意外と知らない!神社とお寺の違いとは?参拝の作法はどう違うの?

最終更新日: | 役立つ雑学 | , ,

初詣・地元のお祭り・成人式・七五三など・・・神社お寺は私達の生活に根付いています。また美しい庭園や歴史的建築物も多く、観光名所となっている事も多いですよね。

最近ではパワースポットとして、若い方にも改めて注目を集めている神社お寺。どちらもありがたいイメージがありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

そこで今回は、神社とお寺の違い、特に参拝作法の違いを中心にまとめましたので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

神社とは?

神様がたくさん

私達が神社と読んでいる施設は、「神道(しんとう)」という宗教の施設となります。

神道は日本古来の宗教であり、日本人の考え方に根付いた考え方でもあります。

神社で祀られているのは、八百万の神さま。八百万(やおよろず)というのは、たくさんという意味。神道では自然現象や器物など、あらゆるものに神様が宿っているんですよ。

また特に功績を上げた人や、無念の死を遂げた人を神様としてお祀りする神社も。例を上げると、学問の神様として菅原道真を祀った「太宰府天満宮」は有名ですね。

神の住まいへ

神社の特徴ですが、入り口に鳥居があることです。これは神社が神様のお住まいであり、鳥居から先は神聖な場所というと結界を表すもの。

鳥居をくぐった後は参道と呼ばれる道を通り、神様が住まう「本殿」でお参りをします。

本殿には神様が祀られていますが、神様を象ったものなどを直接見ることはできません。

二礼二拍手一礼

神社の参拝には作法があり、正しくお参りするとより神様に願いが届くと言われています。

その参拝方法は、次の通り。

1.参道横にある「手水舎(てみずや・ちょうずや)」で、柄杓(ひしゃく)を使い、左手→右手の順で手を清めます。

2.柄杓で口をゆすぎます。(この時直接柄杓に口をつけてはいけない)

3.本殿に行き、お賽銭(さいせん)を納めて鈴を鳴らします。

4.2回お辞儀をします。

5.ゆっくりと2回拍手(かしわで)を鳴らして願い事を唱える。この時右手は少しずらします。

6.最後に一度お辞儀をして参拝を終えます。

この作法は「二礼二拍手一礼」と呼ばれています。ただし一部の神社では参拝方法が違う場合もあります。

スポンサーリンク

お寺とは?

仏様をお祀り

お寺「仏教」の施設で、こちらはインド発祥の宗教です。

日本に伝わったのは飛鳥時代で、そこから様々な形で発展。神道と同様に日本人に馴染み深い宗教となり、生活に根付いています。
例えば食事前に「いただきます」と、手を合わせて言う方は多いですよね?

この手を合わせる行為は「合掌」といい、仏様と一体となる仏教の行動が元になったものなんですよ。

仏様もたくさん

仏教でお祀りしている仏様も、神道同様数多くの仏様が存在します。

宗派によってお祀りする仏様が違い、釈迦如来・阿弥陀如来・薬師如来・不動明王など様々。またお祀りする仏様によって、得意とするご利益も違うので、お参りする際には確認したいですね。

お坊さんのお住まいに仏像が

施設としてのお寺ですが、僧侶が仏様にお仕えしながら修行を行う場所。また訪れる方を教え導き、様々な行事を行う場所でもあります。

お寺の特徴としては、本堂と呼ばれる場所に仏堂が設置されていること。
ご本尊とも呼ばれる仏像は、お坊さんが毎日お経をあげたり参拝の対象。

いくつも仏像を置くお寺もある一方で、仏像を設置していないお寺もあります。

また大きなお寺では、入り口に「山門」と呼ばれる鳥居のような建物が。こちらも世間と修行の場を分ける、結界の役目を果たしています。

お参りは「合掌」で

お寺で参拝を行う場合、神社とは違う作法が求められます。

1.山門があるお寺の場合は、山門で一礼をします。
※本堂前に香炉がある場合、お線香を購入して供えるとなお良い。

2.お賽銭箱に、お賽銭を供えます。

3.合掌をし、心の中で願い事をします。

注意して欲しいのは、柏手を打たない点。その代わりに両手を合わせて合掌をするのが、仏教でのお参りの作法となります。

神社とお寺の違い、まとめ

最後に、神社とお寺の違いを簡単にまとめてみました。

□神社

・日本古来の宗教「神道」の施設で、八百万の神様のお住まい。
・入り口に鳥居がある。
・祀られた神様を象徴するものを、直接見ることはできない。
・参拝方法は二礼二拍手一礼。

□お寺
・インド発祥の宗教「仏教」の施設で、基本的には僧侶の修行施設。
・入り口に、山門と呼ばれる施設がある場合もある。
・本堂に、仏堂が設置されていることが多い。
・参拝方法は合掌で、柏手は打たない。

神様・仏様にお願い

神社もお寺も身近なものですが、当然ながらそれぞれ違う宗教の施設。そのため参拝の作法が違いますので、正しい参拝方法を覚えておきたいですね。

とは言え、多少の間違いは、神様・仏様も大目に見てくれるはず。そして真剣な気持ちでお参りすれば、きっと願いは叶うのではないでしょうか。

初詣以外にご縁が無いという方も多いかもしれませんが、時々は神社やお寺にお参りに行ってみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

「充分」と「十分」の違いとは?どう使い分ける?

「車にはじゅうぶん気をつけて!」と書くとき、 あなたは「充分」、「十分」どちらの漢字を書きますか?

記事を読む

満腹に要注意!腹八分目でおさえるコツは?どれくらいが腹八分目なの?

お腹が空いているときに、美味しいものをお腹いっぱい食べられると、幸せな気分になりますよね。

記事を読む

生かすと活かすの違いとは?使い分けはどうする?

日本語には、読み同じでも漢字が違う言葉が沢山あり、時々どちらなのか迷ってしまうことがあります

記事を読む

「ずつ」と「づつ」の違いや使い分け!正しいのはどっち?

先日メールで「3個づつ」と書いて友人に送信したところ、「ずつ では?」と指摘のメールが。その

記事を読む

本についた嫌な匂いをキレイに消す方法は?

古本や古書についた特有の匂い。 大事な本、貴重な本であっても、 気になる匂いがついていた

記事を読む

名字と苗字の歴史や由来。それぞれの違いや使い分けは?

日本人の名字は、実に30万種類以上もあると言われています。 例えば同じ「さいとう」でも

記事を読む

官製はがきと郵便はがきの違いとは?私製はがきはどう違うの?

趣味と実益を兼ねて、懸賞に応募するという話をよく聞きます。 メールでの応募も増えている

記事を読む

にわか雨ってどんな雨?にわかの意味や驟雨との違いとは?

天気予報の精度が上がったと言われますが、それでもたまには予報が外れることがありますよね。晴れ

記事を読む

山車・神輿・屋台それぞれの違いとは?人が乗っても良いのはどれ?

子供の頃に地元のお祭りで、お神輿を担いだ経験はありませんか? 地域によっては、山車を引いた経験

記事を読む

飛行機に乗ると耳が痛い!その原因と対処法は?

長距離の移動に飛行機は便利ですが、乗りたくないと言う方も中にはいます。高いところが怖いといっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ふじさわ江ノ島花火大会2017年の日程や時間!穴場スポットもご紹介!

夏のイメージが強い花火大会ですが、最近では季節を問わず開催されるよ

ボジョレーヌーボーに合うおつまみと言えばコレ!合わせる料理のポイントは?

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づくと、今年の味はこうだ!と話題になりま

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑