マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

最終更新日: | 美容 | , ,

先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変わることもあります。

何よりきれいなマニキュアをしていると、素敵な印象になりますよね。またが割れやすい方にとっても、マニキュアはカバーとなって便利なもの。

しかしマニキュアは乾くまで時間がかかり、きれいに塗ったつもりがよれてしまう事もよくあります。

そこで、
・マニキュアを早く乾かす方法
・マニキュアを早く乾かすための塗り方

を、それぞれご紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

マニキュアを早く乾かす方法

速乾性のアイテムを

ニキュアには速乾性のものがあり、新しく揃えるならこの速乾性のものがオススメ。

既にマニキュアを持っている方なら、
・速乾を促すスプレー
・オイル・トップコート

が便利です。

これらはマニキュアを塗った後に使うため、お気に入りのマニキュアを引き続き利用できるメリットも。

いずれの商品も1000円程度で購入できる上、100円ショップで購入可能な場合もあります。

オリーブオイルを

速乾性オイルを買う時間が無い場合、オリーブオイルで代用する方法があります。オリーブオイルは料理に使っているものでOKですし、古くなったものでも使えます。

やり方は、
・マニキュアのハケで、マニキュアの上からオリーブオイルを塗る
・塗ってから3分ほど置く
・後は水でそっと洗い流す

これでOKです。

マニキュアのハケは要らなくなったマニキュアのものを、除光液で洗ってから使うのがベストです。

ドライヤーの冷風を

ドライアーの風を当てて早く乾かす方法がありますが、これは注意が必要です。

というのもマニキュアに含まれる成分は、温かいと柔らかくなり冷やすと固まりやすい性質があるから。そのためドライヤーの風を当てるなら、冷風を使うのがベスト

片方の手を塗り終えた後に、爪から5~10センチほど離して弱い冷風を10分ほど当て続けます。

ポイントは「弱い冷風」を当てること。強いと風でマニキュアがよれる可能性が。またドライヤーの送風口やコンセントなどがぶつからないように、注意して風を当てましょう。

氷水に3分間

冷やすと固まりやすい性質を利用する方法としては、氷水につける方法もあります。

やり方は、
・マニキュアを塗る
・塗った後10分ほど置いて表面が固まるのを待つ
・固まったら指先を氷水に3分つける
です。

氷水に指を入れ続けるのはつらいので、何度か指を出し入れして頑張りましょう。

ただしこの方法ですと、マニキュア表面のツヤが消えてしまう欠点も。乾燥後にトップコートでツヤをプラスするなど、工夫が必要です。

30分冷蔵庫に入れる

マニキュアの厚塗りは、乾燥が遅くなる原因の一つ。そのため、マニキュアが薄く伸びやすい状態を保つことが大切です。

薄く伸びやすい状態を保つには、購入したマニキュアを冷暗所で保存するのがベスト。

更にマニキュアは30分ほど冷蔵庫に入れて冷やすと、より伸びが良くなります。

薄く付けたマニキュアは、厚塗りよりも乾燥が早まりますよ!

スポンサーリンク

マニキュアの塗り方のコツ

マット系よりラメ系

より乾燥しやすいマニキュアにするためには、ラメ入りでカラーが薄いものを選びましょう。

中の液がサラサラなものは、伸びが良いのでより塗りやすく乾燥も早め。逆にカラーの濃いマット系は、カラーの分だけ乾燥が遅め。マット系を塗りたい時は、時間に余裕があるときにしましょう。

ベースコートとトップコートを塗ろう

時間がない時は面倒なので、マニキュアだけを塗って終わらせたくなります。

しかしベースとなる爪の状態を整えて、塗りやすい状態を作るほうがより乾きやすい状態に。ひと手間かかると感じますが、ベースコートは乾燥を早める近道

爪を保護して手荒れを防ぐので、ぜひ取り入れましょう。

またマニキュアを塗った後に塗るトップコートには、乾燥を早めるものがあります。

マニキュアを保護する効果もあって長持ちするため、結果的にマニキュアを塗り直す手間が減る効果も。次にマニキュアを塗るまでの期間が長くなるため、結果として時短にも繋がるんですよ。

薄く、数回に分けて

マニキュアの塗りムラを減らすために、どうしても厚く塗りがちです。

しかし一度に厚く塗るとその分乾燥が遅れるので、薄く塗るのが早く乾かすコツ

・「中央」→「左右」の順番で薄く塗る
・乾燥してからもう一度同じように塗る。

一度に厚めに塗って乾燥を待つよりも、この方法のほうがより早くきれいに仕上がりますよ。

忙しい時こそ落ち着いて

マニキュアはしっかり乾くまでに、半日はかかると言われています。そのため乾いたと思って別の作業をしたら、マニキュアがよれてしまった…なんてことも。

また忙しい時に手を動かさずにじっと待つのは、時間がもったいないと感じることも。

そんな時に様々な方法で早く乾かす事も大切ですが、落ち着いて作業を行うことも大切です

やり直しでロスタイムを作らないように、落ち着いてマニキュアを塗りたいですね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

パレオダイエットの方法とおすすめレシピ。食べていいものは何?

いつの時代も女性なら気になるのが、ダイエットのこと。一般的にダイエットと言うと、食事の量を減らそうと

記事を読む

効果アリ!炭酸水を使った頭皮ケアのやり方。頻度はどれくらい?

毎日頭を洗ってるはずなのに、頭皮がべたついたり匂いがしたり…なんてことありませんか。

記事を読む

スキンケアの基本!基礎化粧品にはどんな種類があるの?

女性にとって欠かせないスキンケア。 肌はちょっとした生活の変化で、 すぐ調子が悪くなって

記事を読む

切りすぎちゃった!髪の毛を1日でも早く伸ばす方法は?

「訳あって、トレードマークの黒髪ロングを切ってしまいました。 とても大きな後悔と胸をえぐるよう

記事を読む

メンズも香水が必要?男性香水の選び方と付け方を紹介します!

最近では男性も、嗜み(たしなみ)としてつける方が増えてきた香水。仕事でほのかに香る男性にお会いす

記事を読む

コールドパーマとデジタルパーマの違い!髪質やヘアスタイルから選ぶならどっち?

イメチェンをしたいときにまず考えるのは、ヘアスタイルを変えることではないでしょうか。特にパー

記事を読む

クレンジング時のダブル洗顔って本当に不要?それとも必要なの?

メイクをする人にとって気になるのが、メイク落としのクレンジング。 メイクが肌に残ったままだと、

記事を読む

健康的な美肌は毎日の食事から!美肌効果のある食べ物5選!

肌トラブルのない健康的なお肌を作るには、毎日の積み重ねが必要です。 洗顔やスキンケアも

記事を読む

飛行機に乗ると肌が乾燥するのは何故?乾燥対策はどうする?

旅行や出張などで飛行機に乗った時に、お肌がカサついたり喉がイガイガした事はありませんか?

記事を読む

スキンケアの基本!パックやオイルの役割、使い方は?

化粧水や美容液に加えて、最近よく目にするのが パックやオイル。 フェイスパック、美容オイルと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今

人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

秋になると美味しくなる果物の一つに、梨があります。シャリシャリ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑