほうが無難でしょう。

本州ではあまり見かけない美しく香りも良いライラック。北海道でたっぷり感じませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組み合わせをよく見かけるのではな

記事を読む

ポインセチアの花言葉とは? クリスマスに使われる理由・由来

クリスマス用「ポインセチア」出荷ピーク 富山 http://youtu.be/RfsRBkQau0

記事を読む

初めてでも大丈夫!部屋に置く観葉植物おすすめ5選!

オシャレな部屋を目指していても、どこか殺風景に感じることはありませんか? 部屋そのもの

記事を読む

エディブルフラワー(食用花)の種類には何がある?購入は通販で!

毎日の食卓が、どうもパツとしないと思ったことはありませんか? 煮物・炒めものなどの「茶色」が多

記事を読む

希望的な花言葉を持つお花には何があるの?おすすめ6選!

https://youtu.be/b3u2nrKeeyQ 鉢植えや花束・プリザーブドフラワーな

記事を読む

体にも自然にも優しい、虫除け効果のある植物おすすめ4選!

夏が近づくにつれて、窓を開けて開放的に過ごす時間も増えますよね。 外の空気は気持ち良いですが、

記事を読む

春の花といえば何?開花時期や花言葉は?漢字ではどう書く?

春になると寒い冬が我慢できなかったとばかりに、様々な美しい花が開花します。 赤・白・ピンク・黄

記事を読む

芝桜(シバザクラ)の正しい育て方。増やし方や植え方のポイントも

http://youtu.be/PKbhQv8avu8 季節の花々は、私たちの目と心を楽しませ

記事を読む

クリスマスローズの失敗しない育て方とは?

クリスマスローズは、冬の花壇に彩りを与えてくれる、冬を代表する花です。 もともと、クリスマ

記事を読む

ポインセチアの育て方!冬でも長持ちさせるコツは?

クリスマス近くになると、いたるところで見かけるポインセチア。 戴いたり、買ったりしたことのある

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今

人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

秋になると美味しくなる果物の一つに、梨があります。シャリシャリ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑