嫌なジャリッ!を防ぐ、はまぐりの簡単な砂抜き方法!保存はどうする?

最終更新日: | 生活・ライフスタイル | , , ,

干狩りで取れた新鮮なはまぐりは、網で焼いたり酒蒸しにするととても美味しいですよね。またお吸い物やお味噌汁の具にすると、はまぐりからダシが出て格段に美味しくなります。

しかし貝類の料理で気になるのが、中から出てくるのこと。市販のはまぐりもそうですが、砂抜きをして美味しく食べたいですよね。

そこではまぐりの簡単な砂抜き方法と、砂抜き後の保存方法についてまとめました!

スポンサーリンク

はまぐりに砂抜きはなぜ必要?

はまぐりは砂の下にいる

まぐりに砂抜きが必要な理由は、貝類の生態系にあります。

はまぐりやしじみなどの貝類は、普段砂に潜って生活します。そして移動するときに貝の中から、移動するための足となる器官を出して砂を這う様に移動します

この時に砂が入り込む事があり、また貝自体の呼吸の際にも水と一緒に砂を吸い込むことが。これが貝の中に砂が入り込む原因であり、砂抜きをしないとジャリッとした嫌な食感となるのです

これが貝の中に砂が入り込む原因であり、砂抜きをしないとジャリッとした嫌な食感となるのです。

砂抜きが必要な貝類には、他にもあさりしじみも挙げられます。

市販のはまぐりは砂抜きが必要?

はまぐりは砂抜きが必要とされる貝類の中では、比較的砂が少ない貝類。とはいえ砂がないとは言い切れませんし、潮干狩りで入手したはまぐりは砂抜きが必要です

一方でスーパーで売っているはまぐりには、「砂抜き済み」で販売しているものもあります。これらは販売前に砂抜きを済ませているため、改めて砂抜きをしなくても大丈夫。

ただしお店での処理状況によっては、砂抜きが足りないことも。不安ならば改めて家でも砂抜きを行うと、より安心して食べられますね。

スポンサーリンク

簡単なはまぐりの砂抜き方法

塩水を使う方法

はまぐりの砂抜き方法として、一般的に使われるのが「塩水」を使う方法です。

■用意するもの

・はまぐりが重ならない程度の大きさの平らな容器
・平らな容器に重ねて入れられるザル
・水 1リットル
・塩 30g
・新聞紙
・濡れ布巾

※ザルはあらかじめ容器に重ねておきます。

■砂抜きの方法

1.水に塩をしっかり溶かします

2.はまぐりは貝同士をこすりあわせて水で洗います

3.容器に、はまぐりが重ならないように並べます

4.貝の頭が出るぐらいまで、塩水を注ぎます

5.容器の上に新聞紙をかぶせます

6.室温20度ぐらいの冷暗所に3時間ほど置きます

7.はまぐりをザルに空けて濡れ布巾をかぶせます

8.そのまま冷暗所に1時間置いて砂抜きの完成です!

塩水を使っての砂抜きは、3つのポイントがあります。

◆1つ目のポイント
容器とザルを重ねること。容器に直接はまぐりを置いて、塩水を注いても砂抜きは可能。しかし吐き出した砂を吸い込む可能性があるので、ザルを挟んで砂を吸わないようにしています。

◆2つ目のポイント
塩水を海水と同じ3%にすること。これにより砂を上手に吐かせる事が可能になります。

◆3つ目のポイント
はまぐりをザルに空けて1時間置いて海水を吐き出させること。これは海水を含んだままだと塩気が強すぎて、はまぐりがしょっぱくなるからです。

◇はまぐりの砂出し

*新聞紙をかぶせて置く3時間の間に、この様に呼吸をして砂を吐き出しています。

もっと簡単に砂抜きする方法

塩水を使う方法は一般的で、特に潮干狩りで入手したはまぐりには効果的。しかし時間がかかる為、すぐ使いたい時には不向きですし面倒です。
そこで砂抜き率はやや落ちますが、すぐ料理に使える方法を紹介します。

それは、50度のお湯にはまぐりを5分~10分浸けるだけ

この方法はとにかく早く砂抜きが出来る上、塩分を使わないのではまぐりがしょっぱくなりません。何より旨味成分が増えることで、はまぐりが美味しくなるメリットもあります。

50度のお湯は、熱湯に同量の水を入れれば作れるので意外と簡単。ただし温度が高すぎるとはまぐりが死んで、砂抜きできなくなるので温度には注意しましょう

砂抜きした後のはまぐりの保存方法

新聞紙にくるんで冷蔵庫に

砂抜きしたはまぐりをすぐ使わない場合は、湿らせた新聞紙にくるんで冷蔵庫で保存します。出来れば、冷蔵庫の野菜室などの、乾燥しにくい場所がベストですね。

保存期限は3日。変な臭いや汁が出ていたら、傷んでいるのですぐ捨ててください。

長期保存は冷凍庫で

すぐ食べない場合は、食感が落ちますが冷凍保存しましょう。

保存方法は、ジッパー付きビニール袋に入れて極力空気を抜いて冷凍保存するだけ。食べるときは、凍ったまま熱湯に入れて解凍しましょう。

美味しく料理に活用しよう

はまぐりを始めとした貝類は、美味しいダシが出るので料理に使うと旨味アップ

特に「はまぐり」は実が大きめなので食べごたえもあり、一品料理やお酒のおつまみにもピッタリです。気になる砂の問題も、簡単な砂抜き方法をマスターすれば一安心。

定番の塩水を使う方法以外にも、すぐ料理に使える方法もあるので使い分けたいですね。

美味しいはまぐりを簡単に砂抜きして、様々な料理に活用しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

実は怖い!スマホ依存症の症状とは?原因と対策方法を紹介!

ゲーム・メール・LINE・ネット・電話など、スマホは便利で生活に欠かせないアイテムとなってい

記事を読む

今更聞きづらい!?新幹線の切符の種類や買い方は?

2014年の北陸新幹線開業、2016年の北海道新幹線開業で、新幹線は更に身近なものとなりまし

記事を読む

山の日の祝日が制定された由来とは?いつから始まるの?

学生時代の8月はほぼ夏休みで楽しい一ヶ月ですが、社会人になると日曜日以外はお盆休みの数日のみ。人によ

記事を読む

美容室は月曜日に休みが多いのはなぜ?

美容室って月曜日がお休みのところが多いですよね。 でも、どうして月曜日なんでしょう? 実

記事を読む

文化の日の由来とは?どんなイベントがあるの?英語で言うと?

祝日や休日はあればそれだけで嬉しいもの。祝日自体の意味や由来などあまり気にしないことが多いのでは

記事を読む

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違い!暖かさはどう違う?

寒い冬に一部屋だけ暖めたい時に活躍するのが、電気式ストーブ。灯油式と違って空気が汚れませんし

記事を読む

照明の色による効果の違い。部屋によってどう使い分ける?

現在は長持ちするLED照明が普及していますが、以前は照明と言えば、寿命が短くて取り替えること

記事を読む

噛んでしまった!動かない!外れたファスナーの直し方!

ジーンズ・ジャージ・カバンなどに使われるファスナーは、開け閉めが簡単で衣服に欠せません。

記事を読む

床屋と美容室の違い!どう使い分ける?

床屋さんと美容室、どちらも「髪を扱う」ところですよね。 でも、どこが違うかわかりますか?

記事を読む

子供用甚平の作り方。簡単に手作りで出来る方法をご紹介!

子供はとっても汗っかき。 気がついたらパジャマが汗でじっとり… なんてこと、よくありますよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあ

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時

→もっと見る

PAGE TOP ↑