十三参り男の子・女の子の服装はどうする?レンタルでも大丈夫?親の服装は?

| 日本の習慣・行事 | , ,

三参りは関西を中心に行われる、数え13才(11才~12才)に神宮にお参りする行事。関西では七五三と同じく重要な行事とされ、3月下旬にはお参りに行く親子で賑やかになります。

そんな十三参りですが、どの様な服装で行くのが相応しいのでしょうか。きちんとした服装となると準備も必要ですし、レンタルなどの手配も考えなければなりません。

そこで今回は十三参りの衣装について、
・男の子の衣装は?
・女の子の衣装は?
・レンタルと購入のどちらが良い?
・親の服装は?

をそれぞれまとめてみました!

スポンサーリンク

十三参りに着ていく男の子の衣装は?

基本は「羽織袴姿」で

の子数え年13歳は、昔は「元服」(成人式)を行う年齢。そのため十三参りでは、大人の正装である「羽織袴姿」が基本となります。

着物を着用する機会も減った現代、羽織袴がどういうものかわかりづらいかも知れません。

は腰から下を覆ういわば「ズボン」で、長着と呼ばれる着物とあわせて着用します。その上に腰ぐらいまでの丈の上着にあたる、家紋の入った「紋付羽織」を着用。

これに白い足袋雪駄などの履物を合わせるのが、羽織袴姿の装いとなります。本来はこれに扇子を持ちますが、十三参りでは邪魔になるので省略して構いません。

スーツもあり

最近では着付けの面倒を嫌って、スーツでの参拝も増えています。

また数え13才を満年齢に直すと11才~12才となり、ちょうど中学校入学の時期。そのため進学する中学校の制服で、参拝する姿もよく見かけます。

学生服は冠婚葬祭において正装の扱いとなるので、学生服でも問題ないんですよ

十三参りに着ていく女の子の衣装は?

振袖でお参り

の子の十三参りでも、大人となる区切りの行事として扱われます。そのため未婚女性の正装となる、「振袖」での参拝が基本となります。

十三参りに着用する振袖ですが、成人式の振袖と少しだけ違う点があります

それは、大人の装いをすると言っても、11~12才の子供には大人の着物は丈があわないです。なので、肩幅や腰回りを体に合わせて糸で止める「肩上げ」「腰上げ」と呼ばれる調整を行います。

その状態で十三参りへ。参拝を終えて帰宅したら、その糸を外して大人の仲間入りとする風習があるんですよ。

振袖以外では

振袖以外では、同じ着物である「訪問着」で参拝に向かう方も見かけます。訪問着は未婚・既婚を問わない着物で、振袖と同様に正装の扱い。

振袖の華やかさが苦手であれば、落ち着いた色合いの訪問着がおすすめです。また袴姿ワンピース中学校の制服での参拝する方も増えています。

スポンサーリンク

購入とレンタル、どっちがいいの?

男の子の場合

男の子の場合は、レンタルで済ませたほうが金銭面で無駄になりません。

この年代の男の子は成長期で、またどれだけ成長するか検討もつかない事がほとんど。そのため現在の身長に合わせて羽織袴を新調しても、成人式に着用するのは難しいかも知れません。

スーツを選ぶ場合も同様の理由で、購入しても一度きりになる可能性が。中学校3年間の間に着用する機会が無いのなら、衣装はレンタルで済ませましょう。

女の子の場合

成人式も振袖にする予定があり、同じ着物となるのが嫌でなければ購入してもよいでしょう

十三参りの時点で用意できれば、成人式直前になってレンタルも含めて慌てる事が少なくなります。一方で成人式と同じ着物が嫌ならば、十三参りはレンタルで済ませる方法も。

直前でも予約が取れる場合がありますが、お参りの日が決まった時点ですぐ予約すると安心です

親の服装はどうする?

主役は子供

十三参りに付きそう親の服装ですが、父親ダーク系のスーツで問題ありません。

気をつけたいのは母親で、娘の華やかな衣装を見てつい張り切った服装にしてしまいがち。ですが、十三参りは子供が主役の行事。大人は一歩引いた服装としましょう

子供が羽織袴・振袖の場合、振袖より格が落ちる色無地にするのが無難。あるいはアンサンブルなどの洋装にして、子供より目立たないようにしましょう

十三参り 正尊寺編

*2分30秒頃より参拝の様子が見られますが、袴姿の子供と比べると両親はおとなしい服装ですね。

将来を見据えて

参考記事:
十三参りの意味や由来とは?参拝の時期はいつ?
十三参りで人気の高い有名な神社・寺院は?関西を中心にご紹介!

十三参りの子供の衣装は、和服で行くのが望ましいでしょう。

現在では着用する機会もないですし、特に男の子は成人式でスーツを選ぶ事が多いですからね。女の子の場合は成人式を見据えて購入してもいいですし、親から受け継いだ振袖を着用するのも素敵。

購入・レンタル共に予算と準備が必要ですので、子供の希望を聞きつつ最良の服装で臨みたいですね。

一生に一度の十三参りを、格式ある素敵な服装でお参りしませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

のし袋に金額を書くときの正しい書き方は?選び方もご紹介!

冠婚葬祭には付き物の「のし袋」。 のし袋は、使う場面によって色んな種類があります。また

記事を読む

「勤労感謝の日」の意味や由来とは?英語ではどう説明するの?

毎年、11月23日は勤労感謝の日。 深まる秋も終わろうとし、寒い冬に入っていくこの季節。師

記事を読む

ひな祭りの菱餅の食べ方!三色の意味や由来とは?

3月3日のひな祭りには、雛飾りは欠かせません。そんな雛飾りに彩りを添えるのが、菱型の三色が鮮

記事を読む

お花見で団子を食べる由来。三色団子の色や順番の意味は?

「花より団子」ということわざはご存知ですか? 「風流な景色などよりも、実利あるものの方に気

記事を読む

月見団子の由来と意味。お供えする団子の数や並べ方は?

□中秋の名月 Full Moon https://youtu.be/bmDNlK1qUg0

記事を読む

旅館へのチップ(心付け)は必要なの?気になる相場や渡し方をご紹介!

海外旅行で泊まるホテルでは、チップが必要という話をよく聞きます。 しかし日本の旅館では、チップ

記事を読む

恵方の意味・方角の決め方!2017年の恵方巻きの方角は?

節分と言えば、「恵方巻き」がとても人気ですよね。 恵方巻きは、恵方を向いて食べると良い

記事を読む

喪中はがきはいつまでに出したら良い?送る相手の範囲は?

年賀状の時期になると確認が必要になるのが、喪中はがきが届いているかどうか。間違って喪中の方に

記事を読む

端午の節句に粽(ちまき)や柏餅を食べるのは何故?由来は?

5月5日は「子どもの日」ですが、端午の節句でもあります。 もともと、菖蒲やヨモギを軒

記事を読む

お彼岸の由来とは? 2017年春・秋のお彼岸はいつ?

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言われる言葉です。 厳しい残暑や寒さも、お彼岸の頃には和らい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

メンズも香水が必要?男性香水の選び方と付け方を紹介します!

最近では男性も、嗜み(たしなみ)としてつける方が増えてきた香水。仕

コスメパーマは他のパーマとどう違う?メンズにも出来るパーマなの?

癖のある髪の毛をストレートにしたり、あるいは思い通りの癖付けが

コールドパーマとデジタルパーマの違い!髪質やヘアスタイルから選ぶならどっち?

イメチェンをしたいときにまず考えるのは、ヘアスタイルを変えるこ

サビオ?絆創膏?それともバンドエイド?地方によって違う呼び方!

怪我した時に張るガーゼ付きテープの事を、あなたはなんと呼んでい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑