穀雨(こくう)にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

| 日本の習慣・行事 | , ,

一年の移り変わりがはっきりしている日本には、四季以外にも季節を表す言葉があります。例えば夏至は昼間が一番長い日、冬至は昼間が一番短い日として知られていますよね。

そんな季節を表す言葉の一つに、穀雨(こくう)というものがあるのをご存知でしょうか?

文字だけ見ると穀物と天候に関係する言葉のようですね。実際はどういうものなのでしょう?

そこで今回は、
・穀雨とは?
・2017年の穀雨はいつなのか?
・穀雨の日にちの計算方法
・穀雨の時期に食べられるものは?

といったことについてまとめてました!

スポンサーリンク

穀雨の意味は?

春の恵みの雨

穀雨とは二十四節気の一つで、種まきや田植えの時期に降る雨という意味

この時期の雨は「百穀春雨」とも呼ばれ、あらゆる穀物に恵みを与えると言われています。そのためかつては穀雨に合わせて、農作業の準備を始めていました。

また穀雨は春の終わりの時期とされ、次の「立夏」からは夏の季節となります。

二十四節気とは

ところで二十四節気とは、どういうものなのでしょうか。

二十四節気は1年を二十四等分し、気候に合わせた名前をつけたの一種。

そのため天候に左右される農業などを中心に、重宝されてきました。ちなみに上で触れた「夏至」や「冬至」も、二十四節気の一つなんですね。
二十四節気は中国で使われていたものが、日本に入ってきた考え方。当時使用していた太陰暦(月の動きを元にしたもの)だと、季節とのズレがあったからです。

ただし現在は太陽の動きを基にした太陽暦を使っているため、太陰暦の欠点は解消されています。更に二十四節気の始まりを「春」とする関係で、二十四節気は現在の暦より季節を先取り

それでも季節を感じられる二十四節気の名称は、現在においても人々に愛されています。

2017年の穀雨はいつ?

今年は4月20日

穀雨となる日は、地球から見た太陽の一年の軌道によって決まります。

この軌道の事を「黄道」というのですが、穀雨は太陽が黄道30度の地点を通過した時です。

そのため穀雨には、
・通過した瞬間
・通過した日
・次の二十四節気まで
の3つが存在しますが、一般的に穀雨といった場合は通過した日の事です。

2017年の穀雨は4月20日となります。

ちなみに通過した瞬間ですと、日本時間で4月20日午前6時27分。そして期間としての穀雨は、4月20日~5月4日までとなります。

算出方法が知りたい!

黄道30度を太陽が通過する瞬間は、その年によって違います。そのため穀雨は毎年4月20日ではなく、19日の年もあります。

2019年までは4月20日で固定なので覚えやすいですね。

一方で2020年~2051年までの穀雨は、ある計算方法で算出することができます。

その計算方法とは、
西暦を4で割った余りで確認します。

・4で割った余りが1・2・3の年は、穀雨は4月20日
・4で割って余りがでなかった年は、穀雨は4月19日

となります。

「穀雨っていつだっけ?」と聞かれることはあまりないですが、話の種にいかがですか?

スポンサーリンク

穀雨に食べられるものは?

八十八夜でおなじみの

期間としての穀雨の終わり頃に、八十八夜を迎えます。

八十八夜「雑節」の一つ。日本の気候と風習にあわせて、二十四節気を補う形で誕生しました。

八十八夜は立春を1日目として数えて、88日目に当たる日のこと。この時期は春先最後の霜が発生しやすいため、農作物に注意を促す日とされています。

この時期は春先最後の霜が発生しやすいため、農作物に注意を促す日とされています。

一方で、八十八夜に手で摘んだ日本茶は上質で、不老長寿の縁起物として重宝されてきました。

実際にこの時期の茶葉は新芽で、冬から春にかけての成分をたっぷり含むもの。ていねいに焙煎したこの時期のお茶は、旨味成分「テアニン」の多い美味しいお茶なんですよ。

静岡 新茶の風景(八十八夜新茶)

*静岡はお茶の生産量日本一。この時期のお茶を一度飲んでみたいですね。

関連記事:八十八夜の意味とお茶摘みをする由来とは?

穀雨が旬の食べ物は?

穀雨は農作業を始めるのに最適の時期ですが、一方でこの時期に美味しくなる食べ物もあります。

その代表がよもぎで、天ぷらにしたり餅と混ぜて草餅にすると美味しいですよ。

またアスパラガスもこの時期が旬で、北海道産や佐賀県産の美味しいアスパラが。ただし、この時期はハウス栽培が多いので、露地物が食べたい場合は5月中旬まで待ちましょう。

ちなみにホワイトアスパラは緑のアスパラと同じもので、日光を遮って育てたもの。缶詰のイメージがありますが、生のホワイトアスパラもこの時期が旬なんですよ。

その他の旬の食べ物としては、びわ・アジ・サザエなどがあります。

ガーデニングを始めたい!

穀雨は春雨が降る時期の事で、この時期に種まきをすると恵みの雨となるんですよ。

もしガーデニングを始めようと思うなら、この時期に合わせてはいかがですか。地域によってはまだ寒いかも知れませんが、日当たりの良い場所を選べば大丈夫。きれいな花を育ててもいいですし、美味しく食べられる野菜やハーブも良いですね。

まずは育てやすい品種を選んで、穀雨をきっかけにガーデニングを始めませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

社日の意味や由来とは?2017年はいつ?

昔より日本では、その時期に合わせた様々な行事が行われています。カレンダーを見ていると、そんな行事の日

記事を読む

小春日和の由来と意味!使う季節はいつごろ?英語では何と言うの?

日本語は意外と難しいもので、漢字を見てそのままの意味だと思っていると違っていたことが。 知らず

記事を読む

女性と男性の厄年の年齢はいつ?厄払いはいつ行えばいいの?

ツイてないことが立て続けに起こったりすると、「厄年では?」と聞かれたことがありませんか? また

記事を読む

針供養の日とはいつ?どこの寺社で行われるの?広まった由来も紹介!

最近では何でも購入出来ることから、ぞうきんなどは自分で縫わずに店で買うする人も増えています。

記事を読む

恵方の意味・方角の決め方!2017年の恵方巻きの方角は?

節分と言えば、「恵方巻き」がとても人気ですよね。 恵方巻きは、恵方を向いて食べると良い

記事を読む

節分・豆まき・鬼の由来や意味!節分の正しい作法は?

節分と言えば「豆まき」ですよね。 小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、 お父さんが鬼

記事を読む

「六曜」の読み方と意味とは?順番は決まっているの?

カレンダーに記載されている「大安」「仏滅」「友引」。最近は意味がないと思って、あまり気にしな

記事を読む

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書かれています。その中には、読み

記事を読む

十三参りの意味や由来とは?参拝の時期はいつ?

節目ごとに子供の健やかな成長を願う風習があり、もっとも有名なのが七五三です。 一方で全

記事を読む

春分の日の意味とは?2017年はいつ?風習や食べ物と言えば?

3月は別れの季節でもあり、冬から春へと移り変わる季節でもあります。そんな3月の祝日と言えば、春分の日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑