飛騨・古川祭りの起し太鼓!2017年の日程と見どころは?

最終更新日: | イベント・お祭り | , ,

祭りを大きく分けると、
・荒々しいお祭り
・きらびやかなお祭り

の2つに分かれると思いませんか?

勇ましい掛け声の男たちが街中を練り歩く様子は、見ているこちらもウキウキしてきます。一方でキラキラ輝く神輿や美しい装飾が施された山車を見ていると、その美しさにため息がでるほど。

そんなお祭りの良い所が一度に楽しめるのが、岐阜県・飛騨の「古川祭りと起し太鼓」なんですよ!

そこで、
・飛騨の古川祭りとは?
・2017年の開催はいつ?
・古川祭りの見どころ
・アクセス

…についてそれぞれまとめましたので、見に行く時の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

飛騨の古川祭りとは

静かな街の歴史ある祭り

飛騨の古川祭りは、岐阜県飛騨市古川町の「気多若宮神社」のお祭り。

古い町並みが残る美しい地域で、最近では映画「君の名は。」の舞台の一つにもなりました。

古川祭りの起源ははっきりとしていませんが、江戸時代後期には既に行われていたという記録が。当時は夏のお祭りでしたが、疫病などを理由に何度か開催時期を変更。

明治20年になってから、春のお祭りとして定着するように。現在では重要無形民俗文化財に指定されるほどの、歴史ある飛騨のお祭りとなっています。

2017年の古川祭りはいつ開催?

毎年4月19日・20日

飛騨・古川祭りは、毎年4月19日・20日の2日開催。

2017年度は、4月19日(水曜日)・4月20日(木曜日)のいずれも平日開催となっています。

2日間のスケジュールは?

2日間にわたって開催される古川祭りは、イベントが盛り沢山。2017年のスケジュールはまだ発表されていないので、2016年のスケジュールで確認しましょう。

■4月19日(試楽祭)

スケジュール イベント
8:00~16:00 屋台行列
(からくり奉納・子供歌舞伎・曳き揃え・その他奉納など)
9:30~ 奉幣祭
12:00~ 神幸祭(獅子舞奉納および闘鶏楽(とうけいらく)奉納)
13:00~ 宮本祭と御神輿行列
19:00~ 夜祭
20:00~0:30 起し太鼓

■4月20日(本楽祭)

スケジュール イベント
8:00~19:30 屋台行列
(からくり奉納・子供歌舞伎・曳き揃え・その他奉納など)
8:30~16:00 御神輿行列

スポンサーリンク

古川祭りのみどころ

屋台曳き揃え

古川祭りでまず注目したいのが、きらびやかな「屋台」です。

これは山車・曳山の一種で、江戸時代より伝わる9台の屋台がお祭りで使用されます。

きらびやかでそれぞれに特徴のある屋台が一度に楽しめるのが、屋台行列曳き揃え

江戸後期に作られた屋台は、代替わりや補修されつつも長く伝えらてきた貴重なもの。しかも19日と20日で飾り物を変える屋台もあるので、その違いもチェックしたいですね。

なお雨天の場合は、屋台の保護の観点から屋台行列は一部中止となります。

からくり奉納と子供歌舞伎

屋台行列と共に注目したいのが、からくり奉納子供歌舞伎です。

からくり奉納とは、屋台に付属したからくり人形を動かして神社に奉納するもの。

からくりは全ての屋台に付属しているのではなく、青龍台と麒麟台にだけ設置されています。可愛いからくり人形と、それを動かす職人の技術を堪能したいですね。

一方の子供歌舞伎とは、白虎台に子供を乗せて演じられるもの。演目はお馴染みの「牛若丸と弁慶」で、屋台の上段には源義経(牛若丸)の武者人形もあるんですよ。

起し太鼓

古川祭りのきらびやかな面が屋台だとすると、勇ましい面を受け持つのが「起し太鼓」です。

起し太鼓は、4月20日の本楽祭を知らせるために、太鼓を叩いて町内を回るイベント

直径1m近い大太鼓と小太鼓を持った男たちが、地区ごとにぶつかり合い、場所取り合戦を行います。

晒し(さらし)を巻いた勇ましい姿は、日本三大裸祭りに数えられるほど。しかも古川の人たちは「古川ヤンチャ」と呼ばれるほどの、勇ましい人ばかり。

そのため過去に何度か中止命令が出たほどの、荒っぽい祭りでもあります。

アクセス

古川祭り開催中は交通規制が敷かれるため、公共交通機関を利用することをおすすめします。

電車でのアクセス

東京方面から行く場合は、東海道新幹線および北陸新幹線を利用します。

東海道新幹線を利用する場合は・・・
名古屋でJR高山線に乗り換え。飛騨古川駅を降りれば、徒歩5分ほどで到着となります。

北陸新幹線を利用する場合は・・・
富山駅を下車した後は高山線で飛騨古川駅を目指しましょう。同じく徒歩20分ほどで到着です。

なお例年19日の夜に、飛騨古川-高山間で臨時列車が運行されています。

2つの祭りが楽しめる!

2016年12月に古川祭りを含めた全国33件の「山・鉾・屋台行事」が、ユネスコ無形文化遺産に登録。

そんなタイムリーな年に開催される古川祭りは、例年以上の盛り上がりを見せることでしょう。

きらびやかで豪華な屋台に、勇ましい男たちの起し太鼓。それぞれ違った側面を見せてくれる古川祭りは、一度でいくつも楽しめる嬉しいお祭り。

飛騨に春を告げる古川祭りを、間近で体験しませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

熊谷うちわ祭、2017年の日程と見どころ!交通規制は?

祇園祭と言えば京都の祇園祭が有名ですが、実は全国各地で祇園祭は行われていることをご存知ですか?

記事を読む

能登のキリコ祭り、2017年の主な日程や見どころをご紹介!

北陸新幹線が2015年3月に開通し、テレビや雑誌で北陸地方が取り上げられる機会がとても増えま

記事を読む

堺まつり2016年の日程と見どころ!ディズニーも参加するの?

通常、ディズニーキャラクターたちは、ディズニーリゾートでないと出会うことはないでしょう。 しか

記事を読む

ワインと花が楽しめる札幌ライラックまつり。2017年の日程と楽しみ方!

GWも過ぎると、そろそろジメジメした梅雨が近づき、少し気分が沈みがち。こんな時は梅雨のない北

記事を読む

雪と氷の祭典「札幌雪祭り」。2017年の日程と会場へのアクセスは?

雪が降る季節、代表的なお祭りと言えば、「さっぽろ雪まつり」です。 大きな氷の像を始め、

記事を読む

姫路ゆかた祭り2017年の日程や見どころ。浴衣で行くとお得?

最近は和装が見直されていて、夏になると浴衣を着ている方を見かけることが多くなっています。

記事を読む

館林こいのぼりの里まつり2017!駐車場はあるの?

男の子のいる家庭では、5月の端午の節句にこいのぼりを飾りたいと考えていませんか?しかし準備や

記事を読む

長崎くんち2016年の日程と見どころ!チケットの入手方法は?

江戸時代に海外との数少ない窓口であった長崎は、独自の文化が発展した街。 そんな中でも特に有名な

記事を読む

神田祭2017年は本祭!日程や見どころをご紹介!

江戸っ子ならば5月になると待ち遠しいのは、神田明神の神田祭ではないでしょうか。 神田祭

記事を読む

京都五山の送り火、2017年の開催場所や鑑賞スポットをご紹介!

京都には独特のお祭りや風習があり、その一つ一つに京都らしさが溢れています。 その中でも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コスメパーマは他のパーマとどう違う?メンズにも出来るパーマなの?

癖のある髪の毛をストレートにしたり、あるいは思い通りの癖付けが

コールドパーマとデジタルパーマの違い!髪質やヘアスタイルから選ぶならどっち?

イメチェンをしたいときにまず考えるのは、ヘアスタイルを変えるこ

サビオ?絆創膏?それともバンドエイド?地方によって違う呼び方!

怪我した時に張るガーゼ付きテープの事を、あなたはなんと呼んでい

「代表取締役」と「社長」の役目と違いとは?代表取締役社長の場合は?

大きな会社を舞台にした人気ドラマなどを見ていると、代表取締役や

大統領・総理大臣・首相の違いって何?簡単にわかりやすく解説しました!

毎日の新聞やニュースには、必ずと行っていいほど総理大臣の話題が

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑