プリザーブドフラワーはお手入れが必要!?最適な保存方法は?

祝いの時に頂く花束は素敵で嬉しいですが、もらった後に少し困ってしまうことも。

持ち帰るときにかさばりますし、時間が経つと生花はどうしてもしおれてしまいますよね。

そこで花束に変わって贈り物の定番になりつつあるのが、プリザーブドフラワー

生花に比べて長持ちするとは聞きますが、どれぐらい違うのでしょうか?

そんな気になるプリザーブドフラワーについて、
・プリザーブドフラワーとは?
・お手入れしなくてもいいのか?
・どれぐらい持つものなのか?
・保存する際に気をつける事

…といったことをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーとは

特殊な液剤に

リザーブドフラワーとは、生花などを特集な薬液などにつけて加工したもの

「ブリザード」フラワーと言い間違えやすいですが、「プリザーブド」なので気をつけましょう。

プリザーブドフラワーは、次のような工程で作られています。

  1. 植物を、脱水作用のある特殊な薬液につけて水分を抜く
  2. 保存料や着色料などの入った、薬液につけ込む
  3. 乾燥させた後に、花束にしたりアレンジメントを施して完成

元々は「青いバラ」など、自然界にない色の花を作り出すために生み出された技術。また一度水分を抜いてから着色する技術によって、自然な状態なのに長持ちする特徴があります

生花NGの場所にも!

プリザーブドフラワーは長持ちするため、贈答用として人気が高まっています。

そのほかにも生花を持ち込めない場所に、造花の代わりとして使われることも。

例えば病院では花粉アレルギーの問題もあり、花の持ち込みは厳禁。しかしプリザーブドフラワーは加工の際に花粉がなくなるので、病院で使われていることもあるんですよ。

ただしお見舞いでは、「鉢植え=根付く」で縁起が悪いと言われることもあるので注意したほうが良いですね。

プリザーブドフラワーは手入れが必要?

水やり不要!

プリザーブドフラワーは生花と違い、水を必要としません。むしろ湿気は痛む原因となるため、水を与えてはいけません。

湿度対策としては、プリザーブドフラワーをコレクション用ボックスに入れて飾るのがおすすめ!この時見えない部分に、シリカゲルなどの吸湿材を入れて除湿を心がけましょう。

カビが生えたら

湿度対策を行っていても、花びらの表面にカビが生えてしまうことがあります。一度生えてしまうと、そこから花全体にカビが拡散するため早めに取り除きましょう。

はさみでカビの生えた部分や、傷んでしまった部分を切除。後は全体に広まらないことを願い、除湿をしっかり行いましょう

ホコリ対策を

プリザーブドフラワーにホコリが付いた場合、手ではらうと花びらが壊れる危険が。手動ポンプタイプのエアダスターを使い、優しい風でそっとホコリを払いましょう。

また化粧用の柔らかいチークブラシで、優しく払う方法もオススメです。

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーはどれぐらい持つの?

日本の環境では

プリザーブドフラワーは、長期保存のために開発されたもの。その保存期間は日本の場合ですと、2~3年程度となります。

ヨーロッパでは10年以上持つという記録もありますが、あちらは湿度の低い環境。湿度が高い日本では除湿対策などを行っていても、どうしても傷みやすくなってしまいます。

せっかくのきれいな花ですから、なるべく長持ちさせたいですね。

プリザーブドフラワーの保存で気をつける点は?

直射日光を避けて

除湿対策とホコリよけをかねて、コレクションボックスに入れるのは良い保存方法です。

しかし直射日光の当たる場所に置いてしまうと、ひび割れ・色あせの原因に。また室内の間接照明が当たる場所も、プリザーブドフラワーにとってはあまりよくありません。

よく見える場所に飾りたいですが、なるべく直射日光の当たらない温度の安定した場所に置きましょう。

高温多湿の場所に置かない

プリザーブドフラワーは、気温や湿度の変化が激しい場所を苦手としています

特に台所や洗面所・お風呂場では傷みやすく、これらに飾るのは避けたほうが無難。またリビングなどでも、エアコンや暖房器具の風が直接当たる場所は避けましょう。

思い出を長持ち!

関連記事:お気に入りの花で作る!手作りプリザーブドフラワーの作り方!

プリザーブドフラワーは生花に比べて扱いやすく、長期間楽しむことができるお花。

湿度と直射日光に弱い欠点はありますが、上手に保存すれば2~3年は楽しむことができます

自分で購入することもありますが、記念品としていただくことが多いプリザーブドフラワー。贈ってくださった方との思い出や、貰ったときの気持ちとともに長く手元に置いておきたいですね。

プリザーブドフラワーを上手に保存して、いつまでも楽しめるようにしましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)の違いは何?

長距離を走るために作られた高速道路ですが、最近では「道路を走る」とは違う目的で利用する方も増えていま

記事を読む

郵便局はゴールデンウイークに営業しているの?配達やATMは?

ゴールデンウイーク中に旅行先から手紙を友人に送ったり、荷物を自宅に送る事ってありますよね。特

記事を読む

エイプリールフールの由来とは?世界の面白ネタもご紹介!

ご存知、4月1日は『エイプリルフール』の日です。 嘘を言っても良い日と言われていますね。

記事を読む

怒りの原因は何?怒る感情をコントロールする4つの方法。

会社やご近所付き合いの中で、 腹が立つ出来事があって、 怒りを爆発させたことはありませんか。

記事を読む

今年は必見!2016年のスーパームーンはいつ?願い事すれば叶う?

https://youtu.be/Zn1018JP3xg 夜空を明るく照らす満月は、見ていて美

記事を読む

シリコンスチーマーを使った温野菜の美味しい作り方とは?

すっかり定番の調理器具となったシリコンスチーマー。温野菜を作るのにとっても便利ですね。 しかし

記事を読む

リラ冷えとはどういう意味?その語源は?北海道以外でも使われてるの?

季節の移り変わりを表現する言葉は様々ですが、実は全国的でない言葉もたくさんあります。 例え

記事を読む

嫌なジャリッ!を防ぐ、はまぐりの簡単な砂抜き方法!保存はどうする?

潮干狩りで取れた新鮮なはまぐりは、網で焼いたり酒蒸しにするととても美味しいですよね。またお吸い物やお

記事を読む

指輪の上手な外し方のコツは?指のむくみはどうしたらいい?

・朝、指にはめた指輪が、夕方になってきて抜けなくなった… ・気に入った指輪を試しにつけてみ

記事を読む

病院でスマホや携帯を使用しても大丈夫?電車や飛行機では?

すっかり日常生活に溶け込んでいて、 いつも持ち歩いて利用することが多いのが、 スマートフォン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

父の日に贈る義理の父へのプレゼントは何がおすすめ?選ぶポイントは?

6月の第三日曜日は父の日ですが、お父さんにプレゼントは贈りまし

6月10日「時の記念日」の意味と由来。どんなイベントがあるの?

日常生活を送る上で、どうしても切り離せないのが「時間」です。 待

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑