プリザーブドフラワーはお手入れが必要!?最適な保存方法は?

祝いの時に頂く花束は素敵で嬉しいですが、もらった後に少し困ってしまうことも。

持ち帰るときにかさばりますし、時間が経つと生花はどうしてもしおれてしまいますよね。

そこで花束に変わって贈り物の定番になりつつあるのが、プリザーブドフラワー

生花に比べて長持ちするとは聞きますが、どれぐらい違うのでしょうか?

そんな気になるプリザーブドフラワーについて、
・プリザーブドフラワーとは?
・お手入れしなくてもいいのか?
・どれぐらい持つものなのか?
・保存する際に気をつける事

…といったことをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーとは

特殊な液剤に

リザーブドフラワーとは、生花などを特集な薬液などにつけて加工したもの

「ブリザード」フラワーと言い間違えやすいですが、「プリザーブド」なので気をつけましょう。

プリザーブドフラワーは、次のような工程で作られています。

  1. 植物を、脱水作用のある特殊な薬液につけて水分を抜く
  2. 保存料や着色料などの入った、薬液につけ込む
  3. 乾燥させた後に、花束にしたりアレンジメントを施して完成

元々は「青いバラ」など、自然界にない色の花を作り出すために生み出された技術。また一度水分を抜いてから着色する技術によって、自然な状態なのに長持ちする特徴があります

生花NGの場所にも!

プリザーブドフラワーは長持ちするため、贈答用として人気が高まっています。

そのほかにも生花を持ち込めない場所に、造花の代わりとして使われることも。

例えば病院では花粉アレルギーの問題もあり、花の持ち込みは厳禁。しかしプリザーブドフラワーは加工の際に花粉がなくなるので、病院で使われていることもあるんですよ。

ただしお見舞いでは、「鉢植え=根付く」で縁起が悪いと言われることもあるので注意したほうが良いですね。

プリザーブドフラワーは手入れが必要?

水やり不要!

プリザーブドフラワーは生花と違い、水を必要としません。むしろ湿気は痛む原因となるため、水を与えてはいけません。

湿度対策としては、プリザーブドフラワーをコレクション用ボックスに入れて飾るのがおすすめ!この時見えない部分に、シリカゲルなどの吸湿材を入れて除湿を心がけましょう。

カビが生えたら

湿度対策を行っていても、花びらの表面にカビが生えてしまうことがあります。一度生えてしまうと、そこから花全体にカビが拡散するため早めに取り除きましょう。

はさみでカビの生えた部分や、傷んでしまった部分を切除。後は全体に広まらないことを願い、除湿をしっかり行いましょう

ホコリ対策を

プリザーブドフラワーにホコリが付いた場合、手ではらうと花びらが壊れる危険が。手動ポンプタイプのエアダスターを使い、優しい風でそっとホコリを払いましょう。

また化粧用の柔らかいチークブラシで、優しく払う方法もオススメです。

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーはどれぐらい持つの?

日本の環境では

プリザーブドフラワーは、長期保存のために開発されたもの。その保存期間は日本の場合ですと、2~3年程度となります。

ヨーロッパでは10年以上持つという記録もありますが、あちらは湿度の低い環境。湿度が高い日本では除湿対策などを行っていても、どうしても傷みやすくなってしまいます。

せっかくのきれいな花ですから、なるべく長持ちさせたいですね。

プリザーブドフラワーの保存で気をつける点は?

直射日光を避けて

除湿対策とホコリよけをかねて、コレクションボックスに入れるのは良い保存方法です。

しかし直射日光の当たる場所に置いてしまうと、ひび割れ・色あせの原因に。また室内の間接照明が当たる場所も、プリザーブドフラワーにとってはあまりよくありません。

よく見える場所に飾りたいですが、なるべく直射日光の当たらない温度の安定した場所に置きましょう。

高温多湿の場所に置かない

プリザーブドフラワーは、気温や湿度の変化が激しい場所を苦手としています

特に台所や洗面所・お風呂場では傷みやすく、これらに飾るのは避けたほうが無難。またリビングなどでも、エアコンや暖房器具の風が直接当たる場所は避けましょう。

思い出を長持ち!

関連記事:お気に入りの花で作る!手作りプリザーブドフラワーの作り方!

プリザーブドフラワーは生花に比べて扱いやすく、長期間楽しむことができるお花。

湿度と直射日光に弱い欠点はありますが、上手に保存すれば2~3年は楽しむことができます

自分で購入することもありますが、記念品としていただくことが多いプリザーブドフラワー。贈ってくださった方との思い出や、貰ったときの気持ちとともに長く手元に置いておきたいですね。

プリザーブドフラワーを上手に保存して、いつまでも楽しめるようにしましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

運動会に食べたいお弁当のおかずは?定番やおすすめはコレ!

運動会でのお楽しみといえば、お昼に食べるお弁当です。体を動かした後のごちそうは、本当に美味し

記事を読む

山の日の祝日が制定された由来とは?いつから始まるの?

学生時代の8月はほぼ夏休みで楽しい一ヶ月ですが、社会人になると日曜日以外はお盆休みの数日のみ。人によ

記事を読む

ホタルイカの身投げ2017年はいつ頃?ホタルイカすくいとは?

旅行に行く目的は様々ですが、ここでしか見られないもの、というのはありますよね。それもロマンテ

記事を読む

ゆったり贅沢な時間を!一人カフェのメリットと有意義な過ごし方!

特に予定の無い休日に一人、カフェでのんびり過ごす・・・ そんな素敵な一日を過ごしてみた

記事を読む

ゆで卵のきれいなむき方とは?簡単にできるコツを6つ紹介!

ゆで卵は常備しておくと、おかずに添えたり朝食の一品になったりととても便利な食材ですね。

記事を読む

お肉を焼く時に柔らかくする方法とは?固くなる原因は何?

お祝いごとなど、何か特別な日のために、厚切りステーキ肉やブロック肉を購入したことがあるという

記事を読む

安全で正しい油の捨て方とは?アロマキャンドルも効果的!

ホームパーティーやお誕生日会などで、 沢山揚げ物をした後に困るのが油の処理ですね。 揚げ

記事を読む

手作りで可愛いお守りを!オルゴナイトの簡単な作り方!

なんだか上手く行かなかったり、気分が乗らないことが続くと気分転換を図りたくなりますね。

記事を読む

お気に入りの花で作る!手作りプリザーブドフラワーの作り方!

定番のプレゼントである花束は、とても素敵ですが長持ちしない欠点がありますよね。また花粉アレルギーや香

記事を読む

長寿祝いの一覧をご紹介!お祝いするのは数え年?満年齢?

小さい頃は待ち遠しかった誕生日ですが、大人になると「年齢のことは‥」となりがち。しかし還暦のお祝いを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ディズニーの誕生日プレゼントには何があるの?おすすめの特典は?

特別な日である誕生日には、特別な場所で過ごしたいもの。そんな特

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?楽しみ方や注意点は?

赤ちゃんの頃から様々な体験をさせてあげる事は、成長していくためにはとて

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるの?席の料金が無料になる条件は?

お盆や年末年始の帰省には、渋滞のない新幹線が便利です。

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑